●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.XI.4:1 ~ T-13.XI.5:6

4. Nothing in this world can give this peace, for nothing in this world is wholly shared.

  • wholly [hóu(l)li] : 「完全に、全く、全体として、全体的に」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "Nothing in this ~ "「この幻想の世界の何ものも、このような平和を与えることは出来ない」。"for nothing in this ~ "「なぜなら、この世界の何ものも、完全に分かち合われるということがないからだ」。実相世界の平和は争いという対極概念を持たない純粋な平和であって、しかも、実相世界では平和は分かち合われ、分かち合われることで拡張、増大する。幻想の世界ではそういうことがない。



Perfect perception can merely show you what is capable of being wholly shared.
  • Perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完ぺきな、完全な」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、知見、見識、感じ方」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • show [∫óu] : 「見せる、示す、表す、表示する、気付かせる、教える」
  • capable [kéipəbl] : 「能力がある、有能な」
  • be capable of : 「〜の能力がある、〜の才能がある、〜ができる」
❖ "Perfect perception can ~ "「完璧な知覚は、ただあなたに、完全に分かち合われ得るものだけを見せることが出来るのである」。完璧な知覚には、分かち合うことの出来る実相の事象だけが捉えられる。なぜなら、完璧な知覚は真実だけを感知するからだ。



It can also show you the results of sharing, while you still remember the results of not sharing.
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、効果、成果」
  • while [(h)wáil] : 「 〜なのに、〜ではあるものの、〜だが」
  • still [stíl] : 「まだ、いまだに、今もなお」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
❖ "It can also show you ~ "「完璧な知覚はまた、あなたに、分かち合いの結果を見せることが出来る」。分かち合われ、拡張増大していく結果が見えてくる。"while you still remember ~ "「いまだ、あなたが、分かち合われない場合の結果を覚えているうちに」。つまり、幻想世界の分かち合われない現象が個々ばらばらに変化流動していく様を忘れてしまわないうちに、ということ。さて、何を意味しているのか考えよう。知覚が完璧だとはいえ、知覚は幻想世界のものであって、実相世界では知覚は叡智(knowledge)に質転換する。したがって、完璧な知覚が事象を捉えているのは、幻想世界と実相世界の中間地点においてである。その結果、完璧な知覚は、分かち合いのない幻想世界の様子も、分かち合いのある実相世界の様子も、共にあなたに見せているのだ。あなたは二つを比較検討出来るわけで、さて、あなたはどちらを選択するのだろう?



The Holy Spirit points quietly to the contrast, knowing that you will finally let him judge the difference for you, allowing him to demonstrate which must be true.
  • point to : 「〜を指摘する、〜を提示する、〜を指し示す」
  • quietly [kwáiətli] : 「静かに、音もなく、黙って、平穏に」
  • contrast [kəntrǽst] : 「コントラスト、対照、対比、正反対のもの」
  • finally [fáin(ə)li] : 「ついに、最後に、最終的に、とうとう」
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「〜を判断する、〜を審判する」
  • difference [díf(ə)r(ə)ns] : 「違い、差異、相違」
  • allow [əláu] : 「〜を許す、許可する、許容する」
  • demonstrate [démənstrèit] : 「論証する、実証する、実演する」
❖ "The Holy Spirit points ~ "「ホーリー・スピリットは静かに、コントラストを指摘する」。実相世界の分かち合われるものと幻想世界の分かち合われないもののコントラスト。"knowing that you ~ "分詞構文、付帯状況、「ホーリー・スピリットは、あなたが最終的に、その違いをあなたのためにホーリー・スピリットに判断させることを知っているし、」"allowing him to demonstrate ~ "「あなたは、ホーリー・スピリットに、どちらが真実か実証させることを許すだろう」。あなたが選択するのに際して、ホーリー・スピリットの判断を仰ぐことをホーリー・スピリットは了解済みなのだ。



He has perfect faith in your final judgment, because he knows that he will make it for you.
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、自信、信念、確信、信仰」
  • final [fáinl] : 「最後の、最終の、決定的な、確定的な」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、判断力、意見、分別、判決、審判」
❖ "He has perfect faith ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたの最終判断を完全に信じている」。"because he knows ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットは、ホーリー・スピリットがあなたのために最終判断を作ってあげるであろうことを知っているからだ」。あなたは選択に迷い、最後にホーリー・スピリットの判断を仰ぐ。ホーリー・スピリットはどちらが真実かをあなたに示す。あなたはその判断を自分の判断として最終選択に臨む。こういう流れ。



To doubt this would be to doubt that his mission will be fulfilled. How is this possible, when his mission is of God?
  • doubt [dáut] : 「〜を疑う、〜を疑問に思う」
  • mission [mí∫n] :「任務、特別任務、特命、使命」
  • fulfill [fulfíl] : 「実現させる、成就する、果たす、全うする」
❖ "To doubt this ~ "「ホーリー・スピリットの判断に疑いを持つことは、ホーリー・スピリットの使命が成就されることに疑問を持つことである」。"How is this possible ~ "「ホーリー・スピリットの使命は神の使命でもあるのに、こんなこと(疑い)がどうして可能か」。ホーリー・スピリットの判断は正しいし、ホーリー・スピリットの使命は必ず成就する、ということ。疑いを持つ必要はない。



5. You whose mind is darkened by doubt and guilt, remember this: God gave the Holy Spirit to you, and gave him the mission to remove all doubt and every trace of guilt that his dear Son has laid upon himself.
  • darken [dάːrkən] : 「〜を暗くする、薄暗くする」
  • doubt [dáut] : 「疑い、疑念、疑惑」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • remove [rimúːv] : 「取り除く、取り去る、取り外す、除去する」
  • trace [tréis] : 「跡、足跡、形跡、痕跡」
  • dear [díə(r)] : 「親愛な、いとしい、かわいい、敬愛する、大切な」
  • laid [léid] : 「lay の過去・過去分詞形」
  • lay [léi] :「〜を横たえる、〜を置く、築く、構築する」
❖ "You whose mind is ~ "「疑いと罪の意識で暗くされた心をもっているあなたよ、これを思い出しなさい」。"God gave the Holy Spirit ~ "「神はあなたにホーリー・スピリットを与えたのであり、」"and gave him the mission ~ "「神はホーリー・スピリットに、愛しい神の子が自分自身に科したすべての疑い、すべての罪の痕跡を取り除くという使命を与えたのである」。



It is impossible that this mission fail. Nothing can prevent what God would have accomplished from accomplishment.
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • mission [mí∫n] :「任務、特別任務、特命、使命」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる、破産する」
  • prevent [privént] : 「防ぐ、妨げる、防止する、阻む、阻止する、止める」
  • prevent A from B : 「AがBするのを妨げる」
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、遂行する、果たす、完遂する、成就する」
  • accomplishment [əkάmpliʃmənt] : 「成就、達成、完成」
❖ "It is impossible that ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「この使命が失敗に終わる可能性はない」。"Nothing can prevent ~ "「何ものも、神が成就させようとしたものが、成就するのを妨げることは出来ない」。ここは、神が成就させようと意志したものは、誰の邪魔もされず必ず成就する、という意味に捉えてもいいし、無時間の実相世界では、神が意志したことは一瞬にして成就し終わり、その一瞬が永遠に続いている、と捉えてもいいだろう。成就し終わり、完了した事象を、リニアな時間が追体験するのである。



Whatever your reactions to the Holy Spirit's Voice may be, whatever voice you choose to listen to, whatever strange thoughts may occur to you, God's Will is done.
  • Whatever [(h)wʌtévə(r)] : 「〜するのは何でも、どんなものが〜しても」
  • reaction [ri(ː)ǽk∫n] : 「反応、態度、受け止め方」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • listen [lísn] : 「耳を傾ける、傾聴する、聴く、聞く」
  • listen to : 「〜に耳を傾ける、〜を聴く、〜を聞く」
  • strange [stréin(d)ʒ] : 「奇妙な、変わった、変な、見知らぬ」
  • thought [θɔ́ːt] : 「考え、見解、思い付き、思索、熟考」
  • occur [əkə́ː(r)] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
  • Will [wíl] : 「意志、精神力」
  • done [dʌ́n] : 「do の過去分詞」
❖ "Whatever your reactions ~ "「あなたのホーリー・スピリットの声に対する反応がどんなものであっても、」"whatever voice you ~ "「あなたが耳を傾けようと選択した声がどんなものであっても、」"whatever strange thoughts may ~ "「どんなに奇妙な考えがあなたに生まれても、」"God's Will is ~ "「神の意志は果たされるのである」。無時間な実相世界では、神の意志はすでに果たされいる。リニアな時間の存在するこの世界において、このことを表現すると、神の意志は必ず果たされる、ということになるわけだ。



You will find the peace in which he has established you, because he does not change his mind.
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
  • change [t∫éin(d)ʒ] : 「〜を変える、〜を変更する、〜を変換する」
❖ "You will find the peace ~ "「あなたは、神があなたを確立した、その平和を見出すだろう」。神があなたを確立したとは、神があなたを創造した、と捉えていいだろう。神はあなたを愛と喜びと平和のうちに創造したのである。その愛と喜びと平和は永遠に変わらない。"because he does not ~ "「なぜなら、神は決してその心を変えたりしないからだ」。



He is invariable as the peace in which you dwell, and of which the Holy Spirit reminds you.
  • invariable [invé(ə)riəbl] : 「変わらない、変えられない、不変の、一定の」
  • dwell [dwél] : 「住む、居住する、存在する」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • remind A of B : 「AにBのことを思い出させる」
❖ "He is invariable as the peace ~ "「あなたが住まう平和が変化しないように、神も変化しない」。"and of which the Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットはそのことをあなたに思い起こさせてくれるのである」。実相世界は変化流動することはなく、永遠不変である。この幻想の世界にあって、あなたの心の中のホーリー・スピリットは、かつてあなたが住んでいた実相世界の永遠不変性を思い起こさせてくれるのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp