●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-25.IX.8:1 ~ T-25.IX.9:6

8. Unless you think that all your brothers have an equal right to miracles with you, you will not claim your right to them because you were unjust to one with equal rights.
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • equal [íːkwəl] : 「同等の、均等な、平等な」
  • right [ráit] : 「権益、所有権、版権、正しい要求、当然の権利」
  • claim [kléim] : 「主張する、断言する、〜を要求する、〜を求める」
  • unjust [ʌndʒʌ́st] : 「不公平な、不正な、不法な、不当な」
❖ "Unless you think that ~ "「あなたが、あなたの同胞すべては、あなたと同等の、奇跡の権利を持っていると思わない限り、」"you will not claim ~ "「あなたは、彼らに対して、あなたの権利を主張することは出来ない」。"because you were unjust ~ "「なぜなら、あなたは、同等の権利のある者に対して不公正であるからだ」。あなただけが特別だと主張する特別性があなたの心にある限り、あなただけの権利を主張することは不正なのだ。特別性は幻想であり、実相は完全平等性を礎石にもっているのだ。



Seek to deny and you will feel denied. Seek to deprive, and you have been deprived.
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、取り上げる、剥奪する」
❖ "Seek to deny and ~ "「拒絶だけを探し求めていれば、あなたは拒絶されていると感じるだろう」。他者に権利を与えなければ、あなたも権利を与えてられていないと感じるだろう。"Seek to deprive ~ "「奪うことだけを追い求めれば、あなたは奪われてしまうのだ」。他者の権利を奪えば、あなたの権利も奪われる。自分の行為はすべて、自分自身に跳ね返ってくる。自他一如であることの必然である。



A miracle can never be received because another could receive it not.
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する」
❖ "A miracle can never ~ "「他者が奇跡を受け取ることが出来ないなら、(あなたも、) 奇跡を受け取ることは出来ないのだ」。誰かが特別に奇跡を受け取り、他者が奇跡から除外されるということはない。完全平等性を欠いた奇跡は起きない。それが起きたとすれば、それは奇跡ではなく、幻想的魔術であり、トリックだ。



Only forgiveness offers miracles. And pardon must be just to everyone.
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • offer [ɔ́ːfər] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • pardon [pάːrdn] : 「寛容、許し、恩赦、大赦」
  • just [dʒʌ́st] : 「正しい、公正な、当然の」
❖ "Only forgiveness ~ "「赦しだけが、奇跡を提供出来るのだ」。"And pardon must ~ "「そして、寛容性は、誰に対しても正当である」。ある事象の幻想性をしっかり認識し、それを受け入れて受け流すことが実相的赦しである。つまり、実相をつかみ取ることが赦しであって、その時、実相的奇跡は可能となる。赦しを知る者は、同時に他者の行為に対して寛容となる。なぜなら、他者の行為は幻想であって、真実ではないと知っているからだ。そういう寛容性をもって他者に接することは、実相的に正当である。



9. The little problems that you keep and hide become your secret sins, because you did not choose to let them be removed for you.
  • problem [prɑ́bləm] : 「問題、課題、疑問、難問、難題」
  • keep [kíːp] : 「〜を持ち続ける、保持する」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • secret [síːkrət] : 「秘密の、内緒の、ひそかな、機密の」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • remove [rimúːv] : 「取り除く、取り去る、取り外す、除去する」
❖ "The little problems that ~ "「あなたが保持し隠している小さな問題は、あなたの秘密の罪となる」。"because you did not ~ "「なぜなら、あなたは、自分のために問題を取り除こうとすることを選択しなかったからだ」。心に巣くう問題を幻想と捉えて赦し受け流してしまえば、あるいは、ホーリー・スピリットにすべてを委ねてしまえば、問題は心から消えてしまうであろうが、それを秘密にして保持しておけば、問題は腐れて罪と化す。罪と化すとは、それが幻想のままどんどん肥大化する、という意味だ。悪性腫瘍のようなものだ。心に巣くう特別性が、そのいい例である。



And so they gather dust and grow, until they cover everything that you perceive and leave you fair to no one.
  • gather [ɡǽðər] : 「集める、拾い集める、かき集める、寄せ集める」
  • dust [dʌ́st] : 「ほこり、ちり、煤塵、粉塵、塵埃」
  • grow [gróu] : 「〜を育てる、生育する、生やす」
  • cover [kʌ́vər] : 「〜を覆う、〜に覆いを付ける」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • leave [líːv] : 「放置する、ある状態のままにしておく」
  • fair [fέər] : 「公平な、公正な、公明正大な、偏見のない」
❖ "And so they gather ~ "「そうして、〜するまで、秘密にされた問題は、塵芥(ちりあくた)を集め、増大させていく」。"until they cover ~ "「それらが、あなたの知覚するすべてを覆い尽くし、あなたを誰に対しても公正に対処させなくなるまで、」秘密にされた問題は、塵芥(ちりあくた)を集め、増大させていく。秘密にされた問題があなたの目を覆い尽くし、誰を見ても敵に思い、あなたから何かを奪い取ろうとしているかに感じるようになる。あなたは孤立化し、世界を敵に回して孤絶するのだ。しかも、正しいのは自分だけであるという特別性を後生大事にかわいがるのである。



Not one right do you believe you have. And bitterness, with vengeance justified and mercy lost, condemns you as unworthy of forgiveness.
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する、信頼する」
  • bitterness [bítərnis] : 「敵意、恨み、嫌み、皮肉、苦味、苦しみ、苦痛」
  • vengeance [véndʒəns] : 「復讐、仕返し、報復」
  • justify [dʒʌ́stəfài] : 「正当だと説明する、弁明する、正当化する」
  • mercy [mə́ːrsi] : 「慈悲、情け、慈悲深い心、優しい心根」
  • lost [lɔ́st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • condemn [kəndém] : 「〜を非難する、責める、罵倒する」
  • unworthy [ʌnwə́ːrði] : 「〜に値しない、値打ちのない」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
❖ "Not one right do ~ "「あなたは、何一つ権利を持ってはいないと信じている」。本当は神の子として、あらゆる真実の権利を持っているのだが、幻想で目を覆い隠したあなたには、それが見えない。"And bitterness, with ~ "「復讐が正当化され、慈悲の心が失われ、苦渋の思いが、あなたは赦しに値しないと宣告する」。心に罪の意識を隠し持った者の実態である。自分は救いに値しないと決めてかかっているのだ。救われるよりも、世界を敵に回し孤絶の中で死んでいくことを願っている。そして、願いはかない、孤絶の中で死んでいくのである。



The unforgiven have no mercy to bestow upon another.
  • unforgiven [ʌ̀nfərɡívən] : 「許されていない」
  • bestow [bistóu] : 「〜を授ける、与える、贈る」
❖ "The unforgiven have ~ "「赦されないと信じている者は、他者に与える慈悲の心もない」。自分に赦しを与えないのだから、他者に赦しを与える慈悲心があるわけがない。



That is why your sole responsibility must be to take forgiveness for yourself.
  • sole [sóul] : 「唯一の、たった一つの」
  • responsibility [rispɑ̀nsəbíləti] : 「責任、義務、責務、職責」
❖ "That is why your sole ~ "「これが、あなたの唯一の責任はあなた自身のために赦さなくてはならないという理由なのである」。自分を赦すこと、つまり、自分の抱えた問題や罪の意識を、それが幻想であると見抜いて、受け流してしまうこと、それがあなたの唯一の責任である。そうすれば、あなたは他者を、同じ赦しをもって救い出すことが出来るのである。それが、慈悲の心である。責任とは、あなたがこの世に生きる使命のことだ。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp