●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-12.VII.4:1 ~T-12.VII.5:6

4. You cannot see the Holy Spirit, but you can see his manifestations. And unless you do, you will not realize he is there.

  • manifestation [mæ̀nəfistéiʃən] : 「物質化現象、現れ、顕現、明示、表明」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
❖ "You cannot see ~ "「あなたはホーリー・スピリットを見ることはできない」。"but you can see ~ "「しかしあなたは、ホーリー・スピリットの現れを見ることはできる」。ホーリー・スピリットは、具象ではなく抽象の世界の住人である。したがって、我々の具象的目には見えない。しかし、ホーリー・スピリットがなす業は具象化するので、その現れを見ることはできる。"And unless you ~ "「あなたがそうしない限り、あなたはホーリー・スピリットがそこにいることに気がつかないであろう」。たとえば、あなたはACIMに出会ったが、それをホーリー・スピリットの導きであると直感することで、ホーリー・スピリットの存在に触れるのである。



Miracles are his witnesses, and speak for his presence. What you cannot see becomes real to you only through the witnesses that speak for it.
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、参考人、立会人、証拠、証言」
  • speak for : 「〜を物語る、〜を示す」
  • presence [prézns] : 「存在すること、存在、居ること」
❖ "Miracles are his ~ "「奇跡はホーリー・スピリットの証人である」。"and speak for ~ "「そして、奇跡はホーリー・スピリットの存在を示している」。奇跡が起きたとき、そこには必ずホーリー・スピリットがいる。奇跡はそれを証言している。"What you cannot ~ "「あなたが見ることの出来ないものでも、ホーリー・スピリットの存在を示す証言を通してのみ、それはあなたにとって現実化されるのである」。たとえば、あなたがACIMに出会ったことは偶然ではなく、必然であると、つまり、出会うべくして出会った奇跡であると了解することで、出会いがホーリー・スピリットの証言者となり、あなたのACIMとの出会いは確実に現実化するのである。つまり、何らかの形で実を結ぶのだ。



For you can be aware of what you cannot see, and it can become compellingly real to you as its Presence becomes manifest through you.
  • aware [əwéə(r)] : 「気付いている、気が付いて、承知して」
  • be aware of : 「〜を承知している、〜に気付いている、〜を知っている」
  • compellingly [kəmpéliŋli] : 「抵抗しがたく、強制的に、抑え切れずに」
  • manifest [mǽnəfèst] : 「明白な、明らかな、明らかにする」
❖ "For you can be ~ "「なぜなら、あなたは、あなたが見ることの出来ないものの(存在)に気付くことは出来るからである」。"and it can become compellingly ~ "「そして、それは、抵抗のしようもなく、あなたにとって現実のものとなることが出来るのである」。"as its Presence becomes ~ "「その存在が、あなたを通して明白になるにしたがい」。あなたを通してとは、あなたの知覚、あなたの感性を通して、見えないものが感じられるようになるにしたがい、といったニュアンス。



Do the Holy Spirit's work, for you share in his function. As your function in Heaven is creation, so your function on earth is healing.
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「機能、作用、働き、効用」
  • creation [kriéi∫n] : 「創造、創作」
  • earth [ə́ː(r)θ] : 「地球、地上、全世界」
  • healing [híːliŋ] : 「治療、回復、治癒、癒やし」
❖ "Do the Holy Spirit's ~ "「ホーリー・スピリットの仕事をしなさい」。ホーリー・スピリットの仕事を手伝いなさい、と考えていいだろう。"for you share ~ "「なぜなら、あなたはホーリー・スピリットの機能を分かち合っているから」。あなたもホーリー・スピリットも神が創造したものであるから、神の属性をすべて継承している。したがって、ホーリー・スピリットの機能はすべてあなたも持っている。"As your function in ~ "「天(の王国)におけるあなたの機能が創造であるように、」"so your function ~ "「地上におけるあなたの機能はヒーリングである」。ホーリー・スピリットは神の子が実相の世界に目覚めることを使命としてる。あなたもその手伝いをして、同胞が目を覚ます手助けをするべきだ。実相への目覚め、神の世界を思い出すことこそヒーリングであり、それは神から継承したあなたの機能なのだから。



God shares his function with you in Heaven, and the Holy Spirit shares his with you on earth.
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「機能、作用、働き、効用」
❖ "God shares his ~ "「神は天の王国において、神の機能をあなたと分かち合う」。創造を分かち合い、拡張増大させる。それが、神の喜びであるのだ。そして、神の喜びはそのままあなたの喜びになる。"and the Holy Spirit ~ "「そして、ホーリー・スピリットは地上において、ホーリー・スピリットの機能をあなたと分かち合う」。ヒーリングを分かち合い、拡張増大させる。それが、ホーリー・スピリットの喜びであり、ホーリー・スピリットの喜びは間髪をおかずあなたの喜びになる。



As long as you believe you have other functions, so long will you need correction.
  • As long as : 「する限りは、〜である限りは、〜する以上は」
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • correction [kərék∫n] : 「訂正、矯正、修正、是正」
❖ "As long as you ~ "「あなたがそれ以外の機能を持っていると信じている限り、」"so long will you need ~ "「いつまでも、あなたは修正が必要になろう」。たとえば、エゴがあなたに与えた攻撃用の機能を想起してみればいい。



For this belief is the destruction of peace, a goal in direct opposition to the Holy Spirit's purpose.
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信用、信頼、信仰、信条」
  • destruction [distrʌ́k∫n] : 「破壊、破滅、破棄」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的」
  • direct [dáirekt] : 「直接の、真っすぐな」
  • opposition [ɑ̀pəzí∫n] : 「反対、敵対、対立」
  • in direct opposition to : 「〜と正反対に、〜に真っ向から対立して」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向」
❖ "For this belief is ~ "「なぜなら、このように信じることは平和を破壊することになる」。このように信じることとは、創造とヒーリング以外に機能があると信じること。実相に目覚め(ヒーリング)、実相世界で創造すること以外に何かの機能があると信じることは、この幻想の世界に意義があると信じることにつながり、幻想にとどまってしまうが故に、真の平和に到達することはできない。むしろ、真の平和を乱してしまうことになる。簡単に言えば、エゴからもらった機能は平和を破壊するのだ。"a goal in direct opposition to ~ "「それは、ホーリー・スピリットの目的に対して正反対の目標である」。ホーリー・スピリットは、あなたが幻想から目を覚まし、実相に目覚め、実相の世界で創造し、絶対的な平和に到達することを目的にしている。



5. You see what you expect, and you expect what you invite. Your perception is the result of your invitation, coming to you as you sent for it.
  • expect [ikspékt] : 「予期する、期待する」
  • invite [inváit] : 「招待する、招く、〜を頼む、懇願する」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、知見、見識、感じ方」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、効果、成果」
  • invitation [ìnvitéi∫n] : 「招き、招待」
  • sent [sént] : 「send の過去・過去分詞形」
❖ "You see what ~ "「あなたは、あなたが期待したものを見る」。"and you expect ~ "「そして、あなたは、あなたが招いたものを期待する」。"Your perception is ~ "「あなたの知覚は、あなたの招きの結果である」。あなたが、こうであったらと期待し招いたことを、あなたは知覚する。"coming to you ~ "「つまり、あなたが何かを求めて送り出したものがそのままあなたに返ってくる」。あなたの知覚はあなたの期待の反映である。こうあって欲しいと思うものをあなたは知覚し、見たくないものは見えないのである。知覚の主体はあなたの意思なのだ。



Whose manifestations would you see? Of whose presence would you be convinced?
  • manifestation [mæ̀nəfistéiʃən] : 「物質化現象、現れ、顕現、明示、表明」
  • would [wúd] : 「〜したいと思う」
  • presence [prézns] : 「存在すること、存在、居ること」
  • convince [kənvíns] : 「確信させる、納得させる、説得する」
  • convinced [kənvínst] : 「確信して」
  • be convinced of : 「〜を確信している」
❖ "Whose manifestations ~ "「誰の顕現を、あなたは見たいのか」。"Of whose presence ~ "「誰の存在を、あなたは確信したいのか」。エゴか、ホーリー・スピリットか、あなたは、一体どっちの存在を確信したいと思っているのか。



For you will believe in what you manifest, and as you look out so will you see in.
  • manifest [mǽnəfèst] : 「〜を明らかにする、明白に示す、明示する」
  • look out : 「外を見る、見晴らす、警戒する、注意する、用心する」
❖ "For you will believe in ~ "「なぜなら、あなたは、あなたが明白にしたものを信じることになるであろうし、」"and as you look out ~ "「あなたが外を見るように、あなたの内側を見るからである」。外に美しいものを見れば、心の中の美しさが見えてくるだろうし、外に醜いものを見れば、心の中の醜さが見えてくるだろう。同様に、外にホーリー・スピリットを見るようになれば、あなたの心に住むホーリー・スピリットに気がつくであろうし、外にエゴの存在を見れば、あなたの心のエゴに心が奪われてしまうだろう。もっとも、その逆も成立するであろう。自分の心の見方が、外部世界の見方を規定することも大いにあり得る。つまり、知覚の主体はあなたの意思なのだから。



Two ways of looking at the world are in your mind, and your perception will reflect the guidance you have chosen.
  • way [wéi] : 「方法、やり方、手段、方途、様式」
  • reflect [riflékt] : 「〜を映す、示す、反映する」
  • guidance [gáidns] : 「指導、助言、アドバイス」
  • chosen [t∫óuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "Two ways of looking ~ "「あなたの心の中には、世界を見る二つの方法がある」。"and your perception will ~ "「そして、あなたの知覚は、あなたが選択した指導がどっちなのかを反映することになる」。つまり、あなたの心の中には、ホーリー・スピリット的なものの見方とエゴ的ものの見方の二つの見方があり、あなたはどちらでも選択できるのであるが、あなたが何かを見てどう知覚するかは、どっちの見方をあなたが選んだかに依存する。要するに、あなたの心の中のホーリー・スピリットの見方、指導に従いないさい、ということ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp