●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.II.2:1 ~ T-13.II.3:5

2. Yet consider how strange a solution the ego's arrangement is. You project guilt to get rid of it, but you are actually merely concealing it.

  • consider [kənsídə(r)] : 「〜と考える、〜を考慮する」
  • strange [stréin(d)ʒ] : 「奇妙な、変わった、変な」
  • solution [səlúː∫n] : 「解、解答、解決、解決法、解決策、解法」
  • arrangement [əréin(d)ʒmənt] : 「手筈、処理、処置、配置、配列」
  • project [prədʒékt] : 「〜を投影する、発射する、投げ出す」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • get rid of : 「取り除く、除去する、削除する、排除する」
  • actually [ǽkt∫u(ə)li] : 「実際は、本当は、実は、実質的には」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • conceal [kənsíːl] : 「隠す、隠匿する、秘密にする」
❖ "Yet consider how strange ~ "「しかし、考えても見なさい、エゴの処置の仕方は、あまりにも奇妙な解決策ではないか」。"You project guilt to ~ "「あなたは罪の意識を除去するために、罪の意識を投射するが、」"but you are actually ~ "「あなたは実際、単に罪の意識を隠しているだけなのである」。投射によって罪の問題は解決しない。先延ばしにするだけである。



You do experience the guilt, but you have no idea why. On the contrary, you associate it with a weird assortment of "ego ideals," which the ego claims you have failed.
  • experience [ikspí(ə)riəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • idea [aidíːə] : 「考え、着想、アイデア、発想、見解、意見」
  • contrary [kɑ́ntrèri] : 「正反対」
  • on the contrary : 「それどころか」
  • associate [əsóu∫ièit] : 「〜で〜を連想する、思い出す、 〜と〜を結び付ける、結合させる」
  • weird [wíə(r)d] : 「超自然的な、神秘的な、不気味な、奇妙な、風変わりな、変な」
  • assortment [əsɔ́ːrtmənt] : 「分類、類別、組み合わせ、仕分け、区分け」
  • ideal [aidíː(ə)l] : 「理想、典型、極致、理念」
  • claim [kléim] : 「主張する、断言する」
  • fail [féil] : 「〜を不合格にする、〜を見捨てる、〜をあきらめる」
❖ "You do experience ~ "「あなたはなお、罪の意識を経験する」。"but you have ~ "「しかし、あなたはなぜなのか思いつかない」。罪の意識を投射したので、罪の意識は消えるはずなのに、それは消えない。あなたはどうしてなのかといぶかるわけだ。"On the contrary ~ "「それどころか正反対に、あなたは『エゴの理想』という奇妙な分類と関連付けて考える」。"which the ego claims ~ "「すなわちそれは、エゴはあなたが『エゴの理想』を見捨てたせいだと言うわけである」。非常に硬い言い方しているが、要するに、エゴの理論的な理想に従えば、投射によって罪の意識は消えるはずなのに、あなたがまだそれを感じているのは、あなたがエゴの理想に沿う形できちんと投射できず、それに失敗し、『エゴの理想』を見捨てたせいだとエゴは言うのである。そして、あなたはあなたで、エゴの言っていることは正しいと、罪の意識が消えないことをエゴの理想論とからめて信じきっている。



Yet you have no idea that you are failing the Son of God by seeing him as guilty. Believing you are no longer you, you do not realize that you are failing yourself.
  • fail [féil] : 「〜を不合格にする、〜を見捨てる、〜をあきらめる」
  • guilty [gílti] : 「有罪の、犯罪的な、罪を犯した」
  • no longer : 「もはや〜でない」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する」
❖ "Yet you have no ~ "「しかし、あなたは、神の子を罪ありと見ることで、あなたが神の子を見捨ててしまおうなどとはツユほども思っていない」。"Believing you are ~ "分詞構文、理由、「あなたはもはやあなたではないと信じているので、」"you do not realize that ~ "「あなたはあなたを見捨てているとは認識していない」。つまり、あなたは神の子は本来罪を背負っているもので、それが当たり前だと信じているから、取り立てて神の子を見捨てようとも思わないし、あなた自身も罪がある自分を当たり前だと思うことで(真の自分は無辜であると信じられなくなって)、取り立てて自分自身を見捨てようとはしないのである。もしそれが出来なかったどうなるか? 自分の罪と真っ向から向き合った人間は、ドストエフスキーが言うように、自殺するか発狂するか、あるいは宗教に逃れるか、いずれかの方法しかない。つまり、完全に自分を見捨ててしまう道しかないのだ。しかし、ACIMは、それは違うと訴えているのである。そもそも罪などはなく、罪があるように夢見ているだけだと主張するのだ。



3. The darkest of your hidden cornerstones holds your belief in guilt from your awareness.
  • dark [dɑ́ː(r)k] : 「暗い、闇の、暗黒の」
  • hidden [hídn] : 「隠された、秘密の」
  • cornerstone : 「土台、礎石、要石、礎、基礎」
  • hold [hóuld] : 「持ちこたえる、〜を手に持つ、保持する」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
❖ "The darkest of your ~ "「あなたの隠された礎石の一番暗い部分が、あなたの意識から離れて罪を信じる気持ちを保持している」。つまり、あなたの意識のもっとも深い部分にある暗い無意識の領域に、自分の罪を信じる気持ちが隠れており、意識の領域から隔離されている、ということ。



For in that dark and secret place is the realization that you have betrayed God's Son by condemning him to death.
  • secret [síːkrət] : 「 秘密の、内緒の、ひそかな、機密の」
  • realization [rìːələzéi∫n] : 「理解、認識、実感」
  • betray [bitréi] : 「裏切る、背く、敵に売る、だます」
  • condemn [kəndém] : 「 〜を非難する、責める、罵倒する、糾弾する」
  • to death : 「死ぬまで、死に至って」
  • condemn A to B : 「AにBを強いる、AにBを運命づける」
❖ "For in that dark and ~ "「なぜなら、その暗い秘密の場所に、あなたが、神の子を死に運命づけるまでに神の子を裏切ってしまったという認識が存在するからだ」。神と共にあった我々の一なる心は、ある時ふと、自分は神なしで神のように存在できないかと思った。それはほんの小さな狂った考えであった(a little and mad idea)。次の瞬間、思いは現実化する。我々の心は神を離れ、神から分離したのである。ところが、神なしで神のように生きることは出来なかった。神を裏切ったという罪の意識と、神によって罰せられるに違いないという恐怖が心を責めさいなんだ。しかしそれは、同時に、神なしで神のように生きれるだろうという神の子自身の期待も裏切ったことになる。こうして、神から分離した我々の心は、神と自分自身である神の子の2人を裏切ったことになったのである。



You do not even suspect this murderous but insane idea lies hidden there, for the ego's destructive urge is so intense that nothing short of the crucifixion of God's Son can ultimately satisfy it.
  • suspect [səspékt] : 「〜を疑わしく思う、〜を本当ではないと思う、〜を信用しない」
  • murderous [mə́ː(r)d(ə)rəs] : 「殺人の、殺意のある、残忍な」
  • insane [inséin] : 「正気でない、精神障害の、非常識な」
  • lie [lái] : 「ある、〜のままである、〜の状態にある」
  • hidden [hídn] : 「隠された、秘密の」
  • destructive [distrʌ́ktiv] : 「破壊的な、破壊主義的な、有害な」
  • urge [ə́ː(r)dʒ] : 「衝動、本能」
  • intense [inténs] : 「極度の、強烈な、極めて強い、激しい」
  • short of : 「〜が足りない、〜を除いて、〜以外は、〜を問題外として」
  • crucifixion [krùːsəfíkʃən] : 「磔刑、十字架形、はりつけ」
  • ultimately [ʌ́ltəmətli] : 「結局のところ、最後に、ついに」
  • satisfy [sǽtisfài] : 「〜を満足させる、納得させる、満たす、充足させる」
❖ "You do not even suspect ~ "「あなたは、この残忍な、狂った考えがそこに隠されたあるなどと疑うことさえない」。"for the ego's destructive ~ "ここは"so ~ that ~ "の構文、「なぜなら、エゴの破壊的な衝動があまりに強いので、神の子を磔刑にする以外に、何ものも究極的にエゴを満足させることはできないからだ」。ここまで読み進むと、あなたの心の暗部にある罪の意識があなたを死に至るまで責めさいなんでいるものは、神の子としてのあなた自身ではなく、実はエゴそのものだということが理解できる。エゴは、あなたが神を裏切ったことを口実にあなたに罪の意識を着せ、あなたが磔刑に処せられても当然だとして、あなたの恐怖心を暴力的に煽っているのだ。このエゴの狂信的な思いは投射され、現実化してイエスの磔刑という象徴的な事件に発展するわけである。後年、パウロがイエスの磔刑と人間の罪の意識を関連付けて考えたのは正しい。しかし、イエスの磔刑がすべての人間の原罪に対する贖罪であると解釈したことは誤りである。なぜなら、心の罪の意識は消えるどころか、ますます深まっていったからである。決してイエスの磔刑は、我々を罪の意識から救ってはくれない。イエスの磔刑は単に、エゴの描いた狂った夢に過ぎないのだ。ACIMが言うように、いかなる形の犠牲も意味を持ち得ない。たとえそれがイエスの犠牲であってもである。



It does not know who the Son of God is because it is blind. Yet let it perceive guiltlessness anywhere, and it will try to destroy it because it is afraid.
  • blind [bláind] : 「目の不自由な、目の見えない、盲目の」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • guiltlessness [ɡíltlisnis] : 「罪のないこと、潔白性、無辜(むこ)」
  • anywhere [éni(h)wèə(r)] : 「どこでも、どこかに、どこへでも」
  • destroy [distrɔ́i] : 「破壊する、崩壊させる、 〜を滅ぼす」
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
❖ "It does not know ~ "「エゴは、神の子がいったい誰なのか知ってはいない」。"because it is ~ "「なぜなら、エゴは盲目だからである」。エゴには神の子という概念がない。神の子が無辜(むこ)であることも純粋であることも受け入れない。神の子に対して盲目なのだ。"Yet let it perceive ~ "「しかし、エゴにどこでもいいから罪のないことを知覚させてみるがいい」。"and it will try ~ "「そうすれば、エゴはそれを破壊しようとするだろう」。"because it ~ "「なぜなら、エゴは罪がないことが怖いからだ」。エゴは、神の子が、罪がないことで神に受け入れられるのを恐れるのだ。神との和解が成立してしまえば、分離が解消し、エゴは消滅する。それをエゴは一番に恐れている。したがって、神の子に罪なき部分が見つかれば、エゴは必死になってそれを破壊しようとする。何とも哀れな存在ではないか。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp