●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-16.IV.12:1 ~ T-16.IV.13:10

12. Your Father can no more forget the truth in you than you can fail to remember it.

  • no more A than B : 「AでないのはBでないのと同じ」
  • forget [fə(r)gét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
❖ "Your Father can ~ "「父なる神が、あなたの心の中の真実を忘れる可能性のないことは、あなたが真実を思い出すことに失敗する可能性のないことと同じである」。まわりくどい表現をしているが、要するに、神は真実を忘れないし、あなたは真実を必ず思い出す、ということ。



The Holy Spirit is the Bridge to Him, made from your willingness to unite with Him and created by His joy in union with you.
  • bridge [brídʒ] : 「橋、橋梁、桟橋」
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、いとわずにすること、やる気」
  • unite [junáit] : 「結合する、一体となる、一体化する、合体する」
  • unite with : 「〜と一緒になる、〜と結合する、〜と合体する」
  • creat [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
  • union [júːnjən] : 「結合、合併、融合、団結」
❖ "The Holy Spirit is ~ "「ホーリー・スピリットは神への掛け橋である」。ホーリー・スピリットは、神と神の子の間を取り持つ媒介役である。"made from your ~ "分詞構文、先頭にbeingを補うと良い、単純接続、「そして、その掛け橋は、神と結合したいというあなたの気持ちから作られたものであり、」"and created by His joy ~ "「あなたと結合することを喜ぶ、神のその喜びによって創造されたものである」。神はあなたに、神の子として回帰して欲しいと望み、あなたも神の王国へ回帰したいと望む。その両者の望みを叶えるために、神がホーリー・スピリットに、掛け橋となるよう使命を与えたわけだ。



The journey that seemed endless is almost complete, for what is endless is very near. You have almost recognized it.
  • journey [dʒə́ː(r)ni] : 「旅、行路、道のり、道程」
  • endless [éndləs] : 「終わりのない、永遠の、絶え間のない」
  • almost[ɔ́ːlmoust] : 「ほとんど、九分どおり、大体」
  • complete [kəmplíːt] : 「全部そろった、完全な、完結した、完成した」
  • near [níə(r)] : 「近い、近くにある、接近した、近接した」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
❖ "The journey that ~ "「終わりのないように思えた旅は、もうほとんど完結している」。"for what is ~ "「なぜなら、終わりのないものとは、非常に近くにあるからだ」。"You have almost ~ "「あなたはそれを、ほとんど認識できるところまで来ている」。この幻想世界は時間と空間の世界であり、旅には距離と時間が付きまとう。真実への旅は、終わりのない旅のように感じてしまう。しかし、実相世界は無時間、無空間の世界であり、すべてが一瞬にして起き、その一瞬が永遠に続く。すべての可能性が一瞬に生み出され、その可能性の断片を我々が選びながら進んでいく、といった感じだ。いわば、無数の映画の断片の中から、見たい映画の断片を選んで、それを継ぎはぎして見ているようなものだ。ところで、実相世界の永遠、あるいは永遠の命とは、時間が十億年も百億年も永遠に続いていく、という意味ではない。時間そのものが存在しない命、時間を超越した命を意味しているに過ぎない。さて、本文に戻ると、終わりのないように見える旅は、実は実相世界ではすでに完了しているのである。あなたの心の中の実相世界では、あなたの旅は終わっている。旅の終了はあなたの手元にあるのだ。それを、素直に選択してやればいいだけの話。その事実を、やっとあなたは認識できるような所まできている。つまり、知覚が修正され、実在が見えるようになりつつあるのだ。



Turn with me firmly away from all illusions now, and let nothing stand in the way of truth.
  • turn [tə́ː(r)n] : 「曲がる、回転する、回動する、向きを変える」
  • turn away from : 「〜から目を背ける、〜から目を離す」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • stand [stǽnd] : 「立っている、立ち上がる、立つ」
  • in the way of : 「〜の邪魔になって、〜の行く手をふさいで」
❖ "Turn with me firmly ~ "「今、私と共に、あらゆる幻想から目を背けなさい」。"and let nothing ~ "「そして、真実への道に、何ものも立ちはだかることがないようにしなさい」。



We will take the last useless journey away from truth together, and then together we go straight to God, in joyous answer to His Call for His completion.
  • useless [júːsləs] : 「役に立たない、無用な、無駄な、使い道のない、無益な」
  • away from : 「〜から離れて」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
  • straight [stréit] : 「一直線に、真っすぐに」
  • joyous [dʒɔ́iəs] : 「うれしい、喜びに満ちた、楽しい、楽しげな」
  • in answer to : 「〜に応じて、、〜に答えて、〜の返事に」
  • completion [kəmplíː∫n] : 「完成、完了、終了」
❖ "We will take the last ~ "「私たちは共に、真実から遠ざかるような無益な、最後の旅をしよう」。変な訳になってしまうのだが、意味するところは、真実から遠ざかるような無益な旅はこれで最後としよう、ということ。もう、無益な旅はしまい。幻想世界をさまよい歩くような旅は止めにしようと、ということだ。"and then together we ~ "「そして共に、神へまっすぐに歩いて行くのだ」。"in joyous answer to ~ "「神が完成を求める、その呼び声に、喜んで答えながら」。神の元へ神の子が回帰し、そこにホーリー・スピリットが加わって、三者の愛が融合し、三位一体が完成する。神は、それを求めている。



13. If special relationships of any kind would hinder God's completion, can they have any value to you?
  • special [spé∫l] : 「特別な、独特の、特別の、特有の」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • of any kind : 「いかなる種類の」
  • hinder [híndə(r)] : 「妨げる、妨害する、邪魔する、遅らせる」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち、真価、有用」
❖ "If special relationships ~ "「もし、いかなる種類の特別な関係性も、神の完成を妨害するなら、」"can they have any ~ "「そんな関係性は、あなたにとって価値があるだろうか」。"God's completion"「神の完成」と書いてあるが、もちろん、同時に神の子としてのあなたの完成でもある。自己完成を妨害する特別な関係性には価値などない。



What would interfere with God must interfere with you. Only in time does interference in God's completion seem to be possible.
  • interfere [ìntə(r)fíə(r)] : 「邪魔をする、妨げる、遅らせる」
  • interfere with : 〜を妨げる、〜を邪魔する、〜に干渉する」
  • interference [ìntərfíərəns] : 「干渉、妨害、障害、邪魔、支障」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る、なし得る」
❖ "What would interfere with ~ "「神の邪魔をするものは、あなたの邪魔もするはずだ」。"Only in time does ~ "「時間という枠組みの中においてのみ、神の完成を妨害することは可能に見えるだけである」。時間の存在する幻想世界にあっては、神を妨害することは可能に見えるかもしれないが、それは不可能だ。したがって、神を妨害する行為は、結局自分を妨害してしまうのである。誤解を恐れず言えば、無神論の行き着く先は自己否定である。



The bridge that He would carry you across lifts you from time into eternity.
  • bridge [brídʒ] : 「橋、橋梁、桟橋」
  • carry [kǽri] : 「〜を運ぶ、〜を持ち運ぶ」
  • across [əkrɑ́s] : 「〜を越えて、〜を渡って」
  • lift [líft] : 「持ち上げる、取り除く」
  • eternity [itə́ː(r)nəti] : 「永遠、無限」
❖ "The bridge that ~ "「神があなたを運んで渡らせてくれる掛け橋は、時間という枠組みから永遠へと、あなたを持ち上げてくれる」。時間の幻想世界から永遠の実相世界へ渡っていくのである。



Waken from time, and answer fearlessly the Call of Him Who gave eternity to you in your creation.
  • waken [wéikn] : 「目覚める」
  • answer[ǽnsə(r)] : 「〜に答える」
  • fearlessly [fíə(r)ləsli] : 「恐れず、大胆に」
  • gave [géiv] : 「give の過去形」
  • eternity [itə́ː(r)nəti] : 「永遠、無限」
  • creation [kriéi∫n] : 「創造、創作」
❖ "Waken from time ~ "「時間という枠組みから目覚め、神の呼び声に恐れることなく答えなさい」。"Who gave eternity ~ "「その神は、あなたを創造するに当たって、あなたに永遠を与えたのだ」。その永遠性に目覚めよ、ということ。



On this side of the bridge to timelessness you understand nothing.
  • side [sáid] : 「側面、辺、側、面」
  • timelessness [táimlisnis] : 「無時間、永久、永遠」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
❖ "On this side of the bridge ~ "「無時間へと向かう橋のこちら側では、あなたは何も理解できない」。こちら側には真実がないから、真実を理解することは出来ない。無時間世界である実相世界へ向かって、その橋を渡り切らなくてはならない。



But as you step lightly across it, upheld by timelessness, you are directed straight to the Heart of God.
  • step [stép] : 「歩く、足を踏み入れる」
  • lightly [láitli] : 「軽く、軽快に、素早く」
  • across [əkrɑ́s] : 「〜を越えて、〜を渡って」
  • upheld : 「uphold の過去・過去分詞形」
  • uphold [ʌphóuld] : 「支持する、支える、上げる、持ち上げる」
  • direct [dərékt] : 「〜を…で導く、〜を方向づける」
  • straight [stréit] : 「一直線に、真っすぐに」
❖ "But as you step ~ "「しかし、あなたが軽やかにその橋を渡っていけば、」"upheld by ~ "「無時間性に支えられて、」"you are directed straight ~ "「あなたは、神の胸の中にまっすぐに進んで行ける」。"upheld by timelessness"「無時間性に支えられて」という意味合いであるが、そもそも時間は存在しないのだから、橋を渡る時間など気にすることなく、といった感じだろう。



At its center, and only there, you are safe forever, because you are complete forever.
  • center [séntə(r)] : 「中心、核心、中間層」
  • safe [séif] : 「安全な、無事な、安泰で」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • complete [kəmplíːt] : 「完結した、完成した、全部そろった、完全な」
❖ "At its center, and ~ "「神の胸の真ん中にあって、そして、そこだけで、あなたは永遠に安全なのである」。"because you are ~ "「なぜなら、あなたは永遠に完全であるからだ」。神の胸の中で、神の子としてのあなたは、あなたの愛と神の愛を結合し、神と共にあなたは完成される。永遠に完全な姿の神の子として再生されるのである。



There is no veil the Love of God in us together cannot lift. The way to truth is open. Follow it with me.
  • veil [véil] : 「ベール、覆い、覆い隠すもの」
  • lift [líft] : 「持ち上げる、引き起こす」
  • follow [fɑ́lou] : 「追う、ついて行く、〜に従う、追随する」
❖ "There is no veil ~ "「私たちの心の中に共にある神の愛が持ち上げられないベールなど存在しない」。"The way to truth ~ "「真実への道が開かれるのだ」。"Follow it ~ "「私と一緒に、その道を辿ろうではないか」。真実を隠してきた重くて暗いベールが、神の愛によって持ち上げられ、目の前に真実への道が開かれる。あなたはイエスと共にその道を歩いていくのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp