●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-18.II.7:1 ~ T-18.II.8:6

7. Your special relationship will be a means for undoing guilt in everyone blessed through your holy relationship.

  • special [spé∫l] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元に戻す、元どおりにする、取り消す」
  • undoing : 「ほどくこと、解くこと、取り消し」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • blessed [blésid] : 「祝福された、神聖な、聖なる、清められた」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
❖ "Your special relationship ~ "「あなたの特別な関係性は、〜されるすべての人たちの罪の意識を取り消しにするための手段となるであろう」。"blessed through your ~ "「あなたの聖なる関係性を通して祝福される」すべての人たちの罪の意識を取り消しにするための手段となるであろう。ホーリー・スピリットの力添えで、あなたの幻想的な特別な関係性は聖なる関係性へ質転換し、実相世界へ通じる扉になり得る関係性になった。その聖なる関係性を通して、あなたに関わる人たちもまた実相世界に目覚め、自らの罪の意識を取り消しにしていくのである。つまり、罪の意識は幻想であり、罪などなかったのだと知るのだ。



It will be a happy dream, and one which you will share with all who come within your sight.
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • within [wiðín] : 「〜の中、〜以内で、〜のうちに」sight [sáit] : 「視界、景色、視覚、視力」
❖ "It will be a happy ~ "「それが、幸せな夢となるであろう」。"and one which you will ~ "「そしてそれは、あなたの視界に入ってくるあらゆる人たちと分かち合う夢となるであろう」。実相世界に目覚めた喜びを、あなたは同胞達と分かち合うのだ。分かち合うことで、喜びは拡張増大していく。



Through it, the blessing the Holy Spirit has laid upon it will be extended.
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵、幸運、恵み」
  • laid [léid] : 「lay の過去・過去分詞形」
  • lay [léi] : 「〜を横たえる、〜を置く」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
❖ "Through it, the blessing ~ "「その幸せな夢を通して、夢に対してホーリー・スピリットが抱いた祝福の気持ちが、拡張していくであろう」。あなたと同胞の喜びが拡張し、さらに、ホーリー・スピリットの祝福もまた、分かち合われることで、拡張増大していく。



Think not that he has forgotten anyone in the purpose he has given you. And think not that he has forgotten you to whom he gave the gift.
  • forgotten [fə(r)gɑ́tn] : 「forget の過去分詞形」
  • forget [fə(r)gét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
❖ "Think not that he has ~ "「ホーリー・スピリットがあなたに与えた目的の中に、ホーリー・スピリットが誰かを忘れてしまったかも知れないなどと思ってはいけない」。"And think not that ~ "「そして、ホーリー・スピリットが贈り物を与えたあなたを、ホーリー・スピリットが忘れてしまったなどと思ってもいけない」。あなたの特別な関係性に対して、ホーリー・スピリットは神聖な目的をあなたに与えた(he gave the gift)。つまり、神聖な真の関係性に質転換すべし、という使命、目的だ。その目的の中に、あなたはもちろんのこと、すべての同胞達が関わって神聖な目的が達成されるのであって、その目的から除外される者など一人もいない。そもそも、あなたと同胞は自他一如なのであって、あなたが救われることと同胞が救われることは同一なのだ。救いから除外される者はいない。



He uses everyone who calls on him as means for the salvation of everyone.
  • call on : 「求める、要求する、呼び掛ける」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "He uses everyone who ~ "「ホーリー・スピリットは、ホーリー・スピリットに呼びかけたすべての人たちを、すべての人の救いのための手段として利用するのである」。心の救いを求める者は、誰一人除外されることなく、ホーリー・スピリットが助力してくれる。ACIMにおける救いとは、幻想から目覚めること、実相世界への覚醒を意味する。



And he will waken everyone through you who offered your relationship to him.
  • waken [wéikn] : 「〜に目を覚まさせる、気付かせる、〜を起こす」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
❖ "And he will waken everyone ~ "「あなたの関係性をホーリー・スピリットに差し出したあなたを通して、ホーリー・スピリットはすべての人たちを目覚めさせるだろう」。幻想世界の特別な関係性を、あなたはホーリー・スピリットに差し出し、神聖な関係性へと救い出して欲しいと願った。そのあなたを通して、関係性に関わったすべての人たちを、ホーリー・スピリットは実相世界へと目覚めさせてくれるのである。救ってくれるのだ。



If you but recognized his gratitude! Or mine through his! For we are joined as in one purpose, being of one mind with him.
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
  • gratitude [grǽtət(j)ùːd] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • mine [máin] : 「私のもの」
  • join [dʒɔ́in] : 「つなぎ合わせる、結び付ける、結合する、連結する」
❖ "If you but recognized ~ "「ホーリー・スピリットの感謝の気持ちを、あなたが認識してくれたらいいのだが」。"Or mine through ~ "「そして、ホーリー・スピリットを通して、私(イエス)の感謝の気持ちを、あなたが知ってくれたらいいのだが」。"For we are joined as ~ "「なぜなら、私たちは、一つの目的の中で結合し、」"being of one mind ~ "分詞構文、単純接続、「ホーリー・スピリットと、心は一つなのだから」。ホーリー・スピリットとイエスが、あなたに対して感謝しているというのは、少々ピンと来ないかもしれない。そのときは「感謝」という言葉を「喜び」に置き換えるといいだろう。しかし、こう考えるのが正当だろう。つまり、あなたとホーリー・スピリット、そしてあなたとイエスも、自他一如なのであって、あなたがホーリー・スピリットとイエスに感謝することは、彼らがあなたに感謝していることと同等なのだ。実相世界に入ると、神の子であるあなたと、ホーリー・スピリット(イエス・キリスト)と、そして神は、神聖な融合を果たし、三位は一体となる。すべては単一の神に収斂するのである。したがって、あなたの感謝、喜び、平和は、ホーリー・スピリットとイエスの感謝、喜び、平和であって、さらに、神の感謝、喜び、平和と、まったく同一なのである。



8. Let not the dream take hold to close your eyes. It is not strange that dreams can make a world that is unreal. It is the wish to make it that is incredible.
  • take hold : 「確固たるものになる、確立する」
  • close [klóus] : 「〜を閉じる、〜を閉める、〜を閉鎖する」
  • strange [stréin(d)ʒ] : 「奇妙な、変わった、変な」
  • unreal : 「非現実的な、実存しない、虚偽の、幻想的な、空想的な」
  • wish [wí∫] : 「願い、望み、願望、希望」
  • incredible [inkrédəbl] : 「信じられない、信じ難い、驚くべき、途方もない」
❖ "Let not the dream ~ "「夢が、あなたの目を閉じさせ続けないようにしなさい」。"It is not strange that ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「夢が非現実的な世界を作り得ることは、不思議なことではない」。"It is the wish ~ "「信じがたいのは、そんなものを作りたいという願望の方である」。現実において叶えられない願望や欲望を、幻想の世界で叶えるべく、夢を見るのである。そんな代用を必要とする心理は信じがたいと言っている。



Your relationship with your brother has now become one in which the wish has been removed, because its purpose has been changed from one of dreams to one of truth.
  • remove [rimúːv] : 「取り除く、取り去る、取り外す、除去する」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "Your relationship with ~ "しかし、神聖な関係性を確立した今、「あなたの、同胞との関係性は、今や、(非現実的な世界を作りたいという)願望が取り除かれた関係性になったのだ」。"because its purpose has ~ "「なぜなら、(あなたの関係性がもつ)目的は、夢の目的から真実の目的へと変わってしまったからだ」。幻想的目的から実相的目的へと、あなたの関係性の目的が質転換したのだ。もはや、夢の世界へ逃避する必要などない。



You are not sure of this because you think it may be this that is the dream.
  • be sure of : 「〜に自信がある、〜を確信している」
❖ "You are not sure ~ "「あなたは、このことに確信が持てない」。"because you think ~ "「なぜなら、あなたは、夢とはこれかも知れないと思っているからだ」。あなたの関係性において、もう非現実的な夢の世界に逃避しなくてもいいということが、もしかしたら夢かも知れないと思って、あなたは確信がもてずにいる。



You are so used to choosing among dreams you do not see that you have made, at last, the choice between the truth and all illusions.
  • be used to : 「〜に慣れている」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • among [əmʌ́ŋ] : 「〜の間に、〜のうちで、〜に混じって」
  • at last : 「ついに、とうとう、やっと、ようやく」
  • choice [t∫ɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間の」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
❖ "You are so used ~ "ここは"dreams you"の間に"that"を補い、"so ~ that ~ "の構文となる、「あなたは夢の中の選択にあまりにも慣れ親しんでいたので、」"you do not see that ~ "「あなたはthat以下がわからないのだ」。"that you have ~ "「あなたは、ついに、真実とすべての幻想の間の選択を果たしたのだ」ということがわからないのだ。だから確信がもてずにいるのだが、あなたは真実と虚偽との判断をちゃんとつけて、真実を選択したのである。幻想世界を捨て、実相世界を選択したのだ。夢に逃避しなくてもいい、ということは夢ではなく、もはや、あなたには夢は必要ない。愛と喜びと平和の実相世界があるのだから。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp