●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-8.V.5:1 ~ T-8.V.6:10

5. Would you know the Will of God for you? Ask it of me who know it for you and you will find it. 
  • ask A of B : 「BにAをくれと頼む、BにAを求める」
❖ "Would you know ~ "「あなたのためを思う神の意思を知ってもらいたい」。"Ask it of me ~ "「あなたのためにそれを知っている私に訊ねなさい」。ここの"for you"は「あなたに代わって」と訳してもいい。"and you will ~ "「そうすれば、あなたは答えを見い出すだろう」。



I will deny you nothing, as God denies me nothing. Ours is simply the journey back to God Who is our home. 
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒絶する」
  • deny A B : 「AにBを与えない」
  • simply [símpli] : 「簡単に、単に」
  • journey [dʒə́ːrni] : 「旅、道のり、道程」
❖ "I will deny ~ "「私はあなたに何でも与えよう」。"as God denies ~ "「神が私に何でも与えてくれたように」。"Ours is simply ~ "「私たちの旅は、単に、私たちの故郷である神へ回帰する旅なのだ」。ACIMの最大の目的は、"the journey back to God"「神への回帰」である。



Whenever fear intrudes anywhere along the road to peace, it is because the ego has attempted to join the journey with us and cannot do so. 
  • whenever [hwenévər] : 「〜するときはいつでも」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、心配、不安」
  • intrude [intrúːd] : 「侵入する、入り込む」
  • anywhere [énihwèər] : 「どこでも、どこにも」
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • attempt to do : 「〜しようと試みる、〜しようと努力する」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に加わる、〜に加入する」
❖ "Whenever fear intrudes ~ "「平和への道の至る所で、恐れが侵入する時はいつでも、」"it is because ~ "「それは、エゴが私たちと一緒に旅に加わろうし、それが出来ないからである」。エゴがあなたに恐れを吹き込み、あなたの旅を妨害しようとする。あなたが平和になってしまえば、エゴは消滅するしかないからだ。



Sensing defeat and angered by it, the ego regards itself as rejected and becomes retaliative. 
  • sense [séns] : 「〜を感じる、気付く」
  • defeat [difíːt] : 「敗北、負け、失敗」
  • anger [ǽŋgər] : 「〜を怒らせる」
  • be angered : 「怒る、腹を立てる」
  • regard [rigɑ́ːrd] : 「〜を〜と見なす」
  • reject [ridʒékt] : 「拒絶する、拒否する、拒む」
  • retaliative [ritǽlièitiv] : 「報復の、仕返しの」
❖ "Sensing defeat and ~ "分詞構文、理由、「打ち負かされたように感じ、それによって怒りを覚えるので、」"the ego regards ~ "「エゴは、自分が拒絶されたと見なし、報復的になってしまう」。



You are invulnerable to its retaliation because I am with you. On this journey you have chosen me as your companion instead of the ego. 
  • invulnerable [invʌ́lnərəbl] : 「傷つくことのない」
  • retaliation [ritæ̀liéiʃən] : 「仕返し、報復、返報」
  • chosen [tʃóuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • companion [kəmpǽnjən] : 「伴侶、旅の連れ、同伴者 」
  • instead [instéd] of : 「〜の代わりに」
❖ "You are invulnerable ~ "「あなたは、エゴの報復に対して傷つくことはない」。"because I am ~ "「なぜなら、私があなたについているから」。"On this journey ~ "「この旅を始めるに当たって、あなたは、エゴの代わりに私をあなたの旅の道連れとして選んだのだ」。幻想のエゴに実相への道案内は出来ない。神への回帰の旅、天の王国への旅、実相への旅は、そこを熟知しているホーリー・スピリット(イエス)を旅の道連れにするに限る。



Do not attempt to hold on to both, or you will try to go in different directions and will lose the way.
  • attempt [ətémpt] : 「〜を試してみる、〜を企てる」
  • hold on to : 「〜をつかんで離さない、〜にしがみつ」
  • both [bóuθ] : 「両方、双方」
  • different [dífərənt] : 「相違する、異なる」
  • direction [dirékʃən] : 「方角、方向、道順」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う」
❖ "Do not attempt ~ "「両者にしがみつこうとしてはいけない」。両者とは、もちろん、イエスとエゴのこと。イエスは、ここでは、ホーリー・スピリットを代表する者として描かれている。"or you will ~ "「さもなければ、違った方向に行こうとしていることになり、道に迷ってしまうだろう」。イエスを選択したなら、エゴをきっぱりと捨てることが肝要。



6. The ego's way is not mine, but it is also not yours. The Holy Spirit has one direction for all minds, and the one He taught me is yours. 
  • mine [máin] : 「私のもの」
  • yours [júərz] : 「あなたのもの」
❖ "The ego's way ~ "「エゴの行く道は、私の道ではないし、」"but it is also ~ "「しかし、また、それはあなたの道でもない」。"The Holy Spirit has ~ "「ホーリー・スピリットは、すべての心のために一つの方向をもつだけだ」。"and the one ~ "「そして、ホーリー・スピリットが私に教えてくれた方向は、あなたのものである」。ここで言われている方向とは、もちろん、神へ向かう方向。ホーリー・スピリットは一貫性も、そして正当性も共に備えている。いわば、真実一路である。



Let us not love his direction through illusions, for only illusions of another direction can obscure the one for which God's Voice speaks in all of us. 
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻覚、幻想、錯覚」
  • obscure [əbskjúər] : 「〜を見えなくする、曖昧にする」
  • speak for : 「〜を要求する、代弁をする」
❖ "Let us not ~ "「エゴの方向を、幻想を抱いて愛したりしないようにしよう」。"for only illusions ~ "「なぜなら、別の方向があるという幻想だけは、私たちすべての(心の)中の神の声が要求する方向を曖昧なものにする可能性があるからだ」。たとえば、幸せを物やお金で手に入れようとすることは、実相的な幸せを手に入れる方法を曖昧にする。たとえば、肉欲が愛を育むという考えも方向性を誤っている。自由は闘争によって勝ち取るものだとする考えも誤った方向を向いている。



Never accord the ego the power to interfere with the journey. It has none, because the journey is the way to what is true. 
  • accord [əkɔ́ːrd] A B : 「AにBを与える、AにBを許す」
  • interfere [ìntərfíər] with : 「〜を妨げる、〜を邪魔する」
  • journey [dʒə́ːrni] : 「旅、行路、道程」
  • none [nʌ́n] : 「何一つない」
❖ "Never accord the ego ~ "「エゴに、旅を邪魔するパワーを決して与えないようにしなさい」。"It has none"「エゴは(パワーなど)何一つもっていない」。"because the journey ~ "「なぜならば、旅とは、真実なるものへ向かう道だからだ」。真実へ向かう旅にとって、真実を何も知らないエゴは役に立たない。旅を邪魔することはあっても、旅に利することは何もない。



Leave all illusions behind, and reach beyond all attempts of the ego to hold you back. 
  • leave [líːv] : 「〜を残す、〜を見捨てる」
  • behind [biháind] : 「後に、背後に」
  • reach beyond : 「〜を越える」
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • hold back : 「押しとどめる、引き止める」
❖ "Leave all illusions ~ "「すべての幻想を後ろに捨ててしまいなさい」。"and reach beyond ~ "「そして、あなたを押し止めようとするエゴの試みを越えて行きなさい」。



I go before you because I am beyond the ego. Reach, therefore, for my hand because you want to transcend the ego. 
  • before [bifɔ́ːr] : 「〜の前に、〜に先立って」
  • reach [ríːtʃ] for : 「〜に手を伸ばす、〜を取ろうとする」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する、〜に勝る」
❖ "I go before you ~ "「私はエゴを越えているので、あなたに先立って行くことにしよう」。"Reach, therefore ~ "「だから、手を伸ばして私の手を取りなさい」。"because you want ~ "「なぜなら、あなたはエゴを超越したいと思っているのだから」。前文の"reach beyond"に対比させて、ここでは"reach for"を使っている。さりげない言葉遊びである。



My strength will never be wanting, and if you choose to share it you will do so. 
  • strength [stréŋkθ] : 「力、強さ」
  • wanting [wάntiŋ] : 「欠けている、足りない」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • share [ʃέər] : 「〜を分かち合う、共有する」
❖ "My strength will ~ "「私の力は不足することが決してない」。"and if you ~ "「もし、あなたが私の力を分かち合うことを選んだなら、あなたはそうすることになるだろう」。イエスの意志とあなたの意志が融合し、パワーは分かち合われて拡張増大する。



I give it willingly and gladly, because I need you as much as you need me.
  • willingly [wíliŋli] : 「進んで、快く」
  • gladly [ɡlǽdli] : 「喜んで」
  • as much as : 「〜と同じ程度に」
❖ "I give it ~ "「私は、私の力を快く喜んで与えよう」。"because I need ~ "「なぜなら、あなたが私を必要としていると同じくらい、私もあなたを必要としているからだ」。あなたがイエスを求めている以上に、イエスはあなたを求めている。神の子全体が心の分裂を解消し、エゴの主導する幻想から救われなければならないからだ。実相から見れば、神の子は単一であり、あなたとイエスは同体である。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp