●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-19.IV.D.10:1 ~ T-19.IV.D.11:7

10. Nor is it possible to look on this too soon. This is the place to which everyone must come when he is ready.

  • nor [nɔː(r)] : 「そしてまた〜ない、〜もまた〜でない」
  • look on : 「〜を見る」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る」
  • soon [súːn] : 「早く、間もなく、程なく」
  • place [pléis] : 「場所、個所、地域、土地」
  • ready [rédi] : 「用意ができている、支度が整った、覚悟ができた」
❖ "Nor is it possible ~ "直訳すると、「これを目撃するのが早過ぎるということは可能でない」。つまり、この体験をするのが早過ぎるということはない、という意味合い。前段落から引き継いで、聖なる瞬間に、同胞やホーリー・スピリットと心を結合する体験は、早ければ早いほどいい。あるいは、聖なる瞬間の前までさかのぼって、神の恐れを直視して、その本質を見極めることは、その時期が早過ぎるということはない、と解釈してもいいだろう。"This is the place ~ "「それは、準備が整ったものなら誰もがやって来なくてはならない場所なのだ」。期が熟したなら、誰でも、幻想を幻想として直視し、幻想から抜け出して、実相に目覚めるという聖なる瞬間に遭遇することになるのだ。



Once he has found his brother he is ready. Yet merely to reach the place is not enough.
  • once [wʌ́ns] : 「いったん〜すると、ひとたび〜すれば」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に、たかが〜にすぎない」
  • reach [ríːt∫] : 「〜に達する、〜に至る」
  • enough [inʌ́f] : 「十分な、足りる」
❖ "Once he has found ~ "「ひとたび、その人が同胞を見い出したなら、彼の準備は整ったと言える」。あなたが同胞を見たときに、その同胞も自分と同じ神の子であるに違いないと認識出来たなら、あなたは実相に目覚める準備が整ったと言えるのだ。"Yet merely to reach ~ "「しかし、単にその場に達しただけでは不十分だ」。その場に至って、何を果たすのかが肝心。旅自体が目的なのではない。行き着いた先で、何をするかが肝要なのである。



A journey without a purpose is still meaningless, and even when it is over it seems to make no sense.
  • journey [dʒə́ː(r)ni] : 「旅、行路、道のり、道程」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • still [stíl] : 「それでも、それでもやはり、〜にもかかわらず」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無益な、価値のない、無意味な」
  • even when : 「〜のときでさえ」
  • over [óuvə(r)] : 「終わって、終了して、完了して」
  • sense [séns] : 「意味、意義、道理、思慮」
  • make no sense : 「意味をなさない、理にかなわない、要領を得ない」
❖ "A journey without ~ "「目的を持たない旅は、いつまで経っても、無意味である」。"and even when it is ~ "「たとえ旅が終わったとしても、その旅は意味を成さないままなのである」。目的が果たされて初めて、旅は意味を持ち、意味ある旅として旅を終えることが出来るのだ。だらだらと無目的に生き延びて、長寿を誇っても、それが何になろう。なんとも、耳の痛くなる言葉である。



How can you know that it is over unless you realize its purpose is accomplished? Here, with the journey's end before you, you see its purpose.
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、成就する、達成する、遂げる」
❖ "How can you know ~ "「あなたが、目的が達成されたと感じることなく、どうやって旅が終わったと知ることが出来るのか」。"Here, with the journey's ~ "「旅を終えるあなたの目の前の、ここでこそ、あなたは旅の目的を目撃するのである」。旅を終えて目的が果たされたとき、あなたは長い旅がここで終わるのだと知ることが出来るのだ。



And it is here you choose whether to look upon it or wander on, only to return and make the choice again.
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • whether [(h)wéðə(r)] : 「〜かどうか、〜であろうとなかろうと」
  • wander [wɑ́ndə(r)] : 「さまよう、迷う」
  • return [ritə́ː(r)n] : 「戻る、帰る、返還する」
  • choice [t∫ɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • again [əgén] : 「再び、かさねて」
❖ "And it is here you ~ "「そして、あなたは、ここでこそ、旅の目的を知るか、さらに彷徨(さまよ)い続けるかの選択をすることになる」。旅が終えたとき、目的が達成されたと認識出来るか、それが出来ずに、更なる旅に出なければならないか、その岐路に立つことになる。"only to return and ~ "不定詞の結果用法、「(彷徨う選択をしたなら、その結果、)あなたは、振り出しに戻って、再び選択をすることになるのだ」。深読みかも知れないが、今生でその目的が果たせなかったら、再びこの世に生まれ変わって、目覚めのための旅を続けなければならない。輪廻転生の説明の匂いを感じるのは、私だけであろうか? 



11. To look upon the fear of God does need some preparation.
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • preparation [prèpəréi] : 「用意、準備、支度」
❖ "To look upon the fear ~ "「神への恐れを直視するには、それなりの心の準備が必要だ」。恐れを直視するには、それなりの勇気と覚悟が必要だ。勇気と覚悟を引き出すのが、あなたの強い意思である。



Only the sane can look on stark insanity and raving madness with pity and compassion, but not with fear.
  • sane [séin] : 「正気の、分別ある、良識のある」
  • stark [stɑ́ː(r)k] : 「荒涼とした、こわばった、過酷な、激しい、全くの、ありのままの」
  • insanity [insǽnəti] : 「狂気、精神病、精神異常」
  • raving [réiviŋ] : 「狂乱の、気の狂った」
  • madness [mǽdnəs] : 「狂気、熱狂、熱中」
  • pity [píti] : 「哀れみ、かわいそうなこと、同情」
  • compassion [kəmpǽ∫n] : 「思いやり、深い同情、同情、哀れみ、慈悲」
❖ "Only the sane can ~ "「正気である者だけが、荒れ狂う狂気や熱狂的な狂乱を、哀れみと慈悲をもって見つめることが出来るのである」。"but not with ~ "「しかし、そこに恐れはない」。これが出来るのは、ホーリー・スピリットであり、アセンディド・マスター達である。あなたには、まだその力量がないかも知れないが、ホーリー・スピリットやアセンディド・マスター達があなたを助けてくれるので、安心していい。



For only if they share in it does it seem fearful, and you do share in it until you look upon your brother with perfect faith and love and tenderness.
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する」
  • share in : 〜を分かち合う、〜を共有する
  • fearful [fíərfəl] : 「恐ろしい、ものすごい、怖い」
  • until [ʌntíl] : 「〜する時まで」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完璧な、完全な」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条、確信」
  • tenderness [téndərnis] : 「柔らかさ、敏感、優しさ」
❖ "For only if they share ~ "「なぜなら、もし彼らが、狂気を分かち合っていたなら、狂気こそが恐れに見えるだろうからだ」。狂気から完全に離れた地点で見るからこそ、狂気が怖くないのだ。ちょうど、燃え上がる炎を、離れて見るから安全なのであって、炎の中に晒されたら、たまったものじゃない。狂気も同様である。"and you do share ~ "「そして、〜出来るようになるまでは、あなたは狂気を分かち合うことになるのだ」。"until you look upon ~ "「あなたが同胞を、完全な信頼と愛と優しさをもって見ることが出来るようになるまでは、」あなたは狂気を分かち合うことになるのだ。



Before complete forgiveness you still stand unforgiving. You are afraid of God because you fear your brother.
  • before [bifɔ́ː(r)] : 「〜する前に、〜より前に、〜より先に」
  • complete[kəmplíːt] : 「完全な、全部の、完結した、完成したs」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • stand [stǽnd] : 「立っている、立ち上がる、立つ」
  • unforgiving : 「許さない、容赦のない、執念深い、厳しい」
  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
❖ "Before complete forgiveness ~ "「完璧な赦しを前にしたら、あなたはまだ、赦しているとは言えない」。"You are afraid of God ~ "「あなたが同胞を恐れているので、あなたは(まだ)、神を怖がっているのだ」。実相は自他一如であるから、あなたが同胞を恐れるとは、あなた自身を恐れていることであって、ひいては実相それ自体、神それ自体を恐れているのだ。あなたも同胞も、単一の神の子であり、単一の神の子を神が無限に愛していることを信じられたなら、それが完璧な赦しなのであって、もはや、何ものも恐れるものはない。



Those you do not forgive you fear. And no one reaches love with fear beside him.
  • forgive [fə(r)gív] : 「許す、容赦する、勘弁する」
  • reach [ríːt∫] : 「〜に達する、〜に至る」
  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに、〜の脇に」
❖ "Those you do not ~ "「あなたが赦せないでいる同胞を、あなたは恐れるのである」。あなたは同胞を分離した存在であると思い込んでいるので、つまり、分離という幻想を赦せないでいるから、同胞を恐れるのである。"And no one reaches love ~ "「同胞の傍らに恐れを見てしまえば、誰でも(真の)愛には到達出来ないのだ」。このような強い発言が、ACIMを生き生きと、その命を沸き立たせている。どうしても、素通り出来ない一言ではある。あなたは、それは自分には無理だと言うかも知れない。しかし、ACIMの最後の願いは、あなたがイエスのように生きて欲しいということだ。イエスが思うように思い、イエスが愛したように愛してほしいと、ACIMがあなたに語りかけ、願っていることを、あなたは感じないだろうか? ほんの少しでもそれを感じるのであれば、大丈夫、あなたはきっとイエスのように生きることができるだろう。なぜなら、すでに、あなたの中にイエスが存在して、生きているからだ。それに気付けばいいだけなのだから。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp