●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-18.V.6:1 ~ T-18.V.7:6

6. When you feel the holiness of your relationship is threatened by anything, stop instantly and offer the Holy Spirit your willingness, in spite of fear, to let him exchange this instant for the holy one that you would rather have.

  • feel [fíːl] : 「〜を感じる、感知する、〜ではないかと思う」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • threaten [θrétn] : 「〜を脅す、脅迫する、〜を実行すると脅す」
  • instantly [ínst(ə)ntli] : 「すぐに、すぐさま、一瞬にして、瞬時に、即座に」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、いとわずにすること、やる気」
  • in spite [spáit] of : 「〜にもかかわらず」
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
  • exchange [ikst∫éin(d)ʒ] : 「〜を交換する」
  • instant [ínstənt] : 「一瞬、瞬間」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • rather [rǽðə(r)] : 「どちらかといえば、むしろ」
❖ "When you feel the holiness ~ "「もしあなたが、あなたの関係性の神聖さが何かによって脅かされていると感じたときは、」"stop instantly and ~ "「すぐに立ち止まって、恐れにも関わらず、〜してもらいたいというあなたの願いをホーリー・スピリットに差し出しなさい」。"to let him exchange ~ "「ホーリー・スピリットによって、この一瞬を、あなたが望む聖なる瞬間に変えてもらいたいという」あなたの願いをホーリー・スピリットに差し出しなさい。ややもすれば、あなたの関係性が元の特別な関係性に逆戻りしそうなときは、自分の力でどうにかしようと頑張らずに、素直に、聖なる瞬間を求めてホーリー・スピリットに願い出ればいい。



He will never fail in this. But forget not that your relationship is one, and so it must be that whatever threatens the peace of one is an equal threat to the other.
  • fail [féil] in : 「〜に失敗する」
  • forget [fə(r)gét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • whatever [(h)wʌtévə(r)] : 「〜するのは何でも」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • equal [íːkw(ə)l] : 「〜と等しい、〜に相当する、同等の」
❖ "He will never ~ "「ホーリー・スピリットは、決して失敗せずにやってくれる」。"But forget not ~ "「しかし、that以下を忘れないように」。"that your relationship ~ "「あなたの関係性はたった一つであり、」"and so it must be ~ "ここは"it ~ that ~ "の構文、「(関係性の)一方の平和を脅かすものは、等しく、他方の平和を脅かしているのだ、ということは確かである」。あなたが、自分の平和が脅かされている感じているなら、あなたのパートナーも同様に、平和に不安を感じているはずだ。



The power of joining its blessing lies in the fact that it is now impossible for you or your brother to experience fear alone, or to attempt to deal with it alone.
  • joining [dʒɔ́iniŋ] : 「連結、接合」
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵、幸運、恵み」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
  • fact [fǽkt] : 「事実、現実、真実、実際、真相」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない、無理な」
  • experience [ikspí(ə)riəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • alone [əlóun] : 「独りで、一人で、単独で」
  • attempt [ətém(p)t] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • deal with : 「〜を相手にする、〜を処理する、〜に対処する」
❖ "The power of joining ~ "「関係性の恵みを結合するパワーは、that以下の事実にある」。この「関係性の恵みを結合するパワー」とは、たとえば、関係性が持つところの、あなたの平和とパートナーの平和を一つにするパワーとか、関係性にある二人が喜びを一つにして得られるパワーとか、そういったものを連想すればいいだろう。"that it is now impossible ~ "ここは"it ~ to ~"の構文、「恐れを単独で経験するとか、一人で恐れを何とかしようとするとか、そういったことが今や、あなたにも同胞にも不可能なのだ」という事実の中にある。関係性にあるあなたとパートナーは、幸せも分かち合うが、恐れに対しても共に向かい合わなくてはならない。元々、あなたとパートナーは自他一如であって、あなたの平和はパートナーの平和でもあり、同様に、パートナーの恐れはあなたの恐れでもあるのだ。



Never believe that this is necessary, or even possible. Yet just as this is impossible, so is it equally impossible that the holy instant come to either of you without the other.
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する、信頼する」
  • necessary [nésəsèri] : 「必要な、必須の、欠くことのできない
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る、なし得る」
❖ しかし、"Never believe that ~ "「こんなことが必要だとか、それが可能であるとさえ、決して信じてはいけない」。恐れを単独で経験するとか、恐れに対して一人で対処しなくてはならないとか、そんな必要は決してない。それは今や、不可能なのだ。"Yet just as this is ~ "「しかし、ちょうど、これが不可能であるように、」"so is it equally impossible ~ "「that以下もまた、等しく不可能である」。"that the holy instant ~ "「聖なる瞬間は、相手を除いて、あなたかパートナーのどちらか一方だけにやって来ることも」また、等しく不可能である。聖なる関係性にあるあなたとパートナーのどちらにも聖なる瞬間は訪れるのであり、一方を排除することはない。



And it will come to both at the request of either.
  • both [bóuθ] : 「両方、双方」
  • request [rikwést] : 「頼むこと、依頼、要求」
  • either [íːðə(r)] : 「どちらか一方」
❖ "And it will come ~ "「しかも、一方が頼めば、両者に聖なる瞬間は訪れるのだ」。それほど、あなたとパートナーは一心同体なのである。



7. Whoever is saner at the time the threat is perceived should remember how deep is his indebtedness to the other and how much gratitude is due him, and be glad that he can pay his debt by bringing happiness to both.
  • whoever [hu(ː)évə(r)] : 「〜するのは誰でも」
  • sane [séin] : 「正気の、分別ある、良識のある、思慮分別のある」
  • threat [θrét] : 「脅迫、脅し」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • deep [díːp] : 「深い、深甚な、深遠な」
  • indebtedness [indétidnis] : 「恩義、負債、債務」
  • gratitude [grǽtət(j)ùːd] : 「感謝、感謝の気持ち、報恩の念」
  • due [d(j)úː] : 「当然支払うべき、正当な、当然の、十分な」
  • glad [glǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • pay [péi] : 「〜を払う、〜を支払う」
  • debt [dét] : 「恩義、おかげ、借金、債務」
❖ "Whoever is saner ~ "「脅しを知覚したときに、(パートナーよりもまだ)正気を保っていると思われる者は、」"should remember how deep ~ "「相手に、如何に深く負っているかを思い出すべきであり、」"and how much ~ "「如何に大きな感謝の念を相手に抱くべきかを思い出すべきである」。"and be glad that ~ "「そして、幸せを両者にもたらすことで、その恩を返すことが出来ることを思い出すべきなのだ」。恐れによって、あなたのパートナーは正気を失ってしまっているが、そのことであなたは守られ、まだ正気を失うまでには至らなかったのだ。あなたは、そのことに感謝すべきであり、パートナーに恩返ししなくてはならない。それは、あなたとパートナーの両者に幸せや平和をもたらすことで達成出来るのだ。



Let him remember this, and say:

I desire this holy instant for myself, that I may share
it with my brother, whom I love.

  • desire [dizáiə(r)] : 「〜を望む、希望する、欲する、〜を要求する、頼む」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "Let him remember ~ "「パートナーに次のことを思い出してもらい、語らせよう」。"I desire this ~ "「私は、私自身のために聖なる瞬間を望んだのだが、」"that I may share ~ "ここの"that"は"so that"「その結果、〜出来るように」という意味、「その結果、私は聖なる瞬間を、私の愛する同胞と分かち合うことが出来るだろう」。





It is not possible that I can have it without him, or he without me. 

Yet it is wholly possible for us to share it now.

  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る、なし得る」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • wholly [hóu(l)li] : 「完全に、全く、全体として、全体的に」
❖ "It is not possible that ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「同胞なしで私が聖なる瞬間を手に入れることも、同胞が私なしで聖なる瞬間を手に入れることも、不可能である」。"Yet it is wholly ~ "「しかし、今や私たちにとって、聖なる瞬間を分かち合うことは、まったく可能なのだ」。




And so I choose this instant as the one to offer to the Holy Spirit,
that his blessing may descend on us, and keep us both in peace.
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恩恵、幸運」
  • descend [disénd] : 「下りる、降りる、降下する」
  • keep [kíːp] : 「〜の状態にしておく、保つ、〜にしておく」
  • in peace : 「平和に、平安に、安らかに、安心して、静かに、無事に」
❖ "And so I choose ~ "「だから私は、ホーリー・スピリットに捧げる瞬間として、聖なる瞬間を選んだのだ」。"that his blessing ~ "「その結果、ホーリー・スピリットの祝福は私たちの上に降り、」"and keep us both ~ "「私たちを平和のうちに保ってくれるだろう」。
 
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp