●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-26.IV.4:1 ~ T-26.IV.5:5

4. Forgiveness brings no little miracles to lay before the gate of Heaven.
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を持って来る」
  • lay [léi] : 「〜を横たえる、〜を置く、築く、構築する」
  • before [bifɔ́ːr] : 「〜の前に、〜に先立って、〜を前にして」
  • gate [géit] : 「入り口、門扉、ゲート、門」
❖ "Forgiveness brings no ~ "意訳する、「赦しは、天の王国の扉の前で、とても大きな奇跡を起こしてくれる」。神の子が互いに互いを赦し合うことで、天の王国の扉の前で、神の子が幻想的存在から実相的存在へと大変身する奇跡が起きるのである。この奇跡によって、天の王国の中に入って、神の子が再結合する準備が整うのだ。もちろん、最終的には、神の子は神と、そしてホーリー・スピリットと再融合し、3者が単一の存在になる。三位一体の完成である。



Here the Son of God Himself comes to receive each gift that brings him nearer to his home.
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
  • near [níər] : 「近い、近くにある、接近した、近接した」
❖ "Here the Son of God ~ "「ここに、神の子自身は、故郷の住み家にぐんと近づくという贈り物を一人一人受け取るためにやって来るのである」。天の王国という故郷に回帰する、その入場券を受け取るために、神の子は長い回帰の旅をして、ここに至るのだ。



Not one is lost, and none is cherished more than any other. Each reminds him of his Father's Love as surely as the rest.
  • lost [lɔ́st] : 「lose の過去・過去分詞形、道に迷った、途方に暮れて」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • cherish [tʃériʃ] : 「〜を大事にする、大切にする」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • remind A of B : 「AにBのことを思い出させる」
  • surely [ʃúərli] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に」
  • rest [rést] : 「残り、残っているもの、残りの部分、残余」
❖ "Not one is lost, and ~ "「神の子は誰も、道に迷うことなくここに至り、誰も、他の神の子より大切にされるなどということも起こらない」。神の子はみんな平等に、キリストを同伴し、キリストに大切にされ、道に迷うことなく、回帰の旅を終えるのだ。"Each reminds him ~ "「神の子は一人一人、残りの同胞と同様に、確実に、父なる神の愛を思い起こすのである」。神の子は誰もが、長い旅を終えるとき、道に迷うことのないようにキリストを同伴させてくれた神の慈悲を強く感じるのである。



And each one teaches him that what he feared he loves the most.
  • teach [tíːtʃ] : 「〜を教える、指導する、学ばせる、悟らせる」
  • fear [fíər] : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
❖ "And each one teaches ~ "「そして、神の子一人一人は、恐れていたものが、実は最も愛するものであったと知ることになる」。かつて、神を裏切って神から分離し、神から罰せられるだろうと思って恐れていた、その神を、実は、神の子は一番愛していたのだと知るのである。子が、かつて恐れていた父の愛を、今、再確認するのだ。



What but a miracle could change his mind, so that he understands that love cannot be feared?
  • change [tʃéindʒ] : 「〜を変える、〜を変更する」
  • so that : 「〜できるように」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する」
❖ "What but a miracle could ~ "「愛は恐れるようなものでないと理解するために、奇跡が神の子の心を変化させなくて、何が変化させ得ようか」。奇跡だけが、それが出来るのだ。愛を知る心を創ること、それは奇跡以外の何ものでもない。



What other miracle is there but this? And what else need there be to make the space between you disappear?
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • space [spéis] : 「空間、余地」
  • disappear [dìsəpíər] : 「見えなくなる、なくなる、消滅する、消失する」
❖ "What other miracle ~ "「これをおいて、その他のどんな奇跡が存在し得ようか」。愛こそが奇跡であり、奇跡は愛なのだ。それ以外の奇跡はない。"And what else need ~ "「あなた達神の子の間を隔てていた空間を消滅させるために、(愛という奇跡)以外の何が必要だろう」。愛という奇跡によってこそ、分離した神の子同士のスペースは消滅し、再結合を果たすことが出来るのだ。神の子を分離していた空間は、単なる幻想に過ぎないのである。その幻想を払拭してくれるのが、愛の奇跡なのだ。



5. Where sin once was perceived will rise a world that will become an altar to the truth, and you will join the lights of Heaven there, and sing their song of gratitude and praise.
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • once [wʌ́ns] : 「あるとき、かつて、以前」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • rise [ráiz] : 「立ち上がる、起立する」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • altar [ɔ́ːltər] : 「祭壇、聖餐台」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜と交わる、〜と一緒になる」
  • gratitude [ɡrǽtətjùːd] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • praise [préiz] : 「称賛、褒めること」
❖ "Where sin once ~ "「かつて罪が知覚された所に、真実の祭壇となる世界が立ち上がるであろう」。罪の意識にさいなまれていた幻想世界が消滅すれば、そこに、真実を讃え謳歌する祭壇、つまり天の王国が立ち現れて来る。"and you will join ~ "「(神の子である)あなたは、そこで天の王国の光に加わることになる」。あなたも、真実を讃える、光り輝く神の子の一員になるのだ。"and sing their ~ "「そして、感謝と称賛の歌声に唱和するのである」。



And as they come to you to be complete, so will you go with them.
  • complete [kəmplíːt] : 「完結した、完成した、全部そろった、完全な」
  • go with : 「〜とともに進む、〜と一緒に行く、〜と交際する、〜に同調する」
❖ "And as they come to ~ "「光り輝く神の子達は、あなたを完成させるためにやって来たのであり、あなたはその神の子達と共に歩むことになる」。あなたより先に天の王国に回帰していた神の子達が、新しい友であるあなたを迎え入れるである。それは、あなたを神の子として完成させるためであり、あなたは彼らに加わって、神の子の再結合を果たすのである。



For no one hears the song of Heaven and remains without a voice that adds its power to the song, and makes it sweeter still.
  • hear [híər] : 「〜を聞く、聴く、〜が聞こえる」
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである、残る、残存する」
  • voice [vɔ́is] : 「声、歌声」
  • add [ǽd] : 「加える、合計する、足す」
  • make [SVOC] : 「〜の状態を作り出す、〜にする」
  • sweet [swíːt] : 「優しい、思いやりのある、親切な、甘い、甘味のある」
  • still [stíl] : 「今後さらに、もっと、いつでも」
❖ "For no one hears ~ "意訳する、「なぜなら、誰もが、天の王国の歌を聞くと必ずその歌に加わり、その歌声はますます力を増し、ますます甘美となるからである」。



And each one joins the singing at the altar that was raised within the tiny spot that sin proclaimed to be its own.
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側で」
  • tiny [táini] : 「とても小さい、ちっぽけな、極めて小さな」
  • spot [spɑ́t] : 「場所、地点、スポット、点」
  • proclaim [proukléim] : 「宣言する、宣告する、公言する、声明する」
❖ "And each one joins ~ "「そして、一人一人が歌に加わることになるのだが、」"at the altar that ~ "「そこは、(かつて)罪が自分の物だと主張した、とても小さな場所に立ち上げられた祭壇なのである」。あなたが幻想世界に生きていた時、罪の意識で占領されていた小さなあなたの心の中に、今や神の祭壇が立ち上がり、あなたは、神の子達の、神の愛を称賛する歌声に加わって歌い出すのである。



And what was tiny then has soared into a magnitude of song in which the universe has joined with but a single voice.
  • soar [sɔ́ːr] : 「舞い上がる、高く昇る、急上昇する、急増する」
  • magnitude [mǽɡnətjùːd] : 「規模、等級、大きさ、大きいこと」
  • universe [júːnəvə̀ːrs] : 「宇宙、銀河、全世界、全人類」
  • single [síŋgl] : 「ただ一つの、たった一つの」
❖ "And what was tiny ~ "「初め小さかった歌声は、高らかに舞い上がって大きな歌声になり、」"in which the universe ~ "「天の王国も、その一つの歌声に加わって、大合唱になるのである」。理屈を追わずに、朗読すること。ACIMが与えてくれる心の高揚感を味わえばいい。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp