●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-12.VII.10:1 ~ T-12.VII.11:9

10. You are afraid of me because you looked within and are afraid of what you saw.

  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • saw [sɔ́ː] : 「seeの過去形」
❖ "You are afraid of ~ "「あなたは私(イエス)を恐れている」。"because you looked ~ "「なぜなら、あなたは内面を覗き込み、あなたの見たものを恐れているからだ」。ホーリー・スピリットの姿は目に見えないが、ホーリー・スピリットの証言者であるイエスの姿は、あなたの心の中に見えるのである。なぜなら、イエスはホーリー・スピリットの顕在化したものであるからだ。しかし、あなたは心の奥深くで神を恐れ、罰を恐れているから、キリストの姿を見て恐れをなしている。



Yet you could not have seen reality, for the reality of your mind is the loveliest of God's creations.
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • lovely [lʌ́vli] : 「愛らしい、かわいらしい、美しい、すてきな」
❖ "Yet you could not ~ "「しかし、あなたは実相を見ることが出来たわけではない」。"for the reality of ~ "「なぜなら、あなたの心の実相は、神が創造したものの中で最も愛らしいからだ」。本当の心の実相は、それを見て恐れをなすようなものではなく、愛らしいもののはずだ。キリストの姿を見て恐れをなすようでは、実相を見たと言い切ることは出来ない。



Coming only from God, its power and grandeur could only bring you peace if you really looked upon it. If you are afraid, it is because you saw something that is not there.
  • grandeur [grǽn(d)ʒə(r)] : 「偉大さ、威厳、壮大さ、雄大」
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を連れて来る」
❖ "Coming only ~ "分詞構文、理由、「あなたの心の実相がもつパワーと偉大さは、神のみに由来するものであるから、」"its power and grandeur ~ "仮定法過去、「もしあなたが、本当に心の実相を見ているなら、そのパワーと偉大さはあなたに平和をもたらすことが出来るはずだ」。しかし、あなたは、あなたの心の実相を本当に見ることが出来ないので、つまり、恐怖心が先立ってしまうので、そのパワーと偉大さが心の平和をもたらすことを実感できないでいる。"If you are afraid ~ "「もし、あなたが恐れを抱いているなら、」"it is because you ~ "「それは、あなたがそこにない何ものかを見てしまったからだ」。実相も、実相の住人であるキリストも本来は優しく愛らしいはずである。なぜなら、神がそのように創造したからだ。ところが、愛らしいはずの実相を見て、あなたが恐れを抱くのであれば、あなたはそこに存在しない何か別のものを見ているはずである。つまり、幻想を見ているのだ。あなたが抱いている罪の意識も、罰への恐れも、したがって、単なる幻想に過ぎない。子供が夜見る夢の恐ろしいモンスターと同じである。



Yet in that same place you could have looked upon me and all your brothers, in the perfect safety of the Mind which created us.
  • same [séim] : 「同じの、同じ、同一の、変わらない」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完ぺきな、完全な」
  • safety [séifti] : 「安全、無事」
❖ "Yet in that same place ~ "仮定法過去完了、過去の事実と反することを述べている、「しかし、同じ場所に、あなたは私を、そしてあなたの同胞を見ることが出来たはずだ」。"in the perfect safety of ~ "「そして、私と同胞は、私たちを創造した心の完璧な安心の中にいる」。"the Mind"はもちろん、神の心。あなたが恐怖を感じた同じ場所に、完璧な安全を保障されて、神と共にイエス・キリストとあなたの同胞達がいる。少々深読みになるが、ここの同胞は、すでに実相世界に回帰した者たち、アセンションした者たちと考えてもいいだろう。あなたもその仲間入りをしなさいと誘っているわけだ。



For we are there in the peace of the Father, who wills to extend his peace through you.
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
❖ "For we are there ~ "「なぜなら、私たちは、父なる神の平和に包まれてそこにいるからであり、」"who wills to extend ~ "「父なる神はその平和を、あなたを通して拡張したいと意思している」。あなたも神の世界に回帰して、神の平和を分かち合うことで拡張して欲しいと神は願っている。



11. When you have accepted your mission to extend peace you will find peace, for by making it manifest you will see it.
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • mission [mí∫n] : 「使命、任務、特命、」
  • manifest [mǽnəfèst] : 「明白な、明らかな、明らかにする」
❖ "When you have ~ "「あなたが、平和を拡張するというあなたの使命を受け入れたとき、」"you will find ~ "「あなたは平和を見出すだろう」。"for by making it ~ "「なぜなら、それ(使命の受け入れ)を明白にすることによって、あなたは平和を見るであろうからだ」。平和を求める意思を明白に宣言せよ、ということ。宣言(affirmation)することで、平和が具体的にあなたの目に見えてくる。ここで言う平和は、実相世界における平和であって、幻想世界の、戦争という対極概念をもった平和とは完全に異質であることは心に留めておくべきだろう。純粋平和、一元論的平和、絶対的平和である。



Its holy witnesses will surround you because you called upon them, and they will come to you.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、参考人、証拠、証言」
  • surround [səráund] : 「包囲する、取り囲む」
  • call upon : 「求める、要求する、招く、招聘する」
❖ "Its holy witnesses ~ "「その神聖な証人達はあなたを取り囲んでくれるだろう」。"because you called upon ~ "「なぜなら、あなたが彼らを呼び寄せたのであり、彼らはあなたの元へやって来るだろうからだ」。あなたは絶対的平和を希求して、それを宣言する。すると、あなたの平和を証言してくれる神聖な者たち、キリストがあなたの求めに応じてあなたの元へと集まってくれる。



I have heard your call and I have answered it, but you will not look upon me nor hear the answer that you sought.
  • heard [hə́ː(r)d] : 「hear の過去・過去分詞形」
  • hear [híə(r)] : 「〜を聞く、聴く、〜が聞こえる、耳にする」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「〜に答える、〜に答えて言う」
  • sought [sɔ́ːt] : 「seek の過去・過去分詞形」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
❖ しかし、残念なことに、"I have heard your call and ~ "「私はあなたの呼び声を聞き、それに答えたが、」"but you will not ~ "「あなたは私を見ることもなく、あなたが求めた答えも聞かなかった」。もし、あなたがイエス・キリストの姿を目撃し、彼の答えを聞くことができたら、キリストは、あなたがきっと、絶対的な永遠の平和を得られるであろうことを証言してくれるはずである。つまり、あなたが神の世界に回帰した時、あなたは神と一時も分離していなかったのだと証言してくれるだろうし、あなたの罪は思い違いであり、あなたは完全な無辜であることを証言するのである。なぜ、あなたは証人の姿が目に入らず、その声が聞こえないのか?



That is because you do not yet want only that. Yet as I become more real to you, you will learn that you do want only that. And you will see me as you look within, and we will look upon the real world together.
  • yet [jét] : 「まだ、今のところは、今までのところ」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を知る、分かる、悟る、確認する」
  • within [wiðín] : 「内部で、内側は」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
❖ "That is because ~ "「それは、まだ、あなたが絶対的な永遠の平和だけを希求しているわけではないからだ」。"Yet as I become ~ "「しかし、私があなたにとってもっと現実的になっていくにしたがい、」"you will learn that ~ "「あなたは、あなたがその平和だけを望んでいるのだと分かってくるだろう」。"And you will see ~ "「そして、あなたが内面を見るとき、あなたは私(イエス)を見ることになるだろう」。あなたの心に存在するイエス・キリストの姿があなたに見えるようになる。"and we will look upon ~ "「そして私たちは、一緒に、実相の世界を眺めることになるのだ」。つまり、あなたの目がキリストの目に変化するのである。なぜなら、あなたはキリスト自体だからである。それを知ったとき、あなたの目はキリストの目となる。



Through the eyes of Christ, only the real world exists and only the real world can be seen. As you decide so will you see. And all that you see but witnesses to your decision.
  • exist [igzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
  • decide [disáid] : 「決定する、決心する、決意する」
  • witness [wítnəs] : 「〜を証言する、〜を証明する」
  • decision [disíʒ(ə)n] : 「解決、決定、決意、決心」
❖ "Through the eyes ~ "「キリストの目を通して見れば、実相の世界だけが存在していると分かるし、実相の世界だけが見えてくる」。"As you decide ~ "「あなたが決心したから、あなたはそう見えるのである」。あなたが絶対的永遠の平和を希求し、その平和の世界を見たいと決心したから、あなたの目はキリストの目となって、真に実在する実相の世界があなたに見えてくる。"And all that you see ~ "「あなたが目撃するすべてのものが、あなたの決定が正しかったのだと証言するのである」。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp