●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-17.V.2:1 ~ T-17.V.3:9

2. The holy relationship, a major step toward the perception of the real world, is learned.

  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • major [méidʒə(r)] : 「偉大な、主要な、重要な」
  • step [stép] : 「ステップ、歩み、一歩」
  • toward [tɔ́ː(r)d] : 「〜の方へ、〜に向かって、〜に向いて」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を学ぶ、〜を知る、分かる」
❖ "The holy relationship ~ "「神聖な関係性は、それは実相世界の知覚に向けた大きな一歩なのだが、それは学ばれるものなのだ」。神聖な関係性は与えられるのではなく、あなたが自ら学んで得るものだ。



It is the old, unholy relationship, transformed and seen anew.
  • unholy : 「不信心な、不敬な、不道徳な」
  • transform [trænsfɔ́ː(r)m] : 「変形する、変換する」
  • anew [ən(j)úː] : 「あらためて、もう一度、新たに、再び」
❖ "It is the old, unholy ~ "「神聖な関係性は、古くて非神聖なる関係性を変形して、まったく新しく見えるようにしたものである」。エゴの推し進める非神聖なる特別な関係性を、エゴとはまったく別のホーリー・スピリットの思考システムで捉え直して、質転換を図るのである。そこに、神聖な関係性が再生する。そのためには、あなたがエゴを捨て、ホーリー・スピリットの思考システムを取り入れる選択が必要となる。それを、あなたは学ばなくてはならない。



The holy relationship is a phenomenal teaching accomplishment.
  • phenomenal [finɑ́mənl] : 「現象の、現象に関する、驚くべき、驚異的な」
  • accomplishment [əkάmpliʃmənt] : 「業績、成就、偉業、成果、達成、完成」
❖ "The holy relationship is ~ "直訳すると、「神聖な関係性は、現象的教えの達成である」。何のことか? つまり、神聖な関係性は、あなたと同胞が、教えたり学んだりしながら達成する、ひとつの現象なのだ、ということ。「現象」というとピンとこないが、「成果」と捉えたらどうだろう。つまり、あなたと同胞が、真の関係性を教えたり学んだりした成果として、神聖なる関係性が確立するのである。



In all its aspects, as it begins, develops and becomes accomplished, it represents the reversal of the unholy relationship.
  • aspect [ǽspekt] : 「局面、状況、側面、特徴、様子、様相」
  • begin [bigín] : 「始まる、着手する」
  • develop [divéləp] : 「発展する、成長する、発育する」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、成就する、達成する、完成させる」
  • accomplished : 「成就した、完成した、完了した、成し遂げられた」
  • represent [rèprizént] : 「〜を表す、描く、描写する、意味する、象徴する、示す」
  • reversal [rivə́ː(r)sl] : 「逆転、逆戻り、逆にすること」
❖ "In all its aspects ~ "「あらゆる側面において、神聖な関係性が始まり、発展し、完成されるにしたがい、神聖な関係性は、非神聖な関係性の逆転を表していく」。エゴの特別な関係性のあらゆる側面を、神聖なものに逆転させていって、神聖な関係性を完成させるのである。



Be comforted in this; the only difficult phase is the beginning.
  • comfort [kʌ́mfə(r)t] : 「慰める、安心させる、元気づける」
  • difficult [dífikʌ̀lt] : 「難しい、困難な、難解な、厳しい」
  • phase [féiz] : 「段階、局面、面、相」
  • beginning [bigíniŋ] : 「初め、開始、始まり」
❖ "Be comforted in ~ "「この過程に安心を覚えなさい」。安心して、聖なる関係性へと移行しなさい。"the only difficult phase ~ "「難しい段階は、その始めだけである」。神聖な関係性へと歩き出す、その出足だけが難しい。



For here, the goal of the relationship is abruptly shifted to the exact opposite of what it was.
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • abruptly [əbrʌ́ptli] : 「不意に、突然、唐突に、出し抜けに、急に」
  • shift [∫íft] : 「変わる、移る、転換する」
  • exact [igzǽkt] : 「正確な、的確な」
  • opposite [ɑ́pəzit] : 「反対、正反対、逆の物、反対の物」
❖ "For here, the goal of ~ "「なぜなら、この始まりの段階で、関係性の目的が、元々そうであったものとまったく正反対なものに突然変化するからだ」。だから、戸惑って、難しさを感じてしまう。古いエゴの特別な関係性は、二人の世界に閉じこもって他者を排他し、パートナーを、愛を語って支配することを目標とする。しかし、聖なる関係性の目標はそれとまったく反対である。自分達の狭い世界を解放し、完全平等、完全自由を目指し、実相世界へ目覚めることを目的とする。一言で言えば、聖なる関係性は、パートナーを神の子として真に、実相的に愛することを目的とするのである。



This is the first result of offering the relationship to the Holy Spirit, to use for his purposes.
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果、成績」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨」
❖ "This is the first result ~ "「これが、関係性をホーリー・スピリットに差し出し、ホーリー・スピリットの目的にそって利用してもらうこととした最初の結果なのである」。あなたは、それまでの師であるエゴを捨て、新たな師としてホーリー・スピリットを選び取ったのだ。二人の師の目的は完全に逆方向を向いており、あなたは突然の方向転換に戸惑いを覚えるかも知れないが、それも最初だけであって、あとは安心してホーリー・スピリットについて行けばいいのだ。



3. This invitation is accepted immediately, and the Holy Spirit wastes no time in introducing the practical results of asking him to enter.
  • invitation [ìnvitéi∫n] : 「招き、招待」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • immediately [imíːdiətli] : 「すぐに、すぐさま、早急に、即座に、即刻」
  • waste [wéist] : 「〜を無駄にする、空費する、浪費する」
  • waste no time in : 「早急に〜する」
  • introduce [intrəd(j)úːs] : 「紹介する、引き合わせる」
  • practical [prǽktikl] : 「現実的な、実際的な、実地の、実用的な、実践上の」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果」
  • practical result : 「実際的結果」
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
❖ "This invitation is ~ "「(あなたがホーリー・スピリットを招待すれば) この、ホーリー・スピリットの招待は、すぐに受け入れられる」。"and the Holy Spirit ~ "「そして、ホーリー・スピリットは早急に、(あなたの関係性の中に)入って来るようにという頼みの、実際の結果を紹介してくれる」。あなたがホーリー・スピリットを受け入れれば、ホーリー・スピリットはすぐにでも、ホーリー・スピリットの思考システムを稼働してその結果を出してくれる。



At once his goal replaces yours. This is accomplished very rapidly, but it makes the relationship seem disturbed, disjunctive and even quite distressing.
  • at once : 「すぐに、瞬時に、早急に、即刻、即座に、速やかに」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • replace [ripléis] : 「〜を取り換える、交換する、差し替える、置き換える、置換する」
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、成就する、達成する、遂げる」
  • rapidly [rǽpidli] : 「急速に、迅速に、急激に」
  • disturbed [distə́ːrbd] : 「かき乱されて、動揺して、困惑して、不安な、心配で」
  • disjunctive [disdʒʌ́ŋ(k)tiv] : 「分離の、分離する、分離的な」
  • quite [kwáit] : 「すっかり、全く、完全に」
  • distressing [distrésiŋ] : 「悲惨な、痛ましい」
❖ "At once his goal ~ "「すぐに、ホーリー・スピリットの目的はあなたの目的と入れ替わる」。"This is accomplished ~ "「この交換は急激に達成されるのだが、」"but it makes ~ "「その急激な交換は、関係性をかき乱し、分離したような気分にさせ、悲惨な気持ちにさえする」。"disjunctive"を「分離したような気分」と訳してみたが、パートナーの心と、あなたの心が離れていくような感覚のことだろう。"distressing"は、「悲惨な気持ち」と訳してみたが、関係性が破綻してしまうような不安と恐れに近い感覚だろう。いずれ、関係性の変革の第一段階は、ホーリー・スピリットの目的がはっきり示され、エゴの目的が駆逐されようとする段階であるから、いわば、心に激震が走ったようなもので、あなたの心は不安でいっぱいになるのだ。



The reason is quite clear. For the relationship as it is is out of line with its own goal, and clearly unsuited to the purpose that has been accepted for it.
  • reason [ríːzn] : 「理由、動機、原因、根拠」
  • clear [klíə(r] : 「明らかな、明瞭な」
  • out of line with : 「〜と一致していない、〜と調和していない、〜に見合っていない」
  • clearly [klíə(r)li] : 「はっきりと、疑いもなく、明らかに、明瞭に」
  • unsuited [ʌnsúːtid] : 「適さない、不適当な、合わない」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "The reason is ~ "「理由はきわめて明瞭である」。"For the relationship as it is ~ "「なぜなら、関係性は、そのままでは、関係性の目的と調和していないし、」"and clearly unsuited ~ "「その関係性のために受け入れられてきた目的に対しても、明らかに不適当だからだ」。あなたの関係性は、エゴの目的から離れ、ホーリー・スピリットの目的にもまだ遠く、宙ぶらりんの状態になっているので、非常に不安定なのだ。恐れを感じ、不安を感じ、悲しくなるのも、もっともだ。そこで、あなたは一体、どうするであろうか? 



In its unholy condition, your goal was all that seemed to give it meaning.
  • unholy : 「不信心な、不敬な、不道徳な」
  • condition [kəndí∫n] : 「状態、状況、様子、様相、事情、条件」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、目的、意図」
❖ "In its unholy ~ "「あなたの関係性の、非神聖なる状況おいては、」エゴに唆(そそのか)されて築いた非神聖なる関係性においては、"your goal was all ~ "「あなたの目的が、関係性に意味を与えるているように見えるすべてであった」。あなたの目的とあるが、つまり、エゴの目的である。エゴは、パートナーの隷属的支配を関係性の目的とした。そして、他者を排他し、二人だけの世界に閉じこもって、互いの、罪の意識という傷をなめ合うのである。そういった目的が、あたなにとってのすべての意味であった。



Now it seems to make no sense. Many relationships have been broken off at this point, and the pursuit of the old goal re-established in another relationship.
  • make no sense : 「意味をなさない、理にかなわない、要領を得ない」
  • broken [bróukn] : 「breakの過去分詞形」
  • break [bréik] : 「壊す、割る、折る、破る」
  • break off : 「折れて取れる、裂ける、打ち切る、中断する」
  • at this point : 「この時点で、今現在、現段階では、ここに至って」
  • pursuit [pə(r)s(j)úːt] : 「追い求め、追求、探求、追いかけ、追跡、追撃」
  • reestablish : 「 : 〜を再建する、回復する、復旧する、復興する」
❖ "Now it seems ~ "「もう、昔の目的は意味がないように思えてくる」。"Many relationships have ~ "「多くの関係性は、この時点で、破れてしまい、」"and the pursuit of ~ "「古い目的を追求する気持ちは、また別の関係性の中で再び確立してしまうのである」。古い関係性を神聖な関係性に変換しようとホーリー・スピリットが尽力するのだが、その最初の段階で、あなたは不安と恐れを感じてしまうので、あなたはそれに耐えきれずに、関係性を破壊してしまう。ところが、愚か者の性(さが)で、ふたたび、古いエゴの目的にそった関係性を、また別に構築してしまうのである。



For once the unholy relationship has accepted the goal of holiness, it can never again be what it was.
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • again [əgén] : 「再び、かさねて」
❖ "For once the unholy ~ "「なぜなら、一度、非神聖なる関係性が神聖なるものの目的を受け入れると、」"it can never again ~ "「その関係性は、二度と再び、かつてそうであったものに戻ることは出来ないからだ」。したがって、戻ることの出来ない関係性を、あなたは破壊してしまい、新たな関係性の中に、エゴの目的を持ち込もうとするのである。これが、イエスの死後2000年続いた、我々愚か者がとってきた関係性の繰り返しなのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp