●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-27.V.10:1 ~ T-27.V.11:9

10. Leave, then, the transfer of your learning to the One Who really understands its laws, and Who will guarantee that they remain unviolated and unlimited.
  • leave [líːv] : 「〜を任せる、頼む、委ねる」
  • transfer [trænsfə́ːr] : 「移動、移転、移送」
  • learning [lə́ːrniŋ] : 「習うこと、学ぶこと、学習」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に、真に」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規、法令」
  • guarantee [ɡæ̀rəntíː] : 「保証する、請け合う、約束する」
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである」
  • unviolated [ʌnváiəlèitid] : 「犯されていない、侵害されていない」
  • unlimited [ʌnlímitid] : 「制限のない、無制限の、自由な、無条件の」
❖ "Leave, then, the transfer of ~ "「そこで、学びの法を実際に理解している唯一者であるホーリー・スピリットに、あなたの学びの転移を委ねなさい」。"and Who will guarantee ~ "「そうすれば、ホーリー・スピリットは、学びの法は犯されることも制限されることもないと、保証してくれるだろう」。幻想世界に住むあなたは、数多くの幻想の問題を解決しようとして、幻想に過ぎない問題から問題へ、幻想に過ぎない学習から学習へ、幻想に過ぎない解決から解決へと転移して歩き回っているが、本質的な解決にはつながらなかった。本当の学びの転移は、幻想から実相へ転移するものでなければならない。そういう学びの法を知っているのはホーリー・スピリットであり、あなたは学びをホーリー・スピリットに委ねるべきなのだ(Leave, then, the transfer ~ )。ひとたび学びをホーリー・スピリットに委ねれば、ホーリー・スピリットは、その学びの法が決して破られることなく(unviolated)、幻想に制限されることもなく(unlimited)、確実に学びが成就すると保証してくれるのである(will guarantee)。



Your part is merely to apply what He has taught you to yourself, and He will do the rest.
  • part [pάːrt] : 「一部、部分、役割、役目」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • apply [əplái] : 「適用する、応用する、利用する」
  • taught [tɔ́ːt] : 「teach の過去・過去分詞形」
  • rest [rést] : 「残り、残っているもの、残りの部分」
❖ "Your part is merely ~ "「あなたの役割は、ただ単に、ホーリー・スピリットがあなた自身に教えたことを、(実際に)適用することだけなのだ」。"and He will do ~ "「残りの仕事は、ホーリー・スピリットが片づけてくれるのである」。"what He has taught you to yourself"「ホーリー・スピリットがあなた自身に教えたこと」とは、まさに、このACIMが今あなたに教えていることと同一である。したがって、ACIMを読みながら、あなたは、ホーリー・スピリットから教えを授かり、本当の学びを実行しているのだと了解すればいい。その後のことは、ホーリー・スピリットが片づけてくれる。ACIMを学んで、それでどうなるのだろうと考える必要はない。



And it is thus the power of your learning will be proved to you by all the many different witnesses it finds.
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • power [páuər] : 「力、能力、勢力」
  • prove [prúːv] : 「証明する、〜となる、〜であると分かる」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
❖ "And it is thus the power ~ "意訳する、「あなたが学びからパワーを得られるということは、学びを通して出会った多くの異なった証言者たちによって、あなたに証明されるだろう」。ホーリー・スピリットの教えるACIMを学んでも何にもならないのではないかと心配することはない。ACIMを学んだ多くの同胞たちが証言者となって、ACIMを学ぶことで強力なパワーが身に付くと、あなたに証明してくれるだろう。



Your brother first among them will be seen, but thousands stand behind him, and beyond each one of them there are a thousand more.
  • first [fə́ːrst] : 「一番目に、一等で、初めて、最初に」
  • among [əmʌ́ŋ] : 「〜の間に、〜のうちで」
  • thousand [θáuzənd] : 「1000、1000個、1000人」
  • behind [biháind] : 「〜の後ろに、後方に、〜の裏側に」
  • beyond [bijάnd] : 「〜の向こうに、〜を越えて、〜のかなたに」
❖ "Your brother first ~ "「最初に、あなたの同胞が目に入るだろう」。あなたの一番間近の同胞が、あなたの証言者になってくれるだろう。"but thousands stand ~ "「しかし、その後ろには、何千人もの証言者が立っている」。"and beyond each one ~ "「その一人一人の向こうには、また何千人もの証言者がいるのだ」。今生きている証言者だけではない。肉体的には死んだ、多くの証言者がいるのだ。さらに、死を超越し、天の王国へアセンションした同胞も数多くいるだろう。少なくとも、あなたがたった一人で学んでいるのではない。あなたには、仲間がいて、友がいるのである。彼らが、あなたが正しい学びを行っていることを、ちゃんと証言してくれるのである。



Each one may seem to have a problem that is different from the rest.
  • problem [prɑ́bləm] : 「問題、課題、疑問、難問、難題」
  • rest [rést] : 「残り、残っているもの、残りの部分、残余」
❖ "Each one may seem ~ "「その、同胞の一人一人が、他の同胞たちとは異なった問題を抱えているように見えるかもしれない」。あなたの友や仲間たちは、それぞれに、異なった問題を抱えて苦しみ、それぞれに学んでいるように見えるかもしれない。しかし、あなたを含めて、同胞のみんなが、ホーリー・スピリットに学びを委ねたとしてら、どうなるだろう。



Yet they are solved together. And their common answer shows the questions could not have been separate.
  • solve [sɑ́lv] : 「解く、解決する」
  • together [təɡéðər] : 「一緒に、同時に」
  • common [kάmən] : 「共通の、共有の、公共の、公衆の、公の」
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事、応答 」
  • show [ʃóu] : 「見せる、示す」
  • question [kwéstʃən] : 「質問、問題、疑問、問い、質疑、疑義」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の、別の」
❖ "Yet they are solved ~ "「しかし、異なったかに見えた同胞たちの問題は、一緒に同時に解決されるのだ」。"And their common answer ~ "「そして、それらの共通した答えは、問題はばらばらではなかったことを示しているのである」。目に見える問題は種々雑多で、答えもそれぞれに異なっているかに見えたが、ホーリー・スピリットに問題を委ね、その回答によってすべての問題が解決されたことを見れば、問題自体が、実は同一だったのだと気が付くのである。つまり、問題はすべて幻想であり、夢の中で問題を抱えて苦しんで来ただけなのだ。ホーリー・スピリットの教えを学び、幻想から目覚めれば、すべての幻想の問題は、たった一つの露のように消えてしまうのである。



11. Peace be to you to whom is healing offered. And you will learn that peace is given you when you accept the healing for yourself.
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • healing [híːliŋ] : 「治療、回復、治癒、癒やし」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • learn [lə́ːrn] : 「学ぶ、知る、悟る」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "Peace be to you ~ "「ヒーリングが差し出されたあなたよ、平和でありなさい」。"And you will learn ~ "「あなたは、あなた自身のためにヒーリングを受け入れたとき、平和が与えられるのだと学ぶだろう」。学び、ヒーリング、奇跡の成就をホーリー・スピリットに委ね、心を癒すことが出来れば、あなたに真の平和がもたらせれる。幻想から脱して、実相に目覚めることが出来るのだ。



Its total value need not be appraised by you to let you understand that you have benefited from it.
  • total [tóutl] : 「全部の、すべての、全体の、完全な、全くの」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち、真価」
  • total value : 「総価値、総価格」
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • appraise [əpréiz] : 「評価する、見積もる」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する」
  • benefit [bénəfit] : 「得をする、利益を得る」
  • benefit from : 「〜から恩恵を受ける、〜によって益を得る、得をする」
❖ "Its total value need ~ "「あなたがヒーリングによって得をすることを(自分に)理解させようとして、ヒーリングの総価値をあなたが見積もる必要はない」。ヒーリングされれば何か良いことがあるだろうか、何が手に入るのか、などと思い悩むことはない。ヒーリングの価値や、期待をあらかじめ設定する必要はないのだ。ホーリー・スピリットに委ねたなら、その結果もホーリー・スピリットに任せればいい。手に入れたものが、手に入れることの出来るすべてだと了解すればいいのだ。



What occurred within the instant that love entered in without attack will stay with you forever.
  • occur [əkə́ːr] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
  • within [wiðín] : 「〜の中で、〜の内側で」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • enter [énter] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • stay with : 「〜と一緒に暮らす、〜と同居する、〜に付き添う」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "What occurred within ~ "「攻撃心を持たない(本当の)愛が入り込む瞬間に起こることは、永遠にあなたと共に留まることになる」。憎しみという攻撃性をもたない純粋な愛が生まれる瞬間、つまり、真実の実相に触れる瞬間、聖なる瞬間に生まれるもの、その瞬間にあなたが得るものは、永遠にあなたのものである。愛、喜び、平和、安らぎ、美、等々の真実は、永遠にあなたと共に存在する。



Your healing will be one of its effects, as will your brother's. Everywhere you go, will you behold its multiplied effects.
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、作用、効果、効力」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • multiply [mʌ́ltəplài] : 「〜を増す、〜を拡大させる、増加させる」
❖ "Your healing will ~ "「あなたがヒーリングされることは、その瞬間の結果の一つであり、あなたの同胞のヒーリングも結果の一つである」。攻撃性を持たない純粋な実相的愛が生み出す聖なる瞬間、それは真実に触れる瞬間であり、真実に触れることの結果の一つとして、あなたはヒーリングされるのだ。"Everywhere you go ~ "「あなたが行く所のどこにも、拡張増大した聖なる瞬間の結果が目に入るだろう」。至ることので同胞たちは癒され、愛に満たされ、平和と安らぎの中に存在している。聖なる瞬間のもたらす絶大な結果である。



Yet all the witnesses that you behold will be far less than all there really are.
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、参考人、証拠、証言」
  • far less than : 「〜よりずっと少ない」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」
❖ "Yet all the witnesses ~ "「しかし、あなたが(実際に)目にする証人のすべては、実際に存在する証人の数にくらべたら、はるかに少ないだろう」。聖なる瞬間にヒーリングされた同胞たちの数は、あなた目撃した数よりずっと多い。真実の存在は無限なのだ。



Infinity cannot be understood by merely counting up its separate parts.
  • infinity [infínəti] : 「無限であること、無限性」
  • understood [ʌ̀ndərstúd] : 「understand の過去・過去分詞形」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • count [káunt] up : 「〜を数え上げる、合計を出す、計算する、合計する」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
❖ "Infinity cannot be ~ "「無限であることは、単に個々の部分を数え上げることで理解されるものではない」。つまり、あなたの証人になってくれる同胞の数は、数えることが出来ないほどに多いのだ。その数に制限はない。



God thanks you for your healing, for He knows it is a gift of love unto His Son, and therefore is it given unto Him.
  • thank [θǽŋk] : 「〜に感謝する、〜に礼を言」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
❖ "God thanks you for ~ "「あなたがヒーリングされたことを、神は感謝している」。"for He knows it is ~ "「なぜなら、神は、ヒーリングは神の子への愛の贈り物だと知っているからであり、」"and therefore is ~ "「したがって、それは神に与えられた贈り物でもあるからだ」。神と神の子は同体である。神の子への贈り物は神への贈り物であり、神への贈り物は神の子の贈り物なのだ。言い換えれば、神の子であるあなたがヒーリングされたということは、神がヒーリングされて完成に近づいたことを意味する。天の王国において、神と神の子とホーリー・スピリットの三位(さんみ)が一体になることが、神の完成である。そのための第一歩が、神の子がヒーリングされることなのだ。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp