●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-20.II.9:1 ~ T-20.II.10:5

9. Would you not have your holy brother lead you there?

  • have : 「〜に〜させる、〜してもらう」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する、〜を連れていく」
❖ "Would you not ~ "「あなたの聖なる同胞に、そこへ導いてもらいたいとは思わないだろうか」。そことは、天の王国。聖なる同胞とは、ホーリー・スピリット、あるいはキリスト。イエス自身と考えてもいい。



His innocence will light your way, offering you its guiding light and sure protection, and shining from the holy altar within him where you laid the lilies of forgiveness.
  • innocence [ínəs(ə)ns] : 「無罪、潔白、無邪気、無垢、純潔、純真」
  • light [láit] : 「〜を明るくする、〜を照らす」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • guiding light : 「手本になる人、案内するもの」
  • sure [∫úə(r)] : 「信頼できる、当てになる」
  • protection [prəték∫n] : 「保護防御、防備、後援、防衛」
  • shin [∫áin] : 「輝く、光る」
  • altar [ɔ́ːltə(r)] : 「祭壇、聖餐台」
  • within [wiðín] : 「〜の中の、〜の内側の」
  • laid [léid] : 「lay の過去・過去分詞形」
  • lay [léi] : 「〜を横たえる、〜を置く」
  • lily [líli] : 「ユリ」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
❖ "His innocence will ~ "「聖なる同胞の無辜(むこ)性が、あなたの道を照らしてくれるだろう」。"offering you its ~ "分詞構文、単純接続、「そして、道案内の光と確かな安全を、あなたに与えてくれる」。"and shining from the holy ~ "「そして、聖なる同胞の中にある神聖な祭壇から光を発するのだ」。"where you laid ~ "「その祭壇にこそ、あなたが、赦しのユリの花を捧げたのである」。あなたは、幻想のイバラのトゲを捨て、つまり、幻想を赦して受け流し、真実の、実相のユリの花を祭壇に供えたのだ。それに答えて、ホーリー・スピリットは、天の王国への道しるべとなる聖なる光をあなたに与えてくれるのである。



Let him be to you the savior from illusions, and look on him with the new vision that looks upon the lilies and brings you joy.
  • savior [séivjə(r)] : 「救助者、救い手、救済者、救い主」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • look on : 「〜を見る」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る、〜をもたらす」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
❖ "Let him be to you ~ "「ホーリー・スピリットを、あなたを幻想から救う救い主としなさい」。間違っても、エゴを救い主にしようとしてはいけない。"and look on him with ~ "「そして、百合の花を見ることが出来、あなたに喜びをもたらしてくれる、新しいヴィジョンをもって、ホーリー・スピリットを見つめてみなさい」。ホーリー・スピリットのヴィジョンをもって、ホーリー・スピリットを見つめ直してみなさい。つまり、真実を見ることの出来る視力をもって、真実だけを見なさい、ということ。



We go beyond the veil of fear, lighting each other's way. The holiness that leads us is within us, as is our home.
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて、〜を過ぎて」
  • veil [véil] : 「ベール、覆い、覆い隠すもの」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • light [láit] : 「〜を明るくする、〜を照らす」
  • each other : 「お互い」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する」
  • within [wiðín] : 「〜の中の、〜の内側の」
❖ "We go beyond the veil ~ "「私たちは、お互いに道を照らし合いながら、恐れのベールを越えて歩んでいくのだ」。"The holiness that leads ~ "「私たちを導いてくれる神聖さは、私たちの心の中にある」。"as is our ~ "「私たちの終(つい)の住家も、同様に、心の中にあるのだ」。天の王国も、それに至る道も、心の外側にあるのではない。すべては、あなたの心の中にあるのだ。実相世界は想念の世界であり、物質的なこの世界の中を探しても、真実の世界に出合うことはない。結局、あなたの心以外はすべて夢であって、心だけが実在する。真実は心に存在する。



So will we find what we were meant to find by him who leads us.
  • meant [mént] : 「mean の過去・過去分詞形」
  • be meant to : 「〜になるよう運命づけられている、〜であることを意図されている」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
❖ "So will we find what ~ "直訳すると、「だから、私たちは、私たちを導いてくれるホーリー・スピリットによって、私たちが見つけ出すことになると運命づけられているものを、私たちは見つけることになるのだ」。時間のない実相世界では、すべてのことが一瞬にして起き、その一瞬が永遠に続く。(この表現も、時間的な世界から見ての表現に過ぎないので、実相世界が実際にはどのようなものであるかは、我々の感覚では理解出来ない。)私たちが天の王国へ導かれていくことは、実相世界ではもはや確立していることであって、"we were meant to find"「私たちが見つけ出すことになると運命づけられた」という表現をしているわけだ。したがって、私たちは実相世界の既成事実に従って、すべてを委ねていけばいいのである。



10. This is the way to Heaven and to the peace of Easter, in which we join in glad awareness that the Son of God is risen from the past, and has awakened to the present.
  • join [dʒɔ́in] : 「参加する、交わる、一緒になる、結合する」
  • glad [glǽd] : 「うれしい、喜びの」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • risen [rízn] : 「rise の過去分詞、復活した、昇天した」
  • rise [ráiz] : 「立ち上がる、起立する、昇る」
  • past [pǽst] : 「過去、昔」
  • awaken [əwéikn] : 「目を覚まさせる、目覚める、呼び起こす」
  • present [préznt] : 「今、現在」
❖ "This is the way to ~ "「この道は、天の王国への道であり、復活祭の平和への道である」。つまり、天の王国で再生(復活)する喜びの道だ。"in which we join ~ "「その天の王国で、私たちは、神の子が過去から再生し、今という時に目覚めたことを知って喜び、一体になるのである」。神の子が幻想から救われ、再生、復活するのである。そして、本来そうであったように、神の子は単一存在へと再統一されるのである。心と心が融合し、一なる心(Mind)になる。



Now is he free, unlimited in his communion with all that is within him.
  • unlimited : 「制限のない、無制限の、自由な、無条件の」
  • communion [kəmjúːniən] : 「交わり、親交、交流、正餐」
  • within [wiðín] : 「〜の中で、〜の内側の」
❖ "Now is he free ~ "「今や、神の子は自由となり、心の中にあるすべてのものと、まったく制限なく、心と心の神聖な交わりが出来るようになったのだ」。"communion"「心と心の神聖な交わり、霊的な交わり」とは、簡単に言えば、神とのコミュニケーション、ホーリー・スピリットとのコミュニケーションのことである。神の子が神から分離するとき、神の子が一方的に遮断した神とのチャンネルが、今、復活するのである。神やホーリー・スピリットとのコミュニケーションが、何の制限もなく、行うことが可能となった。



Now are the lilies of his innocence untouched by guilt, and perfectly protected from the cold chill of fear and withering blight of sin alike.
  • lily [líli] : 「ユリ」
  • innocence [ínəs(ə)ns] : 「無罪、潔白、無邪気、無垢、純潔、純真」
  • untouched : 「触れられていない、手つかずの、無垢な、けがれのない」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • perfectly [pə́ː(r)fik(t)li] : 「完全に、完璧に、申し分なく」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • cold [kóuld] : 「寒い、寒々とした、冷酷な、無情な」
  • chill [t∫íl] : 「冷え、冷たさ、寒さ、寒気、悪寒、突然の恐怖、戦慄」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • wither [wíðə(r)] : 「しぼむ、しおれる、〜をしぼませる、しおれさせる」
  • withering : 「しおれさせる、しぼませる」
  • blight [bláit] : 「疫病、荒廃、枯れること」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
  • alike [əláik] : 「同様に、一様に」
❖ "Now are the lilies of ~ "「今や、神の子の無辜なるユリの花は、罪の意識によって汚されることはない」。"and perfectly protected ~ "「そして、身も凍るような恐れから完全に守られ、罪の意識によって心がしおれ荒廃することからも、同様に守られているのだ」。完全な真実として再生した神の子は、完全に無辜(むこ)であるがゆえに、純白のユリの花がよく似合う。もはや、幻想の、罪の意識や恐れによって、ユリの花が汚されることはない。幻想によって、無辜性が損なわれることはない。



Your gift has saved him from the thorns and nails, and his strong arm is free to guide you safely through them and beyond.
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • thorn [θɔ́ː(r)n] : 「とげ、はり」
  • nail [néil] : 「くぎ」
  • be free to : 「自由に〜できる」
  • guide [gáid] : 「〜を導く、案内する」
  • safely [séifli] : 「安全に、支障なく、無事に」
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて、〜を過ぎて、〜のかなたに」
❖ "Your gift has saved ~ "「あなたの贈り物が、神の子を、イバラのトゲと十字架の釘から救ったのだ」。ここの"him"をイエスととらえてもいいだろう。"and his strong arm ~ "「そして、彼の強い腕は、イバラや釘を通り抜け、それを越えて、あなたを安全に導く自由を獲得したのだ」。



Walk with him now rejoicing, for the savior from illusions has come to greet you, and lead you home with him.
  • walk [wɔ́ːk] with : 「〜とともに歩む」
  • rejoicing [ridʒɔ́isiŋ] : 「喜び、歓喜、歓呼」
  • greet [gríːt] : 「〜にあいさつする、〜を歓迎する、出迎える」
❖ "Walk with him ~ "「今や、喜びで心躍らせて、彼と共に歩きなさい」。イエス・キリストと共に、天の王国への道を、ワクワクしながら歩いて行きなさい。"for the savior from ~ "「なぜなら、幻想からあなたを救い出してくれる救い主があなたを出迎え、共に、あなたを住家へと導いてくれるのだから」。あなたの、天の王国への回帰の旅には、ホーリー・スピリットもキリストも付き添ってくれるのだ。寂しくも怖くもない。喜びだけが心に湧き上がる。あなたの故郷であり、終(つい)の住家である天の王国は近い。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp