●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-17.V.8:1 ~ T-17.V.9:6

8. Accept with gladness what you do not understand, and let it be explained to you as you perceive its purpose work in it to make it holy.

  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • gladness [ɡlǽdnəs] : 「喜ばしさ、喜び」
  • with gladness : 「喜んで」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
  • explain [ikspléin] : 「〜を説明する、明らかにする、釈明する」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜を理解する、〜を把握する、〜だと分かる」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
❖ "Accept with gladness ~ "「あなたが理解できないことを、喜んで受け入れなさい」。"and let it be explained ~ "「そして、あなたが〜する中で、その理解できないことが、あなたに説明されるに任せなさい」。無理に理解しようとせず、まずは受け入れること。"as you perceive its purpose ~ "直訳すると、「あなたが、理解できないことの目的が理解できないことの中で、理解できないことを神聖なものにしていく様を知覚する中で」。itやitsが絡まって解釈し難くなっている。あまり厳密に考える必要はないだろう。要するに、あなたはホーリー・スピリットに関係性の浄化を委ねたのだから、ホーリー・スピリットの作戦が理解できなくても気にすることなく、ホーリー・スピリットの目的があなたの関係性を浄化して神聖な関係性に変えている過程を目撃するにしたがい、あなたはホーリー・スピリットの作戦がおのずと理解できるようになる、ということ。



You will find many opportunities to blame your brother for the "failure" of your relationship, for it will seem at times to have no purpose.
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす、〜に気付く、〜と思う」
  • opportunity [ɑ̀pə(r)t(j)úːnəti] : 「機会、適時、チャンス、好機」
  • blame [bléim] : 「非難する、とがめる、責める、〜の責任にする」
  • failure [féiljə(r)] : 「失敗、不成功」
  • at times : 「時々、折々、時たま、時には」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
❖ "You will find many ~ "「あなたは、あなたの関係性が『失敗』だったということで、あなたの同胞(パートナー)を責める機会を多く見つけることになるだろう」。"for it will seem at times ~ "「なぜなら、あなたの関係性が時々、その目的を失ったかに思えるからだ」。関係性を構築した当初の目的が、関係性が発展する中で失われたかに思え、それはパートナーのせいだとして責めるのである。特別な関係性は、それが幻想世界の事象である以上、時間に依存したものであり、必然的に時間と共に色あせて、どんどん変化していくのだ。その結果、目的や期待は裏切られ、すさんだ関係性へと変容していく。しかし、悲しいかな、それをパートナーのせいにするのは、いささか身勝手ではないか。



A sense of aimlessness will come to haunt you, and to remind you of all the ways you once sought for satisfaction and thought you found it.
  • sense [séns] : 「感覚、感触、知覚、良識、分別、道理」
  • aimlessness : 「無方針、無目的」
  • haunt [hɔ́ːnt] : 「〜に出没する、 〜をしばしば訪れる」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • remind A of B : 「AにBのことを思い出させる」
  • way [wéi] : 「現状、状態、方法、やり方、手段、慣習、癖、道のり、道路」
  • once [wʌ́ns] : 「あるとき、かつて、以前」
  • sought [sɔ́ːt] : 「seek の過去・過去分詞形」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • satisfaction [sæ̀tisfǽk∫n] : 「満足、充足、喜び」
  • thought [θɔ́ːt] : 「think の過去・過去分詞形」
  • found [fáund] : 「find の過去・過去分詞形」
❖ "A sense of aimlessness ~ "「目的を失ったような感覚を、あなたはしばしば感じるようになるだろうし、」"and to remind you of all the ways ~ "「かつて、満足感を求め、それを見つけたと思ったことなど、いろいろ思い出すことがしばしばあるだろう」。不安と恐れを感じるのでなおさら、パートナーと関係性を持ち始めた頃のことを思い出すのだ。



Forget not now the misery you really found, and do not breathe life into your failing ego.
  • forget [fə(r)gét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • misery [míz(ə)ri] : 「悲惨、不幸、苦痛、惨めさ、窮状、窮乏、苦難、悲嘆」
  • really [ríː(ə)li] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に、真に」
  • breathe [bríːð] : 「休ませる、息を吹き返させる」
  • breathe life into : 「〜を活気づける、〜に息を吹き込む、〜に生命を吹き込む」
  • failing [féiliŋ] : 「衰えていく、経営状態の悪い、経営不振の」
❖ "Forget not now ~ "「今、あなたが実際に見つけた惨めさを忘れてはいけない」。特別な関係性の結末が惨めさであることをしっかり心に留め置くように。"and do not breathe ~ "「そして、弱り始めたエゴに再び息を吹き込むようなことをしてはいけない」。エゴの目的に逆戻りすることは避けなくてはならない。



For your relationship has not been disrupted. It has been saved.
  • disrupt [disrʌ́pt] : 「〜を混乱させる、崩壊させる、〜を分裂させる、分離する」
  • save [séiv] : 「救う、助ける、確保しておく、取っておく」
❖ "For your relationship ~ "「なぜなら、あなたの関係性は、崩壊してしまったのではないからだ」。逆に、"It has been ~ "「それは、救われたのだ」。あなたの関係性はホーリー・スピリットによって救われたのであり、不安と恐れを感じるのはもう少しの間だけだ。



9. You are very new in the ways of salvation, and think you have lost your way.
  • new [n(j)úː] : 「新入りの、新参の、慣れない」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • lost [lɔ́(ː)st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • lose one's way : 「道に迷う、迷子になる」
❖ "You are very new ~ "「あなたは、救いへの道のりを今踏み出しだばかりで、」"and think you have ~ "「道に迷ったと思っている」。



Your way is lost, but think not this is loss. In your newness, remember that you have started again, together.
  • loss [lɔ́(ː)s] : 「失うこと、紛失、損失、喪失」
  • newness [njúːnəs] : 「新しいこと、新鮮さ、新味」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • start [stɑ́ː(r)t] : 「始まる、着手する、事を起こす」
  • again [əgén] : 「再び」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
❖ "Your way is ~ "「あなたは道に迷ったかも知れないが、(行くべき)道を失ったと思ってはいけない」。"In your newness ~ "「新たな環境の中で、あなたはパートナーと共に再び(旅を)始めたのだと、思い直しなさい」。古い関係性を捨てて、新しい目的に向けて、新たな旅が始まったのだ。まだ道は見えない。しかし、迷ったわけではない。パートナーと共に、勇気をもってその道を進みなさい。



And take each other's hand, to walk together along a road far more familiar than you now believe.
  • along [əlɔ̀(ː)ŋ] : 「〜に沿って、〜と平行に、〜に従って」
  • far more : 「はるかに多く」
  • familiar [fəmíljə(r)] : 「打ち解けた、なじんだ、親しみがある、親しい、気楽な」
  • believe [bilíːv] : 「信じる」
❖ "And take each other's ~ "「そして、互いの手を取りなさい」。"to walk together along ~ "「あなたが今信じているよりも遥かに親しみある道に沿って、共に歩いていくために」。特別な関係性から神聖な関係性への旅の道のりは、あなたには初めての不慣れな道のりだと信じているかも知れない。しかし、本当は、あなたはその道のりをよく知っているのだ。なぜなら、神の子として、その道のりの終着点がどこにあるか、あなたは知っているからだ。もちろん、実相世界へ行き着く旅であり、神の元に回帰する旅である。天の王国へ辿り着く旅である。



Is it not certain that you will remember a goal unchanged throughout eternity?
  • certain [sə́ː(r)tn] : 「確実な、確かな、確信して、間違いのない、疑う余地のない」
  • unchanged : 「変化していない、不変の、変わらない」
  • throughout [θru(ː)áut] : 「初めから終わりまで、完全に」
  • eternity [itə́ː(r)nəti] : 「永遠、無限」
❖ "Is it not certain that ~ "ここは"it ~ that ~ "の構文、「あなたが、永遠なる目的地を思い出すのは確実ではないのか」。実相世界である天の王国に住む神の元へと、この旅はつながっているのだと、あなたが思い出すのは確実なことだ。



For you have chosen but the goal of God, from which your true intent was never absent.
  • chosen [t∫óuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • intent [intént] : 「意図、意向、意志、目的」
  • absent [ǽbs(ə)nt] : 「いない、不在の、留守の、欠席して、欠けて」
❖ "For you have chosen ~ "「なぜなら、あなたは、神の目的こそを選択したのであり、」"from which your true ~ "「(そこに向かおうとする)あなたの本当の意思は、決して、あなたの心を離れなかったのだから」。あなたは遠い昔神から分離したのだが、いつかは必ず神の元へ回帰するのだという意思は消えることなくあなたの心の中にしまわれていた。天の王国への回帰の旅は、あなたが選択したことなのだ。それを思い出して、勇気と喜びをもって真実の旅を続けるべきだ。あなたにはパートナーがいるし、何より、キリストが、そしてホーリー・スピリットがその旅の伴侶を務めてくれるのだから。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp