●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.V.6:1 ~ T-13.V.7:13

6. As you look with open eyes upon your world, it must occur to you that you have withdrawn into insanity. You see what is not there, and you hear what makes no sound.

  • look upon : 「〜を見る、〜を観察する」
  • with open eyes : 「目を見開いて」
  • occur [əkə́ː(r)] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
  • withdrawn [wiðdrɔ́ːn] : 「withdraw の過去分詞形」
  • withdraw [wiðdrɔ́ː] : 「身を引く、引き下がる、退く、とじこもる」
  • withdraw into : 「〜に引きこもる、〜の殻に閉じこもる」
  • insanity [insǽnəti] : 「狂気、精神病、精神異常」
  • sound [sáund] : 「音、音声」
❖ "As you look with open ~ "「目を見開いて、あなたの世界を見てみれば、」"it must occur to you ~ "ここは"it ~ that ~ "の構文、「あなたが狂気の中に引きこもって来たことが、あなたにもわかるに違いない」。"You see what is ~ "「あなたは、そこにないものを見、」"and you hear what ~ "「音の出ないものを聞いているのである」。ないものを見、ないものの音を聞いているのだから、あなたが引きこもった世界は狂気の世界である。つまり、その世界は、あなたが勝手に幻想し、あるいは投射して偽創造した世界である。あなただけのバーチャル・リアリティーとでも言っておこうか。



Your manifestations of emotions are the opposite of what the emotions are.
  • manifestation [mæ̀nəfistéiʃən] : 「明らかにすること、明示、表明」
  • emotion [imóu∫n] : 「感情、情緒、感動」
  • opposite [ɑ́pəzit] : 「反対側の、正反対の、逆の、あべこべの」
❖ "Your manifestations of ~ "「あなたの、感情の表明は、その感情と正反対である」。つまり、愛を表明しながら愛に恐れを抱き、恐れを表明しながら恐れに引かれている。



You communicate with no one, and you are as isolated from reality as if you were alone in all the universe.
  • communicate [kəmjúːnikèit] : 「通じている、連絡する、通信する」
  • communicate with : 「〜と意思が疎通する、〜に通じている」
  • isolate [áisəlèit] : 「分離させる、隔離する、離す、隔てる、孤立させる」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単に」
  • universe [júːnəvə̀ː(r)s] : 「宇宙、銀河、全世界」
❖ "You communicate with ~ "「あなたは誰とも通じ合うことがなく、」"and you are as isolated ~ "「そして、あたかもこの全宇宙においてあなたはたった独りであるかのように、あなたは現実から隔離されているのである」。まさに完全孤立状態である。しかし、その原因は、あなたが自分の主観に翻弄されてプライベートな世界を自分の回りに作ったせいである。一見、その世界の境界はあなたを守ってくれるように感じるかも知れないが、事実は、単にあなたを外部世界から孤絶させているに過ぎない。あなたはあなたの作った牢獄に閉じこめられているのだ。



In your madness you overlook reality completely, and you see only your own split mind everywhere you look.
  • madness [mǽdnəs] : []狂気、熱狂、熱中
  • overlook [òuvə(r)lúk] : 「見落とす、見過ごす、大目に見る」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、十分に、全面的に、全く」
  • split [splít] : 「割れた、分割した、分裂した、分けた」
❖ "In your madness you ~ "「あなたの狂気の中で、あなたは完全に現実を見失っている」。つまり、あなたが作った世界のなかで、つまり、あなた個人のバーチャル・リアリティーの中で、あなたの心の現実も、外部世界の現実も、共に完全に見失っている。" and you see only your ~ "「そして、あなたは、目を向けたところすべてに、あなた自身の分裂した心を見るのである」。たとえば、愛に恐れを抱き、恐れに魅力を感じ、善を求めてかつ嫌悪し、悪を嫌悪しかつ求め、真実を求めつつ虚偽に引かれ、虚偽を排他しながら虚偽におもねる、等々、二元論の対極概念の両極に、あなたの心は分裂している。なぜなら、あなたの構築した世界、あなたのバーチャル・リアリティーは幻想であり、幻想である限りは二元論の世界だからである。二元論の世界に住む以上は、心の分裂は必然である。



God calls you and you do not hear, for you are preoccupied with your own voice. And the vision of Christ is not in your sight, for you look upon yourself alone.
  • call [kɔ́ːl] : 「叫ぶ、大声で呼ぶ」
  • preoccupy [preάkjupài] : 「〜を夢中にする、〜の心を奪う」
  • vision [víʒ(ə)n] : 「視覚、視力、展望、構想、 画像、映像」
  • sight [sáit] : 「視界、景色、視覚、視力」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単に」
❖ "God calls you and ~ "「神はあなたに呼びかけるが、あなたは聞こえない」。"for you are preoccupied ~ "「なぜなら、あなたはあなたの声に心奪われているからだ」。"And the vision of ~ "「そして、キリストのヴィジョンはあなたの視界に入らない」。"for you look upon ~ "「なぜなら、あなたは自分自身だけを見ているからだ」。キリストとは、あなたの心の中で一番清浄で正しく、無辜(むこ)なる部分のこと。そこにキリストが住んでいるととらえても、その部分自体がキリストであるととらえても、どちらでもいい。なぜなら、あなた自体がキリストなのだから。しかし、あなたにはその姿が見えていない。愛に対して恐れを抱いているから、神の愛の呼びかけも聞こえない。あなたが夢中になっているのはバーチャル・リアリティーの世界であって、実相の声も姿も、あなたの知覚には反応しないのだ。



7. Little child, would you offer this to your Father? For if you offer it to yourself, you are offering it to him.
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、ささげる、提供する」
❖ "Little child, would ~ "「幼き子よ、こんな状況をあなたの父なる神に差し出しそうとは思わないだろうか」。"For if you offer it ~ "「なぜなら、あなたがこんな状況をあなた自身に差し出せば、あなたは神にそれを差し出していることになる」。こんな状況、つまり、神の声に耳を閉ざし、キリストのヴィジョンも目に入らない状況を、しっかり見据えて把握したらどうか、ということ。そうすれば、神はその状況をしっかり見届けてくれるだろう。



And he will not return it, for it is unworthy of you because it is unworthy of him. Yet he would release you from it and set you free.
  • return [ritə́ː(r)n] : 「〜を返す、戻す、返却する」
  • unworthy [ʌnwə́ː(r)ði] : 「〜に値しない、値打ちのない」
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ」
  • set A B [SVOC] : 「AをBの状態にする」
❖ "And he will not ~ "「そうすれば、神はあなたが差し出したものを突き返したりしないだろう」。"for it is unworthy ~ "「なぜなら、あなたが差し出したものは神にとって無価値であるから、あなたにとっても無価値だからである」。"Yet he would release ~ "「しかし神は、あなたをそんな状況から解放し、あなたを自由にしてくれるだろう」。ここでは、主語が神になっているが、厳密に言えば、神からの使命を受けたホーリー・スピリットが一連の作業をしてくれると考えた方がいいだろう。ホーリー・スピリットは神と神の子の間を司る媒介者でからである。



His sane Answer tells you what you have offered yourself is not true, but his offering to you has never changed.
  • sane [séin] : 「正気の、分別ある、良識のある、思慮分別のある」
  • Answer [ǽnsə(r)] : 「答え、回答、返事、応答」
❖ "His sane Answer tells ~ "「神の正気な答えは、あなたがあなた自身に差し出したものは真実でないこと、」あなたがあなた自身に差し出したもの、つまり、神の声に耳を閉ざし、キリストのヴィジョンも目に入らない状況は、真実でない。"but his offering to you ~ "「しかし、神があなたに差し出すものは、決して変化したりしないことを、あなたに告げるだろう」。神の答えは実相世界からのものであるので、永遠不変の真実である。



You who know not what you do can learn what insanity is, and look beyond it.
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を知る、分かる、悟る、〜を学ぶ」
  • insanity [insǽnəti] : 「狂気、精神病、精神異常」
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「 〜の向こうに、〜を越えて、〜を過ぎて」
❖ "You who know not ~ "「自分でやっていることが分からないあなたでも、正気でないとはどういうことか知ることができ、」"and look beyond ~ "「その正気でないことを越えて見ることができるようになる」。これはあなた一人で出来ることでない。神やキリストやホーリー・スピリットの助けを借りてこそ、初めて出来る作業である。そういう意味でも、ACIMは絶対他力の思想なのである。つまり、すべてを自力で完結しようなどとしても、それは無理である。自力で不可能なことがあるから、それは、積極的に神、キリスト、ホーリー・スピリットの他力を借りて乗り越えればいいのだ。もっとも、神、神の子、ホーリー・スピリットは三位一体であり、実相世界では究極は同一のものであるから、絶対他力と言っても、結局は自力も他力も、その区別はないのだが。一元論世界の当然の帰結。



It is given you to learn how to deny insanity, and come forth from your private world in peace. You will see all that you denied in your brothers because you denied it in yourself.
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • come forth : 「現れる、出てくる」
❖ "It is given you to learn ~ "「神の答えは、あなたが〜を学ぶために、あなたに与えられる」。"how to deny insanity, and ~ "「狂気を否定し、平和の内にあなたのプライベートな世界から向け出せる方法」を学ぶために、神の答えはあなたに与えられる。"You will see all that ~ "「あなたは、あなたがあなたの同胞の中に否定したすべてを見ることになろう」。"because you denied ~ "「なぜなら、あなたはそのすべてをあなたの中で否定したのであるから」。あなたの心の中の狂気のすべて、正気でない事柄のすべてをあなたは否定した。そういう目で同胞を見るとき、あなたは同胞の狂気のすべて、正気でない事柄のすべてを否定することになる。



For you will love them, and by drawing nigh unto them you will draw them to yourself, perceiving them as witnesses to the reality you share with God.
  • draw [drɔ́ː] : 「近づく」
  • nigh [náit] : 「近くに、近くで」
  • draw : 「〜を引く、引き込む、〜を引き付ける、引き寄せる」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、参考人、証拠、証言」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "For you will love ~ "「なぜなら、あなたの同胞を愛するようになるからだ」。"and by drawing nigh ~ "「そして、あなたの同胞に近づくことによって、あなたは彼らをあなたに引き寄せるであろうし、」"perceiving them as ~ "分詞構文、単純接続、「そして、彼らを、あなたが神と分かち合う実相の証言者として知覚することになろう」。神から分離後、我々の心は散り散りに分裂した。しかし、ここで、その分裂した心が再統一され始めるのである。あなたが自分の心の狂気を否定し、あなたの同胞の心の狂気を否定することで、互いが引き合い、あなたとあなたの同胞が愛し合うことが出来るまでに距離は縮まる。あなたが実相に目覚め始め、実相を神と分かち合っていることは、あなたの同胞が実相に目覚め、実相を神と分かち合い始めたことで証明される。なぜなら、あなたと同胞は自他一如であるからだ。



I am with them as I am with you, and we will draw them from their private worlds, for as we are united so would we unite with them.
  • draw from : 「〜から引き出す、〜から取り出す」
  • unite [junáit] : 「〜を結合する、結び付ける、接合する」
❖ "I am with them ~ "「私(イエス)は、あなたと共にいるのだから、あなたの同胞達とも一緒にいる」。"and we will draw ~ "「そして、私たちは、彼らを彼らのプライベートな世界から引き出してあげることになるだろう」。"for as we are united ~ "「なぜなら、私たちが結びついているように、私たちは彼らと結びついているからである」。我々神の子たちの心が再統一されるにしたがい、そこにイエスが入り込んで結合を強固なものにしてくれる。イエスは、ここではホーリー・スピリットの代役のようでもあり、キリストとしての使命を果たそうとしているようでもある。神そのものの代役と言ってもいい。神の子、イエス、キリスト、ホーリー・スピリット、神、それらは実相の世界では究極的に一なるもの"God is"に収斂する。純粋一元論の必然であり、イエスがホーリー・スピリットやキリストや神そのものと重なり合ってくるのは当然なことである。



The Father welcomes all of us in gladness, and gladness is what we should offer him.
  • welcome [wélkəm] : 「温かく迎え入れる、歓迎する」
  • gladness [ɡlǽdnis] : 「喜ばしさ、うれしさ」
❖ "The Father welcomes ~ "「父なる神は、私たちすべてを、喜びの内に歓迎してくれる」。"and gladness is what we should ~ "「そして、喜びとは、私たちが神に差し出さなくてはならないものなのである」。神の元へ回帰して、神を喜ばすことこそ、最大の贈り物だ。神も喜び、神の子も喜ぶ。その喜びを、心の一番神聖なところにある神の祭壇に、神への贈り物としてささげればいいだろう。



For every Son of God is given you to whom God gave himself. And it is God whom you must offer them, to recognize his gift to you.
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
❖ "For every Son of God is ~ "「なぜなら、神が神自身を与えたあなたに、すべての神の子は与えられるからだ」。あたかも、あなたが一番の主役のような書き方がされているが、そういう意味合いではない。"And it is God whom you ~ "「そして、神があなたに与えた贈り物を認識するには、あなたがすべての神の子をささげなくてはならないのは神なのである」。神があなたに与えた贈り物とは、ここは単純化して神の愛のことだととらえておこう。その神の愛を受け入れるには、神の子がばらばらであってはならず、心を統一し、すべての神の子の愛を束ねて、神の愛への返礼として神にささげなくてはならない。その主体となるのがあなたであって、あなたが神の子を束ね、すべての神の子の愛を神にささげねばならない。あなたが主体であると書いたが、神の子は一体であるから、主体はもちろんあなたであり、彼であり、彼女である。したがって、ここで言われるささげるという行為は、主体的な愛とうことだと了解して遠くあるまい。父なる神はその子であるところの神の子達に至上の愛を与える。まさに父の絶対的な愛である。その愛を浴びた神の子達も、兄弟(姉妹)として互いに至上の愛を与え合うのである。まさに、兄弟(姉妹)としての絶対的な愛である。ここで言う至上の愛、絶対的な愛とは、実相世界の、対極概念をもたない愛のことである。つまり、憎しみや嫌悪という対極をもたない純粋な愛である。一元論世界の愛だ。神は神の子に愛を与え、兄弟達は互いに愛を与え合い、もちろん、神の子達は父なる神をこの上なく愛する。こうして、絶対的な愛が分かち合われ、愛は拡張、増大してゆく。愛は喜びを呼び、至上の平和を生み出す。その喜びも平和も分かち合われ、拡張、増大してゆく。その無限に広がる愛と喜びと平和の中で、神と神の子とホーリー・スピリットは融合し、一元論の必然に収斂する。それは、もちろん、"Go is"「神ありき」である。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp