●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-13.XI.10:1 ~ T-13.XI.11:8

10. Can God's Son lose himself in dreams, when God has placed within him the glad Call to waken and be glad?

  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • lose oneself : 「道に迷う、夢中になる」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する、取り付ける」
  • glad [glǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • waken [wéikn] : 「目覚める」
❖ "Can God's Son lose ~ "「神の子が夢の中で道に迷うことがあり得るだろうか」。"when God has placed ~ "「神が神の子の中に、目覚めて喜びなさいという喜びの呼び声を置いたというのに」。目覚めて喜びを覚えよという神の願いをホーリー・スピリットに託した、ということ。ホーリー・スピリットが実際、あなたに声をかけてくれるだろう。



He cannot separate himself from what is in him. His sleep will not withstand the Call to wake.
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する、隔てる、引き離す、切り離す」
  • withstand [wiðstǽnd] : 「〜に抵抗する、逆らう、耐える」
  • wake [wéik] : 「目が覚める、眼を覚ます」
❖ "He cannot separate ~ "「神の子が、彼の心の中にあるものから自分自身を分離することは出来ない」。神の子の心の中にはホーリー・スピリットが住んでいる。神の子はホーリー・スピリットを心から分離し追い出すことは出来ない。"His sleep will not ~ "「神の子の眠りは、起きよという神の呼び声に抵抗することは出来ないであろう」。ホーリー・スピリットの声は確実に神の子に届く。いつかきっと、神の子はホーリー・スピリットの声に気付き、眠りから目覚めるだろう。



The mission of redemption will be fulfilled as surely as the creation will remain unchanged throughout eternity.
  • mission [mí∫n] : 「任務、特別任務、特命、使命」
  • redemption [ridém(p)∫n] : 「贖い、贖罪、救済、解放、償い、救出」
  • fulfill [fulfíl] : 「果たす、全うする、満たす、満足させる」
  • surely [∫úə(r)li] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に」
  • creation [kriéi∫n] : 「創作物、作品、創造、創作」
  • remain [riméin] [SVC] : 「〜のままである、とどまる、滞在する」
  • unchanged : 「変化していない、不変の、変わらない」
  • throughout [θru(ː)áut] : 「〜の至るところに、〜の間中」
  • eternity [itə́ː(r)nəti] : 「永遠、無限」
❖ "The mission of redemption ~ "「贖罪の使命は、(神の)創造したものが永遠に不変のままとどまるのが確実であるように、確実に果たされるであろう」。神の子が贖罪を果たせるようにサポートすることが、ホーリー・スピリットの使命である。その使命は不完全に終わることはない。それはちょうど、神が無時間の実相世界で創造したものが、永遠不変に存在し続ける確実性と同じくらい確実なことだ。



You do not have to know that Heaven is yours to make it so. It is so. Yet to know it, the Will of God must be accepted as your will.
  • have to do : 「〜しなければならないと感じる、〜する必要がある、〜すべきである」
  • Will [wíl] : 「意志、精神力」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "You do not have to ~ "「天の王国を自分のものとするために、あなたが、天の王国はあなたのものであると知っている必要はない」。"It is so"「天の王国はあなたのものである」。"Yet to know it, the Will ~ "「しかし、それを知るには、神の意志があなたの意志でもあると受け入れられなくてはならない」。天の王国はすでにあなたのものである。なぜなら、神がそのように意志したからだ。しかし、あなたがそれに気付くには、神の意志を知り、またあなたの意志を知って、二つが同じものであると認識しなくてはならない。実相世界を受け入れるとは、実相世界の意志、つまり、神の意志を受け入れることであるからだ。



11. The Holy Spirit will undo for you everything you have learned that teaches that what is not true must be reconciled with truth.
  • undo [ʌndú] : 「〜を元に戻す、元どおりにする、取り消す」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を知る、分かる、悟る、確認する、〜を学ぶ」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • reconcile [rék(ə)nsàil] : 「調和させる、調整する、仲裁する、和解させる」
  • reconcile with : 「〜と仲直りする、よりをもどす」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "The Holy Spirit will undo ~ "「ホーリー・スピリットはあなたのために、あなたが学んだすべてのこと、正しくないことは真実とすりあわせなくてはならないと教えるすべてのことを、取り消しにしてくれるだろう」。あなたが幻想の世界で知ったすべてのごまかしを、ホーリー・スピリットは取り消しにしてくれる。とりわけ、真実と虚偽とを混ぜ合わせたごまかしは、確実に取り消しになる。



This is the reconciliation the ego would substitute for your reconciliation to sanity and to peace.
  • reconciliation [rèk(ə)nsiliéi∫n] : 「和解、仲直り、調停、仲裁」
  • substitute [sʌ́bstət(j)ùːt] : 「〜を代わりにする、代用する、置き換える、代入する」
  • substitute for : 「〜の代わりになる、〜と置き換わる」
  • sanity [sǽnəti] : 「正気、健全さ」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
❖ "This is the reconciliation ~ "「このすりあわせは、あなたが正気さや平和をごまかす代わりに、エゴがその代役を買って出たすりあわせである」。少々奇妙な訳になてしまったが、例を出して考えよう。あなたが実相の世界で生活する中で、平和を保つため、正気を保つために、なんとか現実と折り合いをつけなくてはならい。そのとき、エゴが前面に出てきてあなたの代役を務めるのである。そして、次のように囁く。おまえが平和でないのはアイツが悪いからだ、だからアイツを徹底的に攻撃せよ。おまえは自分の金をアイツに奪われているようなものだ。金を得るには奪い取れ。等々、エゴは攻撃することと奪い取ることで、現実に折り合いをつけようとする。あなたは攻撃し、奪い取ることで、現実的な満足を得、正気と平和を保っている。しかし、それは虚偽なのだ、とACIMは言っているのである。



The Holy Spirit has a very different kind of reconciliation in his mind for you, and one he will effect as surely as the ego will not effect what it attempts. Failure is of the ego, not of God.
  • different [díf(ə)r(ə)nt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • kind [káind] : 「種類、質、性質、本質」
  • effect [ifékt] : 「〜をもたらす、達成する、〜を生じさせる」
  • surely [∫úə(r)li] : 「 疑いなく、しっかりと、確かに、確実に、必ず」
  • attempt [ətém(p)t] : 「〜を試してみる、〜を企てる、〜を達成しようとする」
  • Failure [féiljə(r)] : 「失敗、不成功」
❖ "The Holy Spirit has a very different ~ "「ホーリー・スピリットは心の中に、あなたのための、(エゴの)それとは非常に異なった種類の調整の仕方をもっている」。エゴは、真実とそうでないものの、虚偽のすりあわせをしているわけだが、ホーリー・スピリットのすりあわせは、エゴのそれとは全く異なっている。"and one he will effect as ~ "「それは、目論んだことをエゴが必ず達成できないのと同じくらい確実に、ホーリー・スピリットが達成できる調整である」。"Failure is of the ego ~ "「失敗はエゴのものであり、神のものではない」。



From him you cannot wander, and there is no possibility that the plan the Holy Spirit offers to everyone, for the salvation of everyone, will not be perfectly accomplished.
  • wander [wɑ́ndə(r)] : 「横道にそれる、正道をそれる、さまよう、迷う、迷子になる」
  • wander from : 「〜からそれる、〜を踏み外す、〜からさまよい出る、逸脱する」
  • possibility [pɑ̀səbíləti] : 「可能性、見込み、将来性、実現性、あり得ること」
  • plan [plǽn] : 「計画、企画、意向、つもり、考え、意図、設計図」
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、ささげる、提供する」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済」
  • perfectly [pə́ː(r)fik(t)li] : 「完全に、完ぺきに、申し分なく」
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、成就する、達成する、完成させる」
❖ "From him you cannot ~ "「あなたが、神から逸れるようなことは出来ない」。"and there is no possibility ~ "「そして、that以下の可能性はない」。"that the plan the Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットがみんなに差し出すプラン、みんなの救済のためのプランが、完全に達成されることはない」などという可能性はない。ホーリー・スピリットの救済プラン、現実との調整、つまり、あなたが心にもつ罪の意識との和解プランは、必ず可能であり、達成される。



You will be released, and you will not remember anything you made that was not created for you and by you in return.
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ、離す」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • create [kriéit] : 「〜を創造する、〜を作り出す」
  • in return : 「返礼として、お返し」
❖ "You will be released"「あなたは解放されるだろう」。ホーリー・スピリットの手助けによって、あなたは罪の意識から解放される。"and you will not remember ~ "「そして、あなたは、返礼としてあなたによって、あなたのために創造されたものではなく、あなたが作ったものは忘れ去られるであろう」。意味が判然としない部分であるが、ゆっくり考えよう。ホーリー・スピリットはあなたの解放を手伝ってくれるのである。晴れてあなたが解放されれば、あなたはホーリー・スピリットに感謝を込め、その返礼として、あなたは喜びを創造し、平和を創造することになる。それはあなたによって、あなたのために成された創造である。この創造は当然ながらあなたは記憶に留めることになろう。しかし、そうではないもの、たとえば、エゴの策略に乗って、他者を攻撃したことや、他者から奪ったもの、憎んだり、嫉妬したり、争ったり、そういったことはあなたの記憶から消えていくのである。簡単に言えば、眠りから覚めれば夢を忘れてしまうように、幻想の世界での出来事があなたの記憶から消えていくのだ。



For how can you remember what was never true, or not remember what has always been?
  • how [háu] : 「どのようにして、どのような方法で、いかにして」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
❖ "For how can you remember ~ "「なぜなら、どうしてあなたは、決して真実でないものを覚えていられようか」。幻想世界の出来事は夢の出来事であって真実ではない。そんなことは忘れ去ってしまうに違いない。"or not remember what ~ "「そして、どうしてあなたは、常にあるものを忘れてしまえるだろうか」。実相の世界に永遠不変に存在している実在を忘れようにも忘れられるはずがない。



It is this reconciliation with truth, and only truth, in which the peace of Heaven lies.
  • reconciliation [rèk(ə)nsiliéi∫n] : 「和解、仲直り、調停、仲裁」
  • reconciliation with : 「〜との和解」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る、横たわっている」
❖ "It is this reconciliation ~ "強調構文、「天の王国の平和が見い出せるのは、この真実との和解、唯一真実との和解においてである」。ホーリー・スピリットが行う現実と真実とのすりあわせのは、幻想を捨て、真実に目覚めることである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp