●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-23.IV.5:1 ~ T-23.IV.6:7

3. God does not share His function with a body. He gave the function to create unto His Son because it is His Own.

  • share [ʃέər] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「職務、役割、機能、作用、働き、効用」
  • gave [géiv] : 「give の過去形」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
❖ "God does not share ~ "「神は、神のもつ機能を肉体と分かち合うことはない」。"His function"「神の機能」とは、創造性、愛や喜びを分かち合い拡張増大させること、等々のこと。これは実相的な活動であって、幻想の肉体がその機能を担うことは不可能だ。"He gave the function ~ "「神は、創造するという機能を神の子に与えた」。"because it is His ~ "「なぜなら、創造するという機能は、神自身のものだからである」。神は、神の子を創造し、神の属性のすべてを神の子に継承した。したがって、神の属性である創造性も、当然、神の子に継承したのだ。我々が創造性をもつことは、神の遺伝子を受け継いだ証拠だと言えるわけだ。



It is not sinful to believe the function of the Son is murder, but it is insanity.
  • sinful [sínfl] : 「罪深い、邪悪な」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する、信頼する」
  • murder [mə́ːrdər] : 「殺人、謀殺」
  • insanity [insǽnəti] : 「狂気、精神病、精神異常」
❖ "It is not sinful ~ "ここは"It ~ to ~ "の構文、「神の子の機能(の一つに)殺害というものがあると信じることは、(それ自体としては)罪深いことではない」。"but it is ~ "「しかし、それは狂気である」。神の子は、実相的な創造という機能を持つと同時に、幻想的な破壊、あるいは殺害するという機能も持つ。しかし、この破壊という能力は幻想世界においてのみ機能するものであって、実相世界の真実を破壊することは不可能だ。その破壊(殺害)という幻想的機能をもっていると信じることは、それ自体として罪なことではないが、殊更、信じた上でそれを使おうとすることは、明白な狂気の沙汰である。



What is the same can have no different function. Creation is the means for God's extension, and what is His must be His Son's as well.
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • creation [kriéiʃən] : 「創造、創作、創作物、作品」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • extension [iksténʃən] : 「拡張、伸長、延長、伸展」
  • as well : 「同じに、同様にうまく」
❖ "What is the same ~ "「同じものとは、異なった機能(役割)を持つことは出来ない」。異なった機能や役割をもつなら、それは同じものではなく、異なったものだからだ。"Creation is the means ~ "「創造とは、神の拡張の方法であって、神のものであるものは、同時に、神の子のものであるに違いないのだ」。"God's extension"「神の拡張」とは、天の王国、実相世界の拡張である。神はすべてを包摂する存在(all-encompassing)であり、実相世界全体を包摂する存在が神である。その世界を統一する法が、神の法であり、その一つに、真実は分かち合われることで拡張増大するという原理があるのだ。したがって、「神の拡張」とは、真実の拡張であり、具体的には、創造性の拡張、愛の拡張、喜びの拡張、美の拡張、等々、と考えていい。視覚的に言うなら、あるいは詩的に言うなら、天の王国における光の拡張である。その一端を担うのが、神の子であり、視覚的に言うなら、光の子である。



Either the Father and the Son are murderers, or neither is. Life makes not death, creating like itself.
  • either [íːðər] A or B : 「AかそれともB」
  • murderer [mə́ːrdərər] : 「殺人者、人殺し、殺人事件の犯人」
  • neither [níːðər] : 「どちらも〜ない」
  • life [láif] : 「命、人命、生命、寿命」
  • death [déθ] : 「死、消滅、死亡、破滅、終わり、終焉」
❖ "Either the Father and ~ "「父なる神か、神の子か、そのどちらかが殺害する者であり、両者が殺害者であることはない」。もちろん、神には、幻想的な破壊や殺害という概念はない。この狂気の概念を持ち合わせているのは、神の子のみであり、事実、この幻想世界において破壊、殺戮の限りを繰り返している。神は、決して、そして断じて、破壊、殺戮はしないのだ。したがって、旧約聖書に数々登場する、神による、堕落した世界の破壊行為は、ACIMの神とはまったく無関係の疑似神の仕業である。グノーシスの古文書によれば、破壊の神は、デミウルゴスと呼ばれる低級な神なのだそうだ。ところで、宇宙人飛行士説(Ancient Astronauts Theory)というものがあり、旧約聖書に数々登場する神の破壊行為は、実は、どこぞの星からUFOに乗ってやって来たエイリアンの仕業だそうだ。突飛な説に聞こえるだろうが、聖書の神が殺戮、破壊行為の限りを尽くすという説より、よっぽど理にかなっていると言えまいか。"Life makes ~ "「命は死を作り出すことはなく、命は命を作り出すのだ」。つまり、命そのものである神が、死をもたらすことはなく、神は常に命だけを創造するのである。本文には"like itself"「命に似たもの」とあるが、それは愛であり、喜びであり美であり、つまり、命ある真実の数々、という意味合いである。



4. The lovely light of your relationship is like the Love of God.
  • lovely [lʌ́vli] : 「愛らしい、かわいらしい、素晴らしい、すてきな」
  • light [láit] : 「光、光源、ライト、明かり」
  • relationship [riléiʃnʃìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
❖ "The lovely light of ~ "「あなたの関係性のもつ愛らしい光は、神の愛に似ている」。ここの"your relationship"「あなたの関係性」とは、この幻想世界でもつ特別な関係性(special relationship)、愛欲による関係性ではなく、実相的な、神聖な関係性(holy relationship)のことである。それは、神の愛に似ていると述べている。つまり、神の愛それ自体と等しいとは言えないが、実相的な真実の愛に非常に近い、という意味合いである。



It cannot yet assume the holy function God gave His Son, for your forgiveness of your brother is not complete as yet, and so it cannot be extended to all creation.
  • assume [əsjúːm] : 「引き受ける、担う、負う、肩代わりする」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • complete [kəmplíːt] : 「完結した、完成した、完全な、全くの」
  • as yet : 「今のところは」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
❖ "It cannot yet assume ~ "「あなたの神聖な関係性は、神が神の子に与えた神聖な役割を担うことが、まだ、出来ない」。"for your forgiveness of ~ "「なぜなら、あなたの同胞に対する赦しが、まだまだ、不完全だからだ」。"and so it cannot ~ "「したがって、あなたの赦しは、神が創造したもの全体に拡張されてはいないのだ」。あなたの神聖な関係性における赦しは、非常に限定的で、狭いのである。神の赦しは世界全体に広がり、拡張する赦しであって、あなたの赦しもそうなって欲しいという裏の意味合いがある。そのとき初めて、あなたの愛が神の愛と同等になるのだ。つまり、あなたの愛がキリストの愛になるのである。ところで、ACIMの"forgiveness"「赦し」は、我々が普段に使っている意味合いとは完全に異なる。ACIMの赦しは、他者が犯した罪を許してやるという意味ではなく、誰も罪を犯すことは不可能であり、罪を犯したかに見える、その罪は幻想であると認識することなのである。罪を幻想と認識し、受け流してしまうことが真の赦しである。なぜなら、神は罪を犯すことはなく、したがって、神の創造した神の子もまた、罪を犯すことは不可能だからである。実相世界には、罪という概念はないのだ。罪があるのは、この幻想世界だけであって、この世は深い眠りの夢に過ぎない。つまり、この世の罪は、すべて夢なのだ。



Each form of murder and attack that still attracts you and that you do not recognize for what it is, limits the healing and the miracles you have the power to extend to all.
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、姿、現れ、種、種類」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • attract [ətrǽkt] : 「魅惑する、魅了する、引き込む、引き付ける」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
  • limit [límit] : 「限定する、制限する、制限をかける」
  • healing [híːliŋ] : 「治療、回復、治癒、癒やし」
  • miracle [mírəkl] : 「奇跡、驚くべきこと、奇跡的な出来事」
❖ "Each form of murder ~ "「まだあなたを魅了し、あなたが本当の意味を認識していない、様々な形をとる殺害や攻撃は、」"limits the healing and ~ "「ヒーリングや奇跡を制限してる」。"you have the power ~ "「あなたは、そのヒーリングや奇跡を、世界のすべてに拡張出来るパワーを有しているにも関わらず」。一言で言えば、あなたは攻撃や殺害という幻想にまだまだ捕らわれているために、ヒーリングや奇跡という実相的真実を実行するパワーを十分に発揮していない、ということ。



Yet does the Holy Spirit understand how to increase your little gifts and make them mighty.
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
  • how to : 「〜する方法、〜のやり方、〜の仕方」
  • increase [inkríːs] : 「〜を増やす、増大させる、増加させる」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント、特別の能力、天賦の才」
  • mighty [máiti] : 「強力な、力のある、巨大な、重大な、多量の」
❖ "Yet does the Holy Spirit ~ "「しかし、ホーリー・スピリットは、あなたの小さな能力を増大させ、それを大きなものにするための方法を知っているのだ」。あなたの、ヒーリングや奇跡を起こすパワーはまだまだ小さいが(your little gifts)、ホーリー・スピリットはあなたを導いて、それを拡張増大させて、世界を救える力に育て上げる方法を知っている。つまり、あなたを幻想から完全に目覚めさせ、実相世界へと羽ばたかせる方法を、ホーリー・スピリットは知っている、ということ。ヒーリングや奇跡を起こすパワーを十分に発揮することが出来たとき、あなたはキリストになるのだ。その、キリストへの道を、ホーリー・スピリットは知っているのである。そして、あなたをその道に誘(いざな)っているのだ。



Also He understands how your relationship is raised above the battleground, in it no more.
  • raise [réiz] : 「上げる、つり上げる、もたらす」
  • above [əbʌ́v] : 「上側に、〜の上に」
  • battleground [bǽtlgràund] : 「戦場」
  • no more : 「もはや〜しない」
❖ "Also He understands how ~ "「ホーリー・スピリットはまた、どうすれば、あなたの関係性を、もはや戦場の中ではなく、戦場の上空に引き上げることが出来るか、知っている」。あなたの、この幻想世界における特別な関係性を、幻想世界(戦場:battleground)に留めおかずに、実相世界へと引き上げて、神聖な関係性に質転換させる方法を、ホーリー・スピリットは知っている。



This is your part; to realize that murder in any form is not your will. The overlooking of the battleground is now your purpose.
  • part [pάːrt] : 「担、役、役目、役割、一部、部分」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • in any form : 「いかなる種類のものであれ」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
  • overlook [òuvərlúk] : 「見渡す、見渡せる、監視する、見過ごす、大目に見る」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
❖ "This is your ~ "「これが、あなたの役割である」。特別な関係性を神聖な関係性に質転換することが、あなたの、この幻想世界における役割だ。あなたがこの世に生まれてきた意味は、この役割を果たすことだと言っていい。"to realize that ~ "「いかなる形の殺害も、あなたの意思ではないと認識すること、」それがあなたの役割である。あなたの特別な関係性において、破壊、殺害を実行することは、実相的な真実の自分の意思ではなく、深い眠りの中にまどろみながらエゴに唆(そそのか)され続けている結果であって、ホーリー・スピリットの導きを受けて、その特別な関係性を神聖な関係性に質転換し、破壊と殺戮の悪夢から抜け出すことが、あなたのこの世における重要な役割である。この世に生まれ、生きている意味がそれなのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp