●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-7.VII.4:1 ~ T-7.VII.5:8

4. Illusions are investments. They will last as long as you value them. 
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、錯覚、空想」
  • investment [invéstmənt] : 「投資、出資」
  • last [lǽst] : 「続く、存続する、持続する」
  • as long as : 「〜である限りは、〜する以上は」
  • value [vǽljuː] : 「評価する、重視する」
❖ "Illusions are ~ "「錯覚は、投資(のようなもの)である」。ここでの"illusions"は、知覚(perception)が生み出す錯覚のこと。知覚は、この幻想の世界で役に立つが、神の世界では必要ない。この世に生きるあなたは、その錯覚に入れ込んでいる(投資している)。"They will last ~ "「あなたが価値ありと思っている限り、その錯覚は存続する」。必要とされ、価値ありと認められている限りにおいて、錯覚や幻想は存続する。



Values are relative, but they are powerful because they are mental judgments. 
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち」
  • relative [rélətiv] : 「相対的な」
  • powerful [páuərfl] : 「強い、強力な」
  • mental [méntl] : 「心の、精神の」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力」
❖ "Values are ~ "「価値とは相対的なものである」。" but they are ~ "「しかし、価値はパワフルである」。"because they ~ "「なぜなら、価値は心の判断であるからだ」。心がAとBを比較し、AがBよりも価値ありと評価すれば、そこに心をAに向かわせる力が生まる。価値判断は相対的であり、心の動きを左右する大きな力をもっている。



The only way to dispel illusions is to withdraw all investment from them, and they will have no life for you because you will have put them out of your mind. 
  • dispel [dispél] : 「払いのける、払拭する」
  • withdraw [wiðdrɔ́ː] : 「取り消す、取り下げる」
  • put out : 「外に出す、追い出す」
❖ "The only way ~ "「錯覚を払拭する唯一の方法は、錯覚に対するすべての投資を取り下げることである」。" and they will ~ "「そうすることで、錯覚はあなたにとって命なきものとなる」。"because you will ~ "「なぜなら、あなたは、錯覚をあなたの心の外に追い出したことになるからだ」。



While you include them in it, you are giving life to them. Except there is nothing there to receive your gift.
  • while [hwáil] : 「〜の間ずっと、その間に」
  • include [inklúːd] : 「〜を含める、〜を包含する」
  • except [iksépt] : 「ただし、〜を除いて」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る」
❖ "While you include ~ "「あなたが、錯覚を心の中に囲い込んでいるうちは、」"you are giving ~ "「あなたは、錯覚に命を与えていることになる」。"Except there is ~ "「ただし、そこには、あなたの贈り物を受けとるものなど、何もないのであるが」。錯覚はあくまでも錯覚であって、あなたが命を吹き込んでもそれが実在に変身するわけではない。本当の命を贈り物として受けとる実体はないのだ。したがって、錯覚を心に留めおくことで、あたかも錯覚に命を吹き込んでいるように見えることも、やっぱり錯覚のなのだ。



5. The gift of life is yours to give, because it was given you. You are unaware of your gift because you do not give it. 
  • be unaware of : 「〜に気付いていない」
❖ "The gift of life ~ "「命という贈り物は、与えるためにあるもので、あなたのものである」。"because it was ~ "「なぜなら、命という贈り物はあなたに与えられたのだから」。もちろん、神から与えられたものである。神の属性を継承するあなたは、神同様に、命を贈り物として与えることが出来る。しかし、事はそう簡単ではない。"You are unaware ~ "「あなたはその命の贈り物を誰にも与えていないので、あなたはあなたの贈り物に気付かないでいる」。命を与えるという言葉にピンと来なかったら、愛を与えるという言葉に置き換えればいい。



You cannot make nothing live, since nothing cannot be enlivened. 
  • enliven [enláivn] : 「活気をつける、活性化する」
❖ "You cannot make ~ "「あなたは、無に命を与えることは出来ない」。"since nothing cannot ~ "「なぜなら、無は活気づけられることは不可能であるから」。ここでの"nothing"「無」は、文字通り「存在しないもの」ととらえていい。存在しないものが生命を吹き込まれたり、活気づいたりするはずがない。もしそんなことがあったら、それは無ではないのだ。たとえば、あなたが言葉に命を吹き込んだなら、その言葉はもはや物としての言葉ではない。



Therefore, you are not extending the gift you both have and are, and so you do not know your being. 
  • extend [iksténd] : 「拡張する、拡大する」
  • both A and B :「AもB も、AB いずれも」
❖ "Therefore, you are ~ "「したがって、あなたがもっており、あなたであるところの(命という)贈り物を、あなたは拡張していない」。"and so you do ~ "「だから、あなたは、あなたの存在を(叡知をもって)知ることがない」。実在の心を疎(おろそ)かにして、幻想のこの俗世に関わりあってばかりいるあなたは、あたかも無に命を吹き込もうとしている愚か者のようである。本当に実在する心を通して、命を同胞と分かち合うのであれば、命は神の法に従って拡張、増大するだろうが、あなたはそのことに気がついていない。気付いていないから、あなたは自分の存在を知っているとは言えないのだ。



All confusion comes from not extending life, because that is not the Will of your Creator. You can do nothing apart from him, and you do do nothing apart from him. 
  • confusion [kənfjúːʒən] : 「混乱、混同、無秩序」
❖ "All confusion comes ~ "「すべての混乱は、命を拡張しないことから派生する」。つまり、本当に実在するものと関わらずに、幻想ばかりに関わっているので、そこに混乱が生じる。逆に、心に愛と命を抱いて実在と関わるなら、愛も命も分かち合われ、拡張増大して、心に混乱が生じることなどない。"because that is not ~ "「なぜなら、命を拡張しないことは、あなたの創造主である神の意思ではないからだ」。"You can do nothing ~ "「あなたは、創造主である神を離れては、何も出来ない」。"and you do ~ "「そして、あなたは、創造主である神を離れて、何もなしていない」。つまり、神を離れては何も出来ないし、今あなたが何かをしていると主張しても、あなたは神から離れた状態でそれをしているに過ぎない。あなたは神を離れて泥をこね、エゴという偶像をその泥で作っているのだ。



Keep his way to remember yourself, and teach his way lest you forget yourself. 
  • keep one's way : 「道を迷わない」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • lest [lést] : 「〜しないように、〜するといけないから」
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる、見落とす」
❖ "Keep his way ~ "「あなた自身を覚えておくために、(迷ったりすることなく)神の道を行きなさい」。"and teach his ~ "「あなた自身を忘れないために、神の道を教えなさい」。



Give only honor to the Sons of the living God, and count yourself among them gladly.
  • honor [ɑ́nər] : 「敬意、光栄、恩恵」
  • give honor to : 「〜に敬意を表する」
  • count [káunt] : 「〜を数に入れる、考慮する」
  • among [əmʌ́ŋ] : 「〜の間に、〜のうちで」
  • gladly [glǽdli] : 「喜んで」
❖ "Give only honor ~ "「生ける神の、その神の子に敬意を表しなさい」。"and count yourself ~ "「そして、喜びをもって、あなた自身も神の子の仲間なのだと思いなさい」。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp