●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-4.IV.8:1 ~ T-4.IV.8:10

8. Have you really considered how many opportunities you have had to gladden yourself, and how many of them you have refused? 
  • consider [kənsídər] : 「 〜と考える、〜を考慮する」
  • opportunity [ὰpərtjúːnəti] : 「機会、好機」
  • gladden [glǽdn] : 「〜を喜ばせる」
  • refuse [rifjúːz] : 「拒む、拒絶する、断る」
❖ "Have you really ~ "「あなたは本当に、〜に思いを馳せたことがあるだろうか」。"how many ~ "「あなた自身を喜ばせるために、いかに多くの機会に恵まれ、いかに、その多くの機会を拒絶したか」に思いを馳せたことがあるだろうか。何を喜ぶかというと、あなたが神に愛された神の子であるという真実を知って喜ぶのである。同時に、あなたの同胞もまたあなたと同じ神の子であると知って喜ぶのだ。愛に満たされた自分を喜ぶのである。



There is no limit to the power of a son of God, but he can limit the expression of his power as much as he chooses. 
  • limit [límit] : 「限度、制限、限界」
  • limit : 「限定する、制限する」
  • expression [ikspréʃən] : 「表現、言い方」
  • as much as : 「〜と同じ程度に」
  • choose [tʃúːz] : 「 〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "There is no ~ "「神の子のパワーには限界がないが、」"but he can ~ "「神の子は、選択した分だけパワーの表現に制限を設けることは出来る」。『出来る』とあるが、否定的な意味。制限をかけてしまっている、という意味合い。神から継承したパワーには制限がないが、制限を設けているのは本人であって、どれくらいパワーを出すか選択した量にしたがって、パワーが制限される。



Your mind and mine can unite in shining your ego away, releasing the strength of God into everything you think and do. 
  • mine [máin] : 「私のもの」
  • unite [junáit] : 「一体化する、結合する」
  • unite in doing : 「結束して事に当たる」
  • shine [ʃáin] : 「〜を磨く、〜をキャンセルする、をとりやめる」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ」
  • strength [stréŋkθ] : 「力、強さ」
❖ "Your mind and ~ "「あなたの心と私の心は結束して光り輝き、エゴを駆逐出来るし、」"releasing the ~ "「あなたが考えたり行ったりすることのすべての中に、神の強さを解き放つことが出来る」。ここの"shining your ego away"は、光り輝いて暗いエゴをかき消すというイメージを抱けばいいだろう。また、"releasing the strength of God into"は、神のパワーをスポンジのように吸収するイメージを描けばいい。



Do not settle for anything less than this, and refuse to accept anything but this as your goal. 
  • settle [sétl] : 「落ち着く、和解する」
  • settle for : 「〜という結果に甘んじる 」
  • less than : 「〜未満の、〜に満たない」
  • refuse [rifjúːz] : 「拒む、拒絶する」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的」
❖ "Do not settle ~ "「これ以下のことに甘んずることのなく、これをあなたの目標と定め、他のものを受け入れることのないようにしなさい」。他のものとは、エゴ主導のもの。



Watch your mind carefully for any beliefs that hinder its accomplishment, and step away from them. 
hinder [híndər] : 「妨害する、邪魔する」
accomplishment [əkάmpliʃmənt] : 「成就、達成」
step away from : 「〜から一歩離れる」
❖ "Watch your mind ~ "「その成就を妨げるいかなる信念に対しても、心がそれに向かないように注意深く見守り、成就を妨げるものから一歩離れているようにしなさい」。エゴの誘惑に警戒せよ、ということ。



Judge how well you have done this by your own feelings, for this is the one right use of judgment. 
  • Judge [dʒʌ́dʒ] : 「〜を判断する」
  • feeling [fíːliŋ] : 「感触、感覚」
  • right [ráit] : 「正しい、正当な」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力」
❖ "Judge how well ~ "「あなた自身のフィーリングで、あなたがこのことをどのようにうまくやっているか判断してみよ」。"for this is ~ "「なぜなら、これは唯一、判断の正しい使い方であるから」。ACIMは頭脳による理性的判断を退けているが、ここでは、判断の有効な利用法を述べている。あなたのフィーリングで判断せよとは、心の直感でということなので、結局ホーリー・スピリットの声に耳を傾けながら判断せよ、ということになる。



Judgment, like any other defense, can be used to attack or protect; to hurt or to heal. 
  • defense [diféns] : 「防衛、防御」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • hurt [hə́ːrt] : 「〜を傷つける、〜の感情を損なう、〜に損害を与える」
❖ "Judgment, like ~ "「他の防御のように、判断は攻撃にも守りにも、すなわち、傷つけるためにも癒すためにも、使われることが可能だ」。防御は、自分のもっている幻想を守るという側面と、幻想の侵入から真実の自分を守るという側面の、二つの側面をもっている。それに呼応して、”幻想を”守ろうとしているのか、”幻想から”自分を守ろうとしているか、それを正しく判断する必要がある。判断を誤れば、判断はあなたに攻撃命令を出し、他者を、あるいは自分自身を傷つける結果を招く。
防御には、その根底に恐れがある。他者への恐れが高じれば、判断はその他者への攻撃を命ずる。しかし、他者の攻撃性に対して、それは自分の恐れが他者に投影されたものだと判断出来れば、恐れの投影を幻想と認識して赦すことが出来、恐れを癒やすことにつなげることが出来るのである。



The ego should be brought to judgment and found wanting there. Without your own allegiance, protection and love, the ego cannot exist. 
  • brought [brɔ́ːt] : 「bringの過去・過去分詞形」
  • wanting : 「欠けている、足りない」
  • allegiance [əlíːdʒəns] : 「忠誠、忠実 」
  • protection [prətékʃən] : 「保護、防御」
❖ "The ego should ~ "「エゴこそが判断されるために持ち込まれ、そこで不十分なものとされるべきだ」。エゴこそが、あなたが判断すべき対象であり、信じるに足らないと判断されるべきだ、とうこと。"Without your ~ "「あなた自身の忠誠心、保護、愛、それなくして、エゴは存在出来ない」。エゴをでっち上げたのはあなた自身である。あなたがエゴに献身することなくして、エゴは存在出来ない。



Let it be judged truly and you must withdraw allegiance, protection and love from it.
  • truly [trúːli] : 「正しく、正確に」
  • withdraw [wiðdrɔ́ː] : 「取り下げる、撤回する」
❖ "Let it be ~ "「エゴを正しく判断しようではないか」。"and you must ~ "「そして、あなたは、忠誠心や保護や愛を、エゴから撤回させねばならない」。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp