●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-4.I.9:1 ~ T-4.I.10:7

9. God is not the author of fear. You are. You have chosen to create unlike him, and have therefore made fear for yourself. 
  • author [ɔ́ːθər] : 「作者、著者、創造者、起草者」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • chosen [tʃóuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • unlike [ʌnláik] : 「〜とは違って」
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • for oneself : 「自力で、自分のために」
❖ "God is not ~ "「神は恐れの作り手ではない」。"You are."「あなたが恐れの作者である」。"You have chosen ~ "「あなたは、神と違う形で創造することを選んだ」。"and have ~ "「そして、それゆえ、あなたは自分で恐れを作ってしまったのだ」。



You are not at peace because you are not fulfilling your function. God gave you a very lofty function that you are not meeting. 
  • at peace : 「平和に、安らかな気持ちで、心穏やかで」
  • fulfill [fulfíl] : 「実行する、遂行する、果たす」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、効用、職務、役割」
  • lofty [lɔ́fti] : 「高遠な、気高い、高尚な、高位の」
  • meet [míːt] : 「満足させる、かなえる、満たす、達成する」
❖ "You are not ~ "「あなたは心安らかでない」。"because you are ~ "「なぜなら、あなたのもっている役割を果たしていないからだ」。"God gave you ~ "「神はあなたに、あなたが果たしていない非常に高貴な役割を与えた」。あなたは神から高貴な役割を与えられたが、あなたは眠ったままでいる。眠りながらこの世界という夢を見ている。あなたに与えられた高貴な役割とは、赦しをもって幻想を消滅させ、あなたも同胞もともに、この幻想世界から救う、というもの。キリストという役割である。あるいは、"function"を「機能」ととらえるなら、あなたの高貴な機能とは、一つは創造するという機能であり、愛するという機能、真実を拡張するという機能である。



Your ego has chosen to be afraid instead of meeting it. When you awaken you will not be able to understand this, because it is literally incredible. 
  • be afraid of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • instead [instéd] of : 「〜の代わりに」
  • awaken [əwéikn] : 「目覚める、目を覚ます」
  • be able to : 「〜することができる」
  • literally [lítərəli] : 「文字どおりに、そっくりそのまま」
  • incredible [inkrédəbl] : 「信じられない、信じ難い、驚くべき」
❖ "Your ego has ~ "「あなたのエゴは、役割を果たす代わりに恐れることを選んだ」。ここの"it"は前文の"a very lofty function"のこと。"When you awaken ~ "「あなたが目覚めたとき、このことが理解出来ないであろう」。"this"とはエゴが恐れを選んだこと。なぜ恐れを選らんでしまったのか、自分でもわからい、ということ。"because it is ~ "「なぜなら、それは文字通り馬鹿げたことだからである」。あなたが幻想から実相へ目覚めたとき、恐れを選んだエゴを支持した自分が理解出来ないだろう。どうしてこんな馬鹿げた選択をしてしまったのか?



Do not believe the incredible now. Any attempt to increase its believableness is merely to postpone the inevitable. 
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • increase [inkríːs] : 「〜を増やす、増大させる、増加させる」
  • believableness : 「信じられること」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • postpone [poustpóun] : 「〜をあとに延ばす、後回しにする」
  • inevitable [inévətəbl] : 「避けられない、必然的な、必然の」
❖ "Do not believe ~ "「今や、馬鹿げたことを信じてはいけない」。"Any attempt to ~ "「(馬鹿げたことを)ますます信じようとすることは、ただ単に避けられないことを先延ばしにすることに過ぎない」。"the inevitable"「避けられないこと」とは、信じようとしたことが結局は馬鹿げたことだと分かること。化けの皮は遅かれ早かれ剥がれるのだ。ところで、"the incredible"も"the inevitable"も、共に"the + 形容詞"の形で、「〜なもの、〜な人」という意味になる。



The word "inevitable" is fearful to the ego, but joyous to the spirit. God is inevitable, and you cannot avoid him any more than he can avoid you.
  • fearful [fíərfl] : 「恐ろしい、ものすごい」
  • joyous [dʒɔ́iəs] : 「うれしい、喜びに満ちた、楽しい」
  • avoid [əvɔ́id] : 「避ける、回避する、逃れる」
  • not A any more than B : 「A でないのは B でないのと同じ」
❖ "The word ~ "「『避けられない』という言葉はエゴにとっては恐れだが、スピリットにとっては喜びである」。"God is inevitable ~ "「神は避けて通れるものではない」。"and you cannot ~ "「そして、あなたは神を避けて通れないのは、神があなたを避けないのと同じことである」。



10. The ego is afraid of the spirit's joy, because once you have experienced it you will withdraw all protection from the ego, and become totally without investment in fear. 
  • be afraid of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜、満足」
  • experience [ikspíəriəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • withdraw [wiðdrɔ́ː] : 「引っ込める、取り消す、撤回する」
  • protection [prətékʃən] : 「保護、擁護、防御」
  • totally [tóutəli] : 「全体的に、すっかり、全く、完全に」
  • investment [invéstmənt] : 「投資、出資」
❖ "The ego is afraid ~ "「エゴはスピリットの喜びが恐ろしいのである」。" because once ~ "「なぜなら、あなたが一度その喜びを経験してしまうと、」"you will withdraw ~ "「あなたはエゴからすべての防御を引っ込めてしまうだろう」。つまり、エゴを守るための防御体制を解除してしまうということ。なぜなら、エゴなど守るに値しないと気が付くからである。"and become totally ~ "「そして、恐れに肩入れすることなどまったくなくなる」。"investment in fear"は、恐れに投資金をつぎ込む、という意味であるから、「恐れを助長する」といったニュアンス。エゴはそれが狙いである。なぜなら、恐れを感じれば感じるほどエゴは防御を固めることが出来、エゴ自身は安泰となるからだ。



Your investment is great now because fear is a witness to the separation, and your ego rejoices when you witness to it. Leave it behind! Do not listen to it and do not preserve it. 
  • great [ɡréit] : 「大きい、巨大な、主要な」
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、証拠、証言」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別、別離」
  • rejoice [ridʒɔ́is] : 「うれしがる、喜ぶ、祝う」
  • witness [wítnəs] : 「〜を証言する、〜を経験する」
  • behind [biháind] : 「後に、後ろへ、後ろ側に」
  • leave behind : 「〜を置き去りにする、残す、〜を排して進む」
  • preserve [prizə́ːrv] : 「〜を保つ、保存する、保護する」
❖ "Your investment is ~ "「恐れは(神からの)分離の証拠であるから、恐れへの投資金は今やかなり大きい」。過去の誤りに対する悔恨と恐れ、現在の不安定な生活に対する恐れ、予測不可能な未来に対する恐れ、他者の存在への恐れ、得体の知れない自分自身への恐れ、等々、すべては分離に端を発する恐れの数々である。"and your ego  ~ "「そして、あなたのエゴは、あなたが分離を証言するとき喜びを感じる」。恐れが分離を維持、助長するからだ。しかし、"Leave it behind!"「エゴなど置き去りにするがいい」。"Do not listen to it and ~ "「エゴに耳を傾けることなく、エゴを保存するようなこともしてはいけない」。ここの"it"をエゴととらえて訳してみたが、恐れととらえてもいい。つまり、恐れなど捨て去り、恐れに耳を貸すことなく、恐れを保持しようとするな、ということ。



Listen only to God, who is as incapable of deception as is the spirit he created. Release yourself and release others. 
  • be incapable [inkéipəbl] of : 「〜ができない、〜をする能力がない」
  • deception [disépʃən] : 「だますこと、うそ、ごまかし」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする」
❖ "Listen only ~ "「神の言葉だけに耳を傾けなさい」。"who is as ~ "「その神は、神が創造したスピリットが欺くことが出来ないように、(あなたを)欺くことは出来ない」。"Release yourself ~ "「あなた自身を解放し、そして、他の者を解放しなさい」。ここのスピリットは、もちろん、ホーリー・スピリットのこと。神の代弁者である。



Do not present a false and unworthy picture of yourself to others, and do not accept such a picture of them yourself.
  • present [préznt] : 「〜を贈る、〜を与える、渡す、差し出す」
  • false [fɔ́ːls] : 「正しくない、誤った、うその、虚偽の」
  • unworthy [ʌnwə́ːrði] : 「値打ちのない 、卑しむべき」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "Do not present ~ "「あなた自身の、偽りの、そして価値のない絵を他の者にプレゼントしてはいけない」。神の子以外の偽りの自分を、他者の前に見せてはいけない。"and do not ~ "「そして、あなた自身、他者の同様の絵を受け入れてはいけない」。偽りの絵とは、もちろん、エゴの絵。あなた自身のエゴの絵も、他者のエゴの絵も、受け入れてはいけない。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp