●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-17.VIII.2:1 ~ T-17.VIII.3:8

2. This simple courtesy is all the Holy Spirit asks of you. Let truth be what it is.

  • simple [símpl] : 「簡単な、簡素な、単純な、容易な」
  • courtesy [kə́ː(r)təsi] : 「礼儀正しいこと、丁寧、礼儀、親切、親切な行い」
  • ask of : 「〜に要求する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "This simple courtesy is ~ "「簡素な親切さこそ、ホーリー・スピリットがあなたに求めるすべてである」。ACIMは、尊大(arrogance)になるな、偉大(grandeur)になれ、と教えている。"Let truth be ~ "「真実を、あるがままにしておきなさい」。つまり、真実をあるがままに受け入れなさい、ということ。真実を、自分の都合に合わせて改竄(かいざん)しないこと。



Do not intrude upon it, do not attack it, do not interrupt its coming.
  • intrude [intrúːd] : 「〜を無理に押し付ける、侵入する、入り込む」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • interrupt [ìntərʌ́pt] : 「妨げる、妨害する、邪魔する」
❖ "Do not intrude upon ~ "「真理を無理に押し付けたり、真理を攻撃したり、真理が訪れるのを邪魔したりしてはいけない」。真理を、あくまでも、素直に受け入れること。



Let it encompass every situation and bring you peace. Not even faith is asked of you, for truth asks nothing.
  • encompass [enkʌ́mpəs] : 「〜を包み込む、包囲する、取り囲む」
  • situation [sìt∫uéi∫n] : 「状況、場所、状態、立場、事情、情勢、事態」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、自信、信念、確信」
  • ask of : 「〜に要求する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "Let it encompass ~ "「真実がすべての状況を包み込むに任せなさい」。"and bring you ~ "「そして、真実があなたに平和をもたらせるに任せなさい」。"Not even faith is ~ "「信じる気持ちさえ、(強制的に)あなたに求められることはない」。"for truth ~ "「なぜなら、真実は何も要求しないからだ」。真実を信じる気持ちは絶対必要なことであるが、強制されるものではない。あなたが、自然に、自由意思をもって、信じる気持ちに向かうのを、ホーリー・スピリットは待っている。



Let it enter, and it will call forth and secure for you the faith you need for peace.
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • call forth : 「〜を生じさせる〜を引き出す、呼び起こす」
  • secure [sikjúə(r)] : 「〜を確保する、〜に…を手に入れてやる」
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
❖ "Let it enter"「真実を、招き入れなさい」。"and it will call forth ~ "「そうすれば、真実はあなたのために、平和のために必要な信じる気持ちを生じさせ、確保してくれるのだ」。真実を受け入れる素直な気持ちがあれば、信じる気持ちは自然に生まれる。もちろん、真実を受け入れるには、理性的判断や頭脳的評価が必要なのではない。むしろ、不必要なのであって、クリアーな心で真実を直感することが求められる。心の中の神聖な部分に住むホーリー・スピリットの声に素直に従えばいいのだ。ホーリー・スピリットは真実を教えてくれる。



But rise you not against it, for against your opposition it cannot come.
  • rise [ráiz] : 「立ち上がる、起立する」
  • rise against : 「〜に手向かいする、〜に反抗して決起する」
  • opposition [ɑ̀pəzí∫n] : 「反対、敵対、対立」
❖ "But rise you not ~ "「しかし、真実に反抗してはいけない」。"for against your opposition ~ "「なぜなら、あなたの反対を押し切ってまで、真実があなたの元に訪れることはないからだ」。あなたが真実を拒絶すると、真実は、それにあらがうことなく、あなたの元にやって来ることはない。あなたが受け入れる準備が整うまで、真実は待つのである。



3. Would you not want to make a holy instant of every situation?
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • make A of B : 「BをAにする」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
❖ "Would you not want ~ "「あなたは、すべての状況を聖なる瞬間に変えたいと思わないだろうか」。



For such is the gift of faith, freely given wherever faithlessness is laid aside, unused.
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント、与」
  • freely [fríːli] : 「大量に、惜しみなく、制限されずに、自由に」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • wherever [(h)we(ə)révə(r)] : 「どこへ〜しても、どこで〜であろうとも」
  • faithlessness [féiθlisnəs] : 「不実さ、不誠実さ、信仰心のなさ」
  • laid [léid] : 「lay の過去・過去分詞形」
  • lay aside : 「のけておく、やめる、捨てる、放棄する」
  • unused [ʌnjúːzd] : 「使用されていない、未使用の、未利用の、使わない」
❖ "For such is the gift ~ "「なぜなら、信じる気持ちの贈り物がそうなのであるから」。信じる気持ちが、すべての状況を聖なる瞬間に変えてくれる。"freely given wherever ~ "分詞構文、先頭に"being"を補うといい、「信じる気持ちの贈り物は、信じる気持ちのなさが取り除かれ、使われなくなった所に、惜しげなく、与えられるのである」。不信が取り除かれたところに、信じる気持ちが生じ、聖なる瞬間が与えられる。



And then the power of the Holy Spirit's purpose is free to use instead.
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • instead [instéd] : 「わりに、それよりむしろ、その代わりに」
❖ "And then the power of ~ "「そうすれば、(信じる気持ちのなさの)代わりに、ホーリー・スピリットのパワーが自由に使えるのである」。実相的パワーを利用できる。なぜなら、信じる気持ちのなさという幻想を放棄したからだ。



This power instantly transforms all situations into one sure and continuous means for establishing his purpose, and demonstrating its reality.
  • instantly [ínst(ə)ntli] : 「すぐに、すぐさま、一瞬にして、即座に」
  • transform [trænsfɔ́ː(r)m] : 「〜を変形する、〜を変換する」
  • sure [∫úə(r)] : 「確信して、確かな」
  • continuous [kəntínjuəs] : 「連続的な、持続的な、継続する」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実演する、実証する、明らかにする」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
❖ "This power instantly ~ "「ホーリー・スピリットのパワーは、一瞬にして、すべての状況を、確かで持続的な方法に変える」。"for establishing ~ "「ホーリー・スピリットの目的を達成し、その実相性を明らかにするための」確かで持続的な方法に変える。あなたがホーリー・スピリットの目的を受け入れ、信じることが出来れば、ホーリー・スピリットのパワーがあなたの状況を一変させる。実相世界に目覚めるという目的を達成し、それが現実なのだと示すための方法として、その状況を利用できるようになるのだ。その方法は確実で持続的な方法となる。



What has been demonstrated has called for faith, and has been given it.
  • call for : 「〜を要求する、〜を必要とする」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
❖ "What has been ~ "「明らかにされたことが、信じる気持ちを求め、そして、与えられたのだ」。実相性が明らかにされ、つまり、あなたは実相世界に目覚め、実相はあなたに信じる気持ちを持つように求める。実相世界は真実で成り立っている世界であり、真実は信じる気持ちとほぼ同じものだと考えていい。したがって、真実に触れたあなたは、自然に信じる気持ちを持つようになるのだ。



Now it becomes a fact, from which faith can no longer be withheld.
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • fact [fǽkt] : 「事実、現実、真実、実際、真相」
  • no longer : 「もはや〜でない」
  • withheld : 「withholdの過去、過去分詞形」
  • withhold [wiðhóuld] : 「与えないでおく、差し引く、天引きする」
❖ "Now it becomes ~ "「実相が今や事実となり、もはや、信じる気持ちが実相から離れることはない」。もはやあなたは、実在する実相を目撃して、二度と信じる気持ちを失うことはない。



The strain of refusing faith to truth is enormous, and far greater than you realize. But to answer truth with faith entails no strain at all.
  • strain [stréin] : 「負担、重圧、試練、緊張」
  • refuse [rifjúːz] : 「拒む、拒絶する、断る」
  • enormous [inɔ́ː(r)məs] : 「莫大な、非常に大きい、巨大な、甚大な」
  • great [gréit] : 「大きい、大きな、巨大な」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「〜に答える」
  • entail [entéil] : 「〜を伴う、必要とする、引き起こす」
❖ "The strain of refusing ~ "「真実を信じる気持ちを拒絶する重荷は、非常に重く、あなたが思うよりずっと大きい」。"But to answer truth ~ "「しかし、信じる気持ちをもって真実に答えることは、まったく重さを感じさせない」。真実は簡単なことであり、それに答えることも容易なのだ。その逆こそが難しく、真実を信じない方がずっとあなたにストレスを掛ける。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp