●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-24.VI.10:1 ~ T-24.VI.11:5

10. Would you not gladly realize these laws are not for you? Then see him not as prisoner to them.

  • gladly [ɡlǽdli] : 「喜んで」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規、法令」
  • prisoner [prízənər] : 「囚人、捕虜」
❖ "Would you not gladly ~ "「これら(幻想世界の)法は、あなたのためではないと、喜んで自覚するつもりはないだろうか」。"Then see him ~ "「だから、同胞を、それらの法の虜(とりこ)として見てはならない」。この幻想世界を支配している法は、いわば夢の中の世界を支配している法であって、実相の現実的な法ではない。そんな、偽物の法に同胞が縛られていると思ってはならない。もちろん、あなた自身も幻想の法に縛られてはいないし、そんな法は、あなたのためにならない。



It cannot be what governs part of God holds not for all the rest. You place yourself under the laws you see as ruling him.
  • govern [ɡʌ́vərn] : 「支配する、統治する、統率する、治める、管理する」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
  • hold [hóuld] : 「〜に有効である、適用できる」
  • all the rest : 「残りすべて」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する、取り付ける」
  • under [ʌ́ndər] : 「〜の下に、〜の真下に」
  • rule [rúːl] : 「統治する、支配する、牛耳る」
❖ "It cannot be what ~ "「神の一部を支配しているものが、その他すべてに対して有効ではないなどということは不可能だ」。神の一部と言える神の子の、そのまた一部を支配している幻想の法が、すべての神の子を支配する可能性は十分あるのだ。実際、"You place yourself ~ "「あなたは、同胞を支配しているとあなたが見ている法の下に、あなた自身を置いている」。同胞と同じように、あなたも、この幻想世界の法の下にへりくだっているのだ。



Think, then, how great the Love of God for you must be, that He has given you a part of Him to save from pain and give you happiness.
  • think [θíŋk] : 「〜を考える、〜を思う」
  • great [gréit] : 「大きい、大きな、巨大な、偉大な、卓越した」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、疼痛」
  • happiness [hǽpinəs] : 「幸福、喜び、幸せ」
❖ "Think, then, how great ~ "「そこで、あなたに対する神の愛が、どんなに大きなものであるか思い、」"that He has given you ~ "「神があなたに、あなたを痛みから救い出し幸せをあなに与えるために、神の一部をあなたに与えたのだということを考えなさい」。"given you a part of Him"「神の一部をあなたに与えた」とは、神の分身であるホーリー・スピリット、あるいはキリストを、あなたの心の中に置いたということ。あなたを、この幻想世界の苦しみや痛みから救い出し、実相世界の幸せをあなたに与えるためである。



And never doubt but that your specialness will disappear before the Will of God, Who loves each part of Him with equal love and care.
  • doubt [dáut] : 「〜を疑う、〜を疑問に思う」
  • specialness [spéʃəlnis] : 「特別であること、特別性」
  • disappear [dìsəpíər] : 「見えなくなる、存在しなくなる、なくなる、消滅する」
  • before [bifɔ́ːr] : 「〜の前に、〜に先立って、〜を前にして」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
  • equal [íːkwəl] : 「同等の、程度が等しい、均等な、平等な」
  • care [kέər] : 「心配、苦労、配慮、注意、世話、介護、手入れ」
❖ "And never doubt ~ "「そして、あなたの特別性が、神の意思を前にして消滅するであろうことを、決して疑ってはいけない」。神の子を実相世界に回帰させたいという神の願い、神の意思を前にして、幻想世界は消滅するのだ。それは、あなたが、特別性を捨てるときである。"Who loves each ~ "「その神は、神の一部の一つ一つを、等しい愛といたわりをもって、愛しているのである」。"each part of Him"「神の一部の一つ一つ」とは、神の子一人一人、という意味。神はすべての神の子を平等に愛しているのだから、神の子に序列も優劣もない。すべての神の子は完全、完璧に平等なのだ。神の子が単一存在であるから、当然なのである。しかし、あなたは、自分だけは特別だと思い込み、自分の特別性を追い求めてきた。それは、完全に神の意思に反することなのだ。神の愛にも反しているのである。



The Christ in you can see your brother truly. Would you decide against the holiness He sees?
  • truly [trúːli] : 「全く、本当に、真に、正確に、忠実に、偽りなく」
  • decide [disáid] : 「決定する、決心する、決意する、評決を下す」
  • against [əɡéinst] : 「〜に反対して、〜に逆らって、〜にそむいて」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
❖ "The Christ in you ~ "「あなたの心の中のキリストは、あなたの同胞を正しく見ることが出来る」。特別性に毒されたあなたは、同胞に罪があると見なし、卑小な者と判断したが、キリストは、同胞をあなたと同等の神聖な神の子と見る。"Would you decide ~ "「あなたは、キリストが(同胞の中に)見る神聖さに反して、判断を下したいのか」。



11. Specialness is the function that you gave yourself.
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「職務、役割、機能、作用、働き、効用」
  • gave [géiv] : 「give の過去形」
❖ "Specialness is the function ~ "「特別性とは、あなたがあなた自身に与えた機能である」。つまり、特別性は、あなたが勝手に偽創造した価値観に過ぎず、だから、幻想なのだ。幻想の世界にしか通用しないものは、幻想に違いないのだ。



It stands for you alone, as self-created, self-maintained, in need of nothing, and unjoined with anything beyond the body.
  • stand for : 「〜を支持する、〜に味方する、〜に賛成する、〜を弁護する、〜の保証人になる」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単独に」
  • self-created : 「自己創造の」
  • maintain [meintéin] : 「〜を保持する、維持する、支持する、持続する、〜と主張する」
  • in need of : 「〜を必要としている」
  • unjoined [ʌndʒɔ́ind] with : 「〜と結合していない」
  • beyond [bijάnd] : 「〜を越えて、〜を過ぎて、〜の域を越えて、〜を超越して」
❖ "It stands for ~ "「特別性は、あなた一人だけを支持するものに過ぎない」。"as self-created ~ "「自分で勝手に創造したものであり、自分だけを保持しようとするものであり、何も必要とせず、肉体以外に何ものとも結びつこうとしないものなのである」。だから、特別性に取り憑かれた者は、極度の孤立と孤独を味わうことになるのだ。孤独の痛みを引き込んだのは、特別性を信仰するあなた自身である。



In its eyes you are a separate universe, with all the power to hold itself complete within itself, with every entry shut against intrusion, and every window barred against the light.
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の、別の」
  • universe [júːnəvə̀ːrs] : 「宇宙、銀河、万物、森羅万象、全世界」
  • hold [hóuld] : 「〜の状態にしておく」
  • complete [kəmplíːt] : 「完結した、完成した、全部そろった、完全な、全部の」
  • within [wiðín] : 「〜の中で、〜の内側で」
  • entry [éntri] : 「入ること、入り口、参加、参入」
  • shut [ʃʌ́t] : 「切り離す、遮断する」
  • against [əɡéinst] : 「〜に反対して、〜に逆らって、〜にそむいて」
  • intrusion [intrúːʒən] : 「侵入、不法占有」
  • window [wíndou] : 「窓、窓ガラス、窓口」
  • bar [bάːr] : 「かんぬきをする、ふさぐ、出入りを禁じる、閉じ込める」
  • light [láit] : 「光、光源、ライト、明かり」
❖ "In its eyes you ~ "「特別性という目から見れば、あなたは一つの分離した世界である」。"with all the power ~ "「それ自体の中に、それ自体を完結するあらゆるパワーを持っている世界なのだ」。分離はしているが、自立性を確保する自己確立的パワーは有している。しかし、"with every entry ~ "「あらゆるものに対して、その侵入を遮断しており、」"and every window ~ "「光の侵入に対してさえ、すべての窓に閂(なんぬき)をかけて、入り込ませないのだ」。自己完結しているとは言え、こんな鎖国に意味があるか。孤立と引き換えに特別性を手に入れて、いったいそれをどうしようと言うのか。そんな綿菓子のような特別性をあなたは食らって、腹を膨らませたつもりになっているだけなのだ。



Always attacked and always furious, with anger always fully justified, you have pursued this goal with vigilance you never thought to yield, and effort that you never thought to cease.
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、常に」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • furious [fjúəriəs] : 「激怒した、怒り狂った、逆上した、憤慨した」
  • anger [ǽŋɡər] : 「怒り、憤り」
  • fully [fúli] : 「十分に、完全に、全く、すっかり、全体に」
  • justified [dʒʌ́stəfàid] : 「理にかなった、もっともな、正当化された」
  • pursue [pərsúː] : 「〜を追跡する、〜を追いかける」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • vigilance [vídʒələns] : 「警戒、用心、不眠症、寝ずの番」
  • with vigilance : 「油断なく」
  • thought [θɔ́ːt] : 「think の過去・過去分詞形」
  • yield [jíːld] : 「譲る、譲歩する、屈する」
  • effort [éfərt] : 「努力、尽力、骨折り」
  • cease [síːs] : 「〜をやめる、よす、中止する」
❖ "Always attacked ~ "「常に攻撃され、常に怒り狂い、」 "with anger ~ "「常に、完全に正当化出来る怒りを抱え、」"you have pursued ~ "「あなたは、絶対に譲れないと思っている警戒心をもって、あるいは、止むに止まれぬ努力をもって、特別性という目的を追いかけてきたのだ」。



And all this grim determination was for this; you wanted specialness to be the truth.
  • grim [grím] : 「気味の悪い、恐ろしい、不快な、残酷な、残忍な」
  • determination [ditə̀ːrmənéiʃən] : 「決心、決定、判定、決意、決断」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "And all this grim ~ "「すべて、この気味の悪い決心は、この特別性のためだったのである」。つまり、"you wanted specialness ~ "「あなたは、特別性を真実に変えたいと思ったのだ」。幻想に過ぎない特別性を、実相の真実に変えることは、鉛を金に変えるより難しい。不可能なのだ。特別性の追求する形態は分離である。しかし、実相は完全に平等であり、単一存在の世界である。したがって、真実は平等で、単一なのだ。分離と序列、優劣を求める特別性が、平等単一の真実となる可能性はないではないか。それが可能だと信じることが、狂気なのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp