●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-28.IV.5:1 ~ T-28.IV.6:6

5. Be certain, if you do your part, he will do his, for he will join you where you stand.
  • certain [sə́ːrtn] : 「確信している、確実な、確かな、確信して」
  • part [pάːrt] : 「分担、役、役目、役割」
  • join [dʒɔ́in] : 「参加する、交わる、一緒になる」
  • stand [stǽnd] : 「立っている、立ち上がる、立つ」
❖ "Be certain, if you ~ "「もし、あなたがあなたの役割を行うなら、同胞も彼の役割をなすのだと、確信しなさい」。"for he will join ~ "「なぜなら、彼は、あなたが立っているところで、あなたと結合するのだから」。あなたが他者と心を結合させるという役割を果たそうとすれば、彼もあなたと心を結合させる役割を果たそうとするのだ。心が結合する場所は、外でもない、あなたが立っているその場であり、あなたの心の中で、他者の心が融合するのである。波に例えるなら、あなたという波の山と他者という波の山が、二人を隔てていた小さなギャップを越えて重なり合い、一つの波となるのである。むしろ、波の山が消え、互いに大きな海に回帰すると言った方が正しいだろう。



Call not to him to meet you in the gap between you, or you must believe that it is your reality as well as his.
  • call to : 「〜に声をかける」
  • meet [míːt] : 「〜に会う、〜と会合する、〜と接触する」
  • gap [gǽp] : 「割れ目、すき間、隔たり、ギャップ」
  • between [bitwíːn] : 「〜の間に」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する、信頼する」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • as well as : 「〜と同様に」
❖ "Call not to him to meet ~ "「彼があなたがたの間のギャップであなたに会うようにと、彼に声をかけて求めてはいけない」。波と波の間のギャップは、いわば幻想空間であり、そこには何も存在してはいない。そんな幻想空間で、幻想の肉体同士が結合しても意味はないのだ。波と波、つまり、心と心が結合しなくては意味がないのである。"or you must believe that ~ "「さもなければ、そのギャップが、彼の現実同様に、あなたの現実だと信じざるを得なくなるだろう」。波と波の間の何もない所に幻想空間が実在し、また、幻想の肉体がその空間に実在している信じてしまう危険性がある。



You cannot do his part, but this you do when you become a passive figure in his dreams, instead of dreamer of your own.
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • passive [pǽsiv] : 「受動的な、受け身の、消極的な」
  • figure [fíɡjər] : 「姿、人影、人物」
  • instead [instéd] of : 「〜の代わりに」
  • dreamer [dríːmər] : 「夢を見る人、夢想家」
❖ "You cannot do ~ "「あなたは、彼の役を演じることは出来ない」。"but this you do ~ "「しかし、あなたが〜になったとき、あなたは彼の役を演じてしまうのである」。"when you become ~ "「あなたが、あなた自身の夢を見る代わりに、彼の夢の受動的な登場人物になってしまったとき、」あなたは彼の役を演じてしまうのである。彼の見ている夢の幻想空間に、あなたが受動的に引きずり込まれ、彼の夢の登場人物になってしまえば、あなたは、彼の意のままの役を演じてしまうのである。たとえば、愛と憎悪の入り交じった幻想空間にあなたが引きずり込まれれば、あなたは彼と愛憎渦巻く悲劇、あるいは喜劇を演じることになる。また、金と物が命の次に大切だと信じる彼の夢空間に引きずり込まれれば、あなたは守銭奴の役を、あるいは物欲逞(たくま)しい強欲者の役を演じることになる。



Identity in dreams is meaningless because the dreamer and the dream are one.
  • Identity [aidéntəti] : 「正体、身元、自我同一性」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無益な、価値のない、無意味な、無価値の」
❖ "Identity in dreams ~ "「夢の中で自分は何であるか、などということは意味がないのだ」。"because the dreamer ~ "「なぜなら、夢見る者と夢は一体であるからだ」。夢の内容が、夢見る登場人物の役を決めるのであって、物欲の夢を見れば、あなたは強欲者になり、金の夢を見れば守銭奴になり、愛欲の夢を見れば、あなたは好色者となる。しかし、どの役も幻想であり、夢の中の役など、実相的視点から眺めれば、まったく意味がない。真実は、あなたは眠れる神の子のままなのだ。



Who shares a dream must be the dream he shares, because by sharing is a cause produced.
  • share [ʃέər] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • cause [kɔ́ːz] : 「原因、要因、動機、理由」
  • produce [prədjúːs] : 「〜を作り出す、生産する、〜を実現する」
❖ "Who shares a dream ~ "「夢を分け合う者は、彼が分け与える夢そのものに違いないのだ」。自分が見る夢が割り振った夢の役を、夢見る者は演じる以外ない。その役が、自分自身だと信じてしまうのだ。"because by sharing ~ "「なぜなら、夢を分け合うことで、原因が生み出されるからだ」。あなたが同胞の夢を分け合ってその夢に登場しても、同胞があなたの夢を分け合ってあなたの夢に登場しても、夢の中の存在は、夢見る者によってその存在理由を与えられる、つまり、存在の原因を与えられているに過ぎないのだ。あなたと他者が互いに互いの役を生み出し、いわば、幻想空間の創造者、存在の原因になっているのである。



6. You share confusion and you are confused, for in the gap no stable self exists.
  • confusion [kənfjúːʒən] : 「混乱、混同、取り違え、混乱状態」
  • confuse [kənfjúːz] : 「混乱させる、混同する、困惑させる」
  • stable [stéibl] : 「しっかりした、安定した、断固とした、不変の」
  • exist [igzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
❖ "You share confusion and ~ "「あなたは混乱を分け合っているので、あなたは混乱させらている」。あなたは幻想を分け合っているので、つまり、共有しているので、あなたは幻想によって混乱している。何が現実で、何が現実でないか、混乱しているのだ。"for in the gap no ~ "「なぜなら、ギャップには、安定した自己というものが存在していないからだ」。このギャップ、幻想空間にある限り、あるときは守銭奴になり、あるときは物欲者となり、あるときは好色者となり、憎悪に燃えたり、嫉妬に狂ったり、苦渋を舐めたり、悲嘆に暮れたり、狂気に走ったりする。実相的な真実の自分に気付いていないのだ。ギャップが実在すると信じている限り、自分が神聖な神の子であることを認識することはない。



What is the same seems different, because what is the same appears to be unlike.
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • appear [əpíər] : 「〜のように見える、〜と思われる」
  • unlike [ʌnláik] : 「似ていない、異なっている」
❖ "What is the same ~ "「同一であることが、異なって見える」。あなたと同胞は、本来単一の神の子であるが、見かけが違っているから、異なった存在に見えてくるのだ。自他一如が認識出来ないのである。"because what is the same ~ "「なぜなら、同一のものが、似ていないように見えるからだ」。見かけが似ていないので、短絡的にそれは異なるものだと結論づけてしまうのである。



His dreams are yours because you let them be. But if you took your own away would he be free of them, and of his own as well.
  • take away : 「取り除く、持ち去る、撤去する」
  • be free of : 「〜から自由である」
  • as well : 「同じに、同様にうまく」
❖ "His dreams are ~ "「同胞の夢は、あなたの夢となっている」。"because you let ~ "「なぜなら、あなたが同胞の夢を自分の夢としたからだ」。あなたは、同胞の夢の中に取り込まれ、同胞の夢の中の登場人物という役を自分に与えたのだ。もちろん、これは逆も成立していて、あなたの夢の中に同胞を取り込んで、同胞にあなたの夢の登場人物の役を与えているのだ。"But if you took your ~ "「しかし、もしあなたが、自分の見ている夢を取り除いたなら、同胞は夢から解放されるだろう」。"and of his own ~ "「同様に、あなたも彼の夢から解放されるのだ」。あなたと同胞のどちらかが、夢を放棄し、幻想から目覚めれば、他方も同時に夢から目覚めることが出来るのである。幻想から開放され得るのだ。



Your dreams are witnesses to his, and his attest the truth of yours.
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、参考人、証拠、証言」
  • attest [ətést] : 「証言する、証明する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、真実性」
❖ "Your dreams are ~ "「あなたの夢が、同胞の夢の証人である」。あなたが夢を見ていることは、同胞が夢を見ていることの証拠である。あなたと同胞は自他一如であり、あなたが夢を見ていれば彼もまた夢を見ているのである。"and his attest ~ "意訳する、「彼の夢が、あなたの夢は真実なのだと証言しているようなものなのだ」。幻想が幻想を評して、それは真実、実在していると証言しているようなものなのだ。



Yet if you see there is no truth in yours, his dreams will go, and he will understand what made the dream.
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する」
❖ "Yet if you see there ~ "「しかし、もしあなたが、あなたの夢の中には真実が一つもないと知ったなら、同胞の夢は消えてしまう」。幻想に対して、それは幻想であって、真実もなければ、存在さえしていないと宣言すれば、あなたの幻想も、同胞の幻想も、消滅してしまうのである。"and he will understand ~ "「そして、同胞は、何が夢を作ったのか、理解するようになるだろう」。幻想を作り出したものが、彼の恐れであり罪の意識だと知ることになる。つまり、神の子であるという真実、事実から逃避して、偽物の世界を作り出し、その中で夢を見ているに過ぎないことに気付くのである。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp