●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-25.I.4:1 ~ T-25.I.5:6

4. You are the means for God; not separate, nor with a life apart from His. His life is manifest in you who are His Son.

  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の」
  • life [láif] : 「命、人命、生命、寿命」
  • manifest [mǽnəfèst] : 「明白な、明らかな、明らかにする」
❖ "You are the means ~ "「あなたは神の手段であり、」"nor with a life ~ "「神から離れた命をもっているわけではない」。"means"「手段」と書いてあるが、実相世界では手段と目的は一体であるから、あなたは神の目的でもあるのだ。神にとって、神の子は愛を拡張するのための手段であり、神が、神の子やホーリー・スピリットと融合して三位一体となることを考えれば、神の子は目的でもある。"His life is manifest ~ "「神の命は、神の子であるあなたの中に、明示される」。あなたの心の中に神聖な命が宿っている事実、その命こそ、神からの贈り物の命なのだ。つまり、あなたの心に神の命が宿り、あなたに命の息吹を与えているのである。言い換えれば、あなたの命こそ、神の顕現である。神の命の顕現が、あなたなのである。



Each aspect of Himself is framed in holiness and perfect purity, in love celestial and so complete it wishes only that it may release all that it looks upon unto itself.
  • each [íːtʃ] : 「それぞれの、一つ一つの、めいめいの」
  • aspect [ǽspekt] : 「局面、状況、側面、特徴、様子、外見」
  • frame [fréim] : 「〜の骨組みを作る、〜を組み立てる、構成する」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「完全な、完璧な」
  • purity [pjúərəti] : 「清らかさ、純正、汚れのないこと、清浄、純粋」
  • celestial [səléstʃəl] : 「天の、天国の、神聖な、素晴らしい」
  • complete [kəmplíːt] : 「全部そろった、完全な、全部の、完結した、完成した」
  • wish [wíʃ] : 「望む、祈る」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ、離す」
  • look upon : 「〜を見る」
❖ "Each aspect of ~ "「神自身のあらゆる側面、それぞれが、神聖さに縁取られ、完璧で、純粋で、天上的な愛の内にある」。"and so complete ~ "「そして、あまりにも完全であるので、神自身のあらゆる側面は、that以下だけを願うのである」。"that it may release ~ "「見るものすべてを開放したいということ」だけを願うのである。"Each aspect of Himself"「神自身のあらゆる側面、それぞれが」という意味合いであるが、神は天の王国すべてを包摂する存在であるから、天の王国に実在するすべてのものが、という意味合いだと捉えていいだろう。神も当然含め、ホーリー・スピリットもキリストも、アセンションを果たした神の子達も、すべての実相世界の実在が、神聖で完全で純粋で、至上の愛に満ち、まだ地上に取り残された人々を幻想世界から救い出したいと、開放してあげたいと願っているのだ。



Its radiance shines through each body that it looks upon, and brushes all its darkness into light merely by looking past it to the light.
  • radiance [réidiəns] : 「輝き、光輝、放射輝度」
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • through [θrúː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、〜を介して」
  • brush [brʌ́ʃ] : 「〜を払い落とす、〜を無視する」
  • darkness [dάːrknis] : 「暗さ、暗がり、暗闇」
  • light [láit] : 「光、明るさ、光源、ライト、明かり」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に、たかが〜にすぎない」
  • past [pǽst] : 「〜を過ぎて、〜を越えて」
❖ "Its radiance shines ~ "「神のあらゆる側面から放される光輝は、目にした肉体を透過して、射し込むのである」。実相的実在が放つ神聖な光は、幻想の肉体に阻まれることなく、人々の心の中に直接射し込むのだ。"radiance"「光輝」とあるが、これは実相的光であり、言い換えれば、愛や喜びと思ってもいい。神の慈悲の光である。"and brushes all its ~ "「そして、ただ肉体を透過して光を見ることによって、肉体の闇を払拭し、光へと導くのである」。神の光を受けた人達は、自分の肉体を透過して心に射し込んでくる神の慈悲の光を目にすることによって、自分の肉体が浄化し、肉体の闇が消滅して輝き出すのを目撃することになる。



The veil is lifted through its gentleness, and nothing hides the face of Christ from its beholders.
  • veil [véil] : 「ベール、覆い、覆い隠すもの」
  • lift [líft] : 「持ち上げる、引き起こす、解除する、取り除く」
  • gentleness [dʒéntlnis] : 「優しさ、穏やかさ」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • beholder [bihóuldər] : 「見る人」
❖ "The veil is lifted ~ "「神の優しさを通して、ベールが持ち上げられる」。神の愛の優しさ、その慈悲の力によって、肉体を覆い隠していたベールが持ち上げられる。幻想という黒雲が、晴れ渡っていくのだ。"and nothing hides ~ "「そして、何ものも、キリストの顔を見ようとする者たちの目に、キリストの顔を隠すことはない」。キリストに救いを求める者たちは、キリストの顔が見えてくる。キリストが、必ず、求める者たちを救ってくれる、ということ。



You and your brother stand before Him now, to let Him draw aside the veil that seems to keep you separate and apart.
  • draw [drɔ́ː] : 「〜を引く、引き込む、〜を引き出す」
  • aside [əsáid] : 「わきへ、離れて、それて、はずれて」
  • draw aside : 「〜を脇へ寄せる」
  • keep [kíːp] [SVOC] : 「〜の状態にしておく」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の」
  • apart [əpάːrt] : 「離れて、離ればなれで、バラバラに」
❖ "You and your brother ~ "「今や、あなたと同胞は、キリストの前に立っているのだ」。"to let Him draw aside ~ "「そして、あなたと同胞を分離し、離れ離れしているかに見えたベールを、キリストによって、脇にどかしてもらうのである」。キリストの救いによって、分離を象徴する幻想のベールを払拭してもらうのだ。こうして、あなたと同胞は、本当は単一の神の子という存在だと、気付くのである。



5. Since you believe that you are separate, Heaven presents itself to you as separate, too.
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する」
  • present [prizént] : 「〜を与える、渡す、差し出す、〜を公開する、見せる」
❖ "Since you believe ~ "「あなた方は、分離していると信じているので、」"Heaven presents ~ "「天の王国もまた、分離したものとして、あなた方にその姿を表すのである」。本来、実相的には、天の王国はあなたの心と一体であり、いわば、心の中に天の王国は存在する。しかし。分離を信じる者にとっては、その思いが形として表れるので、天の王国も心から分離して、あたかも天のはるか彼方に孤絶して存在しているかに見えるのである。



Not that it is in truth, but that the link that has been given you to join the truth may reach to you through what you understand.
  • in truth : 「実のところ、実際には」
  • link [líŋk] : 「結び付き、つながり、関連、結び付ける物、連結」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に参加する、〜と交わる、〜と一緒になる」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • reach [ríːtʃ] : 「伸びる、向かう、及ぶ、伝わる」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、〜を介して」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する」
❖ "Not that it is ~ "「実際は、そんなことはない」。"but that the link ~ "「しかし、(実際は)、真実と交わるためにあなたに与えられたリンクが、あなたの理解することを通して、あなたに届いているのである」。神の子が神から分離するとき、神の子は神とのコミュニケーションのチャンネルを自ら切断した。したがって、そのままであるなら、神から伝えられる真実のメッセージは、あなたに届かない。しかし、神は、あなたの心の最も純粋で神聖な部分に神の祭壇を設け、そこに、ホーリー・スピリットを住まわせた。つまり、ホーリー・スピリットを通して、あなたの心の最も純粋で神聖な部分と天の王国の神が、かろうじて繋がっているのである。もっとも、それに気付いていないというのが現実であり、少なくとも、あなたがその事実を理解することが求められるのである(through what you understand)。つまり、あなたが神と分離していないと確実に理解することで、ホーリー・スピリットを介して、あなたは神とコミュニケーションをとることが出来るのだ。



Father and Son and Holy Spirit are as One, as all your brothers join as one in truth.
  • join [dʒɔ́in] : 「加わる、加入する、参加する、交わる」
  • in truth : 「実のところ、実際には」
❖ "Father and Son and ~ "「父なる神と、神の子とホーリー・スピリットは、一体なのだ」。まさに、三位一体(さんみいったい)である。"as all your ~ "「それは、あなたの同胞はすべて、本当は、一体であることと同じなのである」。神の子自体も分裂しておらず一体であり、つまり、自他一如であり、神の子と神も、またホーリー・スピリットを含めてすべてが一体である。しかし、神の子は深い眠りに陥って、自分は神から分離したと信じ込んでしまったのだ。そして、神からの分離と、それに続く神の子の分裂を夢に見、幻想の世界を偽創造したのである。したがって、神の子が、この深い眠りから目覚めて、本来の三位一体の姿に戻ることが、神にとってもホーリー・スピリットにとって、もちろん、神の子にとっても、自己を完成させるという最大の目的になっているだ。



Christ and His Father never have been separate, and Christ abides within your understanding, in the part of you that shares His Father's Will.
  • separate [sépərèit] : 「分かれる、分離する、別居する」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • understanding [ʌ̀ndərstǽndiŋ] : 「理解、理解力、知力」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
  • share [ʃέər] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
❖ "Christ and His Father ~ "「キリストと神は、分離したことなど決してない」。"and Christ abides within ~ "「キリストは、あなたの理解の中に住んでおり、」"in the part of you ~ "「父なる神の意思を分かち合っているあなたの一部の中にいるのである」。"abides within your understanding"「あなたの理解の中に住んでいる」とは、あなたがあなたの心の中にキリストが存在していると理解するとき、キリストがあなたの前に顕現する、ということ。つまり、あなたの実相的な理解力、真実を理解するヴィジョンの中に、キリストは生きているのだ。その、真実を理解するヴィジョンを有しているのは、あなたの心の一部、神聖で純粋な部分であり、この正気な心の部分が、神の意思を同胞達と分かち合っているのである。神の意思を分かち合い、共有することで、神の子の一体性が保たれているのだ。つまり、神の意思が放つ光の振動数と同じ振動数を、神の子の心が放つことで、二つの光は共鳴し合い、増幅し、拡大し、一体性を永遠に保つのである。



The Holy Spirit links the other part--the tiny, mad desire to be separate, different and special--to the Christ, to make the oneness clear to what is really one. In this world this is not understood, but can be taught.
  • link [líŋk] : 「連結する、結び付ける、つなぐ、接続する」
  • tiny [táini] : 「とても小さい、ちっぽけな、極めて小さな」
  • mad [mǽd] : 「気が狂って、怒って、頭にきて、発狂して」
  • desire [dizáiər] : 「欲望、欲求、願望、念願」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • special [spéʃəl] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • make [méik] [SVOC] : 「〜を〜の状態にする」
  • oneness [wʌ́nnis] : 「単一性、同一性、統一性」
  • clear [klíər] : 「明らかな、明瞭な、はっきりした」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」
  • understood [ʌ̀ndərstúd] : 「understand の過去・過去分詞形」
  • taught [tɔ́ːt] : 「teach の過去・過去分詞形」
❖ "The Holy Spirit links ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたの別の部分とキリストをも結びつけている」。あなたの別の部分とは、"the tiny, mad ~ "「分離して、違って、特別でありたいとする、小さくて狂気的な願い」。それとキリストを、ホーリー・スピリットはリンクさせている。ホーリー・スピリットは、幻想世界と実相世界を結ぶ、メッセンジャーである。したがって、あなたの心の純粋で神聖な部分と接点をもつ傍ら、あなたの心の幻想的部分、陰鬱で暴力的で、特別性を頑なに信じている部分とも接触しているのだ。"to make the oneness clear ~ "「実際に一体である者たちに対して、一体性を明白に示すために、」ホーリー・スピリットは、あなたの心の幻想的な部分とキリストをリンクさせているのだ。"In this world this ~ "「この世界では、このことは理解されないが、しかし、教えることは可能だ」。幻想世界では、実相世界の真実は理解され難いが、ホーリー・スピリットやキリストを通じて、その真実を教えることは出来るのだ。学ぶことが出来るのである。だから、ACIMは有意義に存在しているのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp