●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.I.7:1 ~ T-13.I.8:9

7. As you perceive the holy companions who travel with you, you will realize that there is no journey, but only an awakening.

  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • companion [kəmpǽnjən] : 「仲間、旅の連れ、同伴者」
  • travel [trǽvl] : 「旅する、旅行する」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • journey [dʒə́ː(r)ni] : 「旅、行路、道のり、道程」
  • awakening [əwéikəniŋ] : 「覚醒、目覚め、気付くこと」
❖ "As you perceive ~ "「あなたが、あなたと共に旅をする聖なる道連れを知覚するにしたがい、」"you will realize that ~ "「あなたは、旅などは全くなく、ただ覚醒があるだけだと気付くであろう」。聖なる道連れとは、もちろん、ホーリー・スピリットのこと。キリスト、あるいはイエス自身と考えてもいいだろう。旅とは覚醒の象徴であって、本当は旅ではなく目を覚ます過程であることに気がつくのである。何から何に目を覚ますのかというと、幻想の世界から実相の世界へと覚醒するのである。その過程は長い旅でる。しかし、時間の存在しない実相の世界では、その旅は一瞬にして始まり、そして終わった。



The Son of God, who sleepeth not, has kept faith with his Father for you.
  • -eth : 「三人称単数現在形の動詞の語尾につける」
  • kept [képt] : 「keep の過去・過去分詞形」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信念、確信、信仰」
  • keep faith with : 「〜との約束を守る、〜への誓いを守る、〜への信義を守る」
❖ "The Son of God ~ "「(眠りから目覚めた)眠っていない神の子は、あなたのために、神との約束を守り続けている」。あなたよりひと足早く目覚めた神の子は、同胞であるあなたの目を覚ます手伝いをするようにという神との約束を忠実に守ろうとしている。つまり、あなたは一人で目を覚ますのではなく、ホーリー・スピリットもイエスも、そして先輩の同胞も、あなたの覚醒を手伝ってくれるのである。



There is no road to travel on, and no time to travel through. For God waits not for his Son in time, being forever unwilling to be without him. And so it has always been.
  • road [róud] : 「道、道路、進路、道筋、道程」
  • wait [wéit] for : 「〜を待つ」
  • forever [fərévər] : 「果てしなく、非常に長く、永遠に」
  • be unwilling [ʌnwílıŋ] to : 「〜することに気が進まない、〜することを嫌がる」
❖ "There is no road ~ "「旅する道もなければ、旅する時間もない」。"For God waits not ~ "「なぜなら、神は時間の中で神の子を待っているのではなく、」"being forever unwilling ~ "「いつまでも、神の子といたいと思っているからだ」。"And so it has ~ "「そして、それは常にそうなのである」。ここの"it"は状況の"it"と考えていいだろう。そういう状態がずっと続いている、といった感じか。神は実相の世界で神の子の回帰を待っている。したがって、非空間非時間の世界で待っているのだから、空間的な旅の道というものもなく、時間的な旅の時もない。幻想のこの世界から見れば、神は永遠という時の中で、我々の回帰を待っているように見えるだけだ。実相の世界では、実は、神は神の子といたいと望み、それは一瞬のうちに完了している。実相は、一瞬が永遠に続き、永遠が一瞬に完了している世界である。つまり、神の子であるあなたは神の元を一歩も離れてはいないのである。あなたは空間と時間を夢に見、神との距離を時間の中で感じているだけだ。それは錯覚である。



Let the holiness of God's Son shine away the cloud of guilt that darkens your mind, and by accepting his purity as yours, learn of him that it is yours.
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • shine [∫áin] : 「輝く、光る」
  • cloud [kláud] : 「雲」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • darken [dάːrkən] : 「〜を暗くする」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • purity [pjú(ə)rəti] : 「清らかさ、純正、汚れのないこと、清潔、純粋」
❖ "Let the holiness of ~ "「神の子の神聖さに、あなたの心を暗くしていた罪の雲を照らし消し去らせるようにさせなさい」。"and by accepting his ~ "「そして、神の子の清純さをあなたのものと認めることで、」"learn of him ~ "「それがあなたものであることを、神の子から学びなさい」。ここは声に出して読んでみるべき箇所。



8. You are invulnerable because you are guiltless. You can hold on to the past only through guilt.
  • invulnerable [invʌ́ln(ə)rəbl] : 「傷つくことのない、不死身の」
  • guiltless [ɡíltlis] : 「罪のない、潔白な」
  • hold on to : 「〜をつかんで離さない、〜にしがみつく、〜を手放さない」
  • past [pǽst] : 「過去、昔」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
❖ "You are invulnerable ~ "「あなたには罪はないので、あなたは傷つくことはない」。"You can hold on to ~ "「あなたは、罪を通してのみ、過去にしがみつく可能性がある」。しかし、あなたには罪はないのだから、過去にしがみつく必要はない。実際、無時間の実相に住むことが出来るはずだ。



For guilt establishes that you will be punished for what you have done, and thus depends on one-dimensional time, proceeding from past to future.
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、成立させる、達成する、証明する」
  • punish [pʌ́ni∫] : 「〜を罰する、〜を懲らしめる」
  • depend [dipénd] : 「〜に頼る、依存する、〜左右される」
  • depend on : 「〜に頼る、〜を当てにする,〜によって決まる、〜次第である」
  • dimensional [diménʃənl] : 「次元の」
  • one-dimensional : 「一次元の、表面的な、深みのない、皮相な」
  • proceed [prəsíːd] : 「進む、前進する、進展する」
  • future [fjúːt∫ə(r)] : 「未来、将来」
❖ "For guilt establishes ~ "「なぜなら、罪はthat以下を確立するからだ」。"that you will be ~ "「あなたは、あなたがなしたことのために罰せられであろうし、」つまり、罪ありと信じる心が、自分は罰せられるに違いないと信じ込むこと。"and thus depends on ~ "「このようにして、あなたは一次元の時間に依存してしまうこと」を罪は確立してしまうからだ。"proceeding from ~ "分詞構文、単純接続、「そして、一次元の時間は過去から未来へと進むだけだ」。神から分離した我々の心は、外部に幻想の世界を投射したが、同時に時間というものを設けた。その根本理由は、神を裏切ったという罪の意識と、神から報復されるだろうという恐怖である。つまり、罪の意識が時間的過去を作り、報復への恐れが時間的未来をつくったわけである。そして、その罪と罰におののく自分の存在が時間的現在である。言い換えれば、時間とは罪と罰の象徴である。



No one who believes this can understand what "always" means, and therefore guilt must deprive you of the appreciation of eternity.
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に、いつまでも、永久に、絶えず」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、取り上げる、剥奪する、与えない」
  • deprive A of B : 「AからBを奪う、AにBを与えない」
  • appreciation [əprìː∫iéi∫n] : 「正しく評価、正しい認識、感謝」
  • eternity [itə́ː(r)nəti] : 「永遠、無限」
❖ "No one who believes ~ "「一次元の時間を信じている者は誰も、『常に』という言葉が何を意味するのか理解することが出来ない」。"and therefore guilt ~ "「それゆえ、罪があなたから、永遠を正しく認識することを奪うのである」。罪の意識があるうちは、実相の永遠を理解することは出来ない。



You are immortal because you are eternal, and "always" must be now. Guilt, then, is a way of holding past and future in your mind to ensure the ego's continuity.
  • immortal [imɔ́ː(r)tl] : 「死なない、不死身の、不死の」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
  • ensure [en∫úə(r)] : 「〜を確かにする、保証する、守る、安全にする」
  • continuity [kɑ̀nt(ə)n(j)úːəti] : 「連続、継続」
❖ "You are immortal ~ "「あなたは不死である」。"because you are ~ "「なぜなら、あなたは永遠だからである」。"and "always" must ~ "「そして、『常に』とは、今に違いないのだ」。"Guilt, then, is ~ "「そこで、罪は、エゴの継続性を確かなものとするために、あなたの心に過去と未来を保持する方法ということになる」。罪が時間という幻想を作り出した。そして、神の報復を恐れることを未来時間に置き換え、神からの心の分離を保持するのである。他者に対する猜疑心をあおり、心の分離も促進する。まさに、これはエゴの思考システムそのものであり、その目的はエゴの保身である。



For if what has been will be punished, the ego's continuity is guaranteed.
  • punish [pʌ́ni∫] : 「〜を罰する、〜を懲らしめる」
  • continuity [kɑ̀nt(ə)n(j)úːəti] : 「連続、継続」
  • guarantee [gæ̀r(ə)ntíː] : 「保証する、請け合う、約束する」
❖ "For if what has ~ "「なぜなら、完了したことが罰せられるなら、」"the ego's continuity ~ "「エゴの継続性は保証されるのであるからだ」。どういう意味か? もし、あなたが神を裏切ったことの罪で罰せられたとしよう。これですべてが解決し、神への恐れは解消してしまうだろうか? 確かに、神の報復への恐れは消えるかも知れないが、前にも増してあなたは神を恐れるであろう。神との和解は成立しないのだ。したがって、あなたと神との分離はますます深まっていく。これは、まさにエゴの継続性に利することではないか。



Yet the guarantee of your continuity is God's, not the ego's. And immortality is the opposite of time, for time passes away, while immortality is constant.
  • guarantee [gæ̀r(ə)ntíː] : 「保証、保証書、担保」
  • immortality [ìmɔːrtǽləti] : 「不死、不朽、不滅、永遠」
  • opposite [ɑ́pəzit] : 「反対、正反対のもの、逆の物」
  • pass away : 「過ぎ去る、去る」
  • while [(h)wáil] : 「〜だが、〜とはいえ、しかし一方」
  • constant [kɑ́nst(ə)nt] : 「不変の、一定な、持続する」
❖ "Yet the guarantee ~ "「しかし、あなたの継続性を保証するものは神のものであって、エゴのものではない」。あなたの存在を継続させるのは神である。"And immortality is ~ "「そして、不死とは、時間と正反対のものである」。"for time passes ~ "「なぜなら、時間は過ぎ去り、一方、不死は不変なのであるから」。時間依存しない存在、それが不死である。そして、元来我々は不死であった。正確に言えば、今も不死である。しかし、幻想のエゴの世界にあって、我々はそのことを忘れてしまったのだ。それは、あまりにも不用意に時間という存在を信じきっているためである。時間が錯覚に過ぎないことを叡智をもって知ったとき、我々は時間の輪から抜け出して、あるいは輪廻の輪から抜け出して、いわゆる永遠の命をもつに至るのである。繰り返しになるが、永遠の命とは時間的な永遠の命のことではない。無時間である命、非時間の命のことである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp