●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-29.I.4:1 ~ T-29.I.4:7

4. The gap between you and your brother is not one of space between two separate bodies.
  • space [spéis] : 「空間、スペース、場所」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の」
❖ "The gap between ~ "「あなたとあなたの同胞との間のギャップは、二人の分離した肉体間の、一つの空間に過ぎないというものではない」。もちろん、肉体間の隔たりが、幻想のギャップなのだが、それは象徴であって、ギャップが象徴しているものは心の分離なのだ。神の子の単一な心が分裂分離し、それを象徴して肉体が作り出され、分離を象徴してギャップが目に見える形で作られたのである。肉体と肉体の空間的な隔たりは、心の分裂を象徴しているのである。



And this but seems to be dividing off your separate minds.
  • divide [diváid] : 「〜を分ける、分割する」
❖ "And this but seems to ~ "「そして、このギャップが、あなた方の分離した心を分割しているように見えるのだ」。つまり、このギャップが、あなたと同胞の心の分離を象徴している、ということ。



It is the symbol of a promise made to meet when you prefer, and separate till you and he elect to meet again.
  • symbol [símbl] : 「象徴、記号、シンボル、表象、符号」
  • promise [prάmis] : 「約束、契約、約束したこと、約束したもの」
  • meet [míːt] : 「会う、触れる、接触する、交わる」
  • prefer [prifə́ːr] : 「〜を好む、むしろ〜の方を好む、〜の方を選ぶ」
  • separate [sépərèit] : 「分かれる、分離する、別居する」
  • till [tíl] : 「〜まで、〜するまで」
  • elect [ilékt] : 「選ぶ、選出する」
  • again [əɡéin] : 「再び、また」
❖ "It is the symbol of ~ "「それは、〜という約束の象徴である」。"a promise made ~ "「あなたが会いたいと思うときには会い、あなたと同胞が再び会うことを選択するまでは離れているという約束」の象徴なのだ。つまり、ギャップは、付かず離れずの関係性を維持するための約束を象徴するものである。自由に距離を縮めることも拡張することも出来るように設計されているのだ。



And then your bodies seem to get in touch, and thereby signify a meeting place to join.
  • get in touch : 「〜と連絡を取る、〜に連絡する、〜に接触する」
  • thereby [ðὲərbái] : 「それによって、その結果、従って」
  • signify [sígnəfài] : 「〜の表れである、〜を意味する、表す」
  • meeting place : 「出会いの場、会合場所」
  • join [dʒɔ́in] : 「交わる、一緒になる」
❖ "And then your bodies ~ "「そこで、あなた方の肉体は、接触出来るように見うけられ、」"and thereby signify ~ "「したがって、結合するための出会いの場を表している」。ギャップは分離を象徴しているのだが、完全な孤立を強制するものではない。肉体と肉体が接触するとき、たとえば、性的な交わりによって肉体が結ばれるとき、あたかも心と心が結合し一体になったかのように見うけられるのである。肉体の結合が心の結合を表しているかのように見えるだろうが、それは、つかの間の錯覚である。なぜなら、肉体が結合をほどいてしまえば、ギャップの存在によって、再び分離の状態が復元されるからだ。



But always is it possible for you and him to go your separate ways.
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、常に」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る」
❖ "But always is it possible ~ "「しかし常に、あなたと同胞にとっては、分離した道を歩むことが可能なのである」。肉体が離れれば、あなたと同胞は、また、別々の道を歩き出すことになる。ギャップという分離の象徴が消えない限り、心が一体となることはないので、いつでも分離した状態に戻れるのである。



Conditional upon the "right" to separate will you and he agree to meet from time to time, and keep apart in intervals of separation, which do protect you from the "sacrifice" of love.
  • conditional [kəndíʃənl] : 「条件文、条件語句、条件節」
  • right [ráit] : 「権利、利権、正当な要求、当然の権利」
  • agree [əgríː] : 「同意する、合意する、賛成する、賛同する」
  • meet [míːt] : 「会う、接触する、交わる」
  • from time to time : 「時々」
  • apart [əpάːrt] : 「離れて、離ればなれで、バラバラに、別々に」
  • interval [íntərvəl] : 「隔たり、間隔、距離」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • sacrifice [sǽkrəfàis] : 「犠牲、いけにえ」
❖ "Conditional upon the ~ "「分離するという『権利』を条件に、あなたと同胞は、時々会うことに同意し、また、分離している間は離れ離れをキープすることに同意する」。"which do protect ~ "「そうすることで、 あなたは、愛の『犠牲』から守られるのである」。肉体的に隔てられているあなたと同胞は、互いに、分離して存在する『権利』があると主張する。その上で、時々は接近し、都合が悪くなると離れるという条約を結ぶわけだ。付かず離れずの関係を保っている限り、愛の犠牲になることはないからだ。愛を理由に、奪われることはないからだ。



The body saves you, for it gets away from total sacrifice and gives to you the time in which to build again your separate self, which you truly believe diminishes as you and your brother meet.
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • get away from : 「〜から離れる、〜を避ける、〜を免れる」
  • total [tóutl] : 「完全な、全くの、全面的な、全部の、すべての、」
  • build [bíld] : 「建てる、建造する、構築する、架設す」
  • truly [trúːli] : 「心から、誠実に、正直に、全く、本当に、真に、正確に、忠実に」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する、信頼する」
  • diminish [dimíniʃ] : 「小さくなる、減少する、縮小する、衰える」
❖ "The body saves ~ "「肉体は、あなたを救う」。肉体は、あなたの分離を保ってくれる。その意味で、あなたを愛の犠牲から救っている。"for it gets away from ~ "「なぜなら、肉体は完全な犠牲から逃れ、あなたの分離した自己を再び構築する時間をあなたに与えてくれるからだ」。あなたが同胞に近づきすぎて、愛を感じるようになると、肉体は、愛の犠牲を恐れて逃げ出すのである。あなたを同胞から引き離そうとする。そうすれば、分離を失いかけたあなたは、再び、完全な分離状態の自分を再構築することが出来るのである。"which you truly ~ "「あなたの分離した自己は、あなたと同胞が会うことによって、どんどん減少していくと、あなたは本当に信じているのである」。分離した自己が減少するにしたがい、愛という重荷が加わっていき、その愛があなたに犠牲を強いると、あなたは信じているのだ。そこで、あなたは肉体を上手に利用して、再び同胞との距離を広げて、自分の分離を保とうとするのである。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp