●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-18.V.4:1 ~ T-18.V.5:6

4. Happy dreams come true, not because they are dreams, but only because they are happy.

  • come true : 「本当になる、実現する」
❖ "Happy dreams ~ "「幸せな夢は実現する」。"not because they ~ "「夢だから実現するのではない、」"but only because ~ "「それが幸せであるから、実現するのだ」。幻想世界で見る夢は、当然、夢というの範疇を越えるものではない。したがって、夢が実現する、現実化するという見方は正しくない。なぜなら、夢が夢の範疇を越えてしまうからだ。しかし、幸せな想念を包含する夢は、その幸せな想念が実相世界のものであるから、想念としての幸せが現実化するのである。夢に限らず、真実の想念は必ず現実化する。真実の想念は、すでに実相世界で実現されているからだ。我々に見えないだけである。思考は実現するとよく言われるが、正しくは、真実の思考は実現するのだ。



And so they must be loving. Their message is, "Thy Will be done," and not, "I want it otherwise. "
  • loving [lʌ́viŋ] : 「愛情を抱いた、誠実な、愛情のある、愛情に満ちた」
  • thy [ðái] : 「そなたの、汝の」
  • message [mésidʒ] : 「伝言、メッセージ、通信、通達、伝達内容」
  • otherwise [ʌ́ðə(r)wàiz] : 「別なふうに、違ったふうに」
❖ "And so they ~ "「だから、その幸せな夢は、愛らしいものに違いない」。"Their message is ~ "「その伝えるところは、『御心が行われますように』であって、『私は、それとは違ったものを欲する』ということではない」。幸せな夢は、幸せな想念が実相世界で現実化することであるから、言い換えれば、あなたの心の中で実相世界が現実化するということである。これこそ、神の意図するところであり、神の御心が行われますように、という祈りに結びつくのだ。少なくとも、今の生活とは別物の、安楽な生活が欲しい(I want it otherwise)と言っているのではないのだ。ところで、"Thy Will be done"という文章はマタイによる福音書6:10に登場する。参考までに載せておこう。

[Matthew 6:10 from King James Bible]
Thy kingdom come. Thy will be done in earth, as it is in heaven.
御国が来ますように。御心が行われますように、/天におけるように地の上にも。(新共同訳)



The alignment of means and purpose is an undertaking impossible for you to understand.
  • alignment [əláinmənt] : 「配置、配列、調節、調整」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • undertaking [ʌ̀ndə(r)téikiŋ] : 「引き受けること、取り組み、事業、仕事」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない、無理な」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
❖ "The alignment of ~ "「手段と目的をアレンジすることは、あなたにとって理解不能な仕事である」。幸せな夢を見るのはいいとして、その夢の目的と、それを実現させるための方法は、あなたの請け負う仕事ではない。なぜなら、あなたにはそれを理解することが出来ないからだ。それは実相世界の目的と手段であるから、まだ幻想世界にあって夢を見ているに過ぎないあなたには、理解は不可能なのだ。したがって、目的設定と方法手段は、ホーリー・スピリットに任せておけばいい。何でもかんでも背負い込むのは正しいことではない。委ねるという心の柔軟さが求められている。



You do not even realize you have accepted the Holy Spirit's purpose as your own, and you would merely bring unholy means to its accomplishment.
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れてくる」
  • unholy : 「不信心な、不敬な、不道徳な」
  • accomplishment [əkάmpliʃmənt] : 「成就、偉業、成果、達成、完成」
❖ "You do not even realize ~ "「あなたは、ホーリー・スピリットの目的を自分の目的として受け入れてしまったことさえ承知していない」。あなたは、幻想世界で自ら構築した特別な関係性を、神聖な関係性に質転換させるというホーリー・スピリットの目的を受け入れたはずだ。それは、ホーリー・スピリットに関係性を委ねることを意味しているのだが、それをあなたは承知していない。"and you would merely ~ "「そしてあなたは、目的達成のための非神聖な手段を持ち込もうとしているだけなのだ」。ホーリー・スピリットに手段を委ねずに、自分で何とかしようとしている。しかし、あなたが自分で何とかしようとしていることは、結局エゴの思考システムに則った手段を持ち込むだけであって、そのエゴの手段は決して神聖ではない。結果、特別な関係性は特別な愛欲の関係性に変化し、さらに、特別な憎悪の関係性へと質転換してしまうだろう。



The little faith it needed to change the purpose is all that is required to receive the means and use them.
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、自信、信念、確信」
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • change [t∫éin(d)ʒ] : 「〜を変える、〜を変更する、〜を変換する」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • require [rikwáiə(r)] : 「〜を必要とする、求める」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する、入手する」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • use [júːz] : 「使う、利用する、生かす、働かせる」
❖ "The little faith it ~ "直訳すると、「目的を変えるために、それが必要としたほんの少しの信頼は、手段を受け入れそれを使うために要求されるすべてのものである」。何ともへたな訳で申し訳ない。あなたの特別な関係性の目的を神聖な目的に変えるために、ホーリー・スピリットはあなたに少しの信頼を求めた。そして、あなたに、ホーリー・スピリットの手段を受け入れ、それを利用することを求めた。ホーリー・スピリットを信じるとは、たったそれだけのことでいいのだ。何か特別なパフォーマンスをする必要はまったくない。



5. It is no dream to love your brother as yourself. Nor is your holy relationship a dream.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
❖ "It is no dream ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「あなたの同胞をあなた自身のように愛することは、夢ではない」。実相的現実である。なぜなら、あなたと同胞は自他一如であり、あなたが自分を愛することと同胞を愛することは等しいからだ。"Nor is your holy ~ "「また、あなたの神聖な関係性も夢などではない」。同胞との間の神聖な関係性も、それは実相世界の事象であるから、夢ではなく現実である。



All that remains of dreams within it is that it is still a special relationship.
  • remains [riméinz] : 「残り、残額、跡、形跡」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内に」
  • still [stíl] : 「まだ、いまだに、今もなお、さらに」
❖ "All that remains of dreams ~ "「神聖な関係性の中にあって、なお夢の名残と言えるものは、」"that it is still ~ "「それは、特別な関係性である」。あなたが、同胞との神聖な関係性を築いたとしても、あなたの心の中にまだくすぶっている夢があるとしたら、それは、昔築いた特別な関係性、幻想世界の関係性である。



Yet it is very useful to the Holy Spirit, Who has a special function here.
  • useful [júːsfl] : 「役立つ、実用的な、有用な、便利な」
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「職務、役割、機能、作用、働き、効用」
❖ "Yet it is very ~ "「しかし、その特別な関係性は、ホーリー・スピリットにとってはとても有用なものなのだ」。"Who has a special ~ "「この特別な関係性において、ホーリー・スピリットは特別な役割を担うのである」。ホーリー・スピリットは、あなたの幻想世界の特別な関係性を利用して、それを質転換し、神聖な関係性に質転換させる。そして、それをさらに発展させて、天の王国における神と神の子の、真の神聖な関係性まで高めるのである。ホーリー・スピリットは、神と神の子の間を取り持つ媒介役であることを思い出そう。



It will become the happy dream through which he can spread joy to thousands on thousands who believe that love is fear, not happiness.
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
  • spread [spréd] : 「広げる、伸ばす、拡張させる、蔓延させる」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
  • thousand [θáuzənd] : 「1000、1000個、多数の」
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
  • happiness [hǽpinəs] : 「幸福、喜び、幸せ」
❖ "It will become the happy ~ "「特別な関係性は、幸せな夢になる」。質転換して実相的な現実となるのだ。"through which ~ "「その幸せな夢を通して、ホーリー・スピリットは、愛は恐れであって幸せではないと信じている何千何万という人たちに喜びを広げることが出来るのである」。



Let him fulfill the function that he gave to your relationship by accepting it for you, and nothing will be wanting that would make of it what he would have it be.
  • fulfill [fulfíl] : 「果たす、全うする、実行する、遂行する、履行する、実現させる、成就する」
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「機能、作用、働き、効用」
  • gave [géiv] : 「give の過去形」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • wanting [wάntiŋ] : 「欠けている、足りない、抜けている」
❖ "Let him fulfill ~ "「〜することで、ホーリー・スピリットが、あなたの関係性に与えた役割を成就出来るようにしようではないか」。"by accepting it ~ "「あなたのためにその役割を受け入れることで」。あなたはホーリー・スピリットが設定した目的を受け入れたのだから、さらに、そのためにホーリー・スピリットが設けた役割をも受け入れるべきだ。そうすれば、ホーリー・スピリットは役割を成就出来るだろう。"and nothing will be ~ "「そうすれば、特別な関係性を、ホーリー・スピリットがこういう形にしたいと望むようにするためのもので、欠けているものはない」。へんな訳で申し訳ない。つまり、ホーリー・スピリットが思い通りに役割を果たすのに、不足するものは何もない。ホーリー・スピリットは十分に活躍してくれるのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp