●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-16.VII.10:1 ~ T-16.VII.11:7

10. Remember that you always choose between truth and illusion; between the real Atonement that would heal and the ego's "atonement" that would destroy.

  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間に」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の、本物の」
  • Atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
  • heal [híːl] : 「治す、治癒する、治療する」
  • destroy [distrɔ́i] : 「破壊する、崩壊させる」
❖ "Remember that you ~ "「いつでも、あなたは、真実と幻想の間の選択をするのだと、覚えておきなさい」。"between the real ~ "「それは、癒しに導く実相的な贖罪と、破壊に導くエゴの『贖罪』との間の選択である」。ホーリー・スピリットの主導する実相的贖罪とは、あなたは完全に無辜(むこ)なのだと認識して、罪の意識が幻想であることを受け入れること。エゴの破壊的『贖罪』とは、罪の意識を隠し持ったまま特別な関係性の中に埋没して、互いに自己破壊行為を行うこと。簡単に言えば、この幻想世界でさまよい続けるか、実相世界へ回帰するか、の選択である。



The power of God and all His Love, without limit, will support you as you seek only your place in the plan of Atonement arising from His Love.
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • limit [límit] : 「限度、制限、限界、限定」
  • support [səpɔ́ː(r)t] : 「〜を支える、支援する、援助する、支持する」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • place [pléis] : 「場所、個所、住所、席」
  • plan [plǽn] : 「計画、企画、予定、意向、つもり、考え、意図」
  • arise [əráiz] : 「起こる、生じる、現れる、生まれる、発生する」
❖ "The power of God ~ "「あなたが〜するとき、制限のない神のパワーと愛のすべてが、あなたを支えてくれるだろう」。"as you seek only ~ "「あなたが、神の愛から生まれる贖罪の計画の中に、あなたの居場所を見つけようとするとき、」制限のない神のパワーと愛のすべてが、あなたを支えてくれるだろう。簡単に言うと、あなたが贖罪を果たそうと意図するとき、神はホーリー・スピリットを通してあなたを助けてくれる、ということ。それが神の愛であり、パワーである。



Be an ally of God and not the ego in seeking how Atonement can come to you.
  • ally [əlái] : 「同盟国、同盟者、協力者、同調者、支持者」
❖ "Be an ally of ~ "「どうすれば、贖罪はあなたに訪れるか、あなたが探すとき、エゴではなく、神と手を結びなさい」。エゴの破壊的『贖罪』ではなく、ホーリー・スピリットの主導する実相的贖罪を追求しなさい、ということ。



His help suffices, for His Messenger understands how to restore the Kingdom to you, and to place all your investment in salvation in your relationship with Him.
  • suffice [səfáis] : 「〜に十分である、足りる、〜を満足させる」
  • messenger [més(ə)n(d)ʒə(r)] : 「メッセンジャー、電報配達人、使者」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
  • how to : 「〜するための方法、〜のやり方、〜の仕方」
  • restore [ristɔ́ː(r)] : 「回復させる、修復する、復活させる、復元する、再構築する」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する、取り付ける」
  • investment [invés(t)mənt] : 「投資、投下資本、出資、投資金」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
❖ "His help ~ "「神の助けで十分である」。"for His Messenger ~ "「なぜなら、神の使者は、あなたにとっての天の王国の修復のし方を理解しているからであり、」天の王国自体は永遠不変であるが、あなたにとっての天の王国は忘れら、荒廃するがままに放置された。それを、神の使者であるホーリー・スピリットは修復してくれるのである。あなたの心に映る天の王国を、あなたの知覚を修復することで、本来の天の王国の姿としてあなたの目に見えるようにしてくれる、と了解すればいいだろう。"and to place all ~ "「また、ホーリー・スピリットは、あなたの救済への投資を、神との関係性の中に置く方法を知っているからだ」。変な訳になってしまったが、要するに、神との関係性の中で、どうすればあなたが救われるのか、ホーリー・スピリットは知っている、ということ。それ以外の、たとえば特別な愛欲の関係性の中に救いを見いだそうとしても、それは無駄だ。それは、エゴの破壊的贖罪だから、真の救いにはならないのだ。



11. Seek and find His message in the holy instant, where all illusions are forgiven.
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
  • message [mésidʒ] : 「伝言、メッセージ、通報、連絡事項、通信、通達」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • forgiven [fərɡívn] : 「forgive の過去分詞」
  • forgive [fə(r)gív] : 「許す、容赦する、勘弁する、帳消しにする、免除する」
❖ "Seek and find ~ "「聖なる瞬間において、神からのメッセージを見つけ出しなさい」。"where all illusions ~ "「聖なる瞬間にこそ、すべての幻想が赦されるのだ」。幻想が赦されるとは、幻想は実在ではないと認識して、取り消しにすること。それ自体が神からのメッセージだと思っていい。ホーリー・スピリットが、神からのそのメッセージを伝えてくれる。



From there the miracle extends to bless everyone and to resolve all problems, be they perceived as great or small, possible or impossible.
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
  • bless [blés] : 「祝福する、〜を賛美する、あがめる、〜に感謝する」
  • resolve [rizɑ́lv] : 「解く、解明する、解決する、解消する」
  • problem [prɑ́bləm] : 「問題、課題、疑問、難問、難題」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜を理解する、〜を把握する」
  • great [gréit] : 「大きい、大きな、巨大な、偉大な、卓越した」
  • small [smɔ́ːl] : 「小さい、小規模の小さめの、つまらない、取るに足りない」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る、なし得る」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
❖ "From there the miracle ~ "「聖なる瞬間から、すべての者を祝福し、あらゆる問題を解決するために、奇跡が拡張していく」。"be they perceived ~ "「たとえその問題が大きかろうが小さかろうが、解決可能に見えようが不可能に見えようが」。ここの"be they perceived ~ "は、命令法による譲歩の構文である。厳密に考えると、仮定法現在か? 例文を一つ、"Be it ever so humble , there is no place like home."「たとえつつましくても、わが家に勝る場所はない」。



There is nothing that will not give place to Him and to His Majesty.
  • give place to : 「〜に場所を譲る、〜に地位を譲る、〜にとって代わられる」
  • majesty [mǽdʒesti] : 「尊厳、王者の威厳、威厳」
❖ "There is nothing that ~ "「神と神の威厳に対して、その地位を譲らないものなど何もない」。神の威厳の前では、どんなものでも、その存在さえ薄らいでしまう。もちろん、エゴでさえ、その存在は薄らいでしまいうのだ。



To join in close relationship with Him is to accept relationships as real, and through their reality to give over all illusions for the reality of your relationship with God.
  • join [dʒɔ́in] : 「参加する、交わる、一緒になる」
  • close [klóus] : 「近い、接近した、近接した、緊密な、近い、親しい」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の、本物の」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • give over : 「明け渡す、引き渡す、譲る、任せる、あきらめる、やめる」
❖ "To join in close ~ "「神との密接な関係を結ぶということは、関係性を実相として認めることであり、」"and through their ~ "「その関係性の実在性を通して、神との関係性の実在性のために、すべての幻想を放棄することなのである」。難解な部分である。神との関係性、あるいはホーリー・スピリットとの関係性と言ってもいい、それは、幻想世界における特別な愛の関係性とは異なり、実在であり、実相であり、現実だ。夢の中の空想が描いた、幻想の関係性ではない。真実の純粋な愛が仲立ちする関係性であり、したがって、憎悪や怒りや悲しみといった悪感情の存在しない純粋な関係性である。そして、神と神の子とホーリー・スピリットの愛が融合し、一体化することになる。すなわち、三位一体へと行き着く関係性なのである。本文に戻ろう。神との関係性を結ぶとは、その関係性が三位一体へとつがること、つまり、実在性を認めることであり、そのためには、三者の愛の融合を阻害する幻想のすべてを拒否することである。



Praise be to your relationship with Him and to no other. The truth lies there and nowhere else. You choose this or nothing.
  • praise [préiz] : 「称賛、褒めること、賛美」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
  • nowhere [nóu(h)wèə(r)] : 「どこにも〜ない」
  • else [éls] : 「そのほかの」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "Praise be to your ~ "「称賛すべきは、あなたの、神との関係性であって、他のものとの関係性ではない」。ここの、"Praise be ~ "は、"Praise should be ~ "と考えればいい。"The truth lies there ~ "「その関係性の中にこそ、真実は存在するのであって、他の場所にはどこにも存在しない」。"You choose this ~ "「あなたは、外でもない、この関係性を選択するのである」。あなたは神との関係性を回復し、神とのコミュニケーションを再開する。真実に目覚め、実相世界に回帰して、神とホーリー・スピリットとあなたとの愛を融合させる。実は、三位一体となることは、実相世界においては既成事実である。神が、そう意思し、そのように実現したのだ。幻想世界では、時間という枠組みの中で、その実相世界の既成事実を再演していく。もうすぐ、あなたは神との関係性の中に真実を目撃することになる。それを、あなたは選択するのだから。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp