●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.X.6:1 ~ T-13.X.7:8

6. As long as you believe that guilt is justified in any way, in anyone, whatever he may do, you will not look within, where you would always find Atonement.

  • As long as : 「〜する限り、〜である限りは、〜する以上は」
  • justify [dʒʌ́stəfài] : 「弁明する、正当化する、正当だと証明する」
  • in any way : 「何らか、多少なりとも、決して、形はどうあれ」
  • whatever [(h)wʌtévə(r)] : 「〜するのは何でも」
  • within [wiðín] : 「内部で、内側は」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
  • Atonement [ətóunmənt : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
❖ "As long as you believe that ~ "「あなたがthat以下を信じている限り、」"that guilt is justified ~ "「罪は、形はどうであれ、同胞が誰であろうと、彼が何をしようが、正当化される」と信じている限り。罪が正当化されるとは、罪があって当然だと判断すること。"you will not look ~ "「あなたは心の内部を覗くことはないであろう」。"where you would always ~ "その気にさえなれば、「心の内部に、あなたは、いだって贖罪を見つけることが出来るのだ」。あなたが罪ばかりを追いかけているうちは、心の内側を見ることが疎かになり、贖罪のチャンスを逸してしまうことになる。



The end of guilt will never come as long as you believe there is a reason for it. For you must learn that guilt is always totally insane, and has no reason.
  • reason [ríːzn] : 「理由、動機、原因、根拠」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を知る、分かる、悟る、〜を学ぶ」
  • totally [tóut(ə)li] : 「全体的に、全体として、全く、完全に」
  • insane [inséin] : 「正気でない、精神障害の、非常識な」
❖ "The end of guilt will ~ "「あなたが、罪には理由があると信じている限り、罪の意識の終わりは来ないであろう」。"For you must learn ~ "「なぜなら、あなたは、罪とは常に完全に狂っており、何の理由ももたないと学ばねばならないからだ」。罪には存在理由がない。なぜなら、幻想に過ぎないからだ。幻想に過ぎないという事情を、ここでは「完全に狂っている」と表現している。あなたが、その幻想に過ぎない罪に存在理由があると思っている限りは、罪は決して消滅しない。



The Holy Spirit seeks not to dispel reality. If guilt were real, Atonement would not be.
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する、探求する」
  • seek to do : 「〜しようとする」
  • dispel [dispél] : 「〜を追い払う、払いのける、払拭する」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
❖ "The Holy Spirit seeks ~ "「ホーリー・スピリットは、実相を払拭することを追い求めたりしない」。"If guilt were real ~ "仮定法過去、「もし、罪の意識が実相であるなら、贖罪は存在しない」。罪が幻想に過ぎないからこそ、ホーリー・スピリットは、神の子は実相において完全に無辜(むこ)であると我々に教えることが出来、それによって我々は贖罪を果たすのである。ACIMの贖罪とは、自己の完全無辜性を受け入れることである。もし、罪が現実に存在するものであるなら、ホーリー・スピリットは実相を払拭することは決してないので、罪もそのまま温存しておくであろうし、結果、贖罪も果たされることはない。



The purpose of Atonement is to dispel illusions, not to establish them as real and then forgive them.
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
  • forgive [fə(r)gív] : 「許す、容赦する、勘弁する」
❖ "The purpose of Atonement ~ "「贖罪の目的は、幻想を払拭することである」。"not to establish them as real ~ "「幻想を実相として確立し、その上で幻想を許すということではない」。ここの文章は短いが、非常に大切である。この文の"illusions"を"guilt"に置き換えても、完全に意味が通じる。罪は幻想だからだ。ちなみに、"The purpose of Atonement is to dispel guilt, not to establish it as real and then forgive it."となる。



7. The Holy Spirit does not keep illusions in your mind to frighten you, and show them to you fearfully to demonstrate what he has saved you from.
  • frighten [fráitn] : 「〜を怖がらせる、脅かす」
  • fearfully [fíərfəli] : 「恐れて、恐ろしいほどに、ひどく」
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実証する、立証する、証明する、実演する」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
❖ "The Holy Spirit does not keep ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたを恐れさせるためにあなたの心の中に幻想を保持することはないし、」"and show them to you ~ "「ホーリー・スピリットがあなたを何から守っているのか実証してみせるために、幻想を恐ろしげにあなたに見せたりすることもない」。この逆をエゴは行う。いかにあなたが重い罪を背負っているか、どんなに神が怒り、復讐を準備しているかをあなたに示して脅すのである。



What he has saved you from is gone. Give no reality to guilt, and see no reason for it.
  • gone [gɔ́(ː)n] : 「go の過去分詞形」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • reason [ríːzn] : 「理由、動機、原因、根拠」
❖ "What he has saved ~ "「ホーリー・スピリットがあなたを守っているその対象は去ってしまった」。罪は去ってしまった。だから、"Give no reality ~ "「罪に現実性を与えてはいけないし、」"and see no reason ~ "「罪に存在理由を見つけてはいけない」。実相の世界は想念の世界であるから、信じたものは現実性、実在性をもってしまう。もし、あなたが自分の罪を信じてしまうと、幻想に過ぎない罪は、あなたにとっては現実に実在する存在となってしまう。そうすることを避けなさいと言っているわけだ。



The Holy Spirit does what God would have him do, and has always done so. He has seen separation, but knows of union.
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • know of : 「〜について知っている」
  • union [júːnjən] : 「結合、合併、融合、団結」
❖ "The Holy Spirit does ~ "「ホーリー・スピリットは、神がホーリー・スピリットにやってほしいと思うことをするのであるし、」"and has always ~ "「いつもそうしてきた」。ホーリー・スピリットは神と神の子の間の媒介役である。したがって、ホーリー・スピリットは神の意志、神の良心、神の愛そのものと思ってもいい。"He has seen separation ~ "「ホーリー・スピリットは分離を見たこともあるが、」"but knows of ~ "「再統一も知っている」。その昔、神の子が神から分離し、心を分裂させたことをホーリー・スピリットは知っている。実相世界は無時間の世界であるから、すべてが一瞬にして起き、その一瞬が永遠に続く。神の子の神からの分離が起きたのもその一瞬であり、神の子がその心を散り散りに分裂させたのもその一瞬、そして、神の子が神の元へ回帰し、再び心を統一したのもその一瞬である。我々は時空間の存在する幻想世界に住んでいるので、リニアな時間に従わなくてはならない。分離分裂は過去としてとらえ、再統一は未来に待っている。しかし、実相世界に住まうホーリー・スピリットには、再統一がすでに終わったこととして見えているのだ。ホーリー・スピリットが再統一を知っているとは、そういうことである。



He teaches healing, but he also knows of creation. He would have you see and teach as he does, and through him. Yet what he knows you do not know, though it is yours.
  • healing [híːliŋ] : 「治療、回復、治癒、癒やし」
  • creation [kriéi∫n] : 「創造、創作」
  • through [θruː] : 「〜を介して、〜を通じて、〜の手を経て」
❖ "He teaches healing ~ "「ホーリー・スピリットはヒーリングを教える」。"but he also knows ~ "「しかし、ホーリー・スピリットは創造もまた知っている」。神の子の機能を思い出してもらいたい。神の子がこの幻想世界で果たさねばならない機能はヒーリング。そして、神の子が実相世界で果たさねばならない機能は創造である。ホーリー・スピリットはその両者をきちんと踏まえた上で、神の子の導きを遂行しているのである。"He would have you see ~ "「ホーリー・スピリットは、ホーリー・スピリットを通して、ホーリー・スピリットのするように、あなたに見てほしいし、教えてほしいと思っている」。"Yet what he knows ~ "「しかし、ホーリー・スピリットの知っていることを、あなたは知らない」。"though it is ~ "「ホーリー・スピリットの知っていることは、あなたのものであるのにも関わらずである」。ホーリー・スピリットはあなたの心の中に住んでいる。したがって、ホーリー・スピリットの知っている叡智を、あなたはいつでも手にすることが出来るはずなのだ。しかし、あなたはそれに気がついていない。あなたの心の中の無限の叡智に触れられることを知らないのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp