●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-28.III.2:1 ~ T-28.III.3:6

2. No mind is sick until another mind agrees that they are separate. And thus it is their joint decision to be sick.
  • sick [sík] : 「病気で、病気の、不健全な、調子が悪い」
  • until [ʌntíl] : 「〜する時まで」
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つの、別の、ほかの」
  • agree [əgríː] : 「同意する、合意する、賛成する、賛同する」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の、別の」
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • joint [dʒɔ́int] : 「共有の、共同の、連合の」
  • decision [disíʒən] : 「解決、決定、決意、決心、決議、裁決」
❖ "No mind is sick until ~ "「心は、別の心が(その心と)分離していると認めない限り、病に犯されることはない」。"And thus it is their ~ "「したがって、病になるとは、(分離を共有することを)一緒に決定することなのだ」。神の子は本来単一の存在であったが、神の子が神から分離した後、自らを分裂させ、多数の心を偽創造、つまり、幻想したのである。したがって、分離は幻想を象徴することとなる。しかも、分離は正常な状態ではなく、幻想を加速させる異常な状態であるので、心が分離している限り、心はその異常さを具現させる可能性を秘めている。分離した心同士が、その分離を是として分離を分かち合えば、分離は拡張増大して、異常な状態を悪化させてそれを具現化し、肉体に病を発症させてしまうのだ。



If you withhold agreement and accept the part you play in making sickness real, the other mind cannot project its guilt without your aid in letting it perceive itself as separate and apart from you.
  • withhold [wiðhóuld] : 「〜を抑える、差し控える、保留する」
  • agreement [əgríːmənt] : 「同意、合意、承諾」
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • part [pάːrt] : 「分担、役、役目、役割」
  • sickness [síknəs] : 「病気」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • project [prədʒékt] : 「〜を投影する、発射する、投げ出す」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • aid [éid] : 「援助、救済、補助、助成、補佐」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜を理解する、〜を把握する」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
❖ "If you withhold agreement ~ "意訳する、「もしあなたが、(分離の共有に対する)合意を差し控え、病を現実化するあなたの役割を認めないならば、」"the other mind cannot ~ "「他の心は、その罪の意識を、〜なしでは、投射することは出来ないのだ」。あなたと他者の心が、互いに分離していることをあなたが認めないなら、他者の心は、罪の意識を肉体に投射して、肉体に病を発症させることは出来ない。"without your aid in letting ~ "「他者の心がそれ自体を、あなたの心から分離し、別々なものであると知覚させようとするあなたの助けなしでは、」他の心は、その罪の意識を投射することは出来ないのだ。あなたが、心の分離性を認めない限り、他者の心は分離性を肉体に投射して、病を発症させることは出来ない。逆に、もしあなたが、他者の病をヒーリングしたいなら、他者の心はあなたの心と分離などしておらず、神の心とも分離しておらず、完全に正しく正常であることを他者に受け入れてもらえばいいのだ。心の分離という異常な幻想から目を覚まさせればいいのだ。他者の心は、分離という異常な状態を肉体に投射する必要はなくなり、結果、病はヒーリングされるのである。



Thus is the body not perceived as sick by both your minds from separate points of view.
  • both [bóuθ] : 「両方の、双方の、二つともの」
  • point of view : 「考え方、観点、視点、主張」
❖ "Thus is the body not ~ "「こうして、心の分離という観点から見れば、あなたと他者の心は、肉体を病に犯されていると知覚することはなくなるのである」。心が病を作る(投射する)のだから、病を必要としなくなれば、病は消滅するのである。



Uniting with a brother's mind prevents the cause of sickness and perceived effects.
  • unite [junáit] : 「結合する、一体となる、一体化する、合体する」
  • prevent [privént] : 「防ぐ、妨げる、防止する、阻む、阻止する」
  • cause [kɔ́ːz] : 「原因、要因、動機、理由」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、作用、効果、効力」
❖ "Uniting with a brother's ~ "「同胞との心の結合が、病の原因を断ち、知覚されるような病の結果を阻止するのである」。心と心が結合すれば、病の原因が消滅し、病という結果も消えてしまう。



Healing is the effect of minds that join, as sickness comes from minds that separate.
  • healing [híːliŋ] : 「治療、回復、治癒、癒やし」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に参加する、〜と交わる、〜と一緒になる」
  • come from : 「〜から来る、〜に由来する、源を〜に発する」
  • separate [sépərèit] : 「分かれる、分離する、別居する」
❖ "Healing is the effect ~ "「ヒーリングとは、結合した心の結果なのだ」。"as sickness comes ~ "「なぜなら、病とは、分離した心から生まれるものだからである」。分離した心は、本来単一であった心の正常な状態とは異なった、異常な状態である。心が、正しさを失った状態なのだ。逆に、心が再結合することで、心は正常な状態に戻り、心は正しさを取り戻す。心が正しい状態とは実相的な状態であり、実相世界には病などというものが存在しないから、結果的に、病は消滅するのである。これが、実相的なヒーリングなのだ。



3. The miracle does nothing just because the minds are joined, and cannot separate.
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する、連結する」
❖ "The miracle does nothing ~ "「心が結合し、分離など出来ないのだから、奇跡は(それ以上)何もすることはない」。奇跡は、心の分離に気付かせ、心の結合を促すことであって、それが達成されれば、奇跡はそれ以上何もする必要はない。後は、自然に、水が流れるように病は流れて消えるのである。



Yet in the dreaming has this been reversed, and separate minds are seen as bodies, which are separated and which cannot join.
  • reverse [rivə́ːrs] : 「逆にする、反対方向に向ける、逆転させる、裏返す」
  • seen [síːn] : 「see の過去分詞形」
❖ "Yet in the dreaming ~ "「しかし、夢(幻想)の中にあっては、この事態はまったく逆である」。"and separate minds ~ "「分離した心は、肉体として知覚され、」肉体は、心の分離性を象徴して幻想されたものであり、"which are separated ~ "「肉体は、分離させられて、結合することは不可能なのである」。だから、肉体は分離の象徴なのだ。逆に見れば、肉体が分離した形で実在すると信じている限り、心の分離性から開放されることは出来ない。肉体が幻想に過ぎず、本当は存在などしていないと達観して、分離を象徴する肉体から開放されたとき、初めて、心の結合は達成されるのだ。




Not allow your brother to be sick, for if he is, have you abandoned him to his own dream by sharing it with him.
  • allow [əláu] : 「〜を許す、許可する、許容する、可能にする」
  • abandon [əbǽndən] : 「引き渡す、明け渡す、見捨てる、捨て去る」
  • share [ʃέər] : 「 〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "Not allow your brother ~ "「あなたの同胞が病になることを許してはいけない」。"for if he is, have ~ "「なぜなら、もし同胞が病になることを許されたなら、あなたは彼を、彼と夢を共有することで、彼自身の夢の中に彼を捨ててしまったことになるからだ」。同胞を幻想から救い出すどころか、同胞と同じ幻想を共有して、同胞を幻想の中に投げ捨ててしまえば、同胞に病を強いる結果になる。そんなことでは、あなた自身も同じ病を発症してしまうだろう。病の連鎖である。この世界が病だらけなのは、そういった事情があるからなのだ。



He has not seen the cause of sickness where it is, and you have overlooked the gap between you, where the sickness has been bred.
  • overlook [òuvərlúk] : 「見落とす、見て見ぬふりをする、見過ごす」
  • gap [gǽp] : 「割れ目、すき間、穴」
  • between [bitwíːn] : 「〜の間の」
  • bred [bréd] : 「breed の過去・過去分詞形」
  • breed [bríːd] : 「繁殖させる、〜を養育する、飼う」
❖ "He has not seen ~ "「同胞は、病の原因がどこにあるかわからない」。"and you have ~ "「そして、あなたは、あなたと同胞の間にあるギャップを見過ごしてしまった」。このギャップが、あなたと同胞の隔たりであり、分離を象徴しているものである。あなたと同胞が別々の肉体を持っているから、肉体の分離は当然であり、肉体に閉じこめられた心もまた分離していて当然だと思ってきたのだ。分離が異常な状態であることを見過ごしてきたのだ。"where the sickness ~ "「そのギャップにおいて、病は育てられてきた」。分離という温床で、病は育てられてきたのである。



Thus are you joined in sickness, to preserve the little gap unhealed, where sickness is kept carefully protected, cherished, and upheld by firm belief, lest God should come to bridge the little gap that leads to Him.
  • preserve [prizə́ːrv] : 「〜を保つ、保存する、貯蔵する、保護する」
  • unhealed [ʌnhíːld] : 「治癒していない、未治癒の」
  • kept [képt] : 「keep の過去・過去分詞形」
  • carefully [kέərfəli] : 「注意深く、丁寧に、慎重に、入念に」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • cherish [tʃériʃ] : 「〜を大事にする、大切にする」
  • upheld [ʌphéld] : 「uphold の過去・過去分詞形」
  • uphold [ʌphóuld] : 「支持する、支える、上げる、持ち上げる」
  • firm [fə́ːrm] : 「堅い、堅固な、頑丈な」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条」
  • lest [lést] : 「〜しないように、〜するといけないから」
  • bridge [brídʒ] : 「〜に橋を架ける、橋渡しをする、埋める」
  • lead [líːd] : 「導く、案内する、〜に通じている」
❖ "Thus are you ~ "「こうして、あなたは病に参加し、」あなたも、当然、病を発症する環境に身を置いたことになり、"to preserve ~ "「その小さなギャップをヒールしないままに保持しているのだ」。"where sickness ~ "「そのギャップでは、神が〜しなにように、病が、注意深く守られて保存され、大切にされ、固い信念で支えれている」。"lest God should ~ "「神がやって来て、小さいギャップに、神へと続く橋を架けないように、」病が、注意深く守られて保存され、大切にされ、固い信念で支えれている。神が、神の子を幻想から目覚めさせて、天の王国へ導いて行かないように、幻想の病を大切に保管しているのである。もちろん、陰でそれを操っているのはエゴである。そのことに、あなたは気付いていない。



Fight not His coming with illusions, for it is His coming that you want above all things that seem to glisten in the dream.
  • fight [fáit] : 「〜と戦う、〜に対抗する」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • above all : 「中でも、とりわけ、何にもまして、何をおいても」
  • glisten [glísn] : 「キラキラ輝く、きらめく」
❖ "Fight not His coming ~ "「幻想をもって、神の到来と戦ってはいけない」。病という幻想を大切にして、神が救いにやってくるのを阻止しようとしてはいけない。"for it is His coming ~ "「なぜなら、夢の中でキラキラ輝いているかに見える何物にもまして、あなたは、神の到来を待ち望んでいるのだから」。きらびやかな幻想よりも、神の到来、すなわち、実相世界への回帰を、あなたは一番に望んでいるはずである。だから、病を大切に保持しようとせずに、幻想を捨て、病を捨てなさい。その気になれば、そうなるのだ。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp