●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-18.III.2:1 ~ T-18.III.3:9

2. As the light comes nearer you will rush to darkness, shrinking from the truth, sometimes retreating to the lesser forms of fear, and sometimes to stark terror.

  • light [láit] : 「光、明かり」
  • near [níə(r)] : 「近い、近くにある、接近した、近接した」
  • rush [rʌ́∫] : 「急ぐ、急いで行く、急行する」
  • darkness [dɑ́ː(r)knəs] : 「暗さ、暗がり、暗闇」
  • shrink [∫ríŋk] : 「尻込みする、ひるむ、恐れる、避ける」
  • shrink from : 「〜から後ずさりする、〜を嫌がる、〜に尻込みする」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • sometimes [sʌ́mtàimz] : 「時々、たまに」
  • retreat [ritríːt] : 「後退する、撤退する、退く」
  • retreat to : 「〜にこもる」
  • lesser [lésə(r)] : 「より小さい、より少ない、軽い」
  • form [fɔ́ː(r)m] : 「形、外形、現れ、姿」
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
  • stark [stɑ́ː(r)k] : 「厳しい、過酷な、激しい」
  • terror [térə(r)] : 「恐怖」
❖ "As the light comes nearer ~ "「そして、(実相的真実の)光があなたに近づくと、」"you will rush to ~ "「あなたは闇に駆け込んでしまうだろう」。"shrinking from ~ "分詞構文、単純接続、「真実から後ずさりし、」"sometimes retreating to ~ "「あるときは、あまり大きくない恐れの中に、またあるときは非常に厳しい恐怖の中に、引きこもってしまうだろう」。闇の恐れの方が、真実の光の恐れよりましだと思うのだ。闇は慣れ親しんだものであり、光は初めて出会ったものであるからだ。



But you will advance, because your goal is the advance from fear to truth.
  • advance [ədvǽns] : 「進む、前進する」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • advance [ədvǽns] : 「前進、進展、進歩、躍進、進出」
❖ "But you will ~ "「しかし、あなたは前進するであろう」。"because your goal is ~ "「なぜなら、あなたの目的は、恐れから真実へと前進することであるからだ」。あなたの目的は、闇から光へと前進することであるからだ。



The goal you accepted is the goal of knowledge, for which you signified your willingness.
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見」
  • signify [sígnəfài] : 「〜を示す、知らせる、〜の表れである、〜を意味する、表す」
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、いとわずにすること、やる気」
❖ "The goal you accepted is ~ "「あなたが受け入れた目的は、叡智への目的である」。幻想世界の知覚を質転換し、実相世界の叡智へ結びつけるのがあなたの目的である。叡智とは、頭脳的理解を超越した、全的、直覚的把握のこと。仏教で言うところの「般若(はんにゃ)」に近いものであろう。"for which you ~ "直訳すると、「その叡智に向けて、あなたは意欲を示した」。つまり、心から叡智を得たいと意思した、ということ。



Fear seems to live in darkness, and when you are afraid you have stepped back.
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
  • step back : 「後ずさりする、後に下がる、後退する」
❖ "Fear seems to live ~ "「恐れは、闇の中で生きているように思えるだろうし、」"and when you are ~ "「あなたが恐れを感じるとき、あなたは後ずさりするのだ」。後ずさりして闇に逃げ込むが、その闇の中で恐れは生き続ける。結局、逃げる気持ちを抱いていては、恐れから逃れることは出来ないのだ。では、どうすればいいのか?



Let us then join quickly in an instant of light, and it will be enough to remind you that your goal is light.
  • join in : 「〜に加わる、〜に参加する」
  • quickly [kwíkli] : 「すぐに、早く」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • be enough to : 「〜するのに十分である、〜するのに足りる」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
❖ "Let us then join ~ "「ならば、すばやく、光の瞬間に加わろうではないか」。"an instant of light"「光の瞬間」とは、"a holy instant"「聖なる瞬間」のことだと思っていいだろう。実相世界へ目覚める瞬間である。"and it will be enough ~ "「あなたの目的は光なのだと、あなたに思い出させるには、それで十分であろう」。あなたの目的が光だとは、闇の幻想世界から這い出して、光の世界、つまり、実相世界に目覚めることが、あなたの目的である、ということ。



3. Truth has rushed to meet you since you called upon it. If you knew Who walks beside you on the way that you have chosen, fear would be impossible.
  • rush [rʌ́∫] : 「急行する 、押し寄せる、急に起こる、急に現れる」
  • meet [míːt] : 「〜に会う、〜と会合する、〜と接触する」
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
  • call upon : 「求める、要求する、所望する、頼む」
  • beside [bisáid] : 「〜のそばに、〜の傍らに、〜の脇に」
  • chosen [t∫óuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
❖ "Truth has rushed ~ "「あなたが真実を求めたので、真実があなたに会いに急行したのだ」。あなたが真実の瞬間、聖なる瞬間(光の瞬間)を望んだので、その瞬間が訪れたのだ。"If you knew Who ~ "仮定法過去、「あなたが選択した道を、あなたと供に歩く人をあなたが知っているなら、」"fear would be ~ "「恐れは不可能であろうに」。しかし、事実は、あなたは傍らを一緒に歩く人を知らないので、恐れがあなたに襲いかかるときがある。あなたと供に歩く人とは、ホーリー・スピリットであり、キリストであり、イエスその人だと思ってもいい。あなたは、たった一人で、実相世界への道を歩くのではないのだ。



You do not know because the journey into darkness has been long and cruel, and you have gone deep into it.
  • journey [dʒə́ː(r)ni] : 「旅、行路、道のり、道程」
  • darkness [dɑ́ː(r)knəs] : 「暗さ、暗がり、暗闇」
  • cruel [krúːəl] : 「残酷な、むごい、残虐な、無慈悲な、非情な」
  • deep [díːp] : 「深く、ふけって」
❖ "You do not know ~ "「あなたには、その人がわからない」。"because the journey ~ "「なぜなら、闇の中に入っていく旅は長くて残酷であり、あなたはすでに、闇の中深く突き進んでしまったからだ」。あなたは、闇の幻想世界に深く関わってきたものだから、光の世界へ向かう旅路の伴侶となるホーリー・スピリットの存在がわからないのである。



A little flicker of your eyelids, closed so long, has not yet been sufficient to give you confidence in yourself, so long despised.
  • flicker [flíkər] : 「ちらつき、点滅ライト、揺らぎ」
  • eyelid : 「まぶた」
  • closed : 「閉ざされた、閉じた」
  • sufficient [səfí∫nt] : 「十分な、満足な、足りる、間に合う」
  • be sufficient to : 「〜するのに十分である」
  • confidence [kɑ́nfid(ə)ns] : 「信頼、信用、信任、確かさ、確信、自信」
  • despise [dispáiz] : 「軽蔑する、侮蔑する、さげすむ、侮る、嫌う」
❖ "A little flicker of ~ "「まぶたをちょっと動かしたくらいでは、」"closed so ~ "分詞構文、先頭に"being"を補う、理由、「長い間閉じられていたので、」"has not yet been sufficient to ~ "「あなたに自分自身への信頼を与えるにはまだ不十分である」。"so long ~ "分詞構文、先頭に"being"を補う、理由、「長い間、自分を軽蔑してきたからだ」。ちょっとまばたきをしたくらいでは、光の世界は見えてこない。長い間、闇の中で目を閉じ、自分自身を堕落した神の子と思って軽蔑してきたからだ。



You go toward love still hating it, and terribly afraid of its judgment upon you.
  • toward [tɔ́ː(r)d] : 「〜の方へ、〜に向かって、〜に向いて」
  • still [stíl] : 「まだ、今でもまだ、いまだに」
  • hate [héit] : 「〜を憎む、〜をひどく嫌う」
  • terribly [térəbli] : 「ひどく、ものすごく、恐ろしく、とんでもなく」
  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、判決、審判、裁判」
❖ "You go toward ~ "「あなたは愛に向かって進んでいるのだが、未だに、愛を嫌っている」。"and terribly afraid of ~ "「そして、愛があなたに下す判断を、あなたはひどく恐れているのだ」。愛という真実を恐れて、嫌っている。なぜなら、あなたが愛という真実に背を向けて闇の世界を彷徨(さまよ)ってきたのであり、そのことで、愛によって裁きを受けるような気がしているからだ。少々深読みして、「愛の裁き」を「神の裁き」と読み替えてもいいかも知れない。いずれにしても、真実よって裁かれるかも知れないという恐れを抱いている。



And you do not realize that you are not afraid of love, but only of what you have made of it.
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
❖ "And you do not ~ "「そして、あなたは、that以下に気付いていない」。"that you are not afraid ~ "「あなたは、愛(自体)を恐れているのではなく、単に、あなたが愛から(勝手に)作り変えたものを恐れているに過ぎない」ということに気付いていない。二元論の幻想世界における愛には、憎悪という対極概念が常に付きまとう。したがって、愛を裏切れば、憎悪が返ってきて、あなたは裁かれると考えてしまう。しかし、この考え方は、本当の愛をあなたが勝手にねじ曲げて解釈したものに過ぎない。一元論の実相世界にあっては、愛は憎悪という対極概念を持ち得ない。純粋で神聖な愛なのだ。したがって、本当は、愛を恐れる必要など露ほどもないのである。真実の愛は決して裁かないし、罰を与えることもない。ましてや、裏切りに対して、愛が報復することも決してない。この愛を神と置き換えて解釈しても意味は完全に成立する。



You are advancing to love's meaning, and away from all illusions in which you have surrounded it.
  • advance [ədvǽns] : 「進む、前進する」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、意図、真意」
  • away from : 「〜から離れて」
  • surround [səráund] : 「包囲する、囲む、取り囲む」
❖ とは言うものの、"You are advancing to ~ "「あなたは、愛の意味に向かって突き進んでおり、」"and away from all illusions ~ "「あなたが愛の回りに取り囲むようにして設けた幻想のすべてから、離れていっている」。実相世界の、真実の愛に気付きつつある。愛の周りの幻想とは、憎悪であり、嫉妬であり、支配であり、要するに、幻想世界の、特別な愛の関係性の中で、あなたがこれまでに営んできた愛憎劇のすべてである。



When you retreat to the illusion your fear increases, for there is little doubt that what you think it means is fearful.
  • retreat [ritríːt] : 「後退する、撤退する、退く」
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
  • increase [inkríːs] : 「増える、増大する、増加する、大きくなる」
  • doubt [dáut] : 「疑い、疑念、疑惑」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • fearful [fíə(r)fl] : 「恐ろしい、怖い」
❖ "When you retreat to ~ "「あなたが幻想の中に引き篭もってしまえば、恐れは増大するのである」。"for there is little doubt that ~ "「なぜなら、thatであることは、ほぼ疑いないからだ」。"that what you think ~ "「幻想が意味するとあなたが思っていることは恐ろしい」ことであるとは、疑いない。あなたは真実を避けて幻想という闇の中に潜り込むのだが、その闇は恐ろしい所であるとあなたは信じている。信じているから、闇は恐ろしいものになってしまうのだ。確かに、幻想世界には、騙し合いがあり、裏切りがあり、憎悪、嫉妬、殺戮、強奪、攻撃、等々、ありとあらゆる恐怖が渦巻いている。しかし、そのすべてが幻想という闇に過ぎないのだと達観出来れば、そして光の世界、実相世界に開眼出きれば、恐ろしい夢はすべて消えるのである。それが悟りへの一歩であり、聖なる瞬間である。



Yet what is that to us who travel surely and very swiftly away from fear?
  • travel [trǽvl] : 「進む、歩く、走る、動く、移動する、旅する」
  • surely [∫úə(r)li] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に」
  • swiftly [swíftli] : 「速く、迅速に、早急に、急速に、素早く」
  • away from : 「〜から離れて」
❖ 幻想は恐ろしいと思っているだろうが、"Yet what is that to us ~ "「しかし、そんなことは、〜する私たちにとって何だというのだろうか」。"who travel surely ~ "「恐れから確実に、速やかに遠ざかっていく旅をする」私たちにとって、それは何だというのだろうか。恐ろしい闇の幻想世界からさっさと抜け出す旅を始めた私たちにとって、もはや幻想の恐れは意味を持たない。実相世界の平和と安らぎだけが、今の私たちには意味があるのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp