●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-17.V.14:1 ~ T-17.V.15:2

14. You and your brother stand together in the holy presence of truth itself. Here is the goal, together with you.

  • stand [stǽnd] : 「立っている、立ち上がる、立つ」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • presence [prézns] : 「存在すること、存在、居ること」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
❖ "You and your brother ~ "「あなたとあなたの同胞が、一緒に、真実自体の神聖な存在の中に立つのである」。"Here is ~ "「ここに、目的があり、それはあなたと共にあるのだ」。実相世界に目覚める聖なる瞬間に立ち合ったあなたは、その瞬間にとどまることなく、実相世界へと旅立たなくてはならない。そして、実相世界へ回帰するのである。それは、あなたが同胞と自他一如であることを受け入れて、同胞と共に実相世界に回帰することを意味する。実相世界は真実の世界である。真実自体が、神聖な実在として、そこにある。その場に、あなたと同胞は立つのである。これが、あなたの目的であり、聖なる瞬間を経験したあなたにはその目的が科せられたのである。つまり、あなたはその聖なる目的と共にあるのだ。



Think you not the goal itself will gladly arrange the means for its accomplishment?
  • think [θíŋk] : 「〜を考える、思う、熟考する」
  • gladly [ɡlǽdli] : 「喜んで」
  • arrange [əréin(d)ʒ] : 「準備する、用意する、手配する」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • accomplishment [əkάmpliʃmənt] : 「成就、完成、成果、達成」
❖ "Think you not the goal ~ "「あなたは、その目的自体が、目的の達成のための方法を喜んで用意してくれると思わないだろうか」。思っていいのだ、ということ。聖なる目的が、聖なる方法を自ずから用意してくれるのだ。あなたは悩む必要などない。



It is just this same discrepancy between the purpose that has been accepted and the means as they stand now which seems to make you suffer, but which makes Heaven glad.
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • discrepancy [diskrép(ə)nsi] : 「相違、食い違い、不一致、矛盾」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間の」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • suffer [sʌ́fə(r)] : 「苦しむ、苦痛を感じる、不快な経験をする」
  • glad [glǽd] : 「満足して、うれしく思う、喜ばしい」
❖ "It is just this same ~ "ここの"It"は"which seems to make ~ "と同等、「あなたを苦しめているように見えるものの、実は天の王国を喜ばせているものは、」"is just this same ~ "「すでに受け入れられた目的と方法の間の、同じような食い違いである」。"as they stand now "「その両者が今、(あなたの目の前に)立ち上がっているように見える」。非常に難解な部分である。一般論として、目的とその方法は別物である。目的を定めたからといって、それに到達するための方法は、また別個、手に入れなくてはならない。今、あなたは実相世界に目覚める聖なる瞬間に立ち合い、実相世界へ回帰しなければならない目的を定めたのだ。しかし、あなたは、その目的に到達するための方法がわからないと苦しんでいる。一般論としての目的と方法の間の食い違いと同様の食い違いが、今あなたの目の前に立ちはだかって、あなたを苦しめているのだ。しかし、真実は、聖なる目的は、それ自体が聖なる方法を用意してくれるのである。つまり、実相世界にあっては、目的と方法は食い違いを見せるどころか、ほとんど同じものとして存在しているのである。あなたは、目的を定めた時点で、すでに方法が与えられるのであって、それを喜んで与えてくれるのが天の王国のホーリー・スピリットである。あなたが目的を定めることが第一であって、天の王国のホーリー・スピリットは喜びをもって、それを歓迎する。したがって、あなたは、ホーリー・スピリットに、目的達成のための方法をすべて委ねていまえばいいのだ。これが、ACIMの絶対他力性である。



If Heaven were outside you, you could not share in its gladness. Yet because it is within, the gladness, too, is yours.
  • outside [áutsáid] : 「〜の外に、〜の外側に」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • gladness [ɡlǽdnis] : 「喜ばしさ、喜び」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜以内に」
❖ "If Heaven were ~ "仮定法過去、「もし、天の王国があなたの外側にあるなら、」"you could not share ~ "「あなたは、喜びを分かち合うことは出来まい」。"Yet because it ~ "「しかし、天の王国はあなたの内側にあるのだから、喜びも同様内側にあって、あなたのものなのである」。天の王国のホーリー・スピリットは、喜びをもってあなたに、目的達成のための方法を与えてくれる。その天の王国も、そこに住むホーリー・スピリットも、実はあなたの心の中に存在する。したがって、あなたは、そのホーリー・スピリットの喜びを、つまり、目的達成のための方法を、ホーリー・スピリットと共有しているのである。分かち合えるのである。言葉を変えれば、その喜びは、あなたのものだと言えよう。つまり、目的達成のための方法は、あなたのものなのだ。



You are joined in purpose, but remain still separate and divided on the means.
  • join in : 「〜に加わる、〜に参加する」
  • remain [riméin] : 「依然として〜の状態である」
  • still [stíl] : 「まだ、今でもまだ、いまだに、今もなお」
  • separate [sép(ə)rət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の、別の」
  • divided [diváidid] : 「分けられた、分かれた、分割された、分配した、分離した、分裂した」
❖ "You are joined in ~ "「あなたは目的に加わったのだが、」"but remain still separate ~ "「方法に関しては、未だに、分裂しバラバラである」。実相世界に回帰するという目的に、あなたは聖なる瞬間を通して加わったのだが、そのための方法が、実はあなたの心の中にあるということに気付いていない。そして、外ばかりを探し求め、あれでもないこれでもない、あれも不安、これも不足、というように、方法が定まらず、バラバラになって苦しんでいる。あなたの心を覗いて見ると、そこにホーリー・スピリットが住んでおり、あなたに方法を喜んで授けてくれるのだが・・・。



Yet the goal is fixed, firm and unalterable, and the means will surely fall in place because the goal is sure. And you will share the gladness of the Sonship that it is so.
  • fix [fíks] : 「決める、決定する、確定する」
  • firm [fə́ː(r)m] : 「しっかりした、安定した」
  • unalterable 「ʌ̀nɔ́ːltərəbl] : 「不変の、変えられない」
  • surely [∫úə(r)li] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に、必ず」
  • fall in place : 「正しい場所に落ち着く」
  • sure [∫úə(r)] : 「信頼できる、当てになる」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "Yet the goal is ~ "「しかし、目的は定まったのだ」。"firm and ~ "「それはしっかりしていて、変化するものではない」。"and the means will ~ "「方法も、目的が確かなので、きっと、正しい場所に収まるだろう」。"And you will share ~ "意訳すると、「そしてあなたは、方法も目的同様正しい場所に収まることを喜んで、その喜びを神の子達と分かち合うのだ」。あなたが、しっかりした目的を持ちさえすれば、あなたの心の中のホーリー・スピリットがそのための正しい方法をちゃんとあなたに教えてくれる。なんと喜ばしいことではないか、神の子みんなで喜び合おう、といったニュアンス。



15. As you begin to recognize and accept the gifts you have so freely given to your brother, you will also accept the effects of the holy instant and use them to correct all your mistakes and free you from their results.
  • begin [bigín] : 「〜を始める、着手する」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
  • freely [fríːli] : 「惜しみなく、自由に、正直に」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、作用、効果、効力」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する、正す、補正する」
  • mistake [mistéik] : 「誤り、過ち、手違い、誤解」
  • free [fríː] : 「〜を自由にする、解放する」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、効果、成果、成績」
❖ "As you begin to ~ "「あなたが同胞に対して惜しみなく与えた贈り物を、あなたが認識し、受け入れ始めるにしたがい、」"you will also accept ~ "「あなたは、聖なる瞬間の結果をも受け入れ、あなたの過ちすべてを正すためにその結果を利用し、過ちの結果からあなたを自由にするようになるであろう」。あなたが同胞に与えた贈り物(the gifts you have ~ )とは、同胞の過ちを、それは幻想だと認識して赦し、同胞の存在に感謝することである。自他一如によって、それは、あなた自身を赦し、あなたと同胞が単一の神の子であることを受け入れ始めることである(begin to recognize and accept)。そして、赦し感謝することで幻想から離れ、あなたは聖なる瞬間を目撃する。聖なる瞬間は実相世界への回帰を促す始まりとなり、あなたはその目的を受け入れる(accept the effects of the holy instant)。あなたは幻想世界にあって、数々の過ちを犯してきたが、実相世界に目覚めることでそれを正すことが出来るのである(correct all your mistakes)。そして、あなたは過ちの幻想世界から解放されるのである(free you from their results)。



And learning this, you will have also learned how to release all the Sonship, and offer it in gladness and thanksgiving to him who gave you your release, and Who would extend it through you.
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を学ぶ、〜を知る、分かる」
  • also [ɔ́ːlsou] : 「〜もまた、同様に、また」
  • how to : 「〜する方法、〜のやり方、〜の仕方」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ、離す」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • thanksgiving [θæ̀ŋ(k)sgíviŋ] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • release : 「解放、解き放すこと、解除、免除」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
❖ "And learning this ~ "「そして、このようなことを学びながら、」"you will have also ~ "「あなたはまた、神の子全体を解放する方法を学んでいくのだ」。"and offer it in gladness ~ "「そして、あなたに開放を与えてくれた同胞、その同胞はあなたを通して解放を拡張していくのだが、その同胞に対する感謝と喜びの気持ちをもって、あなたも、解放を同胞に差し出すのである」。あなたと同胞のどちらが先に解放を提供するのか、混乱して来るかもしれないが、後先にこだわる必要はない。むしろ、同時進行だと思っていい。あなたも同胞も自他一如であり、実相には時間的な後先がないことを考えると、あなたと同胞を区別して考えたり、事象の後先を厳密に考えることは無意味なのだ。あなたと同胞は、互いに赦し合い、感謝し合って、共に幻想世界からの解放を学んでいくのである。解放は連鎖的に同胞全体に拡張していき、神の子は一人残らず、天の王国への切符を手に出来る。その切符の行き先に到達することが、神の子の目的であり、そのための方法は心に住むホーリー・スピリットに教えてもらえばいいのだ。総括すれば、目的と方法はいいとして、その発端となるのは、結局、あなたが同胞を赦すことに帰着する。あなたが他者を無条件に赦すことが出来るかどうかが、すべての鍵を握っているのだ。赦すことが出来れば感謝することが出来、赦すことが出来れば、幻想が消えていく。幻想が消えれば目的が見えてきて、その方法をホーリー・スピリットから学ぶことが出来るのである。はたして、あなたは他者を赦せるか?
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp