●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-14.III.5:1 ~ T-14.III.6:7

5. The miracle teaches you that you have chosen guiltlessness, freedom and joy. It is not a cause, but an effect.

  • chosen [t∫óuzn] : 「choose の過去分詞形」choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • guiltlessness [gíltlisnis] : 「無罪、無辜、潔白」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
  • cause [kɔ́ːz] : 「原因、要因」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、作用」
❖ "The miracle teaches ~ "「奇跡はあなたにthat以下を教える」。"that you have chosen ~ "「あなたは、無辜、自由、喜びを選択したのだ」と教える。"It is not a ~ "「それは原因ではなく、結果である」。奇跡が起きた結果として、あなたの罪の意識は消え、解放され、喜びを覚えるわけだ。



It is the natural result of choosing right, attesting to your happiness that comes from choosing to be free of guilt.
  • natural [nǽt∫(ə)r(ə)l] : 「自然の、普通の、ありのままの」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果」
  • right [ráit] : 「正しさ、正当性、正しい考え方、道理、道理に合ったこと」
  • attest [ətést] : 「証言する、証明する」
  • attest to : 「証拠立てる、証言する、証明する、立証する」
  • happiness [hǽpinəs] : 「幸福、喜び、幸せ」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
❖ "It is the natural result ~ "「それは、正しいことを選択した自然な結果である」。"attesting to your happiness ~ "分詞構文、単純接続、「そして、罪の意識から自由になることを選択したことから来る幸せを証明している」。罪の意識から解放されるという正しい選択を行ったことが幸せという自然な結果に結びつく。



Everyone you offer healing to returns it. Everyone you attack keeps it and cherishes it by holding it against you.
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、ささげる、提供する」
  • return [ritə́ː(r)n] : 「〜を返す、戻す、返却する」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • keep [kíːp] : 「〜を持ち続ける、保持する」
  • cherish [t∫éri∫] : 「〜を大事にする、大切にする、抱く、心にしまっておく」
  • hold [hóuld] : 「維持する、保持する、持続する」
❖ "Everyone you offer ~ "「あなたがヒーリングを差し出したすべての人たちは、そのヒーリングを返してくれる」。あなたがヒーリングした者達は、今度はあなたをヒーリングしてくれる。自他一如であるから、あなたがヒーリングすることは、あなたがヒーリングされることと同じなのだ。"Everyone you attack keeps ~ "「あなたが攻撃したすべての人たちは、その攻撃をあなたに対抗して保持しすることで、心に保ち、大切にしまっておく」。攻撃されたことを恨みに思って、いつまでもあなたを恨み続ける。



Whether he does this or does it not will make no difference; you will think he does.
  • Whether [(h)wéðə(r)] : 「〜かどうか、〜であろうとなかろうと」
  • difference [díf(ə)r(ə)ns] : 「違い、差異、相違」
  • make no difference : 「違いがない」
❖ "Whether he does this ~ "「彼が(仕返しに)攻撃するかしないか、それには違いがない」。"you will think ~ "意訳すると、「あなたはきっと、彼が仕返しに攻撃するに違いないと思うだろうから」。攻撃された者が仕返しするかどうかが問題なのではなく、攻撃したあなたが、仕返しされるだろうと思い続けることが問題である。



It is impossible to offer what you do not want without this penalty. The cost of giving is receiving.
  • impossible [impásəbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • penalty [pén(ə)lti] : 「刑罰、処罰、違約金、罰金、罰、罰則」
  • cost [kɔ́(ː)st] : 「費用、経費、犠牲、代償、損失」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する、入手する」
  • receiving : 「受け取ること、非難の的になって」
❖ "It is impossible ~ "「ペナルティなくして、あなたが望まないことを差し出すことは不可能なのだ」。つまり、他者を攻撃したなら、それなりの罰がついてくる。他者が仕返しに攻撃しなくても、仕返しされるだろうという恐れが罰としてつきまとうのだ。"The cost of giving ~ "「与えることで支払うべきものは、受け取るということである」。与えれば、必ず自分に跳ね返って来る。それが良いことでも、悪いことでも。



Either it is a penalty from which you suffer, or the happy purchase of a treasure to hold dear.
  • Either [íːðə(r)] : 「〜か〜、または」
  • suffer [sʌ́fə(r)] : 「苦しむ、苦痛を感じる、不快な経験をする」
  • purchase [pə́ː(r)t∫əs] : 「購入、買ったもの、購入品、買い物、購買」
  • treasure [tréʒə(r)] : 「宝、富、宝物、財宝、貴重品、重要なもの」
  • dear [díə(r)] : 「親愛な、いとしい、かわいい」
  • hold dear : 「大切にする」
❖ "Either it is a penalty ~ "「返ってくるものが、あなたが苦痛を感じる罰であるか、」"or the happy purchase of ~ "「大切に出来る宝の幸せな買い物になるか、そのいずれかである」。ヒーリングを与えれば、ヒーリングという宝が返って来るだろうし、攻撃を加えれば、恨みという罰が返ってくる。



6. No penalty is ever asked of God's Son except by himself and of himself.
  • penalty [pén(ə)lti] : 「刑罰、処罰、違約金、罰金、罰、ペナルティ、罰則」
  • ask [ǽsk] : 「〜を求める、〜を頼む、依頼する、 〜を尋ねる」
  • ask of : 「〜に要求する」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "No penalty is ever ~ "「一切の罰は神の子に求められることはない」。"except by himself ~ "「神の子が自分で自分に罰を求める以外は」。



Every chance given him to heal is another opportunity to replace darkness with light and fear with love.
  • chance [t∫ǽns] : 「チャンス、好機、機会」
  • another [ənʌ́ðə(r)] : 「もう一つの、別の、ほかの」
  • opportunity [ὰpə(r)t(j)úːnəti] : 「機会、適時、チャンス、好機」
  • replace [ripléis] : 「〜を取り換える、交換する、差し替える」
  • darkness [dáː(r)knəs] : 「 暗さ、暗がり、暗闇」
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
❖ "Every chance given ~ "「神の子にヒーリングの機会が与えられるたびに、それは、」"is another opportunity ~ "「闇を光に、恐れを愛に置き換える、また別の好機である」。他者をヒーリングする機会は、自分がヒーリングされる好機でもある。



If he refuses it he binds himself to darkness, because he did not choose to free his brother and enter light with him.
  • refuse [rifjúːz] : 「拒む、拒絶する、断る」
  • bind [báind] : 「〜を縛る、結び付ける、〜を束縛する、拘束する」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
❖ "If he refuses it ~ "「もし神の子が、他者をヒーリングする機会を拒んだなら、」"he binds himself ~ "「神の子は自分自身を闇に縛り付けることになる」。"because he did not ~ "「なぜなら、彼は、同胞を解放し、同胞と共に光の中に入って行く選択をしなかったのだから」。他者をヒーリングする機会を拒絶することは、自分がヒーリングするされる好機を逃してしまうことである。



By giving power to nothing, he throws away the joyous opportunity to learn that nothing has no power.
  • throw [θróu] : 「〜を投げる、投じる」
  • throw away : 「〜を投げ捨てる、無駄にする」
  • joyous [dʒɔ́iəs] : 「うれしい、喜びに満ちた、楽しい」
❖ "By giving power ~ "「無意味なことにパワーを与えることで、」"he throws away ~ "「その神の子は、意味ないことはパワーを持ち得ないということを学ぶ絶好の喜びのチャンスを投げ捨ててしまったことになる」。"nothing"は「意味のないこと」、「非存在」、「無」、等々と考えていい。意味のないこと、無、つまり、幻想に力を与えるとは、その存在を信じてしまうこと。本来、存在もしない幻想はパワーの持ちようがないのだが、あなたが幻想の実在を信じてしまうことで、その学びの機会を逸してしまうのである。結果、あなたにとっては幻想がまるで実在するかのように顕現し、あなたに対して偽りのパワーを持つようになる。



And by not dispelling darkness, he became afraid of darkness and of light.
  • dispel [dispél] : 「〜を追い払う、払いのける、払拭する」
  • afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
❖ "And by not dispelling ~ "「闇を払拭することを怠ってしまうので、」"he became afraid ~ "「彼は、闇も、また光も恐れるようになってしまう」。闇の幻想も光の実相も共に恐れて、自分の夢の中に埋没し、目を覚まそうとしなくなる。



The joy of learning that darkness has no power over the Son of God is the happy lesson the Holy Spirit teaches, and would have you teach with him. It is his joy to teach it, as it will be yours.
  • have [həv] A do : 「Aに〜させる」
❖ "The joy of learning ~ "「闇は、神の子に対して何のパワーも持ち得ないと学ぶ喜びは、」"is the happy lesson ~ "「ホーリー・スピリットが教えてくれる幸せなレッスンであり、」"and would have you teach ~ "「ホーリー・スピリットはあなたにも、共に、(あなたの同胞に)教えて欲しいと思っている」。"It is his joy to ~ "「それを教えることはホーリー・スピリットの喜びであり、」"as it will be ~ "「それはまた、あなたの喜びにもなるであろう」。闇の幻想は何のパワーも持ち得ないという真実を学び合うのである。その真実を分かち合うことで、喜びは拡張、増大していく。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp