●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-4.IV.11:1 ~ T-4.IV.11:12

11. I do not attack your ego. I do work with your higher mind, the home of the Holy Spirit, whether you are asleep or awake, just as your ego does with your lower mind, which is its home. 
  • work with : 「〜と協力する、〜と連携する、〜と連動する」
  • whether [hwéðər] : 「〜であろうとなかろうと」
  • asleep [əslíːp] : 「眠っている」
  • awake [əwéik] : 「目が覚めて」
❖ "I do not ~ "「私はあなたのエゴを攻撃することはない」。"I do work ~ "「私はあなたの高位の心と連携して働く」。"the home of ~ "「その高位の心はホーリー・スピリットの住む家である」。"whether you are ~ "「あなたが眠っていようが目覚めていようが」あなたと連携して働く。"just as your ~ "「それは、ちょうどエゴがあなたの低位の心と連携して働くようなもので、」"which is its ~ "「その低位の心がエゴの住み家である」。



I am your vigilance in this, because you are too confused to recognize your own hope. I am not mistaken. 
  • vigilance [vídʒələns] : 「警戒、用心、寝ずの番」
  • confused [kənfjúːzd] : 「困惑した、混乱した」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜だと分かる、〜を認識する」
  • mistaken : 「誤った、間違った、誤解した」
❖ "I am your ~ " 直訳すると、「私はこのことに関してあなたの寝ずの番をしている」つまり、あなたの高位の心と油断なく連携している、ということ。"because you are ~ " ここは"too ~ to do "の構文、「あまりに〜なので〜できない」、「なぜなら、あなたがあまりに混乱しているので、あなた自身の希望を認識できないからだ」。だから、寝ずの番をして、あなたが希望から逸脱しないように警戒しているわけだ。" I am not ~ "「私は間違ってはいない」。



Your mind will elect to join with mine, and together we are invincible. You and your brother will yet come together in my name, and your sanity will be restored. 
  • elect [ilékt] : 「選ぶ、選出する 」
  • invincible [invínsəbl] : 「揺るぎない、無敵の」
  • come together : 「一緒になる、協力する、一体となる」
  • yet : 「これから、やがて、さらに」
  • in one's name : 「〜の名において」
  • sanity [sǽnəti] : 「正気、健全さ」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「回復させる、修復する」
❖ "Your mind ~ "「あなたの心は私の心に加わることを選ぶだろう」。"and together ~ "「一緒になった我々は無敵だ」。"You and your ~ "「その上、あなたとあなたの同胞は私の名の元に団結するだろう」。" and your sanity ~ "「そして、あなたの正気さは修復されるだろう」。エゴに毒された心が健全な心へとヒーリングされる。神の子の再統一を主導する存在がイエスである。



I raised the dead by knowing that life is an eternal attribute of everything that the living God created. 
  • raise [réiz] : 「蘇られる、起こす」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の、不滅の」
  • attribute [ǽtribjùːt] : 「特質、特性、属性」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
❖ "I raised the ~ "「私は、that以下を知ることで死者を蘇らせた」。"that life is ~ "「命は、生ける神が創造したすべてのものたちの永遠の属性である」と知ることで、死者を蘇らせた。命は神が創造したものであるから、永遠不変である。死は幻想であり、存在しない。イエスは、死者が幻想の死を夢に見ているだけだと知っていたから、彼を死の夢から目覚めさせただけなのだ。ここは、ヨハネによる福音書36章のラザロの復活を念頭に置いて語られたのだろう。 



Why do you believe it is harder for me to inspire the dis-spirited or to stabilize the unstable? I do not believe that there is an order of difficulty in miracles; you do. 
  • inspire [inspáiər] : 「呼び起こす、活気を与える」
  • dis-spirited = dispirited [dispírət] : 「元気のない、意気消沈した」
  • stabilize [stéibəlàiz] : 「安定させる、一定に保つ」
  • unstable [ʌnstéibl] : 「不安定な、安定していない」
  • order [ɔ́ːrdər] : 「順、順序、順番、序列」
  • difficulty [dífikʌ̀lti] : 「困難、難事、難儀」
❖ "Why do you ~ "「なぜあなたは〜を信じているのか」。"it is harder ~ "「意気消沈した者に活気を与え、不安定なものを安定させることが、私にはより難しい」と、なぜ信じているのか。"harder"とあるように比較級を使っているので、前文の"I raised the dead"「死者を蘇らせた」を念頭に置いている。つまり、それに比べてより難しいと信じているのか、ということ。"I do not ~ "「私はthat以下を信じていない」。"that there is ~ "「奇跡には難しさの序列がある」などと信じていない。対して、"you do"「あなたは信じている」。元気のない者に活力を吹き込むことも、死者を蘇らせることも、奇跡のレベルで考えると同様に容易なことだ。あなたはそれを信じることが出来ないので、奇跡を起こすことが困難に思えるのだ。



I have called and you will answer. I understand that miracles are natural, because they are expressions of love. My calling you is as natural as your answer, and as inevitable.
  • natural [nǽtʃərəl] : 「自然の、普通の」
  • expression [ikspréʃən] : 「表現、表出、表情」
  • inevitable [inévətəbl] : 「避けられない、必然的な」
❖ "I have called ~ "「私は呼びかけ、あなたは答えてくれるだろう」。"I understand ~ "「私は、奇跡は自然なことだと理解している」。だから、奇跡の難易に序列はない。"because they ~ "「なぜなら、奇跡は愛の表現だからである」。"My calling you ~ "「私の呼びかけは、あなたの答えと同じくらいに自然で必然的なものだ」。奇跡とは、真実の現実化である。イエスがあなたに救いの計画への参加を呼びかけ、あなたがそれに答えてくれることは真実の現れであり、奇跡である。それは自然なことであり、必然的なことだ。なぜなら、救いは愛の表現であり、イエスはあなたを愛しているのだから、愛が奇跡を起こすことは自然である。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp