●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.II.4:1 ~ T-8.II.6:6

4. The ego tries to teach that you want to oppose God's Will. 

  • oppose [əpóuz] : 「反抗する、対抗する」
❖ "The ego tries ~ "「エゴは、あなたが神の意志に反抗したいと望んでいるのだと、あなたを教唆(きょうさ)しようとする」。



This unnatural lesson cannot be learned, and the attempt to learn it is a violation of your own freedom, making you afraid of your will because it is free. 
  • unnatural [ʌnnǽtʃərəl] : 「不自然な、自然に反する」
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • violation [vàiəléiʃən] : 「違反、妨害、侵害」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • afraid of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
❖ "This unnatural lesson ~ "「この不自然なレッスンは学ばれ得るものではない」。"and the attempt ~ "「そして、それを学ぼうとすることは、あなた自身の自由の侵害である」。"making you afraid ~ "分詞構文、単純接続、「そして、あなたの意志は自由であるがゆえに、あなたがあなたの意志を恐ろしいと思うように仕向ける」。エゴは、あなたは神の意志に反抗できる自由があるのだと、あなたを唆(そそのか)すのだが、それは本当の自由ではなく、逆に自分自身の自由の侵害である。神や、あるいは他者の意志の自由を奪うことは、自分の自由意志を奪うことに等しい。なぜなら、あなたと神、あるいはあなたと他者は一体だからだ。エゴは、あなたが神の意志にも反抗できる強大な自由があるのだと唆(そそのか)すのだが、あなたはそれが自己否定や自己破壊につながりかねない危険な思い上がりだと感じて恐れを抱く。同時に、神の罰を恐れる。喜びではなく恐ろしさを感じさせることはすべて真実ではない。したがって、エゴが吹き込むあなたの自由意志の力は、恐れを感じさせるがゆえに虚偽である。



The Holy Spirit opposes any imprisoning of the will of a Son of God, knowing that the Will of the Son is the Father's. 
  • imprison [imprízn] : 「監禁する、投獄する」
❖ "The Holy Spirit opposes ~ "「神の子の意志を投獄するような、いかなる事に対しても、ホーリー・スピリットは反対する」。"knowing that the ~ "分詞構文、理由、「神の子の意志は父なる神の意志であることを知っているからだ」。



The Holy Spirit leads you steadily along the path of freedom, teaching you how to disregard or look beyond everything that would hold you back.
  • lead [líːd] : 「指導する、 〜を導く」
  • steadily [stédili] : 「着実に、確実に、堅実に」
  • along [əlɔ̀ːŋ] : 「〜に沿って、〜に従って」
  • path [pǽθ] : 「道、経路、進路」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • disregard [dìsrigɑ́ːrd] : 「〜を無視する、〜を軽視する」
  • beyond [bijɑ́nd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて」
  • hold back : 「抑える、押しとどめる」
❖ "The Holy Spirit leads ~ "「ホーリー・スピリットは、自由の道に沿って、確実にあなたを導く」。"teaching you how ~ "分詞構文、単純接続、「そして、あなたに、あなたを抑制するすべてのことを無視する方法を、あるいはそれを越えて見る方法を教える」。



5. We have said that the Holy Spirit teaches you the difference between pain and joy. 
  • difference [dífərəns] : 「違い、差異、相違」
  • between A and B : 「AとBの間の」
  • pain [péin] : 「痛み、苦痛」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
❖ "We have said that ~" 「私たちはthat以下を言ったことがある」。"that the Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットは痛みと喜びの間の違いをあなたに教えてくれる」と言ったことがある。苦や痛みを伴うものは虚偽であり、真実は常に喜びを伴う。



That is the same as saying he teaches you the difference between imprisonment and freedom. 
  • be the same as : 「〜と同じである、〜も同然である」
  • imprisonment [impríznmənt] : 「投獄、監禁、拘束」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
❖ "That is the same ~ "「それは、ホーリー・スピリットが、投獄と自由の違いをあなたに教えているのだと言っても同じことである」。"pain and joy"が"imprisonment and freedom"に対応している。



You cannot make this distinction without him because you have taught yourself that imprisonment is freedom. 
  • distinction [distíŋkʃən] : 「区別、差異、違い」
  • make a distinction : 「区別する、違いをはっきりさせる」
❖ "You cannot make ~ "「あなたは、ホーリー・スピリットなしでは、この違いをはっきりさせることが出来ない」。"because you have ~ "「なぜなら、あなたはあなた自身に、投獄とは自由だと教えてしまったからである」。あなたはエゴに自由を売り渡し、エゴが代わりに差し出す偽りの自由を本物だと信じてしまった。そこから逃れるには、あなた一人の力では無理である。ホーリー・スピリットの助力が必要だ。



Believing them to be the same, how can you tell them apart? Can you ask the part of your mind that taught you to believe they are the same, to teach you how they are different?
  • tell [tél] : 「 〜を見分ける、分かる」
  • apart [əpɑ́ːrt] : 「離れて、バラバラに、別々に」
  • tell A apart : 「Aを区別する」
  • different [dífərənt] : 「相違する、異なる」
❖ "Believing them ~ "「投獄と自由を同じものだと信じているのに、」"how can you ~ "「あなたは、どうやってそれらを区別できるだろうか」。"Can you ask ~ "「それらが同じであると信じるようにあなたに教えたあなたの心の部分に、それらがどのように違うのか教えてくれと頼むことが出来るだろうか」。エゴに訊いても教えてくれるわけがない。エゴ自身も知らないからだ。



6. The Holy Spirit's teaching takes only one direction and has only one goal. 
  • direction [dirékʃən] : 「方角、方向、方位」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的」
❖ "The Holy Spirit's teaching ~ "「ホーリー・スピリットの教えは、たった一つの方向をもち、また、たった一つの目的をもつ」。もちろん、真実なる自由へ向かう道であり、神と分かち合う喜びへの道だ。



His direction is freedom and his goal is God. Yet he cannot conceive of God without you, because it is not God's will to be without you. 
  • conceive [kənsíːv] : 「心に描く、思い付く」
  • conceive of : 「〜を心に描く、〜を思い描く」
❖ "His direction is ~ "「ホーリー・スピリットの(教えの)方向は自由であり、ホーリー・スピリットの(教えの)目的は神である」。"Yet he cannot ~ "「しかし、ホーリー・スピリットは、あなたなしで神を思うことは出来ない」。"because it is not ~ "「ホーリー・スピリットがあなたと共にいないことは神の意志ではないからだ」。ホーリー・スピリットが神を思うとき、必ず神とあなたをセットで思い浮かべる、ということ。同様にあなたを思うときは、必ずあなたと神をセットで思い浮かべる。ホーリー・スピリットは常にあなたに寄り添っており、神との媒介役になってくれる。ホーリー・スピリットは神聖なメッセンジャーである。



When you have learned that your will is God's, you could no more will to be without him than he could will to be without you. 
  • no more A than B : 「AでないのはBでないのと同じ」
❖ "When you have ~ "「あなたの意志が神の意志であると学び終えたとき、」"you could no ~ "「神があなたなしでは意志できないように、あなたも神なしでは意志できないことになる」。神はあなたと意志(真実)を分かち合い、分かち合うことでそれを拡張するという創造を行う。神はあなたと創造の喜びを分かち合わずにはいられないのだ。あるいは、あなたを愛さずにはいられない。



This is freedom and this is joy. Deny yourself this and you are denying God his Kingdom, because he created you for this.
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む」
  • deny A B : 「AにBを与えない」
❖ "This is freedom ~ "「これが自由であり、喜びである」。これとは、あなたの意志が神の意志であること。"Deny yourself this ~ "「これ(自由と喜び)を自分自身に与えないでみなさい、」"and you are denying ~ "「そうすれば、あなたは神に王国を与えないことになってしまう」。"because he created ~ "「なぜなら、神はこの王国のためにあなたを創造したのだから」。王国のためにあなたを創造したと書くと、まるで私達は神という女王蜂のために存在する働き蜂のようなイメージをもってしまうかもしれないが、それは違う。王国はあなたの心の中に存在し、あなた自身と同体である。したがって、王国のためにあなたを創造した、という表現は、本当のあなた自身になれるようにあなたを創造した、と言い換えていい。神と創造を分かち合うことで天の王国を拡張増大させていくことこそ、あなたの自己完成なのだ。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp