●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-28.IV.1:1 ~ T-28.IV.2:10

 
 
 
IV. The Greater Joining
より大きな結合
 
 
1. Accepting the Atonement for yourself means not to give support to someone's dream of sickness and of death.
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • atonement [ətóunmənt] : 「罪滅ぼし、償い、補償」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す 」
  • support [səpɔ́ːrt] : 「支えること、サポート、支え、支持、援助」
  • give support to : 「〜を支持する、〜を援護する、〜を後援する」
  • sickness [síknəs] : 「病気」
  • death [déθ] : 「死、消滅、死亡、破滅、終わり、終焉」
❖ "Accepting the Atonement ~ "「あなた自身の贖罪を受け入れるということは、誰かの、病や死の夢に対して支持を与えないということを意味する」。あなたが、自分の罪は幻想に過ぎず、それを幻想として確実に受け入れ受け流し、全的に赦すことが、あなたの贖罪である。それは同時に、他者の病や死の幻想を受け入れないということも意味する。自分の幻想ばかりを赦し、他者の幻想を赦さないということはあり得ないのだ。赦しは全的なのだ。



It means that you share not his wish to separate, and let him turn illusions on himself.
  • share [ʃέər] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • wish [wíʃ] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • separate [sépərèit] : 「分かれる、分離する、別居する」
  • turn on : 「〜に反抗する、〜に敵意を示す、〜を攻撃する」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
❖ "It means that ~ "「それは、あなたが、他者の分離したいという望みを分かち合うことなく、幻想が彼を攻撃しないようにすることを意味する」。病も死も、元を正せば、分離という幻想から発生したものである。したがって、あなたが自分を贖罪しようとするとき、その分離という幻想をまず第一に幻想として認識することが大切なのだ。当然、他者の分離への望みも、あなたは否定しなくてはならない。そして、否定するだけでなく、その分離という幻想が他者を攻撃し、他者に病や死が訪れないように手当てすることも、あなたには要求されているのだ。



Nor do you wish that they be turned, instead, on you. Thus have they no effects.
  • wish [wíʃ] : 「願う、望む」
  • instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ、そうしないで」
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、作用、効果、効力」
❖ "Nor do you wish ~ "意訳する、「分離していたいという望みが、取って返して、あなたを攻撃しないように願わなくてはいけない」。"Thus have ~ "「そうすれば、分離したいという望みは、結果を持たないのだ」。ややもすれば、分離という幻想に足をすくわれそうになるだろう。そこを、こらえなければならない。幻想に惑わされない限り、幻想の結果は現実化しないのだ。



And you are free of dreams of pain because you let him be.
  • free [fríː] : 「捕らわれていない、奴隷でない、自由の身の」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、疼痛」
❖ "And you are free of ~ "「あなたは、他者を痛みの夢から解放したので、あなたも痛みの夢から自由の身となるのだ」。自他一如であり、同胞の苦の夢からの開放は、直接、あなた自身の苦の夢からの開放につながる。幻想からの開放は、あなた一人の単一行動ではないのだ。神の子全体に関わることなのである。



Unless you help him, you will suffer pain with him because that is your wish.
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、被る」
❖ "Unless you help ~ "「あなたが他者を助けない限り、あなたは、その他者と共に、痛みを被ることになるだろう」。"because that ~ "「それが、あなたの望みだからである」。幻想からの開放を拒み、他者の救いも自分の救いも拒絶するなら、そしてそれがあなたの望みであるなら、あなたは他者と共に苦の夢を見続けることになる。



And you become a figure in his dream of pain, as he in yours.
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • figure [fíɡjər] : 「姿、人影、人物、形、形状」
❖ "And you become ~ "「そしてあなたは、他者の痛みの夢の中の登場人物となり、また、他者はあなたの夢の登場人物となるのだ」。神の子は本来単一の存在であり、天の王国において、たった一人の神の子が、神からの分離という夢を見ている。その夢のもつ意味に恐れを抱いた神の子は、夢の中で自己を乖離し、分裂させ、多数の神の子を偽創造した。それが、我々なのである。その分離分裂した我々は、個々にまた夢を見て、この幻想世界を構成している。時には、他者の夢の登場人物になり、時には、他者があなたの夢の登場人物になっている。いわば、この世界という一つの夢を多くの分裂した神の子が同時に見ており、それを統轄するかのように、天の王国において、単一の神の子が、それらの夢全体を見ているわけなのだ。



So do you and your brother both become illusions, and without identity.
  • both [bóuθ] : 「両方、双方」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • identity [aidéntəti] : 「自我同一性、正体、身元」
❖ "So do you and your ~ "「そこで、あなたもあなたの同胞も共に、自分自身というものを持たない、幻想となってしまうのだ」。あなたの夢に登場する同胞も、同胞の夢に登場するあなたも、共に幻想に過ぎず、自分は神の子であるというアイデンティティを完全に失い、また、幻想世界での自分の正体さえ、ころころと変えて居場所を失っているのだ。



You could be anyone or anything, depending on whose evil dream you share.
  • depending [dipéndiŋ] on : 「〜により、〜次第で、〜に応じて」
  • evil [íːvəl] : 「悪い、害を与える、邪悪な」
❖ "You could be anyone ~ "「あなたは、誰にでも、何にでもなることが出来る」。アイデンティティを失っているから、悪人にも虫けらにもなれる。"depending on whose ~ "「それは、あなたが分かち合う悪しき夢の持ち主によって決まる」。あなたが悪人の夢の中に登場すれば、あなたは悪人になる、しかし、逆に、善人の夢を選べば、あなたは善人の役割を担うことになる。



You can be sure of just one thing; that you are evil, for you share in dreams of fear.
  • be sure [ʃúər] of : 「〜に自信がある、〜を確信している」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
❖ "You can be sure of ~ "「あなたには、確かなことが一つある」。"that you are ~ "「もし、あなたが恐れの夢を分かち合うなら、あなたは邪悪である」。恐れの夢を分かち合っているとは、自分には深い罪があると信じて、神の報復を恐れているということだ。神は正義だから、ならば、邪悪なのはあなただという事になってしまうのだ。それは、他者が、あなたは邪悪だと評価していることではなく、あなたがあなた自身を邪悪だと評していることを示しているのだ。恐れの夢を抱く限り、あなたは自分を邪悪だと信じているのだ。



2. There is a way of finding certainty right here and now.
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす、検出する」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確信、確実なこと、必然」
  • right here : 「ちょうどここで」
  • right now : 「今すぐに」
❖ "There is a way of ~ "「今ここに、確かさを見つけ出す方法がある」。今ここに、実相的な確信をもつことの出来る方法がある。それは、次項。



Refuse to be a part of fearful dreams whatever form they take, for you will lose identity in them.
  • refuse [rifjúːz] : 「拒む、拒絶する、断る」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分、部品、パーツ」
  • fearful [fíərfəl] : 「恐ろしい、怖い」
  • whatever [hwʌtévər] : 「どんな〜が〜でも」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、姿、体つき、外見」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • identity [aidéntəti] : 「自我同一性、正体、身元」
❖ "Refuse to be a part ~ "「夢がどんな形をとろうとも、恐れの夢の一部になることを拒否しなさい」。自分の恐れであろうが他者の恐れであろうが、恐れという幻想を自分の一部としてはいけない。"for you will lose ~ "「なぜなら、恐れの夢の中で、あなたは自分の正体を失うからだ」。自分が無辜なる神の子であるという本当のアイデンティティを、恐れの夢がかき消してしまうのだ。あなたは、本当の自分を見失ってしまう。



You find yourself by not accepting them as causing you, and giving you effects.
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • cause [kɔ́ːz] : 「〜を引き起こす、招く、〜の原因になる」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、作用、効果、効力」
❖ "You find yourself ~ "「恐れの夢があなたを生み出した原因であると認めることなく、また、そんなものがあなたに結果を与えたのだと認めることがなければ、あなたはあなた自身を見い出せるのだ」。恐れという幻想の魔力に捕らわれて、恐れが今の自分を形作ったとか、恐れの影響によって自分がこうなったのだとか、そんな錯覚を認めない限り、あなたは本当の自分でいることが出来る。尊厳ある神の子として、無辜なる神の子として、自分を見ることが出来るのである。



You stand apart from them, but not apart from him who dreams them.
  • stand [stǽnd] : 「立ち上がる、立つ、立っている」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
❖ "You stand apart ~ "「あなたは、恐れの夢から離れて立っている」。"ut not apart from ~ "「しかし、恐れの夢を見ている同胞から離れて立っているわけではない」。夢から距離を置くべきだが、その夢を見ている同胞から分離してはいけない。心は一つだが、心の見る恐れの夢は拒絶すべきなのだ。



Thus you separate the dreamer from the dream, and join in one, but let the other go.
  • separate [sépərèit] : 「分離する、隔てる、引き離す、切り離す」
  • dreamer [dríːmər] : 「夢を見る人、夢想家」
  • join [dʒɔ́in] : 「参加する、交わる、一緒になる」
❖ "Thus you separate ~ "「こうして、あなたは、夢見る同胞を、その夢から切り離すことが出来るのだ」。"and join in one ~ "「そして、あなたは同胞と一体となり、切り離した夢は手放してしまうのである」。同胞の幻想を払拭し、幻想を消滅させて、その同胞と心を一つにすれば良い。



The dream is but illusion in the mind. And with the mind you would unite, but never with the dream.
  • unite [junáit] : 「結合する、一体となる、一体化する」
❖ "The dream is but ~ "「夢とは、心の中の幻想に過ぎない」。"And with the mind ~ "「あなたは、心を結合させることが出来るのであって、夢を結合させることは出来ない」。実相的に実体のある心は、本来単一のものであるから、分離分裂したこの幻想世界にあっても、その意思があれば、再結合出来るものなのだ。しかし、実体を持たない幻想、夢は、本来が支離滅裂でバラバラなものであるから、たとえ他者の夢の中の登場人物になったとしても、夢自体が結合することはない。



It is the dream you fear, and not the mind. You see them as the same, because you think that you are but a dream.
  • same [séim] : 「同じ、同一の、変わらない」
  • think [θíŋk] : 「考える、思う、熟考する」
❖ "It is the dream ~ "「あなたが恐れているのは夢であって、心ではない」。あなたが恐れているのは幻想であって、幻想を生み出している心自体ではない。"You see them ~ "「あなたは、夢と心を同一視しているだけなのだ」。"because you think ~ "「なぜなら、あなたは、自分が夢であると思っているからだ」。あなたが今この世界に暮らして、自分が夢を見ているのだと認識することは正しいのだ。しかし、同時に、その夢を見ている心の存在を忘れている。つまり、自分は夢を見ているのだが、自分という存在はその夢ではなく、夢を見ている心のなのだと知る必要がある。夢を恐れている自分がいるが、恐れを知らない心があることを認識しなくてはいけない。幻想としての自分の恐れを知り、かつ、実相としての心の存在を知らなくてはならないのだ。



And what is real and what is but illusion in yourself you do not know and cannot tell apart.
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • tell [tél] : 「〜を見分ける、分かる」
  • apart [əpάːrt] : 「離れて、離ればなれで、区別して、別々に」
❖ "And what is real and ~ "「あなた自身の中で、何が実在し、何が幻想なのか、あなたはわかっていないし、区別をつけることさえ出来ない」。夢と現実の区別をつけることが出来ない状態にある。目の前に展開する幻想を実在だと思い、肉体に隠されている心は、肉体的脳が作り出した幻に過ぎないと思っている。愛ははかない幻想だと思い、憎しみこそが現実を左右する実在だと信じている。金こそがすべてだと思い、思いやりはナンセンスだと言う。悲劇こそが現実であり、幸せはつかの間の幻想だと思っている。・・・等々、数え上げれば切りがないほどに、幻想と実相の取り違えが見えてくる。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp