●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.VII.4:1 ~ T-8.VII.5:9

4. Communication ends separation. Attack promotes it. 
  • end [énd] : 「終わらせる、やめる」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • promote [prəmóut] : 「進める、進展させる、推進する」
❖ "Communication ends ~ "「コミュニケーションは分離を終了させる」。"Attack promotes ~ "「攻撃は分離を促進する」。



The body is beautiful or ugly, peaceful or savage, helpful or harmful, according to the use to which it is put. 
  • beautiful [bjúːtəfl] : 「美しい、素晴らしい」
  • ugly [ʌ́gli] : 「醜い、見苦しい、醜悪な」
  • peaceful [píːsfl] : 「平和な、穏やかな」
  • savage [sǽvidʒ] : 「どう猛な、凶暴な、残酷な」
  • helpful [hélpfl] : 「役立つ、助けになる、有益な」
  • harmful [hɑ́ːrmfl] : 「有害な、害になる」
  • according to : 「〜に従って、〜と一致して」
  • put A to use : 「Aを使う、Aを利用する」
❖ "The body is ~ "「肉体がコミュニケーションに使われるか攻撃に使われるかによって、肉体は美しくもなれ、醜くもなれ、平和にもなれ、残酷にもなれ、役立つことにもなれ、害を及ぼすことにもなる」。肉体はあなたが投影によってでっち上げた幻想だから、あなたの思い一つで、どんな形にも変形される。



And in the body of another you will see the use to which you have put yours. 
  • another [ənʌ́ðər] : 「もう一つ、もう一人」
❖ "And in the body ~ "「そして、他者の肉体の中に、あなたは自分の肉体をコミュニケーションのために使っているか攻撃のために使っているか、見て取れる」。他者の肉体をどう見るかによって、あるいは、どう見えるかによって、自分の肉体をどう見ているかがわかる。あなたが、他者を攻撃者と見る限り、あなた自身が攻撃者であり、あなたの肉体は醜く残酷である。



If the body becomes a means you give to the Holy Spirit to use on behalf of union of the Sonship, you will not see anything physical except as what it is. 
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • on behalf of : 「〜のために、〜に利するように」
  • union [júːnjən] : 「結合、融合」
  • physical [fízikəl] : 「物質的な、身体の、肉体の」
  • except [iksépt] : 「〜以外は、〜を除いては」
❖ "If the body ~ "「もし肉体が、神の子の結合に使うために、あなたがホーリー・スピリットに与えた手段となるなら、」"you will not ~ "「あなたは肉体を、あるがままに見ること以外に、物質的なものとして見ることはなくなる」。肉体は幻想であるが、コミュニケーションの手段となり得る価値があり、かと言って、実体をもった物質とは認識しなくなる。



Use it for truth and you will see it truly. Misuse it and you will misunderstand it, because you have already done so by misusing it. 
  • use [júːz] : 「使う、利用する、生かす」
  • truth [trúːθ] : 「現実、真相、真理」
  • truly [trúːli] : 「本当に、真に、正確に」
  • Misuse [mìsjúːz] : 「誤用する、悪用する」
  • misunderstand [mìsʌ̀ndərstǽnd] : 「誤解する」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
❖ "Use it for truth ~ "「肉体を真実のために使いなさい」。"you will see ~ "「そうすれば、あなたは肉体を正しく見ることになる」。"Misuse it and you ~ "「肉体を誤って使ってしまえば、あなたは肉体を理解し損なうだろう」。"because you ~ "「なぜなら、あなたはもうすでに、肉体を誤用することで肉体を理解し損なっているのだから」。肉体を攻撃のために使っている限り、あなたは肉体の実在性を信じていることになる。



Interpret anything apart from the Holy Spirit and you will mistrust it. 
  • interpret [intə́ːrprət] : 「解釈する、解明する」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
  • mistrust [mistrʌ́st] : 「疑う、信用しない」
❖ "Interpret anything ~ "「ホーリー・スピリットから離れて、何かを解釈してみなさい」。"and you will ~ "「途端に、あなたはそれが信用できなくなるだろう」。ホーリー・スピリットから離れるとは、真実の目をもって見ることを放棄するという意味。虚偽を求める目で肉体を見ることになり、肉体の実在性を信じることはあっても、あなたは肉体の実相的役割を信用できなくなってしまう。



This will lead you to hatred and attack and loss of peace.
  • lead [líːd] : 「〜を導く、〜を連れていく」
  • hatred [héitrid] : 「憎しみ、憎悪、嫌悪」
  • loss [lɔ́s] : 「失うこと、喪失」
❖ "This will lead ~ "「これはあなたを、嫌悪と攻撃、そして平和の喪失へと導く」。これが、この世の苦と痛みを生み出す。病の温床となる。



5. Yet all loss comes only from your own misunderstanding. Loss of any kind is impossible. 
  • misunderstanding : 「誤解、解釈違い、考え違い」
  • of any kind : 「いかなる種類の」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「可能な、あり得ない」
❖ "Yet all loss ~ "「しかし、すべて、喪失というものは、単にあなた自身の誤解から発生するものである」。喪失したと誤解することで、喪失感が生まれる。しかし、"Loss of any kind ~ "「いかなる種類の喪失も、不可能なのだ」。神から継承した神の属性のすべては、決して喪失され得るものではない。逆に喪失できるものは実在する真実ではなく、単なる幻想だ。だから、たとえばこの世の肉体は死によって失われるのだから、肉体は幻想である。



But when you look upon a brother as a physical entity, his power and glory are "lost" to you and so are yours. 
  • look on A as B : 「AをBと見なす」
  • entity [éntəti] : 「存在物、実在物、実体」
  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、称賛、名誉、誇り」
  • lost [lɔ́st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、喪失する、なくす」
❖ "But when you ~ "「しかし、あなたが同胞を、本質的に物質として見るとき、」"his power and glory ~ "「あなたにとって、彼のパワーと栄光は失われ、同時に、あなたのパワーと栄光も失われる」。"as a physical entity"は「物質的実体として、肉体的存在として、身体的実存として」等々の意味。肉体は幻想であり、錯覚であるから、肉体には真のパワーも栄光もない。真のパワーと栄光が宿るのは、真の実在である心である。また、ACIMは自他一如の思想であるから、同胞がパワーと栄光を失えば、あなたもそれを失う。



You have attacked him, but you must have attacked yourself first. 
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する」
❖ あなたが同胞を本質的に物質と見ることは、とりもなおさず、"You have attacked ~ "「あなたは彼を攻撃してしまった」ことであり、"but you must ~ "「しかし、それは、まず第一に、あなたが自分自身を攻撃してしまったことに違いない」。



Do not see him this way for your own salvation, which must bring him his. 
  • this way : 「このように」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い」
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を連れてくる」
❖ "Do not see ~ "「あなた自身の救いのためにも、同胞をこのように見てはいけない」。"which must bring ~ "「そして、あなた自身の救いが、彼の救いを彼にもたらすのだ」。あなたが幻想から救われることは、同胞が救われることと等しい。あなたと他者は自他一如なのだから。



Do not allow him to belittle himself in your mind, but give him freedom from his belief in littleness, and thus escape from yours. 
  • allow [əláu] : 「〜を許す、許可する」
  • belittle [bilítl] : 「〜を見くびる、〜を軽く扱う」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • littleness [lítlnis] : 「小さいこと」
  • escape [iskéip] : 「 逃げる、脱出する」
❖ "Do not allow ~ "「あなたの心の中で、同胞が彼自身を過小評価するのを許してはいけない」。あなたが自分を過小評価すれば、同胞も自分自身を過小評価する。彼が自分自身を過小評価するのを許せば、つまり、過小評価した同胞をあなたの心が受け入れれば、それはあなた自身を過小評価したことに等しい。"but give him ~ "「しかし、彼が卑小さを信じる心から自由になれるようにしてあげなさい」。"and thus escape ~ "「そうすることで、あなたの卑小さを信じる心から脱出しなさい」。あなたも同胞も、神が創造した完璧な神の子である。完璧に無辜(むこ)であり完璧に神聖なのだと知ること、それが正当な評価である。それ以上でもそれ以下でもない。



As part of you, he is holy. As part of me, you are. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「一部、部分」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
❖ "As part of you ~ "「あなたの一部として、その同胞は神聖である」。"As part of me ~ "「私の一部として、あなたは神聖なのだ」。ACIMでは、本来すべてが一つである。不二一元なのだ。したがって、彼はあなたの一部であり、あなたは彼の一部である。同様にあなたはイエスの一部であり、イエスもあなたの一部である。そして、不二一元であるすべての存在が神という一点に収斂(しゅうれん)する時、まさに不二一元の極限に達し、たった二文字の究極の真実"God is(神あり)"が完成する。



To communicate with part of God himself is to reach beyond the Kingdom to its Creator, through his voice which he has established as part of you.
  • communicate [kəmjúːnikèit] : 「連絡する、交信する」
  • reach [ríːtʃ] : 「〜に届く、〜に達する、〜に至る」
  • establish [istǽbliʃ] : 「確立する、達成する」
❖ "To communicate with ~ "「神自身の一部とコミュニケーションを交わすとは、王国を越えて、創造主に届くことである」。神の一部であるホーリー・スピリットと心を通わすこと、あるいは神の一部である神の子としての同胞と心を通わすことは、天の王国の境界を越えて、創造主である神と心を通わすことに等しい。"through his voice ~ "「それは、あなたの一部として神が確立した神の声を通じて行われるのである」。コミュニケーションを行う実体は、あなたの意思であり同胞の意思でありホーリー・スピリットの意思であるが、そもそもその意思は、神自身の意思として神がすでに確立した意思である。神の属性であるその意思を、神は神の子とホーリー・スピリットに与えたのだ。あなたは自分の意思が発する声を通じて他者やホーリー・スピリットと心を通わしていると思うだろうが、本当は神から継承した神の意思を通じて思いを伝え合っているのである。内なる声、心の声、それが実相的なコミュニケーションを媒介する主体である。
 もっとも、この状態では神との直接的なコミュニケーションはまだ出来ない。同胞やホーリー・スピリットを通じて神に触れているだけだ("commune"「霊的交流」の段階)。しかし、あなたが完全に幻想から目覚め、天の王国の門をくぐったとき、あなたは神との直接的なコミュニケーションを取ることになる。それがACIMの言う"revelation"「啓示」である。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp