●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-19.IV.D.12:1 ~ T-19.IV.D.13:8

12. This brother who stands beside you still seems to be a stranger.

  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに、〜の脇に」
  • still [stíl] : 「まだ、今でもまだ、いまだに、今もなお」
  • stranger [stréin(d)ʒə(r)] : 「見知らぬ人、よそから来た人、よそ者」
❖ "This brother who ~ "「あなたの傍らに立っているこの同胞は、なお、見知らぬ者に見えるかも知れない」。あなたはまだ、彼が神の子としてあなたと同一であるという認識が出来ないのだ。



You do not know him, and your interpretation of him is very fearful.
  • interpretation [intə̀ː(r)prətéi∫n] : 「解釈、説明、解説」
  • fearful [fíərfəl] : 「恐ろしい、怖い」
❖ "You do not ~ "「あなたは彼を知らない」。"and your interpretation ~ "直訳すれば、「あなたの、彼の解釈はとても恐ろしい」。つまり、あなたは見知らぬ同胞に恐れを感じている。



And you attack him still, to keep what seems to be yourself unharmed.
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • keep [kíːp] [SVOC] : 「〜の状態にしておく、〜の状態を保つ、〜にしておく」
  • unharmed : 「無傷の、無事な」
❖ "And you attack ~ "「そして、あなたはまだ、彼を攻撃するのだ」。彼を無視し、疎外することも、無言の攻撃である。"to keep what seems ~ "「あなた自身だと思っているものを、守るために攻撃するのだ」。あなたが、あなた自身だと思っている自分の肉体を守るために、あなたは同胞を攻撃する。



Yet in his hands is your salvation. You see his madness, which you hate because you share it.
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • madness [mǽdnəs] : 「狂気、熱狂、熱中」
  • hate [héit] : 「〜を憎む、〜をひどく嫌う」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "Yet in his hands ~ "「しかし、同胞の手の中にこそ、あなたの救いがあるのだ」。その救いを見ることなく、"You see his ~ "「あなたは、彼の狂気を見る」。"which you hate ~ "「その狂気を分かち合っているがゆえに、あなたは狂気を嫌うのだ」。実相は自他一如であり、あなたは彼に自己を投射しているのだ。したがって、彼が狂気に見えるということはあなたが狂気的なのであって、あたかも彼とあなたが狂気を分かち合っているように見える。もちろん、あなたは自分の狂気を嫌っているから、他者にその狂気を投射してしまったのであるが、うすうす、その狂気を自分も所有していることに気が付いていて、自分を嫌い恐れてもいるのだ。



And all the pity and forgiveness that would heal it gives way to fear.
  • pity [píti] : 「哀れみ、同情、残念なこと」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • heal [híːl] : 「治す、治癒する、治療する」
  • give way to : 「〜に取って代わられる、〜に移行する、〜に譲り渡す」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
❖ "And all the pity ~ "「狂気を癒すであろう慈悲も赦しも、そのすべては、恐れに道を譲ってしまうのだ」。他者の狂気に対する恐れ、つまりは、自分の狂気に対する恐れのあまり、慈悲も赦しも忘れて、攻撃に走ろうとする。彼が愛を求めて、あなたに慈悲と赦しを乞うていることを、あなたは見抜けない。つまり、仏を忘れて鬼になっている状態のなのだ。



Brother, you need forgiveness of each other, for you will share in madness or in Heaven together.
  • each other : 「お互い」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
❖ "Brother, you need ~ "「同胞よ、あなたは互いに赦しが必要なのだ」。"for you will share ~ "意訳して、「なぜなら、あなたは狂気を分かち合うか、共に天の王国を分かち合うか、そのどちらかしか選択出来ないのだから」。ならば、当然、天の王国を分かち合おうではないか。そのためには、他者を赦す必要があるのだ。



And you will raise your eyes in faith together, or not at all.
  • raise [réiz] : 「上げる、引き上げる、起こす、立てる」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条」
  • not at all : 「とても〜ない、少しも〜でない」
❖ "And you will raise ~ "「あなたは、互いに信頼して目を上げるか、さもなくば、まったく目を閉じたままのどちらかしか選択出来ないのだ」。ならば、当然、互いに信頼し目を上げようではないか。そのためには、他者を赦す必要があるのだ。



13. Beside each of you is one who offers you the chalice of Atonement, for the Holy Spirit is in him.
  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに、〜の脇に」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「捧げる、差し出す、提供する」
  • chalice [t∫ǽlis] : 「杯、カリス、聖杯」
  • atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
❖ "Beside each of you ~ "「あなたの傍らには、あなたに贖罪の杯を差し出してくれる者がいる」。あなたの傍らの同胞は、あなたに贖罪をもたらしてくれる。つまり、あなたが抱いている罪の意識は幻想であるこに気付かせてくれるのだ。"for the Holy Spirit ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットは、彼の中にいるのだから」。もちろん、あなたの中にもホーリー・スピリットは住んでいる。自他一如であり、あなたの心にホーリー・スピリットが住んでいると同時に、同胞の心にも住んでいる。あたかも、そのホーリー・スピリット同士が共鳴、同調して、あなたも同胞もいっしょに贖罪の道を歩む助けをしてくれているのだ。



Would you hold his sins against him, or accept his gift to you? Is this giver of salvation your friend or enemy?
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • against əgénst] : 「〜に反対して、〜に逆らって」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • gift[gíft] : 「贈り物、プレゼント」
  • giver [gívə(r)] : 「与える人、贈与者、寄贈者」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • enemy [énəmi] : 「敵、敵国」
❖ "Would you hold ~ "「あなたは、その同胞に対して、罪を保持したいのか」。彼の罪を非難することは、自分の罪の意識を受け入れることを意味する。あなた自身の罪を保持してしまうのだ。"or accept his gift ~ "「それとも、あなたに向けられた彼の贈り物を受け入れたいのか」。贈り物とは、あなたの贖罪である。あなたを罪の意識から救ってくれるのは、その同胞である。"Is this giver of ~ "「救いという贈り物を与えてくれる者は、あなたの友か、あるいは、敵か」。



Choose which he is, remembering that you will receive of him according to your choice.
  • choose[t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • receive[risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する、入手する」
  • according [əkɔ́ː(r)diŋ] : 「〜によれば」
  • according to : 「〜によれば、〜に従って、〜と一致して、〜に準じて」
  • choice [t∫ɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
❖ "Choose which ~ "「彼が友なのか、敵なのか、選択しなさい」。"remembering that ~ "分詞構文、付帯状況、「あなたの選択にしたがって、あなたは彼から受けとるのだと思い出しながら」。 あなたが友を選んだら、彼から贖罪という贈り物が与えられ、あなたが敵を選んだら、彼から攻撃を与えられるだろう。



He has in him the power to forgive your sin, as you for him. Neither can give it to himself alone.
  • forgive [fə(r)gív] : 「許す、容赦する、勘弁する」
  • neither [níːðə(r)] : 「どちらも〜ない」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単独で」
❖ "He has in him ~ "「彼は彼の心の中に、あなたの罪を赦すパワーをもっている」。"as you for him"「あなたが彼のために、罪を赦すパワーをもっているようにだ」。罪を赦すという、ホーリー・スピリットのパワーである。実相的、パワーである。つまり、真実を見る力、真実を現す奇跡、それが実相的パワーだ。



And yet your savior stands beside each one. Let him be what he is, and seek not to make of love an enemy.
  • savior [séivjə(r)] : 「救助者、救い手、救済者、救い主」
  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに、〜の脇に」
  • each one : 「各自」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
❖ "And yet your savior ~ "「あなたを救ってくれる者は、あなたの傍らに立っている」。あなたと同胞、互いに互いを救えるのである。"Let him be ~ "「その同胞を、本来そうである同胞になれるようにしなさい」。同胞を、あなたの救い主であると見なさい。"and seek not to ~ "「そして、愛なるものを敵にしようなどと探し求めてはいけない」。本来、愛である存在の同胞を、敵と見立てて攻撃しようなどと思ってはいけない。彼は、あなたの罪を救ってくれる愛なのだから。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp