●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-17.V.10:1 ~ T-17.V.11:10

10. Throughout the Sonship is the song of freedom heard, in joyous echo of your choice.

  • throughout [θru(ː)áut] : 「〜の至るところに、〜の間中」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • heard [hə́ː(r)d] : 「hear の過去・過去分詞形」
  • joyous [dʒɔ́iəs] : 「うれしい、喜びに満ちた、楽しい、楽しげな」
  • choice [t∫ɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
❖ ここは、理屈を考えずに、状況をイメージして、言葉の響きやリズムを楽しもう。"Throughout the Sonship ~ "「神の子すべてに広がって、自由の歌声が聞こえる」。" in joyous echo of ~ "「あなたの選択を祝う、喜びの歌がこだまするのだ」。あなたは、特別な関係性の目的を、エゴのそれからホーリー・スピリットの目的へと切り替える選択をした。そして、関係性を再構築して、パートナーと共に、実相世界へ、天の王国へ、神の元へと向かう旅を始めた。それは、真の自由への旅立ちである。自他一如である神の子たちは、あなたの、自由への選択を祝福して、歌を歌ってくれるのである。その歌声が、あなたの耳に聞こえてくる。



You have joined with many in the holy instant, and they have joined with you.
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する、連結する、合わせる」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
❖ "You have joined with ~ "「あなたは、聖なる瞬間に、多くの同胞と結ばれ、」"and they have ~ "「多くの同胞はあなたと結ばれた」。実相世界に目覚める聖なる瞬間において、自他一如なる神の子として、あなたも同胞も、共に本当の自分の姿を認識するのだ。あなたは彼であり、彼はあなたである。神の子として単一の存在であることを受け入れる。



Think not your choice will leave you comfortless, for God himself has blessed your holy relationship. Join in his blessing, and withhold not yours upon it.
  • leave [líːv] : 「放置する、ある状態のままにしておく」
  • comfortless [kʌ́mfərtlis] : 「慰めにならない、楽しみのない、わびしい」
  • bless [blés] : 「祝福する、清める、賛美する」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • join in : 「〜に加わる、〜に参加する」
  • withhold [wiðhóuld] : 「与えないでおく、差し控える、保留する」
❖ "Think not your choice ~ "「あなたの選択が、あなたを苦しい状態に引き止めるなどと思ってはいけない」。エゴからホーリー・スピリットへ、関係性の転換の最初は、あなたは不安と恐れを感じて苦しんだであろうが、それがいつまでも続くわけではない。"for God himself has ~ "「なぜなら、神は自ら、あなたの聖なる関係性を祝福しているからだ」。神は、あなたの関係性が幸せなものになるように祝福している。神の意思は必ず実現するのだから。"Join in his ~ "「神の祝福に加わりなさい」。"and withhold not ~ "「神の祝福の上に、あなたの祝福を重ねることを忘れないようにしなさい」。つまり、神の祝福を信じなさい、ということ。そして、あなたの関係性を信じなさい、ということ。あなたの関係性は、幸せな、実り多いものとなるのだから。



For all it needs now is your blessing, that you may see that in it rests salvation. Condemn salvation not, for it has come to you.
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恵み、恩恵、幸運」
  • rest [rést] : 「ある、置かれている」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • condemn [kəndém] : 「〜を非難する、責める、罵倒する、糾弾する」
  • come to : 「〜に達する、〜に着く、〜に来る」
❖ "For all it needs now ~ "「なぜなら、今必要とされるもののすべては、あなたの祝福であり」。神を信じ、自分を信じることが、今一番必要とされる。"that you may see ~ "ここの"that"は"so that"のことで、「〜できるように、その結果そして」という意味合い、「そうすれば、あなたは、祝福の中に救いを見いだすことが出来るのだから」。あなたが神と自分を信じることで、実相世界へ目覚めることが出来、それこそが、あなたの救済である。"Condemn salvation ~ "「救いを罵倒してはいけない」。ここは、救いを拒絶してはいけない、といったニュアンス。"for it has come ~ "「なぜなら、救いは、(あなたを救うために) あなたの元へやって来たのだから」。救いは、神が差し伸べてくれた手である。神の差し出した手を、あなたは拒絶できるだろうか?



And welcome it together, for it has come to join you together in a relationship in which all the Sonship is together blessed.
  • welcome [wélkəm] : 「喜んで受け入れる、歓迎する」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜と交わる、〜と一緒になる、結び付ける、結合する」
❖ "And welcome it ~ "「パートナー共々、救いを快く受け入れなさい」。"for it has come to join ~ "「なぜなら、救いは、すべての神の子が共に祝福されるという関係性の中に、あなたを共に加えるために、あなたの元へやって来たのだから」。ここの"relationship"「関係性」は、あなたとパートナーの関係性ではなく、神と神の子の間の、神聖な関係性のことだ。つまり、あなたとパートナーとの関係性は、今や、神と神の子の間の神聖な関係性に質転換されたのである。それを、神も同胞の神の子達も、ともに祝福してくれるのである。小さかったあなたの関係性は、今や自由の翼をもって、天の王国を羽ばたくことが出来るのである。



11. You undertook, together, to invite the Holy Spirit into your relationship.
  • undertook [ʌ̀ndə(r)túk] : 「undertake の過去・過去分詞形」
  • undertake [ʌ̀ndə(r)téik] : 「引き受ける、請け負う、始める、〜に着手する」
  • invite [inváit] : 「招待する、招く、案内する」
❖ "You undertook ~ "「あなたは、パートナーと共に、あなたの関係性の中にホーリー・スピリットを招き入れたのである」。エゴの目的を否定して、ホーリー・スピリットを関係性の中に招き入れた。あなたの最大の選択であったのだ。



He could not have entered otherwise. Although you may have made many mistakes since then, you have also made enormous efforts to help him do his work.
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • otherwise [ʌ́ðə(r)wàiz] : 「さもなければ、そうしないと、そうでなければ」
  • although [ɔː(l)ðóu] : 「〜だけれども、〜ではあるが、〜とはいえ」
  • mistake [mistéik] : 「誤り、過ち、手違い」
  • make mistakes : 「間違いをする、間違いを犯す」
  • since [síns] : 「〜以来ずっと、〜以後に、〜のときから」
  • enormous [inɔ́ː(r)məs] : 「莫大な、非常に大きい、巨大な、甚大な」
  • effort [éfə(r)t] : 「努力、尽力、骨折り、試み、取り組み、行動、活動」
  • make efforts : 「努力する、尽力する」
❖ "He could not have ~ "「あなたの招きなしでは、ホーリー・スピリットはあなたの関係性の中に入って来れなかったであろう」。"Although you may have ~ "「それ以降、あなたは多くの過ちを犯したかも知れないが、」"you have also made ~ "「あなたは同時に、ホーリー・スピリットが仕事をなすのを手助けする大きな努力をしてきた」。時には、エゴの目的に戻りそうになる過ちを犯したこともあったが、おおむね努力して、ホーリー・スピリットの目的にそった関係性の再構築に力を注いできた。



And he has not been lacking in appreciation for all you have done for him.
  • lacking [lǽkiŋ] : 「不足して、欠けている、欠ける」
  • be lacking in : 「〜が欠けている、〜に不足している」
  • appreciation [əprìː∫iéi∫n] : 「正しく評価、感謝」
  • done [dʌ́n] : 「do の過去分詞」
❖ "And he has not been ~ "「そして、ホーリー・スピリットは、あなたがホーリー・スピリットのためになしてくれたことに対して、多いに感謝しているのだ」。ホーリー・スピリットも、あなたの努力を認めて、評価してくれている。



Nor does he see the mistakes at all. Have you been similarly grateful to your brother?
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」
  • similarly [símələrli] : 「同様に、類似して、同じように」
  • grateful [gréitfl] : 「感謝する、感謝している、ありがたく」
❖ "Nor does he see ~ "「それどころか、ホーリー・スピリットは、あなたの過ちを全く気にも留めない」。"Have you been ~ "「あなたは、それと同様に、あなたの同胞に対して感謝の気持ちをもったことがあったであろうか」。残念ながら、あなたは同胞に感謝するどころか、同胞の過ちをあげつらってきたのだ。



Have you consistently appreciated the good efforts, and overlooked mistakes?
  • consistently [kənsístəntli] : 「一貫して、常に、相変わらず、堅実に」
  • appreciate [əpríː∫ièit] : 「〜を正しく評価する、〜をありがたく思う、感謝する」
  • effort [éfə(r)t] : 「努力、尽力、骨折り、試み」
  • overlook [òuvə(r)lúk] : 「見て見ぬふりをする、見過ごす、大目に見る、許す、目をつぶる」
❖ "Have you consistently ~ "「あなたは一貫して、(同胞の)多大な努力を正しく評価し、過ちを大目に見てきただろうか」。その逆であったと認めざるを得ない。



Or has your appreciation flickered and grown dim in what seemed to be the light of the mistakes?
  • appreciation [əprìː∫iéi∫n] : 「正しく評価、感謝」
  • flicker [flíkər] : 「揺らめく、点滅する、徐々に消える」
  • grown [gróun] : 「growの過去分詞形」
  • grow [gróu] : 「〜の状態になる」
  • dim [dím] : 「薄暗い、弱い、悪い、ぼやけた」
❖ "Or has your appreciation ~ "「あるいは、同胞への感謝の念は、過ちの光とおぼしきものの中で、徐々に消え、薄暗くなってしまったのか」。同胞の過ちばかりが目に入って、同胞に対する正当な評価や感謝の気持ちが薄らいでしまったのだ。



Perhaps you are now entering upon a campaign to blame him for the discomfort of the situation in which you find yourself.
  • perhaps [pə(r)hǽps] : 「たぶん、もしかすると、ことによると」
  • enter [éntə(r)] upon : 「〜に着手する、始める、〜に入る、〜を手に入れる、自分のものにする」
  • campaign [kæmpéin] : 「活動、運動、軍事行動、作戦行動」
  • blame [bléim] : 「非難する、とがめる、責める」
  • blame A for B : 「BのことでAを責める」
  • discomfort [diskʌ́mfə(r)t] : 「不快、不安、辛苦、不快症状」
  • situation [sìt∫uéi∫n] : 「状況、場所、状態、立場、事情、情勢、事態」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
❖ "Perhaps you are now ~ "「多分あなたは今、〜を同胞のせいにして、彼を責める作戦に着手しているのかもしれない」。"for the discomfort of ~ "「あなたが、あなた自身を見い出す状況下における不快さ」を同胞のせいにして。



And by this lack of thanks and gratitude you make yourself unable to express the holy instant, and thus lose sight of it.
  • lack [lǽk] : 「不足、欠乏、欠如、欠落」
  • thank [θǽŋk] : 「感謝、謝意、謝辞」
  • gratitude [grǽtət(j)ùːd] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • make [SVOC] : 「〜の状態を作り出す、〜にする」
  • unable [ʌnéibl] : 「できない」
  • express [iksprés] : 「〜を表現する、言葉で表現する、言い表す、表明する、感情を示す」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • thus [ðʌ́s] : 「このようにして、こんなふうに」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • sight [sáit] : 「視界、景色、光景、視覚、視力」
  • lose sight of : 「〜を見失う」
❖ "And by this lack of ~ "「そして、感謝や謝意を欠くことで、あなたは、あなた自身が聖なる瞬間を表現できないようにしてしまうのだ」。"and thus lose ~ "「こうして、あなたは聖なる瞬間を見失ってしまう」。"express the holy instant"「聖なる瞬間を表現する」とは、それを実現すること、その瞬間に立ち合うこと、と思っていいだろう。自他一如によって、同胞に感謝の念を抱くことは、あなた自身に対して感謝することなのだ。つまり、自分の神聖さを受け入れることである。したがって、逆に、同胞の過ちを非難し続けることは、あなた自身を非難し貶めることであって、自分は神聖ではないと宣言するようなものだ。自分で自分に向かって神聖ではないと宣言した者が、聖なる瞬間に立ち合えるわけがないではないか。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp