●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-23.IV.5:1 ~ T-23.IV.6:7

5. Be lifted up, and from a higher place look down upon it. From there will your perspective be quite different.

  • lift [líft] up : 「〜を持ち上げる」
  • higher [háiər] : 「一層高い、高等な、より高い水準の」
  • place [pléis] : 「場所、個所、立場、境遇、環境、地域、土地」
  • look down upon : 「〜を俯瞰する、〜を見おろす」
  • perspective [pərspéktiv] : 「展望、物の見方、考え方、観点、視野」
  • quite [kwáit] : 「すっかり、全く、完全に、かなり、とても、非常に」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
❖ 戦場の上へと"Be lifted up, and ~ "「高く持ち上げられ、その高所から戦場を見なさい」。戦場とは、この幻想世界のこと。"From there will ~ "「高所から見れば、あなたの見るものは、まったく異なって見えるだろう」。幻想世界を鳥瞰すれば、戦場の幻想性がはっきりわかる。



Here in the midst of it, it does seem real. Here you have chosen to be part of it.
  • in the midst [mídst] of : 「〜の真ん中で、〜のただ中で」
  • real [ríəl] : 「現実の、実際の、本物の、実在する」
  • chosen [tʃóuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分、部品」
❖ "Here in the midst ~ "「この戦場のただ中から見れば、戦場は実在しているように見える」。"Here you have ~ "「ここ(戦場)にあっては、あなたは戦いの一部になることを、あなたが選んだのだ」。あなたは幻想の戦いを選び、その戦いの一部となって破壊し殺戮することを選んだのだ。だから、あなたの目にはこの戦いが実にリアルに見えるのである。



Here murder is your choice. Yet from above, the choice is miracles instead of murder.
  • murder[mə́ːrdər] : 「殺人、謀殺」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選択、選択肢、選ぶこと」
  • from above [əbʌ́v] : 「上から、上方から、高所から、天から」
  • miracle [mírəkl] : 「奇跡、驚くべきこと、奇跡的な出来事」
  • instead [instéd] of : 〜の代わりに
❖ "Here murder is ~ "「この戦場では、殺害はあなたの選択である」。"Yet from above ~ "「しかし、高所から見れば、選択とは、殺戮ではなく奇跡なのである」。戦場である幻想世界にあっては、殺戮するか殺戮されるか(食うか食われるか)の選択しか出来なかったが、幻想世界の上空から見れば、あなたが選び取れるものは、その戦場に奇跡をもたらすかどうかの選択ということになる。高所(実相)には、奇跡はあるが殺戮は存在しないからだ。ところで、戦場に奇跡をもたらすとは、その戦いが単なる幻想であって、無意味であると認識し、戦いを消し去ること。



And the perspective coming from this choice shows you the battle is not real, and easily escaped.
  • perspective [pərspéktiv] : 「展望、物の見方、考え方、観点、視野」
  • show [ʃóu] : 「示す、見せる、表す」
  • battle [bǽtl] : 「戦い、戦闘」
  • real [ríəl] : 「現実の、実際の、本物の、実在する」
  • easily [íːzili] : 「容易に、たやすく、苦もなく、あっけなく」
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する、抜ける」
❖ "And the perspective ~ "「この奇跡を選ぶという選択から、あなたに見えてくることは、戦いは実在ではないということだ」。"and easily ~ "「そして、容易に、戦いから脱出出来るということである」。高所から見れば、戦いは現実ではなく、単なる幻想だと認識出来るのである。幻想だから、戦いから逃れることも簡単だ。目を覚ませばいいだけの話しだから。目を覚ませば、戦いは消滅している。



Bodies may battle, but the clash of forms is meaningless. And it is over when you realize it never was begun.
  • battle [bǽtl] : 「〜と戦う」
  • clash [klǽʃ] : 「戦闘、衝突」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、姿、体つき、外見」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「味のない、無益な、価値のない、無意味な、無価値の」
  • over [óuvər] : 「終わって、終了して、完了して」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • begun [bigʌ́n] : 「begin の過去分詞形」
  • begin [bigín] : 「始まる、勃発する」
❖ "Bodies may ~ "「肉体は戦うが、形と形の戦闘は意味がない」。戦場で戦うものは、形としての肉体同士、つまり、幻想の肉体と幻想の肉体の戦いである。幻想と幻想が衝突し、戦闘し合って、はたしてそこに意味はあるか。"And it is over ~ "「そして、あなたが、戦いなど決して始まってはいないのだと気が付いたなら、戦いは終わってしまうのだ」。戦いは夢であり、存在しないと宣言すれば、戦いは消滅する。幻想は消え去るのみ、である。



How can a battle be perceived as nothingness when you engage in it?
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • nothingness [nʌ́θiŋnis] : 「存在しないこと、無、非実在、無価値」
  • engage [engéidʒ] : 「従事する、携わる、関与する、交戦する」
  • engage in : 「〜に従事する、〜に携わる」
❖ "How can a battle ~ "「あなたが戦っている最中なら、どうして、戦闘が意味ないものだと知覚出来るだろうか」。戦場の上空から見たときに、戦いは幻想で意味がないと分かるのであって、戦闘のただ中にあっては、それは認識出来るものではない。だからこそ、今、その戦いを止めてしまいなさい。止めて、高見に上がって、その戦場をよく見なさい、ということになる。



How can the truth of miracles be recognized if murder is your choice?
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
  • murder [mə́ːrdər] : 「殺人、謀殺」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選択、選択肢、選ぶこと」
❖ "How can the truth of ~ "「もし殺戮があなたの選択であるなら、どうして、奇跡の真実が認識され得るだろう」。破壊と殺戮という幻想を信じている限り、あなたには奇跡は起こせない。奇跡は実相世界の真実であって、幻想から離れ、実相に目覚めたものでない限り認識出来ないのだ。



6. When the temptation to attack rises to make your mind darkened and murderous, remember you can see the battle from above.
  • temptation [temptéiʃən] : 「誘惑、衝動、誘惑物」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • rise [ráiz] : 「立ち上がる、起立する、起きる」
  • darken [dάːrkən] : 「〜を暗くする」
  • murderous [mə́ːrdərəs] : 「殺人の、殺意のある、残忍な」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
❖ "When the temptation to ~ "「攻撃したいという衝動が起きて、あなたの心を闇にし、殺意を抱くような時は、」"remember you can ~ "「あなたは戦闘を上空から見ることが出来るのだと、思い出しなさい」。破壊と殺戮という幻想に捕らわれそうなときは、心を上に保って、上空の実相世界から現実世界を見ることが出来るのだと思い出しなさい。



Even in forms you do not recognize, the signs you know. There is a stab of pain, a twinge of guilt, and above all, a loss of peace.
  • sign [sáin] : 「表れ、兆し、兆候、印」
  • stab [stǽb] : 「突き刺すこと、刺し傷、突き傷、刺すような痛み」
  • stab of pain : 「刺すような痛み」
  • twinge [twíndʒ] : 「ズキズキする痛み、うずき、苦痛」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • above all : 「中でも、とりわけ、何にもまして、何よりも」
  • loss [lɔ́s] : 「失うこと、紛失、損失、喪失」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
❖ "Even in forms you ~ "「あなたが認識出来ない(戦いの)形であっても、その兆候は、あなたにもわかる」。表面上は偽物に見えない幻想の形もあろうが、それのもっているうさんくさい雰囲気で、それが嘘の幻想であると知ることが出来る。たとえば、"There is a stab ~ "「刺すような痛みを感じたり、罪のズキズキするうずきを感じたり、」"and above all, a loss ~ "「中でも、平和な心の喪失感を感じたときが、幻想の兆候である」。こんな生活は嘘だ、こんな命はまやかしだ、と、心に痛みやうずきを感じて、平和を失ったとき、あなたは幻想に捕らわれた自分を感じているのだ。



This you know well. When they occur leave not your place on high, but quickly choose a miracle instead of murder.
  • occur [əkə́ːr] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
  • leave [líːv] : 「〜から離れる、〜を出る、後にする、去る」
  • high [hái] : 「高い所、高所」
  • quickly [kwíkli] : 「速く、素早く」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • instead of : 「〜の代わりに」
❖ "This you know ~ "「あなたは、こんな状態になることがよくあると知っている」。"When they occur ~ "「こんなことが起きたら、あなたが居るべき高所を離れてはいけない」。"but quickly choose ~ "「そして、すぐに、殺害の代わりに、奇跡を選択しなさい」。破壊と殺戮という幻想に足下をすくわれることなく、ヒーリングと奇跡の実相をしっかり選択しなさい。



And God Himself and all the lights of Heaven will gently lean to you, and hold you up.
  • gently [dʒéntli] : 「親切に、静かに、優しく、穏やかに」
  • lean [líːn] : 「傾く、体を曲げる、かがむ、もたれる、寄り掛かる」
  • hold up : 「持ち上げる、支える」
❖ "And God Himself and ~ "「神自身が、そして、天の王国の光のすべてが、優しくあなたに寄り添い、あなたを抱きかかえてくれるだろう」。抱きかかえて、あなたを高い場所に連れて行ってくれるのだ。あなたは、その高所から、幻想世界という戦場を鳥瞰すればいい。悪夢の世界のどんちゃん騒ぎがよく分かるだろう。



For you have chosen to remain where He would have you, and no illusion can attack the peace of God together with His Son.
  • chosen [tʃóuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • remain [riméin] : 「とどまる、滞在する、残る、残存する」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • together [təɡéðər] : 「一緒に、同時に」
❖ "For you have chosen ~ "「なぜなら、神があなたに居て欲しいと思うところにあなたは居ることを選択したのであり、」"and no illusion can ~ "「神が神の子と共に居る場所を、どんな幻想も攻撃出来ないからだ」。神があなたに居て欲しいと望む場所とは、言うまでもなく、実相世界であり天の王国だ。その実相世界には、幻想の一かけらさえ、侵入することは出来ない。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp