●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-14.III.3:1 ~ T-14.III.4:6

3. There is no compromise that you can make with guilt, and escape the pain that only guiltlessness allays.

  • there is no : 「〜することはできない、〜がない」
  • compromise [kάmprəmàiz] : 「譲歩、妥協、歩み寄り、和解」
  • make a compromise with :「〜と妥協する、と歩み合う

  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • escape [iskéip] : 「〜を免れる、はぐらかす」
  • pain [péin] : 「痛み、痛覚、疼痛」
  • allay [əléi] : 「〜を和らげる、静める、軽くする、減らす、弱める」
❖ "There is no compromise ~ "「あなたは、罪と妥協して、無辜(むこ)だけが和らげ得る痛みから逃れることは出来ない」。



Learning is living here, as creating is being in Heaven.
  • Learning [lə́ː(r)niŋ] : 「習うこと、学ぶこと、学習」
  • living [líviŋ] : 「生きていること、生活、生存、生き方」
  • creating [kriéitiŋ] : 「創造すること、創造」
  • being [bíːiŋ] : 「存在、実在、生存、生命」
❖ "Learning is living ~ "「この幻想の世界においては、学ぶことは生きることである」。"as creating is ~ "「それはちょうど、天の王国において、創造することは存在することであるのと同じである」。この幻想の世界におけるあなたの機能はヒーリングであった。したがって、ヒーリングを学ぶことが求められている。ヒーリングとは、つまるところ、罪の意識からの解放である。実相世界での神の子の機能は創造である。創造することが存在形態であり、そこに喜びと愛が生まれる。



Whenever the pain of guilt seems to attract you, remember that if you yield to it, you are deciding against your happiness, and will not learn how to be happy.
  • Whenever [(h)wenévə(r)] : 「いつ〜しようとも、〜するときはいつでも」
  • attract [ətrǽkt] : 「魅惑する、魅了する」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • yield [jíːld] : 「譲る、譲歩する、屈する」
  • yield to : 「負ける、屈する、屈服する」
  • decide [disáid] : 「 〜しようと決心する、〜することに決める」
❖ "Whenever the pain of ~ "「罪の意識の痛みが、あなたを魅了しそうなときはいつでも、」"remember that if you ~ "「あなたがそれに屈したなら、あなたは幸福に反した決定を下したことになり、どうすれば幸せになれるか学ぶことが出来なくなることだと、思い出しなさい」。非常に強い口調である。ということは、非常に重要なことだと言える。声に出して読んで、きっちりと肝に銘じておこう。



Say therefore, to yourself, gently, but with the conviction born of the Love of God and of his Son:
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • gently [dʒéntli] : 「親切に、静かに、優しく、穏やかに」
  • conviction [kənvík∫n] : 「信念、確信」
  • born [bɔ́ː(r)n] : 「bearの過去分詞形」
  • bear [béə(r)] : 「生む、生み出す、産む」
❖ "Say therefore, to ~ "「したがって、あなた自身に、穏やかに、しかし、神と神の子の愛から生まれた確信をもって、次のように言いなさい」。



What I experience I will make manifest.

If I am guiltless, I have nothing to fear.

  • experience [ikspí(ə)riəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • make [SVOC] : 「〜の状態にする」
  • manifest [mǽnəfèst] : 「明白な、明らかな、明らかにする」
  • guiltless [gíltlis] : 「罪のない、潔白な」
  • fear [fíə(r)] : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
❖ "What I experience ~ "「私が経験することを、私は明確にするだろう」。"If I am guiltless ~ "「もし私が無辜(むこ)であるなら、恐れることなど何もない」。




I choose to testify to my acceptance of the
Atonement, not to its rejection.

  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • testify [téstəfài] : 「証言する」
  • testify to : 「〜を立証する、〜を証明する」
  • acceptance [əksépt(ə)ns] : 「承諾、承認、受諾、受理、支持、容認」
  • Atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
  • rejection [ridʒék∫n] : 「拒絶、断ること、拒否、棄却、却下」
❖ "I choose to testify ~ "「私は、贖罪の受け入れを証明することを選んだのであり、贖罪の拒絶を証明することを選んだのではない」。




I would accept my guiltlessness by making it
manifest and sharing it.

  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • guiltlessness [gíltlisnis] : 「無罪、無辜性、潔白」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "I would accept ~ "「私は、贖罪の受け入れを明確にし、贖罪を分かち合うことで、私の無辜性を受け入れたいと思う」。




Let me bring peace to God's Son from his Father.
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を持って来る、〜を連れて来る」
❖ "Let me bring peace ~ "「神から神の子へと、私に平和を運ばせてほしい」。



4. Each day, each hour and minute, even each second, you are deciding between the crucifixion and the resurrection; between the ego and the Holy Spirit.
  • hour [áuə(r)] : 「1時間」
  • minute [mínət] : 「分、わずかな時間、寸刻」
  • second [sék(ə)nd] : 「秒、瞬間、ちょっとの間、一刻」
  • decide [disáid] : 「決定する、決心する、決意する」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間に」
  • crucifixion [krùːsəfíkʃən] : 「磔刑、十字架刑、はりつけ」
  • resurrection [rèzərék∫n] : 「復興、再生、復活、よみがえり、蘇生」
❖ "Each day, each hour ~ "「毎日、毎時間、毎分、そして毎秒、」"you are deciding ~ "「あなたは、磔刑か復活か、エゴかホーリー・スピリットかの決定をしている」。あなたは、一瞬一瞬、幻想か実相かの選択をしている。



The ego is the choice for guilt; the Holy Spirit the choice for guiltlessness. The power of decision is all that is yours.
  • choice [t∫ɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • guiltlessness [ɡíltlisnis] : 「無罪、無辜(むこ)、潔癖」
  • decision [disíʒ(ə)n] : 「解決、決定、決意、決心、決議」
❖ "The ego is the choice ~ "「エゴは罪の選択であり、ホーリー・スピリットは無辜性の選択である」。"The power of decision ~ "「決定するパワーこそが、あなたがもっているすべてである」。



What you can decide between is fixed, because there are no alternatives except truth and illusion.
  • fix [fíks] : 「決める、決定する、確定する」
  • alternative [ɔːltə́ː(r)nətiv] : 「代わりとなるもの、代替物、取って替わるもの」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "What you can ~ "「何と何の間であなたは決定できるのかは、固定されているのである」。"because there are no ~ "「なぜなら、真実と幻想以外に、それに代わるものはないからである」。あなたが選択するできるのは、真実か、それとも幻想(虚偽)か、その二者択一なのである。



And there is no overlap between them, because they are opposites which cannot be reconciled and cannot both be true.
  • overlap : 「重複、重なり」
  • opposite [ápəzit] : 「反対、正反対、逆の物、反対の物」
  • reconcile [rék(ə)nsàil] : 「調和させる、調整する、調停する」
  • both [bóuθ] : 「両方とも、双方とも」
❖ "And there is no ~ "「真実と幻想の間にオーバーラップはない」。"And there is no ~ "「なぜなら、二者は、調和させることも出来ない、ともに正しいこともない、正反対のものだからである」。



You are guilty or guiltless, bound or free, unhappy or happy.
  • bound [báund] : 「bindの過去、過去分詞形」
  • bind [báind] : 「〜を束縛する、拘束する、〜に義務を負わせる」
❖ "You are guilty or ~ "「あなたは、罪があるか無辜(むこ)であるか、束縛されているか自由か、幸せか不幸か、そのいずれかなのである」。状態が完全に二分化、二極化されているから、そのどちらの状態を選び取るか、選択も二者択一である。これは二元論の幻想世界に生きるための必然的な選択である。しかし、一元論の実相世界では、無辜はあるが罪はなく、自由はあるが束縛はなく、幸せはあるが不幸はない、等々の、対極を持たない世界であるので、二者択一の選択というものもない。その世界へ突入することがあなたの使命であり、運命である。それを回避して、いったいあなたの人生はいかほどのものだと言えようか。
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp