●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.III.7:1 ~ T-9.III.8:11

7. Your brother's errors are not of him, any more than yours are of you. 
  • not A any more than B : 「AでないのはBでないのと同じ」
❖ "Your brother's ~ "「あなたの同胞の誤りは彼のものではない」。"any more than ~ "「それは、あなたの誤りがあなたのものではないのと同じである」。では、誤りは誰のものなのか? 誤りの原因は誤った知覚に起因する。誤った知覚はエゴの思考システムに起因する。ところが、エゴ自体は私達の心が作った幻想であるから、エゴの誤りも同様に実体をもたない。誤りには実体がないのだ。簡単に言うと、誤りは夢の中で起きたことであって、現実ではない。誤りは存在せず、誰のものでもない。



Accept his errors as real, and you have attacked yourself. If you would find your way and keep it, see only truth beside you for you walk together. 
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
  • real [ríəl] : 「実在的な、現実の、実際の」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する」
  • would [wúd] : 「〜したいと思う」
  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに」
❖ "Accept his errors ~ "「同胞の誤りを現実のものとして受け入れてみなさい」。"and you have ~ "「そうすれば、あなたはあなた自身を攻撃してしまったことになる」。誤りは本来幻想世界の錯覚に過ぎないのだが、それを現実だと思い込むことで、まさに誤りを現実化してしまう。誤りを現実化してしまうことは他者への攻撃(有罪宣言)でもあり、自分への攻撃でもある。なぜなら、自他一如によって、他者もあなたも同一なのだから。"If you would ~ "「もし、あなたがあなたの道を見つけ、その道を進んで行きたいのなら、」"see only truth ~ "「あなたの傍らに真実だけを見なさい」。"for you walk ~ "「なぜなら、あなたは真実と共に歩くのだから」。真実でないものと共に歩いたら、たちまち道に迷ってしまう。道に迷わないためにも、道連れは真実に限る。エゴを捨て、ホーリー・スピリットと共に歩け、ということだ。



The Holy Spirit in you forgives all things in you and in your brother. His errors are forgiven with yours. 
  • forgive [fərgív] : 「許す、容赦する」
❖ "The Holy Spirit in ~ "「あなたの心の中のホーリー・スピリットは、あなたの中の、そしてあなたの同胞の中のすべてを赦してくれる」。"His errors are ~ "「同胞の誤りは、あなたの誤りと一緒に赦されるのだ」。誤りは実相の世界にはない。それを、ホーリー・スピリットが教えてくれる。つまり、ホーリー・スピリットの赦しとは、誤りがなかったことを教えてくれることなのだ。誤りを犯したという悪い夢を見ているだけだと教えてくれる。



Atonement is no more separate than love. Atonement cannot be separate because it comes from love. 
  • atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い」
  • no more A than B : 「AでないのはBでないのと同じ」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、別々の 」
  • come from : 「〜から来る、〜に由来する」
❖ "Atonement is no ~ "「贖罪が分離したものではないのは、愛が分離したものではないのと同じである」。誤りに対する実相的な赦しと同様に、罪の赦し(贖罪)もまた、個々人が分離したままで達成されるものではなく、あなたと同胞が同時並行的に贖罪を行う必要がある。ちょうど、愛が自己愛に止まることなく、同胞への愛と同胞からの愛をすべて含めて非分離的に達成されることと等しい。"Atonement cannot ~ "「贖罪は愛から派生するのだから、贖罪は分離したものになり得ない」。罪という暗い夢から救われるために実相的な贖罪が求められる。その救いは、自分と同胞は神の子として単一存在なのだという真実を基盤にしており、愛のパワーが救いを生み出す。実相的な救い(Salvation)においては、贖罪(Atonement)と赦し(Forgiveness)が表裏一体のようにくっついており、それを結びつけている力が愛(Love)ということになる。



Any attempt you make to correct a brother means that you believe correction by you is possible, and this can only be the arrogance of the ego. Correction is of God, Who does not know of arrogance.
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • correct [kərékt] : 「〜を修正する、正す」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する」
  • correction [kərékʃən] : 「訂正、修正、是正」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • arrogance [ǽrəgəns] : 「尊大、横柄、傲慢」
❖ "Any attempt you ~ "「あなたが同胞を正そうとするいかなる試みも、あなたによる修正が可能であるとあなたが信じていることを意味している」。他者が誤りを犯したのだから、誤りを犯していない自分が他者を正してあげようとする行為は、あなたが誤りを修正できると信じている証拠だ。"and this can only ~ "意訳する、「しかしこれは、エゴの傲慢さが表れたに過ぎない」。他者の誤りの存在を肯定した上で、あなたがそれを修正しようとするのだから、他者の誤りは現実化、固定化してしまい、あなたの修正は単なる他者への断罪と懲罰に終わってしまう。これはエゴ的な傲慢さの表れだ。"Correction is of ~ "「修正とは神の行うものであり、神は傲慢さを知らない」。ここを勘違いしてしまえば、罪を裁き罰を与える神のイメージが生まれてしまう。旧約聖書に登場する神である。本当の神は裁くことも罰することもない。そんな傲慢さは神の辞書にはない。神の行う修正とは、誤りは夢に過ぎないのだと諭しながら、あなたを優しく目覚めさせてくれることである。



8. The Holy Spirit forgives everything because God created everything. 
  • forgive [fərgív] : 「許す、容赦する」
❖ "The Holy Spirit forgives ~ "「ホーリー・スピリットはすべてを赦す」。この世のすべての誤りや罪は幻想だと知っているからだ。"because God created ~ "「なぜなら、神がすべてを創造したのだから」。神が創造したものに誤りはない。誤りがないと教えることが、ホーリー・スピリットの赦しである。



Do not undertake his function, or you will forget yours. Accept only the function of healing in time, because that is what time is for. 
  • undertake [ʌ̀ndərtéik] : 「引き受ける、請け負う」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、働き、役割」
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
❖ "Do not undertake ~ "「ホーリー・スピリットの機能を引き受けてはいけない」。"or you will ~ "「さもなければ、あなたは自分の機能を忘れてしまうからだ」。あなたはまだ幻想世界にいるのだから、幻想世界から超越しているホーリー・スピリットのまねをしても意味はない。幻想世界におけるあなたの役割を果たすことを考えればいいのだ。"Accept only the ~ "「時間の枠内のヒーリングを行う機能だけを受け入れなさい」。"because that is ~ "「なぜなら、ヒーリングとは、時間がそのためにあるものだからだ」。あなたは、あなたがすべてを赦し、すべてを正そうとしてはいけない。それはホーリー・スピリットの仕事であり、あなたの出来ることではないからだ。ただ、幻想である時間を補助装置として使って、自己あるいは同胞をヒーリングすることはあなたの機能であり、それを受け入れればいい。あなたが利用できる幻想の時間は、学びのための補助装置であり、ヒーリングのためにある。



God gave you the function to create in eternity. You do not need to learn that, but you do need to learn to want it. 
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、習う」
❖ "God gave you ~ "「神はあなたに、永遠の中で創造する機能を与えた」。永遠不変の実相世界において、神と真実を分かち合い、真実を拡張増大させていくことが創造である。そのパワーは神から与えられた。あなたは冷たい石ころではない。"You do not ~ "「あなたはそれを学ぶ必要はないが、」"but you do need ~ "「それを欲することを学ぶ必要はある」。永遠の中で創造する機能は、神の子が神から継承したものである。生まれながら備わっているのだから、学ぶ必要はない。しかし、その能力は眠ったまま使われていないので、創造したいと望むことは必要だ。目を覚ます方法は学ばなくてはならない。ACIMは、いわば、覚醒のレッスンである。



For that all learning was made. This is the Holy Spirit's use of an ability that you do not need, but that you made. 
  • learning [lə́ːrniŋ] : 「学ぶこと、学習」
  • use [júːs] : 「使うこと、利用、使用」
  • ability [əbíləti] : 「能力、才能、できること」
❖ "For that all learning ~ "「そのために、すべての学びは作られた」。つまり、すべての学びは、あなたの中で眠る創造性を呼び覚ますためにある、ということ。"This is the Holy Spirit's ~ "直訳すると、「これは、あなたにとって必要ないのに、あなたが作ってしまった能力を、ホーリー・スピリットが利用することである」。もし、あなたが目覚めているなら、自在に創造することはあっても、何一つ学ぶ必要はない。学ぶという能力は神の属性ではなく、したがって、学ぶということは本来必要ないものである。しかし、あなたは眠りに陥り、自分の創造性を忘れてしまった。そこで、あなたは学ぶという機能を自ら作り、その機能をホーリー・スピリットに利用してもらい、ホーリー・スピリットを師として学ぶのである。もちろん、幻想から目覚めて創造性を回復する学びである。



Give it to him! You do not understand how to use it. He will teach you how to see yourself without condemnation, by learning how to look on everything without it. 
  • condemnation [kὰndemnéiʃən] : 「激しい非難、有罪宣告」
  • look on : 「〜を見る」
❖ "Give it to him!"「その機能をホーリー・スピリットに委ねなさい」。あなたの学ぶという機能をホーリー・スピリットに渡して、利用してもらいなさい。"You do not ~ "「あなたはそれをどう利用するか、理解しなくていい」。何をどう学ぶか、ホーリー・スピリットに任せてしまっていい。"He will teach ~ "「ホーリー・スピリットは、非難することなく、自分自身をどう見るか、教えてくれるだろう」。"by learning how ~ "「非難することなく、すべてをどのように見るべきか学ぶことによって、」自分自身をどう見るか、ホーリー・スピリットは教えてくれる。判断し、評価し、誤りを見つけ出しては糾弾するというやり方ではなく、つまり、自己を批判するのではなく、自分をどう見たらいいのか教えてくれる。あなたが神の子であり、神の属性を継承した存在であることを教えてくれるのである。神の子として完璧であることを教えてくれる。そのときあなたは、神の属性としての創造性に目覚めることが出来る。もちろん、自分自身を見ることにとどまらず、同胞を見るときも、批判的な見方はしてはならないことも学ぶのである。



Condemnation will then not be real to you, and all your errors will be forgiven.
  • real [ríəl] : 「現実の、実際の、実在する」
  • forgiven : 「forgive の過去分詞」
  • forgive [fərgív] : 「許す、容赦する」
❖ "Condemnation will ~ "「そこで、非難することは、あなたにとって現実化されない」。それまで非難してきたことは放棄されたのだから、この世で現実化されない。幻想として赦される罪と同様である。"and all your ~ "「そして、あなたの誤りのすべては赦されるだろう」。誤りは批判されて正されるものではない。誤りは幻想であり、本当は誤りはなかったのだと了解することで正される、あるいは赦される。赦された幻想は取り消され、消滅するしかない。これがACIMの贖罪である。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp