●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-26.V.8:1 ~ T-26.V.9:8

8. The unforgiven is a voice that calls from out a past forevermore gone by.
  • unforgiven [ʌnfərɡívn] : 「許されていない」
  • voice [vɔ́is] ; 「声」
  • past [pǽst] : 「過去、昔」
  • forevermore [fərèvərmɔ́ːr] : 「今後永久に」
  • gone [ɡɔ́ːn] : 「go の過去分詞形」
  • go by : 「過ぎる、経過する」
❖ "The unforgiven is ~ "「赦されていないことは、永久に過ぎ去ってしまった過去から湧き出た呼び声である」。実相的な視点から見れば、遠い昔に神の子が幻想した世界は、幻想であると認識され、受け入れられ、受け流され、赦されてしまったのだ。それは、一瞬のうちに生じ、そして消滅した出来事であった。したがって、この実相世界には、赦されていない幻想など、そのかけらもない。しかし、もしあなたが、赦されていない幻想を知覚するならば、それは、遠い過去からの呼び声、まるで亡霊のような、過去の幻想の残像、残骸に過ぎないのである。あたかも、あなたを過去の残像、残骸に引きずり込もうとしている、今は亡きエゴの囁きなのだ。



And everything that points to it as real is but a wish that what is gone could be made real again and seen as here and now, in place of what is really now and here.
  • point to : 「指し示す、〜を指差す、〜に注意を向ける」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • wish [wíʃ] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • again [əɡéin] : 「再び、かさねて」
  • in place [pléis] of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」
❖ "And everything that ~ "「赦されていないことを現実であるかのように指し示す、あらゆることは、」つまり、残存する幻想をまるで実相であるかのように指向するものはすべて、"is but a wish that ~ "「過ぎ去ってしまったことを再び現実のものとし、実際に今ここにあるものの代わりに、今ここに見えるものに出来るという願いに過ぎないのだ」。今ここの実相世界には、幻想のかけらもないのだが、まだ赦されていない幻想を知覚、錯覚して、それを指向することは、ありもしない幻想を再び今ここに再現したいという狂った願望に過ぎないのだ。



Is this a hindrance to the truth the past is gone, and cannot be returned to you?
  • hindrance [híndrəns] : 「妨害、邪魔、障害物、邪魔者」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
❖ "Is this a hindrance to ~ "「こんなことが、過去は過ぎ去ってしまい、あなたの元へ再び帰ってくることはないという真実の障害になり得るだろうか」。幻想の復活を望む狂った想念など、実相の真実にとって、何の障害にもならない。



And do you want that fearful instant kept, when Heaven seemed to disappear and God was feared and made a symbol of your hate?
  • fearful [fíərfəl] : 「恐ろしい、怖い」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • kept [képt] : 「keep の過去・過去分詞形」
  • keep [kíːp] : 「〜を持ち続ける、保持する」
  • disappear [dìsəpíər] : 「見えなくなる、存在しなくなる、消滅する」
  • fear [fíər] : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • symbol [símbl] : 「象徴、記号、シンボル、表象、符号」
  • hate [héit] : 「憎悪、憎しみ、嫌悪」
❖ "And do you want ~ "「天の王国が消滅し、神が恐れられ、あなたの憎悪の象徴とされたかのように見える、恐ろしい瞬間を、あなたは保持していたいなどと願うだろうか」。神の子が神から分離して、天の王国を離れて幻想世界を偽創造し、神の罰を恐れ、神を憎悪の象徴とした、あの遠い昔の一瞬を、今でも心に保持しておきたいと望むだろうか。



9. Forget the time of terror that has been so long ago corrected and undone.
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • terror [térər] : 「恐怖、テロ」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する、正す」
  • undone [ʌndʌ́n] : 「undo の過去分詞形」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元に戻す、元どおりにする、取り消す」
❖ "Forget the time of terror ~ "「あまりにも遠い昔、修正され取り消された恐怖の時を、忘れてしまいなさい」。神から分離した幻想世界は、修正され取り消されたのだ。神の罰を恐れる必要もない。エゴの苛烈な支配を恐れることもないのだ。



Can sin withstand the Will of God? Can it be up to you to see the past and put it in the present?
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • withstand [wiðstǽnd] : 「〜に抵抗する、逆らう、耐える」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
  • up to : 「〜次第で」
  • present [préznt] : 「今、現在」
❖ "Can sin withstand ~ "「罪の意識が、神の意思に対抗出来るだろうか」。"Can it be up to you ~ "「過去に目をむけ、過去を現在の中に置くことは、あなたの意思次第なのだろうか」。



You can not go back. And everything that points the way in the direction of the past but sets you on a mission whose accomplishment can only be unreal.
  • go back : 「帰る、戻る、逆戻りする、引き返す、立ち返る」
  • point [pɔ́int] : 「〜を示す、指差す、指す、指摘する」
  • direction [dirékʃən] : 「方角、方向、道順、方位」
  • in the direction of : 「〜の方向に」
  • set on : 「〜にけしかける、唆す、雇用する」
  • mission [míʃən] : 「任務、特別任務、特命、使命」
  • accomplishment [əkάmpliʃmənt] : 「成就、成果、達成、完成 」
  • unreal [ʌnríəl] : 「実在しない、非現実的な、実存しない、虚偽の」
❖ "You can not ~ "「あなたは、(過去に)戻れないのだ」。"And everything that ~ "「過去の方向へ向かう道を目指すものはすべて、」"but sets you on ~ "「非実相的な結果になる以外にない仕事を、あなたにけしかけているだけなのだ」。消滅した過去の幻想を指向することは、何の成果も期待出来ない徒労をあなたに強いることになる。



Such is the justice your All-Loving Father has ensured must come to you.
  • justice [dʒʌ́stis] : 「正義、公正、正当性」
  • ensure [inʃúər] : 「〜を確かにする、保証する、請け合う、確保する」
❖ "Such is the justice your ~ "「愛こそはすべてである父なる神が確かなものにしてくれる正当性は、必ずあなたの元へやってくるものなのだ」。実相的真実は、必ずあなたのものとなる。それは、実相的に、既成事実なのだ。すでにあなたは、実相的真実のすべてをもっているのである。それに気付いていないだけだ。悪夢を見ていて、あなたはそれに気付いていないのだ。



And from your own unfairness to yourself has He protected you.
  • unfairness [ʌnfέərnis] : 「不公正、不公平、不当」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
❖ "And from your own ~ "「あなた自身に向けられる、あなた自身の不正から、神は、あなたを守ってくれる」。あなたは、自分自身を罪深い者だと不公正に自己を評価しているかも知れないが、そんな幻想、錯覚から、神はあなたを守ってくれる。ホーリー・スピリットを通じて、それが虚偽であると、あなたに知らしめてくれるのである。



You cannot lose your way because there is no way but His, and nowhere can you go except to Him.
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす、〜に迷う」
  • lose one's way : 「道に迷う、迷子になる」
  • nowhere [nóuhwὲər] : 「どこにも〜ない」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に、〜以外は」
❖ "You cannot lose ~ "「あなたは、道に迷うことなど不可能なのだ」。"because there is ~ "「なぜなら、神の道以外に道はないからだ」。"and nowhere can ~ "「神の元へ至る以外に、あなたは何処にも行き着けないからだ」。これも、実相的な既成事実である。神の子であるあなたが、道に迷うことなく、神の元へ回帰出来たことは、すでに起きた事実である。時間という枠組みの中で、あなたはそれを追体験しているのだ。幾多の転生を繰り返し、学び、悟り、あなたは、ついには天の王国へたどり着くのである。長い時間がかかると思うだろうが、実相世界から見れば、それもまた一瞬の出来事である。本当のあなたは、実はすでに、天の王国にいるのだから。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp