●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-14.III.7:1 ~ T-14.III.8:7

7. The way to teach this simple lesson is merely this: Guiltlessness is invulnerability. Therefore, make your invulnerability manifest to everyone.

  • simple [símpl] : 「簡単な、簡素な、単純な、容易な」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • Guiltlessness [gíltlisnis] : 「無実、無辜(むこ)、潔白」
  • invulnerability : 「傷つかないこと、弱さがないこと、不死身であること」
  • manifest [mǽnəfèst] : 「明白な、明らかな、明らかにする」
❖ "The way to teach ~ "「(闇の幻想にはパワーはないという)この簡潔なレッスンを教える方法は、単に次のようになる」。"Guiltlessness is ~ "「無辜(むこ)であるとは傷つくことがないということである」。"Therefore, make your ~ "「したがって、すべての人たちに、傷つくことがないことを明白にしなさい」。



Teach him that, whatever he may try to do to you, your perfect freedom from the belief that you can be harmed shows him that he is guiltless.
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完ぺきな、完全な」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • harm [háː(r)m] : 「害する、阻害する、〜に危害を加える」
  • show [∫óu] : 「教える、明らかにする」
  • guiltless [gíltlis] : 「罪のない、潔白な、経験のない」
❖ "Teach him that"「同胞にthat以下を教えてやりなさい」。"whatever he may try ~ "「彼があなたに何をしようとも、」"your perfect freedom from ~ "「あなたが傷つけられる可能性があると信じる心から完全に解放されたあなたは、彼も無辜(むこ)であると示すことになるのである」。ACIMでは、無辜であることと傷つけられないことは同一視される。無辜であるから傷つかない、傷つかないから無辜である。さらに、あなたと同胞は自他一如で同一であるから、あなたが傷つかないことを信じることは、彼が無辜であることを示しているのである。



He can do nothing that can hurt you, and by refusing to allow him to think he can, you teach him that the Atonement, which you have accepted for yourself, is also his.
  • hurt [hə́ː(r)t] : 「〜を傷つける、〜の感情を損なう、〜の感情を害する」
  • refuse [rifjúːz] : 「拒む、拒絶する、断る」
  • allow [əláu] : 「〜を許す、許可する、許容する」
  • allow A to do : 「Aが〜することを許す」
  • Atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "He can do nothing that ~ "「同胞は、あなたを傷つけ得るようなことは何も出来ない」。"and by refusing to allow ~ "「かれが傷つけ得ると考えることを許すのを拒むことで、」"you teach him that ~ "「あなたは彼にthat以下を教えることになる」。"that the Atonement ~ "「贖罪、それはあなたがあなた自身のために受け入れたのだが、その贖罪は、また同胞の贖罪でもある」ことを教えることになる。まさに自他一如。あなたの贖罪は彼の贖罪につながる。



There is nothing to forgive. No one can hurt the Son of God. His guilt is wholly without cause, and being without cause, cannot exist.
  • forgive [fə(r)gív] : 「許す、容赦する、勘弁する」
  • wholly [hóu(l)li] : 「完全に、全く、全体として、全体的に」
  • without [wiðáut] : 「 〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • cause [kɔ́ːz] : 「原因、要因、理由」
  • exist [igzíst] : 「存在する、生きている、生存する、存続する」
❖ "There is nothing ~ "「許さねばならないことなど何もない」。"No one can hurt ~ "「誰も、神の子を傷つけることは出来ない」。"His guilt is ~ "「神の子の罪の意識は、完全に原因がない」。"and being without ~ "分詞構文、理由、「原因がないので、存在しない」。ここは誤解が生じやすい箇所である。まず、許すべきことはない、と言っているが、これは、実相世界における神の子は無辜(むこ)であるから、何も許すべきことがない、と言うことであって、幻想世界における神の子について言っているのではない。したがって、幻想世界において、赦しは必要ないという主張ではない。むしろ、その逆で、神の子として本当は無辜(むこ)であるから、彼を無条件で赦すことが、この幻想世界では求められている。同様に、神の子は本当は無辜(むこ)であるから傷つかないのだが、幻想世界で罪の意識を抱いている限りは、彼は傷つきやすく、もろい存在である。さらに、その罪の意識は、幻想の世界で抱いている思い込みに過ぎない。実相世界にはその罪の原因は存在しない。したがって、罪は存在しない。



8. God is the only Cause, and guilt is not of him. Teach no one he has hurt you, for if you do, you teach yourself that what is not of God has power over you.
  • hurt [hə́ː(r)t] : 「〜を傷つける、〜の感情を損なう、〜の感情を害する」
❖ "God is the only ~ "「神は唯一の原因である」。"and guilt is not ~ "「罪は神のものではない」。したがって、罪に原因はない。よって、存在しない。"Teach no one he has ~ "「神があなたを傷つけるなどということを、誰にも教えてはならない」。"for if you do, you teach ~ "「もし、あなたがそんなことをしたなら、」"you teach yourself ~ "「神のものではないものが、あなたに対してパワーを持っていると、あなた自身に教えることになるからだ」。神のものではないものとは、実在しないもの、つまり幻想の産物のこと。だから、神があなたを傷つけ得ると思うことは幻想なのである。真実ではないから、誰にもそんなことを教えてはならないのである。



The causeless cannot be. Do not attest to it, and do not foster belief in it in any mind.
  • causeless [kɔ́ːzlis] : 「原因のない、原因不明の、正当な理由のない」
  • attest [ətést] : 「〜が正しいと証明する」
  • foster [fɔ́(ː)stə(r)] : 「〜を育てる、養育する、育成する、〜を心に抱く、呼び起こす」
❖ "The causeless ~ "「原因なきものは存在できない」。"Do not attest ~ "「そんなものが存在できるなどと証言してはならない」。"and do not foster ~ "「そして、心の中で、そんなことを信じる思いを育ててはならない」。



Remember always that mind is one, and cause is one. You will learn communication with this oneness only when you learn to deny the causeless, and accept the Cause of God as yours.
  • Remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • communication [kəmjùːnikéi∫n] : 「伝達、通信、連絡、交信」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "Remember always that ~ "「心は一つであること、そして原因も一つであることをいつも覚えておくように」。幻想世界でこそ、我々神の子の心は散り散りに分裂しているが、本来、実相世界では心は一なるものである。そして、実相世界の存在原因は神のみである。"ou will learn communication ~ "「あなたが原因なきものを否定することを学び、神という原因をあなたのものとして受け入れるときに限って、あなたはこの一なるものとのコミュニケーションを学ぶことになるであろう」。幻想を否定し、存在の第一原因として神を受け入れるとき、実相世界の一なるもの、神、とのコミュニケーションが可能となるだろう。



The power that God has given to his Son is his, and nothing else can his Son see or choose to look upon without imposing on himself the penalty of guilt, in place of all the happy teaching the Holy Spirit would gladly offer him.
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • impose [impóuz] : 「課す、負わす、かける、与える、強いる、強要する」
  • penalty [pén(ə)lti] : 「刑罰、処罰、違約金、罰金、罰、ペナルティ、罰則」
  • in place of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
  • gladly [glǽdli] : 「喜んで」
❖ "The power that God ~ "「神が神の子に与えたパワーは、神の子のものである」。"and nothing else can his Son ~ "「そして、それ以外のものを、神の子は見ることも、見ることを選ぶことも出来はしない」。"to look upon without ~ "「罪に対する罰を神の子自身の上に科すことがなかったら」。"in place of all the happy ~ "「ホーリー・スピリットが神の子に喜んで差し出すであろう幸せなすべての教えに換えて、」罪に対する罰を神の子自身の上に科すことがなかったら。意味が判然としないだろう。ここは肯定文に直してみるといい。つまり、ホーリー・スピリットの教えに換えて罰を自分自身に科したなら、神が与えてくれたパワー以外のものが見えてくるだけだ。つまり、神のパワーは見えてこない。自分自身を無辜(むこ)なるものと認識することで、神が与えてくれたパワーが見えてくるのである。つまり、贖罪を通過することで、あなたは奇跡を起こし得るパワーが身についてくるのだ。  
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp