●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-22.V.5:1 ~ T-22.V.6:8

5. If you but recognized how little stands between you and your awareness of your union!

  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間に」
  • awareness [əwέərnis] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • union [júːnjən] : 「結合、合併、融合、団結」
❖ "If you but recognized ~ "「もしあなたが、あなたと同胞との団結を意識しているその中に、ほとんど何も立ちはだかっていないと認識出来たら、(どんなに良いことだろう)」。神聖な関係性の中で、あなたは同胞と共に、心と心を結合させた(your union)。あなたはそれをきちんと認識してればいいのだが、時として、疑いが顔を出すこともあろう。あなたの意識性(your awareness)の中に、幻想が紛れ込んで来るのだ(stands between)。しかし、それは、確かに幻想であり、あなたと同胞を分離させるようなものなど、何も存在出来ない(how little stands)と、あなたがはっきり認識(recognize)出来れば、あなたの心はいつまでも平和でいられるのだ。"recognized"というように、過去形が使われているのは、仮定法過去だから。現在の事実に反することを仮定している。したがって、「だが、残念なことに、あなたはまだ認識していない」という意味合いが込められている。



Be not deceived by the illusions it presents of size and thickness, weight, solidity and firmness of foundation.
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • present [préznt] : 「〜を与える、渡す、差し出す、提出する」
  • size [sáiz] : 「大きさ、サイズ、寸法、規模」
  • thickness [θíknəs] : 「厚いこと、厚さ、濃さ、深さ、密集」
  • weight [wéit] : 「重さ、重量、体重、重み、加重」
  • solidity [səlídəti] : 「堅いこと、固さ」
  • firmness [fə́ːrmnis] : 「堅固、堅さ」
  • foundation [faundéiʃən] : 「土台、礎、基盤」
❖ "Be not deceived by ~ "「しかし、幻想の、その大きさ、厚さ、重み、硬さ、そして、存在基盤の堅固さに騙されてはいけない」。実は、ACIMを学ぶ上で、これが一番難しいと言って過言ではない。あなたが目にする、机も鉛筆も、車も家も、山も川も、圧倒的な現実感をもってそこに存在しているように見えるのだ。しかし、ここに書いているように、ACIMは、それは幻想であると教える。これが、なかなか信じられないのだ。ACIMの多くの挫折者は、ここで落ちる。あなたが目にする、夢に過ぎないこの光景は、なぜこれほどまでに実在的に見えるのだろうか。あなたが夜見る夢は、これほど現実感を伴わないのに、なぜ、夢から目覚めて見える実生活の諸現象は、疑いを挟む余地を与えないくらい現実的なのだろうか。それは、こういう理由による。実生活の中で夜見る夢は、幻想の生活における睡眠に伴う夢であり、いわば、幻想がさらに幻想しているのだ。現実味が劣化するのは避けられない。時にはリアルな夢を見ることもあるが、ほとんどは、目覚めれば夢とわかる、はちゃめちゃな映像である。それに対して、実相世界の神の子が夢に見ているこの幻想世界は、現実味の質が格段に上である。実相の心が想念することは現実化するのであり、思いは必ず実現する。心はそのパワーを持っているのだ。幻想世界に比べて、存在のレベルが数段上の心が、あるいは次元が数段上の心が夢に見る光景は、次元が下がって質が劣化するとはいっても、あなたが目にするこの世界のように、実に現実的で、圧倒的な存在感をもってあなたに迫ってくるのだ。それほど、心の持つ現象化のパワーはすごいものなのだ。いわば、あなたは、あなたの心のもつパワーに騙されてしまうのである。だから、ACIMは繰り返し繰り返し、幻想に騙されるなという言うのである。幻想に騙されるな、とは、あなたの心のパワーが作り出す幻想に騙されるな、ということなのだ。



Yes, to the body's eyes it looks like an enormous solid body, immovable as is a mountain.
  • enormous [inɔ́ːrməs] : 「莫大な、非常に大きい、巨大な、甚大な」
  • solid [sάlid] : 「固体の、固形の、硬い、頑丈な」
  • immovable [imúːvəbl] : 「動かせない、動くことができない」
  • mountain [máuntn] : 「山」
❖ "Yes, to the body's eyes ~ "「確かに肉体の目には、幻想は、巨大で硬い実体のように見えるのである」。"immovable as is ~ "「幻想は、山のように、微動だにしないもののように映る」。この幻想世界が、これほど堅固に実在してるかのように見えるのは、この幻想世界は実相的な心のパワーが作り出したものであるからなのだが、そもそも、肉体的な感覚が騙された結果なのだ。したがって、幻想に騙されないようにするには、あなたの感覚を、その根本から変えなければならないのだ。般若心経が、しつこいまでに、目も耳も鼻も、感覚のすべては空なのだ、存在しないのだ、と繰り返し訴えているように、まず、第一に、あなたの感覚を根本から疑って、肉体的な目を心の目へと質転換させる必要がある。そのための訓練が書かれているのが、ACIMのTextに続くWorkbookである。Textを、この当たりまで読み進んだあなたは、そろそろ、Workbookを読み始めてもいい頃合いだろう。一年とは言わず、たっぷり時間をかけてWorkbookを読み進んで、あなたの感覚の大変革を断行してみればいい。



Yet within you is a Force that no illusions can resist.
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • force [fɔ́ːrs] : 「力、エネルギー、強さ、体力」
  • resist [rizíst] : 「〜に抵抗する、〜に反対する」
❖ "Yet within you is ~ "「しかし、あなたの内側には、幻想が太刀打ち出来ない力(パワー)が存在する」。あなたの心の中の最も純粋で神聖な部分に、幻想に騙されないパワーをもった正気さが住んでいる。ホーリー・スピリットが住んでいるのだ。



This body only seems to be immovable; this Force is irresistible in truth. What, then, must happen when they come together?
  • irresistible [ìrizístəbl] : 「抵抗できない、圧倒的な、否応なしの」
  • in truth : 「実のところ、実際には」
  • happen [hǽpn] : 「起こる、発生する、降り懸かる」
  • come together [təɡéðər] : 「一緒にやって来る、一緒になる」
❖ "This body only ~ "「この肉体は、動かしようのないくらい(実在しているかのように)見えるだろうが、」"this Force is ~ "「この心の力(パワー)は、実際、何ものも対抗出来ないのだ」。心のパワーは、肉体の幻想性を見抜けるパワーを有している。肉体は心を凌駕出来はしない。



Can the illusion of immovability be long defended from what is quietly passed through and gone beyond?
  • immovability [imùːvəbíləti] : 「不動、不可動性、動かないこと」
  • defend [difénd] : 「〜を守る、防衛する」
  • quietly [kwáiətli] : 「静かに、音もなく、黙って」
  • pass through : 「〜を通る、通過する、通り抜ける、貫通する」
  • gone [ɡɔ́ːn] : 「go の過去分詞形」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて、〜を過ぎて」
❖ "Can the illusion of ~ "「微動だにしない幻想は、それを静かにくぐり抜け、そこを越えて進んで行くものから、いつまでも守られていけるだろうか」。幻想は、どんなに堅固に見えようが、真実を見抜く心の目、実相的心のパワーには抗しきれない。その前では、幻想は、あたかも雲か霧のようにしか見えないのだ。真実は、幻想を突き抜けてしまうのだ。



6. Forget not, when you feel the need arise to be defensive about anything, you have identified yourself with an illusion.
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • feel [fíːl] : 「感じがする、感じる」
  • need [níːd] : 「必要性、必要なもの」
  • arise [əráiz] : 「起こる、生じる、現れる、生まれる、発生する」
  • defensive [difénsiv] : 「防衛的な、守備の、防御的な、防御の」
  • identify with : 「〜と同一であるとする、〜に自分を重ね合わせる、〜になりきる」
❖ "Forget not, when you ~ "「あなたが、何かから守られる必要があるという気持ちが湧き上がってきたと感じたときは、」"you have identified ~ "「あなたは、幻想と自分自身を同一視しているのだということを忘れないように」。実相的に真実に生きていれば、あなたは何も恐れる必要はなく、したがって守られる必要も感じない。しかし、もし守られる必要を感じたなら、それは恐れを抱いているからであって、あなたは幻想と関わっているのだ。あなたの心に幻想が侵入し、あなたはその幻想を実在だと思って、自己同一化してしまったのである。つまり、その幻想が自分自身の一部だと信じてしまったのだ。



And therefore feel that you are weak because you are alone. This is the cost of all illusions. Not one but rests on the belief that you are separate.
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • weak [wíːk] : 「弱い、劣っている、力がない、脆弱な 」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単一で」
  • cost [kɔ́st] : 「犠牲、代償、損失、コスト、費用、経費」
  • rest on : 「〜に基礎を置く、基礎は〜にある、〜にある、〜に存在する」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の、別の、別々の」
❖ "And therefore feel ~ "「そこで、あなたは、自分が一人ぼっちだという理由によって、自分は弱いと感じてしまうのである」。実相的に真実に生きていれば、あなたはパートナーと、あるいは同胞たちと結ばれていることを感じ、孤独に陥ることはない。しかし、分離の象徴でもある幻想を心に抱いてしまえば、あなたはパートナーと、あるいは同胞たちと分離してしまい、孤独の穴に落ち込んでしまう。孤独に苛まれ、自分が力のない弱い存在だと感じてしまうのである。"This is the cost ~ "「これが、幻想に支払わねばならないコストだ」。"Not one but rests on ~ "意訳する、「あなたは(パートナーや同胞から)分離していると信じてしまう罠に陥ってしまうのだ」。



Not one that does not seem to stand, heavy and solid and immovable, between you and your brother.
  • heavy [hévi] : 「重い、激しい、重みのある」
  • solid [sάlid] : 「固体の、固形の、硬い、頑丈な」
  • immovable [imúːvəbl] : 「動かせない、動くことができない」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間に」
❖ "Not one that does not ~ "「心に抱いた幻想は、どれもこれも、あなたと同胞の間に、重く硬く微動だにせず、立ちふさがっているように思えるのだ」。"Not one that does not ~ "「〜しない者は誰もいない」という意味で、二重否定である。こんな時は肯定文として「誰でも〜する」と訳してみれば理解しやすいだろう。



And not one that truth cannot pass over lightly, and so easily that you must be convinced, in spite of what you thought it was, that it is nothing. If you forgive each other, this must happen.
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • pass over : 「横切る、通り越す、通り過ぎる」
  • lightly [láitli] : 「軽く、軽快に、素早く、容易に、安易に」
  • easily [íːzili] : 「容易に、たやすく、苦もなく、あっけなく」
  • convince [kənvíns] : 「確信させる、納得させる、説得する」
  • in spite [spáit] of : 「〜にもかかわらず」
  • thought [θɔ́ːt] : 「think の過去・過去分詞形」
  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する、勘弁する」
  • each other : 「お互いに」
  • happen [hǽpn] : 「起こる、発生する、降り懸かる」
❖ "And not one that truth ~ "ここも二重否定であり、肯定文として訳すと、「真実は、いとも軽々と、何でも通り越してしまえるのだ」。真実は、障害物が幻想であり、雲のようなものだと知っているから、幻想の雲をやすやすと素通り出来るのである。"and so easily that ~ "ここは"so ~ that ~ "の構文、「あまりにも簡単に通り越してしまうので、あなたは〜を確信するに違いない」。"in spite of what you ~ "「あなたは、それがそこにあると思っていたにもかかわらず、それは無であったと」確信するに違いない。幻想を、それがそこに実在すると思っていたが、真実の目で見れば、幻想は無であったと確信出来るのだ。"If you forgive ~ "「もしあなたが、互いに赦し合えるなら、こういったことは必ず起きるのである」。ACIMの赦しとは、幻想を幻想だと認識して、その幻想を受け流し、取り消しにしてしまうことである。例えば、罪を赦す、という場合は、罪は幻想であり存在していないと見抜いて、罪を受け流してしまい、取り消しにすることなのだ。



For it is your unwillingness to overlook what seems to stand between you that makes it look impenetrable, and defends the illusion of its immovability.
  • unwillingness [ʌnwíliŋnis] : 「気が進まないこと、不本意」
  • overlook [òuvərlúk] : 「見過ごす、大目に見る、許す、目をつぶる、見逃す」
  • impenetrable [impénətrəbl] : 「通さない、受け付けない、入り込めない、足を踏み込めない」
  • defend [difénd] : 「〜を守る、防衛する」
  • immovability [imùːvəbíləti] : 「不動、不可動性、動かないこと」
❖ "For it is your unwillingness ~ "「なぜなら、あなたは、〜を見過ごしてやろうとしないからだ」。"to overlook what ~ "「あなたと同胞の間に立ちふさがって、そこに立ち入ることを拒み、微動だにしない幻想を守ろうとするものを」見過ごしてやろうとしないからだ。難しい言い回しをしているが、要するに、幻想を幻想と認識して、幻想を赦し、受け流し、見過ごしてやることが出来ないので、あなたと同胞の間に立ちふさがる幻想が、通過することを許さぬような堅固な障害物となって、あなたの目に映るのだ。つまり、マジックと同様に、あるいは催眠術と同様に、それに騙されて、ないものがあるように錯覚するのである。そして、逆に、そこに本当にあるものが見えなくなるのだ。その呪縛から解き放されるには、それがマジックであること、催眠術であることを認識して、受け流して、つまり、見過ごしてやることが必要なのだ。なんだ、マジックか、お遊びじゃないか、と受け流してやるように、幻想も、なんだ幻想じゃないか、本当はないんだ、と受け流してやればいいのだ。幻想に対して、マジになって戦いを挑むようでは、逆に幻想が活気づいて、あなたは簡単に幻想に負けてしまうだろう。エゴの策略にまんまと乗ってしまうのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp