●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-14.II.3:1 ~ T-14.II.4:9

3. All this the Holy Spirit sees, and teaches, simply, that all this is not true.

  • simply [símpli] : 「簡単に、分かりやすく」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
❖ "All this the Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットはこれらすべてを見て、そしてわかりやすくthat以下を教えてくれる」。"that all this is ~ "「これらはすべて真実ではない」と教えてくれる。"all this"「これらすべて」とは、あなたがうち建てた宮殿も、あなたが着る王家の衣服も、あなたがそれにふさわしい王であることも、すべて、ということ。意味のないものを意味あるもとして建造したすべて。真実でないものを真実としたすべて。ホーリー・スピリットは、幻想の世界でうち建てた砂上の楼閣は錯覚に過ぎず、実在しないと教えてくれるのである。



To those unhappy learners who would teach themselves nothing, and delude themselves into believing that it is not nothing, the Holy Spirit says, with steadfast quietness:
  • unhappy [ʌnhǽpi] : 「不運な、不幸な、惨めな、悲しい、不満で」
  • delude [dilúːd] : 「だます、欺く」
  • delude A into doing : 「Aを惑わして~させる」
  • steadfast [stédfæ̀st] : 「確固たる、不動の、しっかりした」
  • quietness [kwáiətnis] :「静寂、(物)静けさ、平穏、沈静性」
❖ "To those unhappy learners ~ "「自分自身に無意味なことを教えようとし、自分自身を惑わし、それが無意味ではないと信じ込ませる者達には、」"the Holy Spirit says, ~ "「ホーリー・スピリットは確固たる平穏さを保って、次のように言う」。



The truth is true. Nothing else matters, nothing else is real, and everything beside it is not there.
  • matter [mǽtə(r)] : 「重要である、重要になる、問題である、問題となる」
  • real [ríː(ə)l] : 「現実の、実際の、本物の、偽物でない」
  • beside [bisáid] : 「はずれて、無関係で、~の他に、~を除いて」
❖ "The truth ~ "「真実は真実である」。"Nothing else ~ "「真実以外のものは重要でなく、」"nothing else ~ "「真実以外ものは実在ではない」。"everything beside it ~ "「真実を除いたすべては、そこに存在しないのだ」。



Let Me make the one distinction for you that you cannot make, but need to learn.
  • distinction [distíŋ(k)∫n] : 「区別、識別、差別、差異、違い」
  • make the distinction : 「区別をする」
❖ "Let Me make the one ~ "「あなたには区別できないが、学ぶ必要はある一つの区別を、あなたのために私にさせてもらおう」。



Your faith in nothing is deceiving you. Offer your faith to Me, and I will place it gently in the holy place where it belongs.
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、自信、信念、確信」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
  • Offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • place [pléis] : 「~を置く、設置する、取り付ける、収納する」
  • gently [dʒéntli] : 「親切に、静かに、優しく、穏やかに、そっと」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • place [pléis] : 「 場所、個所、住所、席」
  • belong [bilɔ́(ː)ŋ] : 「~に属する、所属する」
❖ "Your faith in nothing ~ "「無意味なことを信じるあなたの心は、あなたを騙しているである」。"Offer your faith ~ "「私を信じなさい」。"and I will place it ~ "「そうすれば、私は、その信じる心が属する神聖な場所に、その信じる心をそっと置こうと思う」。



You will find no deception there, but only the simple truth. And you will love it because you will understand it.
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
  • deception [disép∫n] : 「欺くこと、だまし、詐欺、偽装」
  • simple [símpl] : 「簡単な、簡素な、単純な、容易な」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
❖ "You will find no ~ "「その神聖な場所では、あなたはどんな欺きも見い出すことはないだろうし、」"but only the simple ~ "「簡潔な真実だけが目に入るだろう」。"And you will love ~ "「そして、あなたは簡潔な真実を愛するようになるだろう」。"because you will ~ "「なぜなら、あなたは、その簡潔な真実を理解するだろうから」。




4. Like you, the Holy Spirit did not make truth. Like God, he knows it to be true. He brings the light of truth into the darkness, and lets it shine on you.
  • bring [bríŋ] : 「~を持って来る、~を連れて来る」
  • light [láit] : 「光、明かり」
  • darkness [dɑ́ː(r)knəs] : 「暗さ、暗がり、暗闇」
  • shine [∫áin] : 「輝く、光る」
❖ "Like you, the Holy Spirit ~ "「あなたと同じように、ホーリー・スピリットは真実を作り出したのではない」。"Like God, he knows it ~ "「神と同じように、ホーリー・スピリットは真実が真実であると知っているのだ」。ACIMで使う"know"は「叡智をもって直覚的に知る」という意味。"He brings the light ~ "「ホーリー・スピリットは真実の明かりを闇に持ち込んでくれる」。"and lets it shine ~ "「そして、あなたの上で、その明かりを輝かせるのである」。ホーリー・スピリットは闇の幻想世界に真実の明かりを持ち込み、真実が見えないあなたの上でその明かりを輝かせてくれる。あなたは、当然、明かりの下で、真実ならざるものは虚偽であり、真実なるものは真実だと知ることが出来るのである。



And as it shines your brothers see it, and realizing that this light is not what you have made, they see in you more than you see.
  • realize [ríːəlàiz] : 「~に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • more than : 「~を超える、~より多い、~を上回る、~より大きい」
❖ "And as it shines your ~ "「そして、明かりが輝くとき、あなたの同胞もその明かりを見る」。"and realizing that this ~ "分詞構文、単純接続、「そして、that以下を知ることになる」。"that this light is not ~ "「この明かりはあなたが作ったものではない」と知ることになる。ホーリー・スピリットがもたらした、神の世界からの明かりだと気がつくのだ。"they see in you more ~ "「同胞は、あなたが見る以上に、あなたの心の中を見るのである」。あなたの心の最も神聖な部分、最も純粋な部分を、あなたはまだぼんやりとしか見えないだろうが、同胞にはそれがはっきりと見える。



They will be happy learners of the lesson this light brings to them, because it teaches them release from nothing and from all the works of nothing.
  • bring [bríŋ] : 「~をもたらす、~を持って来る」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除、免除」
  • work [wə́ː(r)k] : 「労働、仕事、研究、作業、労力」
❖ "They will be happy ~ "「あなたの同胞は、この明かりが彼らにもたらすレッスンを喜んで学ぶであろう」。" because it teaches ~ "「なぜなら、そのレッスンは、意味のないものからの解放と、意味のないものの仕業(しわざ)からの解放を彼らに教えてくれるからだ」。簡単にいえば、実相世界の真実(明かり)が、幻想からの解放の仕方を教えてくれるわけだ。



The heavy chains that seem to bind them to despair they do not see as nothing, until you bring the light to them.
  • heavy [hévi] : 「 重い、激しい、重みのある、大きい、太い」
  • chain [t∫éin] : 「鎖、束縛、チェーン」
  • bind [báind] : 「~を縛る、結び付ける、~を束縛する、拘束する」
  • despair [dispéə(r)] : 「絶望、失望、落胆」
  • until [ʌntíl] : 「~する時まで」
❖ ここは後ろから訳して、"until you bring ~ "「あなたが同胞に明かりを持ってくるまでは、」"The heavy chains that ~ "「同胞を絶望に縛り付けていたように見える重い鎖を、同胞は、意味のないものと見ることが出来ない」。ACIMは、この二元論の幻想世界を絶望の世界と見る。なぜなら、この世界は変化流動する世界であり、万物は破壊、崩壊へと向かうからである。この肉体も例外ではなく、病と死に帰着する。しかし、ACIMを悲観論と見るのは誤りである。なぜなら、ACIMは我々に、幻想の世界を超越することで、永遠不変の世界、破壊も崩壊もなく、病も死もない実在の世界が得られることを教えているからだ。



And then they see the chains have disappeared, and so they must have been nothing. And you will see it with them.
  • disappear [dìsəpíə(r)] : 「存在しなくなる、なくなる、消滅する、消失する」
❖ あなたが明かりを持ってくると、"And then they see ~ "「同胞は、その鎖が消滅してしまったと知るのことになる」。"and so they must have ~ "「したがって、そんな鎖など意味のないものだったに違いないとわかるのである」。同胞を絶望に縛り付けている鎖は、幻想に過ぎなかったとわかる。"And you will ~ "「そして、あなたも同胞とともに、その光景を見るであろう」。



Because you taught them gladness and release, they will become your teachers in release and gladness.
  • taught [tɔ́ːt] : 「teach の過去・過去分詞形」
  • gladness [glǽdnis] : 「喜ばしさ、うれしさ」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除」
❖ "Because you taught ~ "「あなたが同胞に喜びと解放を教えたので、」"they will become your teachers ~ "「今度は彼らがあなたの、解放と喜びの師となるであろう」。もちろん、自他一如によってそうなるのだが、ACIMでは、教えることと学ぶことは同一であるという立場をとっている。あなたが彼らに教えるということは、あなたが彼らから学ぶということであり、その逆も言える。つまり、教えることと学ぶことが分かち合われるのである。そして、分かち合えば拡張、増大する。こうして、あなたは同胞とともに、真実にどんどん近づいていくのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp