●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-14.III.11:1 ~ T-14.III.12:6

11. It will never happen that you must make decisions for yourself. You are not bereft of help, and help that knows the answer.

  • happen [hǽpn] : 「起こる、発生する、降り懸かる」
  • decision [disíʒ(ə)n] : 「解決、決定、決意、決心、決議」
  • for oneself : 「自分のために、自力で」
  • bereft [biréft] : 「bereave の過去・過去分詞形」
  • bereave [biríːv] : 「奪う、奪い去る」
  • bereave of : 「〜を奪う」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「答え、回答、返事、応答」
❖ "It will never happen ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「that以下は決して起こらない」。"that you must make ~ "「あなたが自力で決定しなくてはならないようなことは」決して起こらない。"You are not bereft ~ "「あなたは助けを奪われたのでもなければ、答えを知っている援助者を奪われたのではない」。もちろん、ホーリー・スピリットのこと。ホーリー・スピリットはあなたに代わって決定を下してくれる。なぜなら、ホーリー・スピリットは答えを知っているからだ。あなたはそれを信じて、ホーリー・スピリットの指示に従えばいい。そんなことでは自主性が損なわれかねないと、あなたは思うであろうか? しかし、あなたの心の中のホーリー・スピリットは、結局、あなた自身なのである。ご心配には及ばぬ。



Would you be content with little, which is all that you alone can offer yourself, when he who gives you everything will simply offer it to you?
  • content [kántent] : 「満足している」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • when [(h)wén] : 「〜であるのに」
  • simply [símpli] : 「簡単に、分かりやすく、造作なく、たやすく」
❖ ここは後ろから訳す、"when he who gives you ~ "「あなたにすべてを与えるホーリー・スピリットが、たやすくあなたに満足すべきものを差し出してくれるというのに、」"Would you be content ~ "「あなた一人があなた自身に差し出せるほんのわずかなものに、あなたは満足できるであろうか」。あなた一人の力では、得られるものには限界がある。しかし、ホーリー・スピリットが提供してくれるものには限界がない。



He will never ask what you have done to make you worthy of the gift of God. Ask it not therefore of yourself.
  • ask [ǽsk] : 「〜を尋ねる、質問する」
  • make [méik] [SVOC] : 「〜の状態にする」
  • worthy [wə́ː(r)ði] : 「〜に値する、〜するに足りる、ふさわしい」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
❖ "He will never ask ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが神からの贈り物としてふさわしい者にするために、あなたがやってしまったことを決して尋ねたりしないであろう」。"Ask it not therefore ~ "「だからあなたも、自分にそんなことを尋ねたりしてはいけない」。ACIMでは、過去は幻想であり、存在しない。過去は夢のまた夢である。存在もしない、幻想の過去をほじくり出して、なんの意味があろう。ホーリー・スピリットは無意味なことをするはずがない。



Instead, accept his answer, for he knows that you are worthy of everything God wills for you.
  • Instead [instéd] : 「代わりに、それよりむしろ、そうしないで」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • will [wíl] : 「意志する」
❖ "Instead, accept ~ "「その代わり、ホーリー・スピリットの答えを受け入れなさい」。"for he knows that ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットはthat以下を知っているのだから」。"that you are worthy ~ "「あなたは、神があなたのために意志するすべてに値する」と知っているのだから。神は神の子を自分の分身として創造した。神の属性のすべてを神の子に継承したので、神の子は神であると言ってもいい。神の子であるあなたにはそれだけの価値がある。



Do not try to escape the gift of God he so freely and so gladly offers you. He offers you but what God gave him for you.
  • try [trái] : 「試す、やってみる、試みる、企てる」
  • escape [iskéip] : 「〜を免れる、はぐらかす、逃げる」
  • freely [fríːli] : 「大量に、惜しみなく、制限されずに、自由に」
  • gladly [glǽdli] : 「喜んで」
❖ "Do not try to ~ "「神が惜しみなく、喜んであなたに差し出してくれる贈り物を受け取らないことにしようなどと思ってはいけない」。"He offers you but ~ "「ホーリー・スピリットは、神があなたのためを思って与えてくれるものだけをあなたに差し出すのである」。ホーリー・スピリットが神と神の子の間の媒介者であることを思い出そう。



You need not decide whether or not you are deserving of it. God knows you are.
  • decide [disáid] : 「決定する、決心する、〜しようと決心する」
  • whether [(h)wéðə(r)] or not : 「〜かどうか、いずれにせよ」
  • deserve [dizə́ː(r)v] : 「ふさわしい、値する、〜を受けるに値する」
  • deserving of : 「〜を受けるべき、〜に値する」
❖ "You need not decide ~ "「あなたは、あなたが神からの贈り物を受け取るに値するかどうか、決定する必要はない」。"God knows ~ "「神は、あなたにはその価値があることを知っているのだ」。この辺の記述は、ACIMの絶対他力性がよく表現されている。あなたは、積極的にと言うより、絶対的にホーリー・スピリットに依存していいのである。依存すべきなのだ。神がそうであるように創造したのだから。



12. Would you deny the truth of God's decision, and place your pitiful appraisal of yourself in place of his calm and unswerving value of his Son?
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理」
  • decision [disíʒ(ə)n] : 「解決、決定、決意、決心、判決」
  • pitiful [pítifl] : 「気の毒な、痛ましい、哀れな、惨めな、卑しむべき」
  • appraisal [əpréizl] : 「評価、査定、値踏み」
  • in place [pléis] of : 〜の代わりに、〜の代理で
  • calm [káːm] : 「穏やかな、静かな、冷静な、落ち着いた、穏和な」
  • unswerving : 「変わらない、揺るぎない、動じない、不動の」
  • swerve [swə́ː(r)v] : 「急にそれる、逸脱する、正道を踏み外す」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち、真価」
❖ "Would you deny ~ "「あなたは、神の決定の真実を拒否したいのだろうか」。"and place your pitiful appraisal ~ "「そして、神の穏やかで揺るぎない、神の子に対する評価の代わりに、あなた自身に対する哀れな評価を置きたいのだろうか」。他力を廃し、自力にこだわると、結局「あなた自身に対する哀れな評価」に陥ってしまうのである。



Nothing can shake God's conviction of the perfect purity of everything that he created, for it is wholly pure.
  • shake [ʃéik] : 「揺する、揺るがす、〜を動揺させる、ぐらつかせる」
  • conviction [kənvíkʃən] : 「信念、確信」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完ぺきな、完全な」
  • purity [pjú(ə)rəti] : 「清らかさ、純正、汚れのないこと、清浄」
  • creat [kriéit] : 「創造する、作り出す」
  • wholly [hóu(l)li] : 「完全に、全く、全体として、全体的に」
  • pure [pjúə(r)] : 「 純粋な、清潔な、純血の、清らかな、純然たる」
❖ "Nothing can shake ~ "「神が創造したすべてのものの完璧な純粋さに対する神の確信を、いかなるものの揺るがすことは出来ない」。"for it is wholly ~ "「なぜなら、神の創造したものは完璧に純粋だからである」。したがって、神の創造した神の子も完璧に純粋である。ところが、あなたはそのことに確信が持てないでいる。しかし、ホーリー・スピリットは確信を持っているので、そのことに関してもホーリー・スピリットの判断に依存していいのである。



Do not decide against it, for being of him it must be true.
  • decide [disáid] : 「 決定する、決心する、決意する」
❖ "Do not decide ~ "「神の創造したものに対抗するような決定はしてはいけない」。"for being of him ~ "分詞構文、理由、「なぜなら、神のものなので、神の創造したものは真実なのだから」。したがって、決定もホーリー・スピリットに任せていい。



Peace abides in every mind that quietly accepts the plan God set for its Atonement, relinquishing its own.
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • quietly [kwáiətli] : 「静かに、黙って、平穏に」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • Atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
  • relinquish [rilíŋkwi∫] : 「放棄する、手放す、あきらめる、断念する」
❖ "Peace abides in every mind ~ "「自分流の贖罪のプランを捨て、神がその人のためにセットした贖罪のプランを静かに受け入れる心に、平和が宿る」。この辺の記述にも、ACIMの絶対他力性がよく表されている。神の子は誰にも頼らず、自力で救済や贖罪を果たさなくていいのである。むしろ、それは不可能であるから、積極的に、あるいは絶対的にホーリー・スピリットの手助けを得ていいのだ。



You know not of salvation, for you do not understand it.
  • know of : 「〜について知っている」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
❖ "You know not ~ "「あなたは救済について知ってはいない」。"for you do not ~ "「なぜなら、あなたは救済を理解していないからだ」。だから、ますます絶対他力を信じて、ホーリー・スピリットの他力に頼りきっていいのである。



Make no decisions about what it is or where it lies, but ask the Holy Spirit everything, and leave all decisions to his gentle counsel.
  • decision [disíʒ(ə)n] : 「解決、決定、決意、決心、決議」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る、横たわっている」
  • leave [líːv] : 「〜を任せる、頼む、委ねる」
  • leave A to B : 「AをBに任せる」
  • gentle [dʒéntl] : 「優しい、寛大な、穏やかな」
  • counsel [káunsl] : 「助言、勧告、忠告」
❖ "Make no decisions about ~ "「救済は何なのか、救済はどこにあるか、(自分で)決定してはいけない」。"but ask the Holy Spirit ~ "「そうではなく、すべてをホーリー・スピリットに尋ねなさい」。"and leave all decisions ~ "「そして、すべての決定を、ホーリー・スピリットの優しい助言に任せなさい」。絶対他力によって、ホーリー・スピリットにすべてを任せたからといって、あなたの自主性が損なわれるわけではない。なぜなら、あなたの心に住まうホーリー・スピリットは、究極的にあなた自身なのだから。なぜなら、実相世界では、純粋一元論の必然として、神の子、ホーリー・スピリット、神の三位が一体となって、究極の"Go is"「神ありき」という一点に収斂するからである。したがって、絶対他力と言っても、結局は、あなたはあなた自身で問題を解決したことになるのだ。誤解を恐れずに言えば、絶対他力は絶対自力に収斂する。すなわち、絶対他力と絶対自力は結局、同じものなのである。自他一如という言葉の、自と他を、自力と他力ととらえれば、自他一如という一元論の真理が理解できよう。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp