●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-19.IV.D.4:1 ~ T-19.IV.D.5:9

4. See how the belief in death would seem to "save" you. For if this were gone, what could you fear but life?

  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信頼」
  • death [déθ] : 「死、消滅、死亡、破滅、終わり、終焉」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • gone [gɔ́(ː)n] : 「go の過去分詞形」
  • fear [fíər] : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • life [láif] : 「命、人命、生命、寿命」
❖ "See how the belief ~ "「どのようにして、死を信じる気持ちがあなたを『救う』ように思わせるか、見てみなさい」。"For if this were ~ "「なぜなら、死を信じる気持ちが失せてしまったら、あなたは命を除いて、いったい何を恐れるだろう」。死の実在を信じるから死を恐れる。ところが、逆説的に、もし、あなたが死んでしまって死の恐怖がなくなったら、あなたは一体何を恐れるか? あなたが恐れるのは生であろう。つまり、命を恐れるのだ。なんとも、恐れとは皮肉なものである。



It is the attraction of death that makes life seem to be ugly, cruel and tyrannical.
  • attraction [ətrǽk∫n] : 「引き付けるもの、引力、魅力、誘引」
  • ugly [ʌ́gli] : 「醜い、醜悪な、不快な」
  • cruel [krúːəl] : 「残酷な、むごい、残虐な、無慈悲な、非情な」
  • tyrannical [tirǽnikl] : 「暴君的な、専制的な、非道の」
❖ "It is the attraction ~ "ここは"It ~ that ~ "の強調構文、「命を醜いものであるかのように思わせ、残酷で専制的に思わせているのは、死に引きつけられる気持ちである」。死を恐れているのであるが、その恐れがあなたを死に引きつける。死が恐れから救ってくれるように勘違いしているからだ。したがって、生はあなたを恐れから救ってくれはしないと思い込み、なんと残酷な生であるかと思うのだ。



You are no more afraid of death than of the ego. These are your chosen friends.
  • no more A than B : 「AでないのはBでないのと同じ」
  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • chosen [t∫óuzn] : 「選ばれた、好きな」
❖ "You are no more ~ "「あなたが死を恐れないのは、あなたがエゴを恐れないのと同じである」。本当は、あなたは死もエゴも恐れている。しかし、恐れていながら、死やエゴに引かれるのだ。死やエゴが、あなたを恐れから救ってくれると信じているからだ。"These are your ~ "「死やエゴは、あなたが選んだ友人達である」。友人というよりは、あなたが選んだ支配者だ。あなたが死やエゴを信じて、それに引かれるとは、その支配者に媚を売っていることなのだ。服従するから救って欲しい、と言っているようなものである。何から救われたいのか? 本来、死の恐れから救われたいはずなのに、あなたは、逆説的に、生の苦渋から救われたいと願っているようなものなのである。なんとも、皮肉な願いであろう。



For in your secret alliance with them you have agreed never to let the fear of God be lifted, so you could look upon the face of Christ and join him in his Father.
  • secret [síːkrət] : 「秘密の、内緒の、ひそかな、機密の、隠れた」
  • alliance [əláiəns] : 「同盟、協力、同盟関係、提携、連合、協調」
  • agree [əgríː] : 「同意する、合意する、賛成する、一致する」
  • lift [líft] : 「持ち上げる、解除する、取り除く、撤廃する」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に参加する、〜と交わる、〜と一緒になる」
❖ "For in your secret alliance ~ "「なぜなら、死やエゴとの秘密の同盟を結ぶに当たって、あなたは、神への恐れを決して取り除いたりしないと合意したからだ」。"so you could look upon ~ "「したがって、あなたはキリストの顔に目を向けることはないであろうし、キリストの父なる神の中で、キリストと結合することもあるまい」。虚偽なるものとの同盟関係を築いたのだから、真実から目を背けるのである。したがって、本当の救いからも真の愛からも目を背けてしまうのだ。キリストの住む天の王国、つまり、神の中で、あなたは、あなたの実相であるキリストに結びつくことはない。



5. Every obstacle that peace must flow across is surmounted in just the same way; the fear that raised it yields to the love beyond, and so the fear is gone. And so it is with this.
  • obstacle [ɑ́bstəkl] : 「障害物、妨害物、邪魔」
  • flow [flóu] : 「流れる、自由に動く」
  • across [əkrɑ́s] : 「〜を横切って、〜を横断して」
  • surmount [sə(r)máunt] : 「乗り越える、克服する、突破する」
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • way [wéi] : 「方法、やり方、手段、方途」
  • in the same way : 「同じように、同様に」
  • raise [réiz] : 「引き起こす、提起する、惹起する、もたらす」
  • yield [jíːld] : 「譲る、譲歩する、屈する」
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の域を越えて、〜を超越して、〜を越えて、〜を過ぎて」
  • gone [gɔ́(ː)n] : 「go の過去分詞形」
❖ "Every obstacle that ~ "「平和が乗り越えて流れ出さなければならない障害のすべては、同じ方法で克服されるのだ」。つまり、"the fear that raised it ~ "「障害を生み出した恐れは、恐れを越えた愛に屈するのである」。"and so the fear ~ "「そのようにして、恐れは過ぎ去っていく」。"And so it is ~ "「障害も然りである」。恐れと障害は、愛によって克服されるのである。もちろん、恐れや障害を愛する、そんな愛ではない。恐れや障害を幻想と見破り、真実を望む、そういう愛である。実相世界への愛である。実相世界では、愛と真実は同一である。



The desire to get rid of peace and drive the Holy Spirit from you fades in the presence of the quiet recognition that you love him.
  • desire [dizáiə(r)] : 「欲望、欲求、願望、念願 」
  • get rid of : 「取り除く、除去する、削除する、排除する」
  • drive [dráiv] : 「駆り立てる、追いたてる、追いやる」
  • fade [féid] : 「薄くなる、薄れる、あせる、衰える、勢いがなくなる」
  • presence [prézns] : 「存在すること、存在」
  • in the presence of : 「〜のいるところで、〜の存在下で」
  • quiet [kwáiət] : 「静かな、静粛な、平穏な、穏やかな、平和な」
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証」
❖ "The desire to get rid of ~ "「平和を取り除き、ホーリー・スピリットをあなたから追いやってしまいたいという願望は、あなたはホーリー・スピリットを愛しているのだという静かなる認識があれば、消滅していくのである」。これまた、悪しき願望を愛が駆逐するのである。愛という名の真実の光が、闇を駆逐するのだ。



The exaltation of the body is given up in favor of the spirit, which you love as you could never love the body.
  • exaltation [ègzɔːltéi∫n] : 「高めること、称賛、昇進、有頂天、精神的高揚」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • give up : 「断念する、放棄する、諦める」
  • in favor [féivə(r)] of : 「〜に賛成して、〜を支持して」
  • spirit [spírət] : 「精神、霊、魂、霊魂、精霊」
❖ "The exaltation of the body ~ "「精神性を支持することで、肉体的な高揚感は放棄される」。心や精神を支持することで、狂気的な肉体賛美は終焉する。"which you love as ~ "意訳する、「あなたが肉体を真に愛せない分、あなたは精神性を十分愛すことが出来るのだ」。白状するが、ここの解釈は、あまり自信がない。多分、こんな感じかな、といったところだ。ただ、結局、あなたは、肉体を含め幻想を真に愛することは出来ないのだ。愛は実相世界の真実であり、真実の愛が幻想を愛せる道理はない。結果、あなたは、実在の心を、そして、精神を愛するに至るのだ。



And the appeal of death is lost forever as love's attraction stirs and calls to you.
  • appeal [əpíːl] : 「魅力、懇願」
  • death [déθ] : 「死、消滅、死亡、破滅、終わり、終焉」
  • lost [lɔ́(ː)st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • attraction [ətrǽk∫n] : 「引き付けるもの、引力、魅力、誘引」
  • stir [stə́ː(r)] : 「動く、動きだす、起きている、目覚める」
❖ "And the appeal of death ~ "「そして、愛に引きつけられる気持ちが動き出し、あなたを呼び始めると、死へ引きつけられる気持ちは永遠に失われてしまうのだ」。あなたの愛が死を乗り越えるのであるが、愛という実相が、死という幻想を駆逐したと思っていい。



From beyond each of the obstacles to love, Love Itself has called.
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて、〜の域を越えて、〜を超越して」
  • each [íːt∫] : 「各々、それぞれ、めいめい」
  • obstacle [ɑ́bstəkl] : 「障害物、妨害物、邪魔」
❖ "From beyond each ~ "「あれこれの障害を越えた所から愛へと、愛自体が呼びかけてきたのだ」。実相を覆い隠す幻想の障害を越えた所、実相世界の神の愛が、あなたの心の中の愛へ呼びかける。あなたの愛と神の愛が共鳴し合い、調和するのである。そこに、障害の存在する余地があるだろうか? 



And each has been surmounted by the power of the attraction of what lies beyond.
  • surmount [sə(r)máunt] : 「乗り越える、克服する、突破する」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
❖ "And each has been ~ "「障害を越えたところにあるものへ引かれる気持ちのもつパワーによって、一つ一つの障害は乗り越えられるのだ」。簡単に言えば、愛の持つパワーによって、障害は乗り越えられ、消滅していく。実相世界では、愛と真実は区別しがたい。したがって、真実のもつパワーが、幻想の障害を崩壊させていく、と見てよい。真実の光が、幻想の黒雲を払拭するのである。まさに、愛は光であり、光はパワーである。



Your wanting fear seemed to be holding them in place. Yet when you heard the Voice of Love beyond them, you answered and they disappeared.
  • in place : 「あるべき場所に、定位置に」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
  • heard [hə́ː(r)d] : 「hear の過去・過去分詞形」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「答える、返事する」
  • disappear [dìsəpíə(r)] : 「存在しなくなる、なくなる、消滅する、消失する」
❖ "Your wanting fear ~ "「あなたの、恐れを求める気持ちが、障害を所定の場所に維持してきたように思われる」。あなたは罪や死を忌避しながら、恐れの気持ちを抱きつつ、その罪と死の実在を信じ、それを求めてきた。恐れから逃げようとして、恐れを求めてきたようなものなのだ。"Yet when you heard ~ "「しかし、障害を越えた愛の声をあなたが聞いたとき、」つまり、幻想の障害を超越したホーリー・スピリットの呼びかけの声を耳にしたとき、"you answered and ~ "「あなたは、(その呼びかけの声に)答え、そして、障害は消滅したのだ」。過去形で表現されているが、ACIMでは、過去形と現在形、未来形が入り乱れる。時間の存在しない実相世界では、すべてが一瞬にして起き、その一瞬が永遠に続く。我々は、実相世界ですでに起きたことをこの幻想世界で追体験しているようなものなのだ。本文が過去形で表現されているのは、実相世界から見れば、障害が消滅したことはすでに完了していることを意味しているのである。もちろん、あなたにとっては、それは、未来においてあなたが果たさねばならない使命ということになる。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp