●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-24.VI.2:1 ~ T-24.VI.3:7

2. Without you there would be a lack in God, a Heaven incomplete, a Son without a Father.

  • without [wiðáut] : 「〜なしに、〜がなければ、〜でなければ」
  • lack [lǽk] : 「不足、欠乏、欠如、欠落」
  • incomplete [ìnkəmplíːt] : 「不完全な、不十分な、未完成の」
❖ "Without you there ~ "「あなたなしでは、神の中に欠落が生じてしまうだろう」。"a Heaven incomplete ~ "「天の王国も不完全となり、また、父なる神がいなかったら、神の子にも欠落が生じるのだ」。神と神の子は分離して存在出来るものではなく、相互に補完し合って存在する関係である。神聖な存在は、分かち合うという行為を通して補完し合い、拡張増大して行くのだ。しかも、神と神の子は、ホーリー・スピリットをそれに加えて、三位一体という融合によって単一存在となることが、完結、完成となる。



There could be no universe and no reality. For what God wills is whole, and part of Him because His Will is One.
  • universe [júːnəvə̀ːrs] : 「宇宙、銀河、宇宙、万物、森羅万象」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • will [wíl] : 「〜を望む、意図する、命ずる、決意する」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の、丸ごとの」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
❖ あなたなしでは、"There could be no ~ "「宇宙も、実相も存在出来なくなるだろう」。"For what God ~ "「なぜなら、神が意思するものは、完全に全体的であって、」"and part of Him ~ "「神の意思は一つであるから、神の意思したものが、神の一部となるのである」。実相世界は、神の意思そのものによって創造された。いわば、天の王国は、神、そのものなのだ。さらに、神の意思することは、完全、完璧で、欠けるものない全体的なものである。したがって、神の子という一部が欠けてしまっては、神の意思の完成はあり得ないのだ。最後の部分、"and part of Him because His Will is One"「神の意思は一つであるから、神の意思したものが、神の一部となるのである」、ここは難解である。そこで、視覚的な例えを用いて説明してみよう。"His Will is One"「神の意思は一つ」とは、視覚的に例えれば、神の意思が、一つの完全な球体で、巨大な光の玉だと思い描けばいい。その光の玉は、様々な波長の光から構成されて、純白に光っているのだ。神が意思する愛という色、神が意思する平和という色、神が意思する喜びという色、神が意思する静寂という色、等々、あらゆる実在、あらゆる神の意思が様々な光を放ち、その一つ一つがまた完璧な球体であり、すべての色の総和、すべての神の意思の総和が、純白で巨大な一つの球体を作り上げているのである。その中の、例えば、神の意思する愛という波長の色は、愛が分かち合われることで、拡張増大して行く。あらゆる波長の色の球体が、無限に拡張して行き、総体である一つの神の意思という巨大な球体も、無限に拡張増大して行くのだ。神が意思することの一つ一つは、一つ一つの光となって、巨大な光の球体に加わり、つまりその一部となり、完全な全体を構成して行くのである(what God wills is whole, and part of Him)。これが、神の意思する実相世界であり、天の王国である。もちろん、視覚的に例えてみれば、ということに過ぎない。見てきたわけではないのだから。



Nothing alive that is not part of Him, and nothing is but is alive in Him.
  • alive [əláiv] : 「生存して、生きていて」
❖ "Nothing alive that ~ "「生きているもので、神の一部でないものはない」。"and nothing is but ~ "「神の中では、あらゆるものが生きているのだ」。"alive"「生きている」ものを、生物に限定する必要はないだろう。例えば、喜びもまた、命をもって生きていると考えてもいいのだ。なぜなら、喜びは分かち合われて拡張増大し、生き生きと躍動しているではないか。



Your brother's holiness shows you that God is One with him and you; that what he has is yours because you are not separate from him nor from his Father.
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • show [ʃóu] : 「示す、表す、表示する」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の、別の」
❖ "Your brother's holiness ~ "「あなたの同胞の神聖さが、あなたにthat以下を示している」。同胞の心の中の神聖なキリスト(ホーリー・スピリット)が、that以下の真実を語っている、ということ。"that God is One ~ "「神は、同胞と、そしてあなたと一体である」ことを示している。さらに、"that what he has ~ "「同胞がもっているものは、あなたのものである」とも示している。"because you are not ~ "「なぜなら、あなたは同胞から分離しておらず、また、父なる神からも分離していないからだ」。同胞のものはあなたのもの、という言葉は、所有を表しているのではない。同胞とあなたが自他一如であることを示しているのだ。もちろん、神とも一体である。分離していると思い込んでいるのは、眠れる神の子だけだ。



3. Nothing is lost to you in all the universe. Nothing that God created has He failed to lay before you lovingly, as yours forever.
  • lost [lɔ́st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • have [SVOC] : 「〜を〜の状態にする」
  • failed [féild] : 「失敗した、不成功に終わった」
  • lay [léi] : 「〜を横たえる、〜を置く」
  • before [bifɔ́ːr] : 「〜の前に、〜に先立って、〜を前にして」
  • lovingly [lʌ́viŋli] : 「かわいがって、愛情を込めて、優しく」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "Nothing is lost to ~ "「全宇宙において、あなたに失われているものはなにもない」。全宇宙が、あなたの心の中にある。なぜなら、神はすべてを包摂し、実相世界を包み込んでいるのだから、神と一体であるあなたも、すべてを心の中に包摂しているのだ。"Nothing that God ~ "直訳すると、「神が創造したものはすべて、神をして、あなたの目の前に優しく、永遠にあなたのものとして、横たえることに失敗させることはない」。つまり、神は、神の創造したものすべてを、間違いなく、あなたに優しく差し出してくれる、ということ。



And no Thought within His Mind is absent from your own.
  • thought [θɔ́ːt] : 「考え、見解、思索、熟考、思考」
  • within [wiðín] : 「〜の中で、〜の内に」
  • be absent from : 「〜に不在である、〜から席を外している」
❖ "And no Thought within ~ "「神の心の中にある思いで、あなた自身の心にないものはない」。神の思いとあなたの思いは調和共鳴していて、思い自体も一体である。もちろん、幻想を夢に見ているあなたの心の思いではない。実相に目覚めた正気のあなたの心のことを言っているのだ。



It is His Will you share His Love for you, and look upon yourself as lovingly as He conceived of you before the world began, and as He knows you still.
  • share [ʃέər] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • look upon : 「〜を見る」
  • conceive [kənsíːv] : 「心に描く、思い付く、着想する」
  • conceive of : 「〜を考え出す、〜を想像する、〜を心に描く、〜を思い描く」
  • began [bigǽn] : 「begin の過去形」
  • begin [bigín] : 「始まる、着手する」
  • still [stíl] : 「まだ、今でもまだ、いまだに、常に、いつでも」
❖ "It is His Will you ~ "「あなたが、あなたのために神の意思を分かち合い、世界の始まる前に神があなたを心に描いたように、そして、今なお、神があなたを知っているように、優しく、あなた自身を見つめることが、神の意思である」。神の子が幻想世界を偽創造する以前に、神が神の子を創造する時に思い描いた通りのあなたを、そして、今神が、その通りだと思っているあなたを、あなたが心優しく受け入れることを、神は強く願っている。その神聖な神の子として、あなたは実相世界の神の愛、真実の愛を、神と、あるいは同胞と分かち合って、拡張増大させて行くのである。そうなって欲しいと、神はあなたに求めているのだ。



God changes not His Mind about His Son with passing circumstance which has no meaning in eternity where He abides, and you with Him.
  • change [tʃéindʒ] : 「〜を変える、〜を変更する、〜を変換する」
  • passing [pǽsiŋ] : 「通りすがりの、通り過ぎる、つかの間の、うわべの」
  • circumstance [sə́ːrkəmstæ̀ns] : 「周囲の事情、環境、状況、事情」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、意図、真意」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
  • abide [əbáid] : 「居住する、とどまる」
❖ "God changes not ~ "「神は、移ろいゆく状況に合わせて神の子に対する神の心を変えたりしない」。変化流動する幻想世界の諸事情によって、神の子へ対する神の愛が変化するようなことはない。神の心、神の思い、神の愛は永遠不変なのだ。"which has no meaning ~ "「その移ろいゆく状況は、神が住み、あなたが神と共に住む永遠性の中では、まったく意味を持たないのだ」。幻想世界から目覚めたあなたにとって、あなたと神の住む実相世界から眺めれば、幻想世界はもはや何の意味も持たない。もうすぐ、消滅してしまうだろう。



Your brother is as He created him. And it is this that saves you from a world that He created not.
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
❖ "Your brother is as ~ "「あなたの同胞もまた、神がその同胞を創造した時の姿のままである」。"And it is this that ~ "「そして、このことこそが、神が創造したものではない世界から、あなたを救ってくれるのである」。神が創造したままの姿とは、神の子として神の属性のすべてを継承した神聖な姿、ということである。あなたは、心の正気さに目覚め、その正気な目で同胞を目撃するのである。そのとき、あなたと同胞は、実は自他一如であって、同胞の姿こそがあなた自身の姿だと知ることになる。あなたも、同胞と同様に、神の属性のすべてを継承した神聖な神の子だと受け入れるのだ。こうして、あなたは、特別性という馬鹿な夢から目覚め、同胞と共に、天の王国へと救われるのことになるのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp